• 05 Dec
    • 登場人物が魅力的であること『金色の砂漠』(その1)

      昨日ルサンクを買ったのですが、その感想はまたゆっくりと・・・・ さて、久しぶりに観劇して改めて感じたこと・・・・ 上田先生の宛書によるものが大きいと思いますが、主演2人を含めそれぞれの登場人物の魅力が凄いんですよね~ 実はちょっとチラ見ですが、先日放送されていた新人公演の映像を見た後に観劇したんです 主演のあかちゃん(綺城ひか理)、みれいちゃん(城妃美伶)を始め、みんな新人公演にしては安定していて上手だな~と頼もしく思ったのですが ただ役に嵌っているか・・・・というと、やはり今回のお芝居はちょっと難しかったのではないかなと思いました (でも新人公演のレベルとしてはかなり高いと思います) 特に今回のお芝居では、主演の二人は正当なタイプのヒーロー&ヒロインではない 様々なインタビューでも答えているように、お互い「駄々っ子のような」男女のお話です そのような人物に、普通なら共感もしないし魅力も感じにくいもの・・・・ 上田先生がおっしゃるように、「嵐が丘」であったり、「風と共に去りぬ」のような激しい人物ですが それでもなお、このギィ(明日海りお)とタルハーミネ(花乃まりあ)がこんなにも魅力的に見えるのは 二人の演技力と、見た目の素敵さによるものだとつくづく思いました 特に主演二人に関しては、主役力がないと、ただの悪人になってしまいますよね・・・・ (でも個人的に明日海りおが嫌い、花乃まりあが嫌いという方は先入観の時点でアウトだと思います) まずあんなにも自分勝手で自滅した清様(春の雪)を成功させたみりお氏はともかくとして 今回のかのちゃんのタルハーミネは、宝塚ではなかなかお目にかかれない異端な役ですよね 気位が高く、気性の激しい女性の役を演じるのは勇気がいることだと思いますが それでも最初の登場シーンでの、まばゆい程に美しくて気高い感じが、第一王女だと思わせるものがありますし ファンの方に嫌われてしまうのではないか・・・という心配は(もしあったとしたら)捨てて思い切って演じて欲しいなと思います 昨日観た感じが、気位の高さが凄く出ていて良かったな~と感じたんです タルハーミネが気高ければ気高いほど、気性が激しければ激しいほど 似た者同士のギィは、そんな彼女だからこそ惚れたのだと納得出来るのです だからそんな「はねっかえり(子ギィ談)」で、誇り高い女性を「俺が護る」と言うギィ・・・・なんと男らしく感じることか・・・ そしてギィを演じるみりおちゃん、ダークヒーローであろうが身勝手な男であろうが全て許されてしまうほど 彼女が演じると魅力的な人物になってしまう・・・ (過去演じた中でも、清様、フェルゼン、光源氏、ヴァルモン・・・)←多いな ま、明日海りおが奴隷っていうだけで大成功な配役ではありますが・・・ 跪くみりお氏、踏み台になるみりお氏、内に秘めた恋を募らせるみりお氏、強引に迫るみりお氏、鞭打たれるみりお氏、復讐に燃えるみりお氏・・・・・(涎) もう明日海りおを魅力的に魅せる仕掛けてんこ盛りです ただ演じる人によっては悪人に見えてしまいがちな役ですが、彼女が演じると主演として成立させることが出来る(それが凄い) 日本人が共感しにくい役柄ですが、私にとってはのめり込むほどに魅力的なお二人です はい、贔屓目上等な感想でした

      NEW!

      22
      テーマ:
    • 差し替えがな~い!!!

      あ~・・・・色々と忙しいですね やっと時間が出来たので、昨夜初回放送で録画していた『Melodia』の黒燕尾だけ見ました 皆様がおっしゃる通り、差し替えがない~~~~~~~(感涙) あのみりおちゃん(明日海りお)の素敵な歌声が(日本語で)また聴けるなんて・・・・・・・ ま、もちろんBDには明日海アングルもありますし、何より高画質なので買ったことに悔いはありませんが せっかく高いお金を出して買うのですから、今後こういうことのないように御願いしたいものですよね それにしても、花組トップスター、明日海りお様はカッコ良過ぎません 私は誰がなんと言おうと、みりおちゃんの指先まで神経の行き届いた品のあるダンスが大好きなのです そして正統派な黒燕尾が似合う見てこの品格溢れる黒燕尾姿を トップになってからこれまで、毛色の違った黒燕尾を見せてもらいましたが それぞれ大好きなんですもちろん今回のもです ただせっかく素敵な燕尾だったにも関わらず、音声だけが残念だったので 再びきちんとした形で見る事が出来て本当に嬉しいです また時間が出来たら通して見なくちゃ

      NEW!

