1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-08-19 22:06:04

創価学会を脱会する勇気を

テーマ:ブログ
今日お寺に戒壇の大御本尊様を信じているという創価学会員が一人で来られました。
知り合いもいない、しかも聖教新聞等で散々非難されている日蓮正宗の寺院を訪ねるのには、相当の勇気がいったことだと思います。
ですが、戒壇の大御本尊様を求める気持ちが、彼の心を揺り動かしたのでしょう。

日蓮大聖人は涅槃経を引かれて「法に依って人に依らざれ」と仰せです。
「法」とは一大秘法の戒壇の大御本尊のことですね。
「人」は原田会長かはたまた池田会長か。
前回の記事にも書きましたが、池田会長も
「大聖人の出世の本懐である一閻浮提総与の大御本尊が信心の根本であることは、これからも少しも変わらない」
と言っています。
果たして今の原田会長を頭とした創価学会の執行部が正しいのか。よくよく考えるべきだと思います。

我々のあるべき姿はあくまで「法」に依って、戒壇の大御本尊に依っていくことです。
これは私の意見ではなくて、日蓮大聖人の仰せなのです。日蓮大聖人の教えを信じているのであればこのことを信じていくことが大切です。

創価学会の皆さん、是非勇気を出して下さい。

私でよければご相談に乗りますよ。お手伝いさせて頂きます。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017-08-14 00:00:00

創価学会のニセ本尊の害毒

テーマ:ブログ

先日、創価学会の青年が脱会した。

創価学会に入信して2年のこの青年、一通り日蓮正宗と創価学会の違いを説明して、理解はしているようだけど何となく煮えきれない。
ん~どうしたものかと思ってふと聞いてみた。

「創価学会の本尊が家にあるの?」

ビンゴだった。まあ当然ちゃ当然か。通常のニセ本尊とペンダント型のニセ本尊の2体を持っていた。

最近の創価学会は教学が無いからあんまり難しいことを言っても理解ができないので、なるべく平易に説明した。

ニセ本尊はニセ札と一緒。紙幣は造幣局の許可があって印刷所に刷られたもの。勝手にコピーしたら犯罪でしょ?それと一緒で勝手に本尊を作ったらそれはニセ本尊なんだよ。
日蓮大聖人は
「法華を心得たる人木絵二像を開眼供養せざれば、家に主のなきに盗人が入り、人の死するに其の身に鬼神入るが如し。」
とおっしゃっていて、開眼供養しない本尊には日蓮大聖人の魂がないだけではなくて悪鬼魔神が入っているんだよ。だから拝めば拝む程不幸になるんだよ。もし功徳を感じたと思うなら、それは魔の通力といって、君を創価学会から辞めさせないように功徳のようなもを与えているんだよ。
パチンコに通うとたまに当たって儲かるでしょ?その成功体験があるからまた当たるかもってどんどんお金を注ぎ込むけど、普通の人はトータルではマイナス なる。これはパチンコ中毒だけど、ニセ本尊も一緒だよ。一瞬功徳のようなものはあっても、1年5年10年と経つうちにどんどん生命力を奪われて不幸になるよ。

要点だけだとこんな感じ。
結局、本人も創価学会に2年いる間に仕事も失い今ではその日暮らしの苦しい生活を送っているという自覚があって、創価学会はおかしいとは理解した。
でもやっぱり踏ん切りがつかないんだよね。
まさにニセ本尊の通力と感じた。彼が正しい道を取れないように邪魔をするんだね。
だから、まずニセ本尊をお寺に預けて、真っ新にして。それからもう一度考えようと説得し、まずはニセ本尊を彼の家から取り除いた。
そしたら、すっきりしたんだろうね。当初は1週間考えさせて欲しいって言ってたのに、次の日もお寺にやってきて、脱会した。

彼はすんなり脱会できた方だと思うけど、まだニセ本尊の害毒から抜け出せない人達に、一刻も早く抜け出して欲しい。

日蓮大聖人の出世の本懐は戒壇の大御本尊様。
これね、今の創価学会は否定するけど、日蓮正宗から破門された後の平成5年にも池田会長が

「大聖人の出世の本懐である一閻浮提総与の大御本尊が信心の根本であることは、これからも少しも変わらない」

と言ってるの。
今の創価学会の指導部はこの池田会長の指導も否定してるんだよね。
戒壇の大御本尊から遠ざけていてるのは創価学会の指導部だし、ニセ本尊の魔の通力だね。

本門戒壇の大御本尊を信じ奉らない者は、すべて謗法として禁じなければならない」(戸田城聖全集5-156)

 

 

 

早くニセ本尊を捨てて、戸田会長時代の正しい信仰に戻って欲しい。そして戒壇の大御本尊様の下へ帰ってきて欲しいと思う。
 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-08-09 00:00:00

創価学会はもう沈み掛けた泥船では?

