LINEでの遅刻や早退や休みの連絡はあり? ブログネタ:LINEでの遅刻や早退や休みの連絡はあり? 参加中

私はなし派!



LINEではログが残ることと、アカウントを消さない限りオンラインになればほぼ確実に届くという利点があり、利便性や確実性が高いのは承知の上だが、LINEというツールの特性上、基本的にはパーソナル用途で使うのを想定しており、社外秘情報を扱うのには適していないと考えているという理由から遅刻や早退、欠勤連絡目的でLINEを使うのは個人的にはナシと考えている。

まず、社員全員がLINEをはじめとしたSNSツールを使っているとは限らないことと、利用者の多さから社外秘情報が傍聴、あるいは漏洩されるリスクが比較的懸念されるという問題などからである。アプリのイメージとしても明らかにパーソナル用途を前提としており、情報共有なら兎も角、ビジネス用途に適しているとは言い難い。

通常、これらの連絡をする場合は電子メールあるいは電話を使うが、電子メールではスパムフィルターが誤認識したり送信あるいは受信サーバーの問題などで届かない可能性が少なからずあること、電話連絡では電話の相手が不在の時は連絡自体できないおそれがあるという問題を考えれば、確実性という意味ではむしろLINEは比較的確実性が高いと言えるかもしれないが・・・。

個人的には勤怠連絡にSNSあるいはチャットを使うこと自体は別に悪いことではないと考えるようになっている。特にログが残ると言うことと、オンラインであれば通知が届くという利点は大きい。ただ、それをするにはビジネス用途に適したものを使うのが望ましい。特に社外秘情報を扱う場合はなおさらである。

ただ言えることは、より利便性、確実性、安全性の高い勤怠連絡の方法を模索するというのが重要のように考えられる。





LINEでの遅刻や早退や休みの連絡はあり?
  • あり
  • なし

気になる投票結果は!?

AD
最近、本拠地ブログのアクセス数が週を追うごとに増えている

週ベースの訪問者数

上記の画像は本拠地ブログの週ベースの訪問者数の変遷をWordPress.comで表示したものだが、7月に入ってから訪問者数が増え始めたように見えている。

このころから投稿頻度が1日1記事となるように努めるようになったのだが、7月に入ってからアクセ数が伸びるようになったのは個人的にはよくわかっていない。

ただ、どのページが読まれているのかを見てみると、アプリレビューだったり、開発関連のTIPSあるいは注意点などが比較的アクセスされているように見られる。また、アクセス元もほとんどが検索エンジン(Googleが大半で、BingやYahoo!が若干混じっている)。

ブログに関する調査。ブログをやめた理由、53%が「更新が面倒になったから」(リサーチバンク)をみる限り、現時点ではブログの平均訪問者数を確認するとまだまだといった状況のようだ。

これからも記事を提供できればと考えている次第である。
AD
本拠地ブログについて、SSL対応のお知らせの通り、本拠地ブログの全てのページがSSLで保護されるようになりました。

これにより、本拠地ブログを閲覧している際の通信内容は暗号化されるようになり、第三者による傍受や改竄などを防止できるようになりました。

ただ、これによって古いものを中心に一部のブラウザでは正常に表示できなくなる可能性があります。これについてはあらかじめご了承ください。
AD