      35
      テーマ:
  • 04 Dec
    • 深化した『雪華抄』『金色の砂漠』

      ほぼ2週間振りの観劇でした♡ お声を掛けて下さった方のお陰で、ソワレの貸切公演も観劇出来て充実の1日でした さて、時間がないので詳しくはまた明日…ということになりますが、あまりの深化振りにビックリでした 特に金色の砂漠は、ギィ(明日海りお)とタルハーミネ(花乃まりあ)だけでなく 他のキャストもそれぞれお芝居が濃くなっていました 特に感じたのが、かのちゃんとじゅりあさん(花野じゅりあ)が良かった❣️ かのちゃんのタルハーミネ様が強くなっていたことで、ギィとのお芝居が何倍も良くなっていたんですよ! そして話の転換の鍵を握る、盗賊頭のじゅりあさんも、セリフに力強さが出たことで、流れにメリハリがつきました 前回観劇した時点でも充分良かったのですが、更に底上げされた感じ? そしてやはり最後のギィの台詞、「俺はお前に恋したのだ」がゾクゾクする程色気があって… こんなに素晴らしい舞台をあと2回しか観れないということに今、落ち込んでいます( ; ; ) また時間のある時にゆっくり書きますね(*^^*)

      62
      3
      テーマ:
    • マニアックだけど実は好きな場面(その3)

      このシリーズ、結局全部好きなんじゃないの?とツッコミが入りそうですが続けます(笑) もうすぐ到着するので、短いですが… またまたコメントを頂いた中で思い出したのですが、私はみりおちゃん(明日海りお)の叫び声が大好物です♡ 今回もタルハーミネと引き裂かれ、羽交い締めにされながら「タルハーミネ!」と叫ぶシーンがありますが 今でも忘れられないのが、(またまた)春の雪で、聡子が子供を堕胎する為に旅立つ時 父親に引き止められながら叫んだ「聡子〜‼︎」の声に鳥肌が立ちました どうして普段あんなにおっとりして可愛い人が、あんなに男前な声が出るのか? どうしてお芝居とはいえ、あのようにリアルに心の底から振り絞るような表現が出来るのか? 彼女の叫び声、昨日の話といい本当にリアルでお芝居じゃないみたいです あ、着きました❣️いよいよで〜す♡

      45
      テーマ:
  • 03 Dec
    • マニアックだけど実は好きな場面(その2)

      えっと・・・・コメントでらられみさんに先に言われてしまいましたが私もせり上がりのところもバルバトを弾いているところも大好きです 愛と革命の詩の時もそうでしたが、セリ上がりで客席の心を一瞬で掴んでしまうというか お芝居の世界観を台詞なしで伝えるのって実は難しいと思います そして夜だから書いちゃおうってことで(ふざけた内容ですがご容赦願います) これは皆さんお好きだと思いますが、やはり鞭打たれるシーンが・・・・・・ 絶対にそんな目に遭ったことないはずなのに みりおちゃん(明日海りお)ってどうしてあんなに上手いの 月組のベルサイユのばらのアンドレが撃たれるシーンも・・・・・ そして『春の雪』で清様がお父様にビリヤードで打たれるシーンも・・・・・ 戦国バサラで謙信に化けたいのり(蘭乃はな)が斬られるシーンも・・・・・ タイミングも苦痛に歪むお顔も・・・・・そして喘ぎ声も 絶品ですよね 上手すぎて本当に痛いんじゃないかと可哀想な気持ちになってしまう位・・・ でも・・・・上田先生、ありがとうございます(土下座)

      48
      4
      テーマ:
    • マニアックだけど実は好きな場面(その1)