テーマ:ブログ

創価学会の実体は私は内部の者ではないので判らないが、教義に的には既に破綻しきっていると思う。

抑も、創価学会のベースは戸田会長が戦後に立ち上げたものである。

日蓮正宗の一在家団体という形であり、もちろん教義は日蓮正宗の教義と同じであったはずだ。少なくとも日興上人の流れをくみ、その教義的中心(というかオリジナル性)には

戒壇の大御本尊様と唯受一人の血脈相承

があったはずである。

唯受一人の血脈相承は日蓮正宗から破門されてすぐに捨てた。

そして、戒壇の大御本尊様への信仰もつい数年前に捨てた。

更に、創価学会教学部顧問である創価大学の宮田教授の研究を見ていると

日蓮本仏論を捨てるのも時間の問題だ。

もはや日蓮宗とさほど変わらない。かつて小樽問答で日蓮宗と対峙した創価学会はどこにいったのか?

 

かつての戸田会長との指導とは180度違う。
池田会長の指導とも違う。
池田会長が表に出なくなってしまって久しいが、直接戒壇の大御本尊様を否定したことはないでしょう。

「大聖人の出世の本懐である一閻浮提総与の大御本尊が信心の根本であることは、これからも少しも変わらない」 

これは平成5年、つまり破門後の池田会長の指導である。

 

果たして、原田会長をトップとする今の創価学会指導は正しいのか?

甚だ疑わしい。

 

かつて日蓮正宗創価学会だった頃は、民衆を広宣流布・一生成仏に導く

大船であった。それがいつの間にか別の方向に舵を切り、どこに向かっているのかも判らず、もはや沈没寸前である。

沈没する前に一刻も早く創価学会という幽霊船から抜け出すことを願うばかりである。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-06-28 00:11:11

創価学会と選挙

テーマ:ブログ

今、都議選で大忙しみたいですね。

「F取り」ですか?

創価学会員の皆さん、本当にそれでいいんですか?

日蓮大聖人の仏法と選挙活動に何の関係があるんでしょうか?

関係ないですよ。
もちろん、「仏法は体、世法は影」ですから、全くの無関係ではないでしょう。
でも、選挙は仏法ではないですよ。
御書に選挙活動に功徳があるとは、どこにも書いていないですよね?
しかも、これだけ苦労して選挙活動して、公明党って何してるんでしょう?
国政では自民党と組み、都政では自民党と争い、わけからんですね。

創価学会はどこに向かっているんでしょうか?
創価学会がやること。
・選挙
・新聞啓蒙
・財務
これが「日蓮大聖人の仏法」ですか?
日蓮大聖人様の出世の本懐である戒壇の大御本尊様を信仰の対象から外して、本当に日蓮大聖人の仏法ですか?
創価学会が勝手に作った偽物の本尊を拝んで本当に大丈夫ですか?

一生懸命拝んでいるはずなのに、いろいろとおかしくなっていませんか?
おかしくなっているのは、創価学会が間違っているから。
戒壇の大御本尊様を否定して、日蓮大聖人の仏法はありません。
あるのは魔の通力と罰だけです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-06-24 17:50:55

大石寺登山と御開扉 つづき

テーマ:ブログ

さて、早速前回の続きを書いていきます。

 

もちろん大石寺へ参詣したので、御開扉を頂いてきました。

無事、奉安堂にまします戒壇の大御本尊様にお目通りし、広宣流布の御祈念と自身の諸願の御祈念をさせて頂きました。

 

御開扉を受け、戒壇の大御本尊様に手を合わせている中で、「なぜ、創価学会・顕正会の人々は戒壇の大御本尊様に素直に手を合わせることができないのだろう?」とふと考えてしまいました。

