編集長T島の毎日がスペシャル 略して「毎スペ」 Ver2
とてもわかりやすく読みやすい本です。小林さんは保険会社のプルデンシャル生命で、営業でNO.1

マネージャーとしてもNO.1の成績を収めた、プルデンシャル生命の中では神様のような存在です。多分。

講演を聞きに行き、そして本を読みました。ポイントは、「当たり前のことを当たり前にやる」だと思います。

でもこれが出来る人が少ない。挨拶、御礼、礼儀作法、言葉遣い・・・このようなことが私自身もとても

重要だと感じますし、今までどれだけ軽んじて生きてきたのかという反省も感じました。

経営者や成功している人達はこのようなところを見ているのだと思います。だからこのようなことが出来る人

が成功したり、営業でトップの成績を収めるのは当然のことなのでしょう。自分に置き換えても同じですよね。

礼儀・マナーがしっかりしている人の方が付き合っていて気持ちがいい。


小林さんは特に戦略を立てるのがうまい方だと思います。商品説明をしてほしいと言われるまでしないとか

異業種交流会では名刺交換をしないとか、とんかつ屋に行ってもとんかつを頼まない(笑)など。

頭を使って生きなければいけませんね。

AD

編集長T島の毎日がスペシャル 略して「毎スペ」 Ver2
とんでもない事実が書かれています。

成功の光と影。そしてその法則。

例えば、起業が成功すると家庭に問題が出る。

健康に問題が出る。成功者の良い部分ばかり

見がちですが、その裏の事実をこの本で知ることが

出来ます。そしてそれには共通項がたくさんある。


多くの経営者と話し、そして自分自身が成功者と

なった神田さんだからこそ書ける本なのだと思います。


起業したい、成功したい、人生をより豊かに生きたいと

思われる方は一度は必ず読んだほうが良いです。

同じ失敗を繰り返さずに済む可能性が高くなります。

AD

編集長T島の毎日がスペシャル 略して「毎スペ」 Ver2
★★★★★

監督 リドリー・スコット

出演 ラッセル・クロウ、ケイト・ブランシェット


超スペクタル!始めから終わりまでかなり楽しい映画です。

リドリー・スコット監督とラッセル・クロウのコンビは

『グラディエーター』で大好きだったので期待していたら

その通りの素晴らしい映画でした。


一人のリーダーがいることでこれだけ多くの人がまとまる

のか!と感動しました。やがてその勢力は、国すらも

変えていくのです。


戦闘シーンもさすがです。大迫力です。

オススメの映画です。

AD

編集長T島の毎日がスペシャル 略して「毎スペ」 Ver2
悲しくて悲しくて涙が止まりませんでした。

17歳だったので年と言えば年ですが、まだまだ

彼と遊びたかったです。


いつかこの日が来るとは思っていましたが

あまりにも急でした。でも安らかに眠るように

亡くなったようなので、それは良かったと思います。

編集長T島の毎日がスペシャル 略して「毎スペ」 Ver2

17年前、私の弟が公園で拾ってきてから

彼との付き合いは始まりました。

叱りつけたこともありました。もっと優しくして

あげればよかったと後悔を少ししています。


のりたかは、精一杯生きたと思います。

きっと天国で楽しく走り回っているはずです。

彼の人生をしょって僕はこれからも生きます。

彼に見られたときに恥ずかしくない人生を

歩みます。


編集長T島の毎日がスペシャル 略して「毎スペ」 Ver2

感動レストラン casita

テーマ:

昨年の12月になりますが、噂を聞いたので行ってみました。

人を感動させるレストランっていったいどんなもんやねんと思い

ましたので。普段何気ないことで人を笑わせまくっている私

ですら初対面の人を笑わせるのは大変なものです。

人を笑わせるのも感動させるのも大変だと思います。

私は今回初めてcasitaに行くわけですから、いったい全体

何が起こるのかわくわくしていました。


結論から言うと、「なるほど」という感じでした。悪くはありませんが

感動したかというとそれほどでもありませんでした。料理はおいしかったです。

(ここから先少しネタばれです)感動したところは、水を注いでもらった時に

なぜか勝手に凍る時、デザートを食べる時に別室だったこと。

それくらいでしょうか。私は、接客やサービス内容で感動させて

くれるのかと思っていました。接客に関しては、確かにフレンドリー

でしたが、マニュアル通りという感じでそれほど人に対して深く

入ってくるようなものではありませんでした。

悲しかったのが、最後の見送りです。見送りをしてくれるのかと

思っていたら、何となく帰る感じになりそのままフェードアウトでした。

涙が止まりませんでした。


料理はおいしかったです。いろいろなレストランに行ってサービスとは

何なのかがわかる男になります。

編集長T島の毎日がスペシャル 略して「毎スペ」 Ver2
この自家製シーザーサラダはかなりおいしかったです。

編集長T島の毎日がスペシャル 略して「毎スペ」 Ver2
★★★★☆

監督 ディン・シェン

出演 ジャッキー・チェン、ワン・リーホン


私は、ジャッキーの時代劇物がけっこう好きなので今回も楽しめました。

今までとは趣向が違いましたが、ジャッキーの挑戦と受け止めて

想いを強く感じました。ずっと温めてきた作品だということでジャッキーの

役柄もすごくよかったです。どこにでもいる逃げ癖のある小さな兵士。

でも人間最後どのような終わり方をするのかですよね。


アクションシーンが少ないのが残念ですが、作品の雰囲気はとても好きです。

ワン・リーホン、なかなかキャラクターがたっていて良いですね。

イケメンです。


ちなみにこの映画はだいぶ前に観ました。

カラーボール野球

テーマ:

「野球見るならやる」

これがキーワードです。

私が参加している野球リーグです。

http://jcbldata.fc2web.com/cbl_index.html


カラーボール野球ですが皆で本気で試合しています。

本気だからおもしろい。

女子でも気軽に参加しています(タイトルまで取っています)。


今日はカラーボール野球の新年会でした。

皆良いメンバーなので一緒にいてとても楽しい時間が過ごせました。

ここ最近ずっと仕事なので体がなまっているのも感じ、何か

毎日運動せにゃいかんなと思いました。


仕事もプライベートも俺の生き方が現れます。

妥協なく取り組みます。

編集長T島の毎日がスペシャル 略して「毎スペ」 Ver2
★★★★★

監督  羽住英一郎

出演 

伊藤英明、加藤あい、佐藤隆太


ずいぶん前に観てきました。こういう映画は今まで観てきませんでしたが

今勤めている会社の社長が大好きなので影響を受けて観てきました。


結果は・・・


すんげーおもしろい!熱い!感動!

こんなにおもしろかったのか!一度きりの人生、熱く生きなくちゃって思いました。

男同士の友情かっこいいです。命をかけた仕事をしているから強い信頼関係

が生まれるのでしょう。

伊藤英明マジかっこいいッス。

あきらめない男の姿っていいですね。

編集長T島の毎日がスペシャル 略して「毎スペ」 Ver2
皆さん、お久しぶりです。私は生きています。

すさまじく忙しく、そしてすさまじいスピードで成長しています。


今の仕事は、営業とコンサルタントです。

教育研修の仕事をしているので、営業をしていてもコンサルティングの現場でも

私の人間性が見られます。するとどうなるか?私の足りていないところが全て

明るみになるのです。これは自分を見つめざるを得ない。ごまかしがきかない。

だから成長する。自分が今まで取りまずに放置してきた問題に向き合うのは

とてもつらいことでもありますが、自分の目指す姿があるので精一杯やって

います。「私にもできたからあなたにもできる!」そんな言葉を多くの人に伝えて

いきたいので、今は突き進むしかありません。

前置きが長くなりましたが、私のことを心配している方が多くいらっしゃると思い

書かせていただきました。いないかい?


この本は、私の営業活動の助けになればと、ある派遣会社の社長からお借り

した本です。突き詰めれば、この本に書かれているようなスキルやテクニック

では本質的な問題は解決しないと思いますが、何十年も営業をやってきて

今は教える側になっている著者の経験を知る分には役に立ちます。