      もうすぐ観劇出来るので、少しづつ金色の砂漠の情景を思い出しています 毎回お芝居のラストで感動し過ぎて、途中の何気ない場面のことを思い出す余裕がなくて書いていなかったかもという場面を少しづつ書き出しておこうかなぁ ギィ(明日海りお)がタルハーミネ(花乃まりあ)に尋ねられて、同じ台詞を返す場面が2場面あります (ここからネタバレです) 求婚者のテオドロス(柚香光)と自分がお似合いかどうかをタルハーミネが尋ねるシーン タ「お前から見てどう私達はお似合いかしら」 ギ「・・・・・よく分かりません」 ギィはタルハーミネに惹かれている訳で、この質問には心中穏やかではない気持ちで答えているんですよね そしてもう一場面、婚礼の前夜にタルハーミネに婚礼衣装を着てみませんかとギィが勧め 着替えたタルハーミネが自分の姿を見たいのでギィに灯りを持ってきてと頼むのです ギィは「こちらへおいでなさい月の光のほうが明るい」と誘い 「お前の目にはどう映っている」と聞かれて答えるシーンでも「よく・・・・・分かりません」と答えるのです でもこの時は明らかにタルハーミネの美しさに見惚れているんですよね・・・・ この同じ「よく分かりません」という台詞なのに、ギィの心の内は透けて見えるような繊細なお芝居が流石だな~と思って見ています まだまだ好きな場面があるのでまた書きま~す

      52
      2
      テーマ:
  • 02 Dec
    • ちょっと一息

      本当は今絶賛公演中の『雪華抄』と『金色の砂漠』についていっぱい語りたいのですが 次の観劇日はダブルなので、その時は久しぶりにウザいほど書きます なので次の観劇日まではちら見しか出来ていないけど、スカステで見た内容を書きますね まず昨日の朝、急いで支度しながらテレビをつけたらみりおちゃん(明日海りお)が 「・・・・・・がんばれっ・・・・」(ニュアンス伝わります)と言ってくれてましたね ハの字になった眉が可愛かった~ 着ムービーは今日のラインナップには出ないので、突然のサプライズなプレゼントがめっちゃくちゃ嬉しかったです (わざわざ動画で送ってくれたMさん、いつもありがとうございます) それからかのちゃん(花乃まりあ)、れいちゃん(柚香光)、マイティー(水美舞斗)のキャトルDEトーク これがね・・・・まだちゃんと見れていないんですよ~(>_<) でもこれも着替えつつ、用事をしつつチラ見しただけでも、3人の楽しそうな様子と かのちゃんの可愛さ&れいマイのイケメン振りに、眼福だなぁ~と思って見ていました かのちゃんが辞めるのは残念だけど、せめてこのれいマイだけは離さず花組子としてずっといて欲しいな でもでも・・・・早くギィ様(明日海りお)に、そして金色の砂漠の世界にどっぷり浸りたいよ~ (追記) 先日限定記事をアップしてから、アメンバー申請して下さる方が数人いらっしゃったのですが (うっかり数十分?全公開してしまったんですがまぁ別にいいです)←宝塚のことじゃありませんから 日頃からやり取りしている方のみということにさせて頂いております。 申し訳ありませんがご理解頂きますように御願い致します。

      48
      1
      テーマ:
    • 花組全国ツアー振り分け発表!

      今めちゃくちゃ忙しいのですが、どうしても出て来ずにはいられなくて(笑) 全国ツアーの振り分けがやっと出ましたね!! あの…先に言いたいこと言っていいですか?(笑) マイティーがやっとみりおちゃん(明日海りお)の外箱に出ます〜❣️(感涙) れいマイ(柚香光、水美舞斗)が一緒に出る『エキサイター』、すっごく楽しいと思います❣️ でも…チケット大丈夫かなぁ…(汗) それから気になるのが、トゥールベル夫人とセシルが誰になるのか?ですが ベーちゃん(桜咲彩花)がトゥールベル、みれいちゃん(城妃美怜)がセシルかな? あと新しいポスターもそろそろアップされるでしょうね❣️ その前にかのちゃんとの辛いお別れがありますが… 複雑だけど、まずは今を精一杯楽しみたいと思います♡