それが今回久しぶりに記事を上げた起因です。

古参の会員になってしまうかもしれませんが、かつて創価学会員も顕正会員(当時は妙信講ですが)も戒壇の大御本尊様を拝してきました。

それが今、かたや創価学会は「戒壇の大御本尊は受持の対象としない」として信仰の対象から除外し、他方顕正会も口では戒壇の大御本尊様を信ずるようなことは言いいながら、あーでもないこーでもないと理由を付けて結局拝もうとしません。

 

創価学会も顕正会も一応は広宣流布を目指しています。

             一応は「日蓮大聖人様の仏法を弘める」と言います。

 

では、広宣流布とは何を弘めることなのでしょうか?日蓮大聖人の仏法を弘めるとは何を弘めることなのでしょうか?

戸田会長や池田会長がおかしくなる前は何と指導していたでしょうか?

 

それは、戒壇の大御本尊様です。

 

戒壇の大御本尊様を世界に弘めることが広宣流布です。

それ以外は邪義・邪宗です。

邪義・邪宗を信じた先は、不幸の道しかありません。

かつての良き時代の創価学会・顕正会の姿は、今はもう無いのです。

 

戒壇の大御本尊様を現実に世に弘めている宗派は日蓮正宗ただ一つです。

創価学会員・顕正会員の皆様、もしあなたに、本当に日蓮大聖人の教えつまり戒壇の大御本尊様を信じる心がありましたら、速やかに退会することをお勧めします。

 

「汝早く信仰の寸心を改めて速やかに実乗の一善に帰せよ。」(立正安国論)

 

「かかる不思議なる法華経の行者の住処なれば、いかでか霊山浄土に劣るべき。(中略)参詣遥に中絶せり。急ぎ急ぎ来臨を企つべし。是にて待ち入って候うべし。(四条金吾殿御返事)

 

大聖人様があなたのことを待っておられますよ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-06-22 22:40:57

大石寺登山と御開扉

テーマ:ブログ

完全に不定期ブログ化してしまった。当ブログですが、気まぐれで今しばらく続けていきます。

 

先週の土日、日蓮正宗総本山大石寺に参詣してきました。

何度参詣しても、大石寺の清浄とそして厳粛とした空気を感じます。

仕事で悩殺されてヘトヘトでも大石寺に参詣すると心が洗われた気がして、また明日から頑張ろうという気持ちが芽生えてきます。

「いかでか霊山浄土に劣るべき」(南条殿ご返事)

「仏菩薩の住み給ふ功徳聚の砌なり」(四条金吾殿ご返事9

の一端を感じ入るものであります。

 

よく創価学会員や顕正会員は、各々の機関紙を鵜呑みにして「大石寺は謗法の地だ」云々と言ってきますが、ご自身の目で見て確かめてきたらよろしいと思う。

まあ大抵の方は勇気がないのだと思いますがね。

 最近私の所属寺院に自ら創価学会・顕正会を辞めたいと相談に来られる方の中には、一人で大石寺に見学に来られて、真実を目の当たりにして、創価学会・顕正会の間違いに気付かれる方も見受けられる。もし迷われている方がいたらおすすめします。

 

さて、実は今までが前振りで、本題をこれからと思ったのですが、久々にブログを書いたらこの量でも結構大変なので、続きは近日中に書こうと思います。

内容は自ずと「御開扉」就中「戒壇の大御本尊様」のことです。

では。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-12-14 23:36:17

創価学会員との対話

テーマ:ブログ
先日、大学の後輩に当たる創価学会員と話す機会がありました。
タイトルを「対話」としたのは敢えてです。

10数年振り会ったので最初は近況報告から。
大学当時から優秀な方でしたが、変わらず優秀でまだ研究をされていた。
研究に賭ける情熱がもの凄いと感じました。
信仰にもそのくらい情熱をかければいいのにと感じてしまうのが(信仰にはそこまで熱心ではない)残念なところ。

今年の会則変更の事も知らなかったので、2年前の戒壇の大御本尊の否定の事も含めてご説明しました。
なぜ日蓮正宗信徒が学会員に創価学会の会則変更のことを説明しているのかという敢えてスルーで(笑)

