Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
2010-03-25 00:39:24

333メートルのスカイツリー、どこから見えるか?!

テーマ:ブログ

今はまだ、たぶん見えると思いますが、100キロメートル近く離れて、肉眼でスカイツリーが見えるかどうかはわかりません。(笑)。ブッシュマン、呼ぶ??(古いか。(笑))

で、久々の算数ネタでありんす。(画像をクリックすると大きくなります。)


東京スカイツリーファンクラブブログ

※お詫び:公開当初の図面において、40678884とするところ4067884となっておりました。

現在公開中の上記ではすでに修正してあります。なお、転記ミスでしたので計算結果には変更ありませんことを申し添えておきます。(2010.03.28修正済み)

コメント欄をご覧下さい。こおりさん、ありがとうございました。


ん~、見通し距離ですよ。本当の。ってゆーか、算数的な。(笑)。


一応、電子工学的、且つ、無線電波的な世界に身を置いているので、電波伝搬とは一致しないことを断言しておきますが、え~どうでしょう、自然界の条件を一切無視した画期的な距離ということで...。


伝播:チルトなどを調整することにより、混信を防ぐ技術が確立されていますので、見通しだからといって必ずしもその地域で受信できるというものではありませんことを申し添えておきます。え~その逆も然りですが。



今回の計算結果によって、スカイツリー完成時(634メートル時)には地理的条件などによりますが、90km先ぐらいでスカイツリーが見える可能性があることがわかりました。(笑)。

現在の333メートルの状況では、約65キロ先からでもスカイツリーのクレーンが目撃できるかも知れません。


是非、良い写真が撮れたら、

ほぼ日刊イトイ新聞の「ここから見えるよ、スカイツリー」に投稿しましょう。

http://www.1101.com/skytree/


追加:東京タワーからの距離なので、少々、「読み替え」が必要ですが参考資料を貼っておきます。


東京スカイツリーファンクラブブログ

古いな~2008年5月作成。(笑)。

この頃は地デジ送信所の一括掲載マップが無かったので作成したのですが、今になって少々役に立つようです。特大アンテナぼうや。(爆)

出典:デジタル地上波中継局リスト

http://www.diginet.ne.jp/tokyo-ant/yougo-2.html


 

実験シリーズ

東京スカイツリーの向きと左右対称(線対称)に見える場所の研究(1)http://ameblo.jp/tstfc/entry-10518454639.html

333メートルのスカイツリー、どこから見えるか?!http://ameblo.jp/tstfc/entry-10490574133.html

333mのスカイツリーと333mの東京タワーを同じ高さで撮影する方法http://ameblo.jp/tstfc/entry-10480693252.html

スカイツリーに適したデジカメとは?(1)http://ameblo.jp/tstfc/entry-10459938747.html

スイングパノラマとスカイツリー(1)http://ameblo.jp/tstfc/entry-10453015687.html

東京タワーと東京スカイツリーが同じ高さに見える地点の研究(1)http://ameblo.jp/tstfc/entry-10383595060.html

遠近法と東京スカイツリー(1)http://ameblo.jp/tstfc/entry-10361260350.html

東京スカイツリーと任意の建造物が同一円周上に存在する地点の研究(1)http://ameblo.jp/tstfc/entry-10351813578.html

人間の視野とカメラの画角から東京スカイツリーの見学地点研究(1)http://ameblo.jp/tstfc/entry-10336272917.html

お奨めバックナンバー(当ブログ内)2010.05.01更新

http://ameblo.jp/tstfc/entry-10419814371.html

東京アンテナ工事株式会社

http://www.diginet.ne.jp/

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

東京スカイツリーファンクラブさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

4 ■Re:前橋は100kmより、もう少し遠いかもしれませんが

>こおりさん
「富士山が見える理論限界距離」、見てきました。同じような絵を描いて解説してみようかな~と思っていた矢先でしたので、助かりました。
今後とも、算数ネタの折りにはお世話になりたいので、どうぞ見捨てずにお付き合い下さいませ。

3 ■前橋は100kmより、もう少し遠いかもしれませんが

正確な距離を測ったわけではないので、前橋とスカイツリーの距離は不明ですが、こちらの記事内の東京タワーからの距離の図だと105kmくらいですね。^^;)

おっしゃるように、反対側の見通し距離にあたる高さの場所からは、地平線越しにスカイツリーの頭部が見えることになります。

この話題は、富士山がどれだけ遠くから見えるかと同じで、今のところ山からは和歌山県や福島県から実際に見えるという話が有名です。

飛行機の場合(高度1万m)、高知県沖からでも見えることになります。
富士山の場合、飛行機からの理論値は約580kmで、実際にパイロットの方は秋田上空や島根県沖あたりから視認しているそうです。(約500km)

以上はもちろん、地球を球形だと仮定して、いろいろなものは無視した図形上の論理であるわけです。

こちら↓のサイトをご覧いただくと、見通し距離を組み合わせた図がわかると思います。

富士山が見える理論限界距離
http://kscalar.kj.yamagata-u.ac.jp/museum/PrizeRoom/riron_kyori.html

2 ■Re:見る人の高さを考慮すれば、もう少し遠くからでも見えますね

>こおりさん
毎度お世話になっております。「東京タワーと東京スカイツリーが同じ高さに見える地点の研究」の際には、難問をご解答いただき誠にありがとうございました。この度も的確なご指摘、恐れ入ります。数値の方は、すでにブログおよびファンクラブの両方をあわてて(笑)修正させていただきました。今後とも是非アドバイスをいただけますよう宜しくお願い申し上げます。

標高108mで約100kmですか。いいコメントです。検算してみます。
私も山なら100キロ以上、離れていても見えそうだなと感じていました。
アドバイスを戴いた複合パターンの場合、山の標高で見通し距離を単独計算して、その地点がスカイツリー単独の見通し距離内にあれば「見える」可能性があるということでいいのでしょうか?

1 ■見る人の高さを考慮すれば、もう少し遠くからでも見えますね

またおじゃまします。
この計算方法は、もちろん地上0mの場所からなので、見る人がたとえば10mの建物の屋上にいれば、もう10kmくらいは遠くからでも見えますね。

考え方は、図の直角三角形を反対側に伸ばせばいいのです。
C点から見てa点の反対側に直線を伸ばせば、C点から見える高さの場所(ビルの上層階など)からは、C点の地平線の反対側に見えることになりますね。
たとえば、まるっきり反対側に333mの高さの建物があれば、65km先でもいいことになりますから、合わせて130km先から見えることになります。てっぺんしか見えませんが。(笑)

標高を考えると、前橋あたりからも見えるようにも思います。(標高108mで約100km)

ところで、図の中の6378の二乗は「40678884」です。「8」が一つ足りません。^^;)

コメント投稿