      63
      1
      テーマ:
  • 01 Dec
    • 復活

      昨日と今日はお休みしますって言ってたのに、早速2回も更新してスミマセン さすがに今日は・・・・と思ったけど、どうしても我慢出来なくて出て来てしまいました やっぱり私にとってブログは息抜きの大切な場で、そしてみりおちゃん(明日海りお)は最大の癒し・・・ そして一番テンションをしてくれる人だと改めて認識しました またまたみりおちゃんLOVE友のS様から5日発売の歌劇に載っている某写真を送って下さいました~ (いつもありがとうございます) いや~もう・・・・・・・発売日は、朝一番に本屋さんへ直行してゲットしたい位・・・・・ かのちゃん(花乃まりあ)、グッジョブ(土下座) そして台湾のかのちゃんファンのお友達Lさんが、今日発売のル・サンクの写メも送ってくれて・・・・(ありがとう~) いちいち全身の血が沸騰するような写真を送って来られては、私なんてひとたまりもありません ていうか・・・・こんな風に趣味を共有するお友達が沢山いるって本当に幸せだなぁ 睡眠時間2時間で、眠くて今にも死にそうなのでとりあえず休みますね

      66
      テーマ:
    • 11月30日

      テーマ:
  • 30 Nov
    • お知らせ

      ほぼ毎日更新しているので、もしかしてご心配頂くかも?と思ったのでお知らせ致します 今日と明日はブログをお休み致します。

      36
      テーマ:
  • 29 Nov
    • 持ち歌とは

      新人公演、どうだったのでしょうね~何やら本公演で影ソロしていた咲乃さんが凄く上手かったようで・・    またスカステで観るのが楽しみです    それから今日は月組の演目が発表されましたね    三銃士というと、昔、紫苑ゆうさんがテレビでアトス役で出ていらしたのと    瀬奈じゅんさんが退団された後、東宝ミュージカル「三銃士」でミレディ役をされていたのを覚えています(これがカッコよかったんですよ〜)    今度のはその東宝版とは全然違うものなのか?ちょっとだけ気になります(笑)     さてやっと本題ですネット巡りをしていたら、先日宝塚OGの方々が集まっての催しがあったようですね     そこに麻子さん(瀬奈じゅん)や、蘭寿とむさん達もご出演されていたそうです      (前に書いた宝塚ドリームツアーズのメンバーだったのでしょうか)      それぞれ現役の頃のご出演作品などの歌を沢山歌っていらしたそうですが・・・      昔から宝塚を卒業してOGが集まる公演があると、現役の頃の歌を歌われることが多いのですが      長く宝塚ファンをしていると、〇〇さん(その時のご贔屓)はOGの時に何を歌うんだろうと考えるのですよイタイかもしれないけど、そんなもんなんです      で、現御贔屓であるみりおちゃん(明日海りお)は将来何を歌うのかなぁ・・・・なんて考えていたんです     まだ今後の公演もありますから、現時点でですがファンタジアとか    だってオリジナルの中で言うと、まだカリスタと金色しかないし、今回の主題歌凄く素敵だけど    「復讐こそ~我が恋~」とかちょっと・・・・・ねぇ    う~ん・・・・もっとこう・・・・・パンチの利いた歌がいいなぁって思ったり    そう考えると、記念すべき台湾公演で歌われた歌だし、ファンタジアならいいんじゃないかと・・・・     意外にね、任期が長いから持ち歌が出来るという訳ではないものなんですよ、こればっかりはね    今後、お芝居の中で歌い継がれるほどの名曲に恵まれたらいいけど、なかなか難しいものですよね     麻子さんは間違いなくアパッショナードだし(これは再演されようと瀬奈じゅんの代表作)      そして蘭寿さんは間違いなくコンガですよね      二人共ダンサーだったのとラテンが似合う男役さんだったので、たまたまかもしれないけど大介先生ですが     みりおちゃんはフェアリータイプなので(男っぽくなったけど持ち味はやはり)、朗々と歌う系の歌が嵌る気がします     いつか斎藤先生のショーに当たったら、これぞっていう歌が来そうな気がするんだけど      まぁ後は宝塚といえば・・・・な名作はほぼ網羅しているので(たとえ再演でも)、なんでもござれだとは思います     そもそもタカラジェンヌとは、現役だけのものでいて欲しい派なので、あまりOG公演は観に行かないのですが    みりおちゃんはこんなに長年がっつり応援しているだけに観てみたいかもなあ     あ、もちろん宝塚男役の明日海りおはまだまだ続きますので、この記事で悲しい想いをされた方がいらっしゃたら申し訳ありません     それにもう近い・・・・と本気で思っていたらこんなこと書けませんからね           