合わせて日蓮本仏論を否定して釈迦本仏論を主張する創価大学教授で創価学会教学部顧問の宮田教授のことも教えて差し上げた。
これには流石に苦笑して「おかしいですね。」と言っていました。

全体の流れとしては
・池田会長が直接指導しなくなった今、創価学会執行部が指導していることが正しいとは限らない。(戒壇の大御本尊の否定も今回の創価学会仏の話も池田会長の直接の指導ではない。)
・であるならば、このまま創価学会の信仰を続けていくことが正しいとは限らない。

とお伝えしたつもりです。
ご本人もその点には納得されていました。

戒壇の大御本尊を否定し、自らを仏と名乗るような団体にもはや正義など存在しないでしょう。
内部で創価学会を正そうという動きもあるようですが、もう元に戻ることはないでしょう。
創価学会という沈没船にいつまでもしがみついているのは得策ではありません。
いち早く脱出するのが賢明かと思います。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-11-25 18:19:00

創価学会仏の矛盾

テーマ:ブログ

先日11/5、創価学会は会則を変更して、「創価学会仏」というものを担ぎ出してきました。

さて、創価学会仏とはどんな仏なのでしょうか?全く説明がないようですが。。。

学会員さんは疑問に思わないんでしょうか?

 

・創価学会仏は何を修行して仏になったのか?

・創価学会仏は何の教えを説くのか?

・自らが仏であるならば、なぜ大石寺の昔の法主上人が顕した本尊を拝む必要があるのか?

・「創価学会仏は未来の経典に記される」というが、「未来の経典」は誰が書くのか?経典というのだから、何かまた別の仏が現れて記すのか?

・「未来に記される」というのであれば、現段階では「仏」ではないのか?

・11/18には聖教新聞紙上で「我ら 皆創価の仏ぞ」と既に創価学会仏が存在しているようであるが、上記と矛盾ないか?

・「日蓮大聖人を御本仏と仰ぐ創価学会(仏)」は仏であるのに所化(教化される側、学校で喩えるなら生徒の立場)なのか?

 

ちょっと考えただけでもこんな疑問が涌いてくる。答えられる学会員はいるのかしら?

 

抑も池田会長が「牧口会長がかつて『創価学会仏』と言った。」と勝手に言っているだけで戸田城聖全集にも創価学会仏という言葉は出てきてないし、戸田城聖の指導性からしても「創価学会仏」というとは考えられない。「創価学会の信者はいない。日蓮正宗の信者です。」ときっぱりと言い切っていた戸田会長の思想と矛盾するものがあります。

 

もっと言えば池田会長が本当に今回の会則変更に絡んでいるかもわからない。

公に顔を出さなくなってもう何年も経つし、2年前の戒壇の大御本尊様の否定といい、

原田執行部が池田会長の名を借りて暴走をしているようにしか思えません。

 

日蓮大聖人が出世の本懐として戒壇の大御本尊様を顕した時点で日蓮大聖人の教えは完結しているはずです。ですから、平成の世になって教義をあれこれ変更していくことは、自らがおかしくなっていると証明しているようなものだと私は思います。

 

創価学会は年を追うごとに変節し、いよいよおかしくなっています。

日蓮大聖人の教えの根本は三大秘法総在の戒壇の大御本尊様に究竟されます。

戒壇の大御本尊様を離れて日蓮大聖人の教えはありません。

かつての創価学会では、そう指導をしていました。

このことを創価学会員の方々は今一度考え直すべきです。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-25 13:03:48

支部登山

テーマ:ブログ
数年ぶりの記事更新になりました。
ご無沙汰しております。

今日は支部登山で大石寺に参詣してきました。
昨日の雨天と打って変わり、晴れ間が広がりよい天気でした。
戒壇の大御本尊様にお目通りし、いろいろと御祈念をしてきました。

日蓮大聖人様の正しい教えが弘まり、世の中が幸せになりますように。

最後に大石寺の写真を紹介します。

客殿


御影堂



奉安堂と富士山


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-01-02 19:34:57

謹賀新年

テーマ:ブログ
皆様、明けましておめでとうございます。
最近多忙であまりブログに関われていませんが、もう少しで落ち着く予定なので、そしたらぼちぼち更新していきたいと思います。

ちなみに今は大石寺に向かっているところです。


ということで今年もよろしくお願いしますm(__)m
いいね!した人  |  コメント(116)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。