トライウッドマネー研究所

トライウッドマネー研究所は、東大阪の中立なFP事務所です。
お金の問題をワンストップで解決します。


テーマ:



トライウッドマネー研究所

 「元施設長が語る介護業界の実態とFPとの連携を考える」  

             9月26日  FPなにわづ 勉強会


 FPと介護は繋がりがないように思えますが、先日も当ブログで取り上げましたが、需要がある業種で、だからこそFPと介護業界が連携していければ、新たな日本型介護制度のモデルになり得ると思います。


介護もFPも認知度が低く、内向きな業界になっているのが現状です。


介護は、お金がかかります。相続と同じで、漠然とは知っているけれど、よくわからない。切羽詰ってからしか動かないから準備不足になるという悪循環に陥っている人がほとんどです。介護も相続もセットでリタイアメントプランニングの部分で、FPが携わることができれば、安心してライフデザインを描くことができるでしょう。


                        感想


  元施設長の現場のお話は大変参考になり、入ってみないとわからないことが多いと実感しました。


 「施設を建てたのはいいけれど、入居者を集めるのが大変」


 近年、サ高住が(特に関西では)林立していますが、外から見ると需要が追い付いていないから立てているなどと見てしまいがちですが、有料老人ホームにしてもし烈な価格競争、資金繰りなどの苦労が絶えないようです。


「入居者の月々のキャッシュフローに余裕がない?」


 宣伝文句で、家賃の安さを強調する施設が多く、家賃だけにに目がいきがちです。実際は、家賃以外にも管理費や食事代もかかります。部屋別の電気代やおむつ代は別料金の施設が多いそうです。


 年金暮らしの年寄りが一時金・月々の家賃やその他のコストを払えば、月々のキャッシュフローは赤字になりかねません。


 かといって、経営する側も、スプリンクラーの義務づけや、その他のサービスのコストも計上せざるを得ず、介護保険が入るからといっても、決して余裕があるわけではないようです。




 貴重なお話ありがとうございました。!




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。