      70
      1
      テーマ:
    • 今日は花組新人公演

      今日は花組公演『金色の砂漠』の新人公演の日ですね 私は新人公演は(時間的にも)観に行けませんが、今日の注目はやはりミーマイに続き主演のあかちゃん(綺城ひか理)のギィ(本役:明日海りお) そして花組期待の若手陣である面々、アレン君(亜蓮冬馬)のジャー(本役:芹香斗亜) まひろ君(帆純まひろ)のテオドロス(本役:柚香光)、あすかちゃん(聖乃あすか)のプリー(本役:瀬戸かずや) そして最近益々洗練されて男っぽくなってきたつかさ君(飛龍つかさ)のジャハンギール(本役:鳳月杏)つかさ君は何気に、本役でも若き王を演じていますしね 彼(女子だけどあえて)の場合、今後の花組の戦力として大事に育てられていると思う そしてそしてなんと本公演では本役さんが演じていた、子供の頃のギィとタルハーミネ(花乃まりあ)を 花組の可愛い娘役ちゃん達が演じます ギィを、今回本公演でも重要な役どころ(若きアムダリヤ)を演じている、華優希ちゃん そしてタルハーミネを、本公演でも(影ソロ含め)大活躍の音くり寿ちゃん いや~・・・もしかしてこの二人が今回の目玉と思っちゃいます 可愛いだろうなぁ~ あと新人公演が終わると、必ず本役さん達に変化が現れるので、これから後半にかけての本公演は要注目です でもみりおちゃんに関しては、今回の役づくりとしては迷いがないように思うのですがどうなんだろう 明後日木曜日に観劇される方はぜひご一報頂けると嬉しいです

      46
      テーマ:
  • 28 Nov
    • 愛と憎しみをたぎらせる明日海の美しさを最大限に

      先ほどの毎日新聞の記事と、もう1つ素敵な記事を見つけました お馴染み、朝日新聞スターファイルの、花組公演『雪華抄』『金色の砂漠』の公演評です こちらも素敵なお写真の数々に加えて、なんてベタ褒め・・・・あ、賛辞の嵐・・・ 素直にみりおちゃん(明日海りお)、そして花組ファンとして嬉しい限りです というか、どうしたらこんなに妄想を掻き立てられるような素晴らしい記事が書けるのでしょう さすがプロのライターさんは違いますね~ そしてお写真一枚目の憂いを帯びた表情のなんて素敵なこと この登場シーンがまた素晴らしくて、カズミボーイ先生の振付の妙と、音楽の相乗効果で一気に異国の世界に惹き込まれます (あ~早く観たい~) あと前にも似た写真がありましたが、かのちゃん(花乃まりあ)がブルーの衣装を着ているお写真も好き もうね・・・・お写真以上に物語がドラマティックでね・・・・ あとおでここっつんこの写真も大好きあ~美しいわぁ~ 今晩は金色の砂漠の夢を見てしまいそうです・・・・・

      53
      1
      テーマ:
    • 瞳が語る

      仲良しのみりおちゃんLOVE友(と勝手に思わせて頂いています)のシエスタさんに教えて頂きました 今日の毎日新聞夕刊に、花組公演評が載っていると・・・・・ 早速、ネット上の記事も見に行ったのですが、なんて素晴らしいこういうのが欲しいのよ~ まさに今日、舞台写真についてあれこれ書きましたが、これぞ(役が)生きた写真です 見ていて今にも台詞を話し、動き出すかのようなベストショットですよね (一枚目)瞳に強い意志があり、そして・・・・・・・なんて孤独な瞳なのでしょう・・・・・ みりおちゃん(明日海りお)は、演じている時、台詞はなくとも瞳で語りますよね 二枚目のデュエットも、悩ましげな表情が〇8禁(ゴホゴホ)な感じですが・・・・・ でもこの一枚目の写真・・・・・・いいですねぇ~

      43
      2
      テーマ:
    • 『雪華抄』『金色の砂漠』舞台写真〜♡

      やっと出ましたね〜♡ 今回も素敵な写真の数々で、実物を見るのが楽しみです(*^^*) でも私はこのショットが欲しかったなぁ〜 これとか…♡(はい、鼻血) これとか…♡(はい、吐血) こういうのとか…♡復讐に燃えるギィ(明日海りお)とか…最高♡ とか言いつつ、また散財してしまいそうな予感(笑)

      72
      5
      テーマ:
  • 27 Nov
    • エロティシズムな・・・

      いつもお邪魔させて頂いているブロガー様が今回の花組公演をご覧になられて あの奴隷ギィが王女の踏み台になるシーンはエロティシズムに溢れていると・・・ そしてギィ(明日海りお)とタルハーミネ(花乃まりあ)のラブシーンは、ダルレークの恋に匹敵すると書いておられました 私も初日に観劇した時、あの踏み台のシーンは衝撃でしたが それ位、屈辱的な様子を見せてこそ後半でのラブシーンが生きてくるというもの・・・・ この物語は愛と復讐がメインテーマになっていますが、やはりそこは宝塚なので前者のほうに興味があります そういう点からいっても、一番好きなシーンはと聞かれたら、迷いなくみりかののラブシーンと答えます それもタルハーミネの婚礼前夜は勿論ですが、テオドロスさんが去ってからのあのセリフ・・・ 「タルハーミネ様、ご結婚されたら私を遠ざけお二人でお暮し下さい」と口火を切った後 そこからグイグイタルハーミネに迫って行く台詞が堪らなく好きです それまでもギィへの(愛)に気づかないふりをする為、「奴隷は砂や土と同じ」と彼女は言いますが (ギィが)自分への愛に充分気づいているのを分かっていて、ガンガン攻めていく(ギィの)言葉には凄く興奮してしまいます 「貴女のその〇〇が好きだ」とか、「貴女は小さく震えている・・」とか あの台詞があんなに似合うのはみりお氏(明日海りお)ならではでしょう・・・・ 上田久美子先生が歌劇で、「こんな台詞は難しいかなと思いましたが全然大丈夫でした。」と話しておられたのはこの辺りの台詞じゃないでしょうか イケメンにしか許されない台詞だと思いますね~ あのくだりのシーンでは、オペラが曇るし(無意識に)じっと息を止めているのが自分でも分かります そして婚礼前夜での初日映像で流れた「愛していないと言うなら」の台詞 声を震わせながら言うところがまたいいと思いませんか 今思い出してもぽーっとなってしまう位 花組へ来てからのみりおちゃんはどんどん男っぽくなって、色気も増してきていたので いつかダルレークの恋とかやってくれないかなぁなんて思っていたのです でも再演ではなくて、こんな素敵な作品で見せて頂けて本当に嬉しいです みりかのとしても、これまで色んな関係性の恋人同士を演じてくれましたが 今回の金色は本当に素敵でゾクゾクするような駆け引きを見せてくれて・・・・ ミーマイと同様、ファンとしても大切な作品になりそうです

      83
      8
      テーマ:
  • 26 Nov
    • ジャーとビルマーヤ

      話題がついついギィ(明日海りお)のことばかりになってしまいがちですが この物語の中で一番の癒しカップルである、ジャー(芹香斗亜)とビルマーヤ(桜咲彩花)に注目してみます ネタバレになりますが誰一人としてハッピーエンドにはならないお話ですが 生き残るものの、実はこのお二人も相当切ない間柄なんですよね というのも、ラスト近くでジャーが、「兄と妹のような愛に変わった」というような(ニュアンスお許し下さい)台詞がありますが ビルマーヤはまだジャーのことが好きだったのではと思ったりして・・・ もちろん優しいゴラーズ(天真みちる)さんのことを愛してもいたと思いますけどね だからジャーが愛の形も変わって行くというような台詞を言われる時のビルマーヤの気持ちを思うと、切ないな~と思って見ています そこはギィみたいに思い切って告白しちゃいなよって思うのですが、悟りを開いたような性格のジャーには考えもつかないことなんでしょうね あと想い人を手に入れ、子供まで授かったテオドロス(柚香光)さんも、本当の意味ではタルハーミネの愛を手に入れていませんし 彼もまた可哀想な人ですよね・・・。(最後あっさり去って行くのも、彼女からの愛がなかったからですよね) そう考えると、最後は亡くなってしまうけど、ある意味ギィとタルハーミネ(花乃まりあ)は幸せだったのかも・・・・ とか色々観劇した後も何かと考えを巡らせたくなるのがこの作品の特徴というか・・・・ね それにしても、上田先生がおっしゃったように、まるで嵐が丘の主人公のような激しい二人に、共感することはないけれど、凄く胸に突き刺さりますよね 誰の心の中にもあるような理性を捨て去り本能のままに生きる・・・・って素敵だなぁとさえ思ってしまう 二人が本当に美しいからこそ絵になるし、もう眩しいくらいなんですよ ありゃいつのまにかギィとタルハーミネの話になっちゃってましたね 次の観劇がホントに待ち遠しいです・・・

      66
      テーマ:
    • 1月はアーネスト放送!

      始まったばかりと思っていた花組公演も、あっという間に半分が過ぎてしまいましたね 今週後半は子供のテスト週間だった為、観る予定だったのを1回キャンセルしてしまいました 今回のお芝居を一度でいいので、オペラなしで観れるといいな~と思いつつ某サイトには手が出ず ショーはね、2階席からも綺麗だしいいんです。むしろ全体を見るなら2階席はおススメです お芝居も舞台セットが美しいのと、色々イリュージョンがあるのでこれも2階からだと綺麗に見えます ・・・・・が、やはり演者の表情をオペラなしで観たい オペラだと一人固定になっちゃうので(みりおちゃん限定ね)、出来れば台詞を交わしている2人を交互に見たいんですよね~ そして今回特に熱演されているので、演者の方の(特にみりおちゃん)聖水も肉眼で確認したいです みりおちゃん(明日海りお)熱演と言うと、よ〇れに〇水・・・・・が付き物ですが、今回はホントに凄いらしい・・・・ あ、決して茶化している訳ではありませんバカにもしていませんよ それだけなりふり構わず、役として生きているからこそ・・・・なんだと思います 早くまたあの夢のような異国のお話の世界に浸りたいなぁ~ そして前置きが長くなり過ぎましたがいよいよ1月に、今年公演した「アーネストインラブ」が放送されますね 某ちなつファンも私も首を長~くして待っているのですが、「梅田芸術劇場」ということは・・・・・・ やっぱりまたみりお氏(アーネスト)、キキちゃん(アルジャノン)バージョンでしょうか ま、みりおちゃんはどちらにしてもアーネストですが、せっかくなのでアルジャノンはちなつちゃん(鳳月杏)でお願いしたいところなんですけど・・・・・・・・・ もちろんキキちゃん(芹香斗亜)も昨年の時よりバージョンアップしてすっごく良かったのですが このバージョンはDVDにも出ていますし(放送もされていますし)ね ちなつちゃんのレインさんも好きだったので、これはこれで観たいですけど・・・どっちを放送するのでしょうね 今更もう決まっていることでしょうが、願わくば真新しいキャストで放送して頂きたいものですね

      56
      テーマ:
  • 25 Nov
    • 改めて『雪華抄』感想(その4)

      はい続きです 安珍と清姫を弔うかのような雪が深々と降ってくる中、雪の精達が現れて・・・・ 銀橋で和海しょう君が歌っていますが、歌える人なので活躍の場があって良かったな~って 冬から春への季節の移り変わりを、あの素晴らしい影ソロ(咲乃深音さん、愛乃一真さん)で 桜の女神(松本悠里)を中心に、春の若衆と春の舞姫達が踊ってどんどん音楽も盛り上がるのですが これがまた本当に良いんですよ~ 指揮を担当して下さっている上垣聡さんもおっしゃっていますが、壮大で・・・感動で涙が出ます 最後にみりおちゃん(明日海りお)とかのちゃん(花乃まりあ)がセリ上がってきて・・・ 春の若衆S(明日海りお)が歌うのですが、初日かな感極まったのか声が少し震えていたように思うのですが気のせい まだ花組公演をご覧になられていない皆様、雪華抄は構成、音楽、出演者、全て素晴らしいショーです ぜひ楽しみになさって下さいね そしてみりおちゃんに若衆をさせて下さった原田先生、ありがとうございます

      50
      テーマ:

プロフィール

Merci

自己紹介:
大好きな明日海りおさん率いる花組について主に書いています。 宝塚が好きな方、特にみりおちゃんファン...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ランキング

総合ランキング
1305 位
総合月間
1132 位
のんびりブログ
14 位
演劇
7 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。