トラ森流 ガード製作の基本

テーマ:

4×4トライアル、オフロードスプリント・耐久、サーキットタイムアタック、サーキットスプリント…

コレまで色んなレースカーを造ってきました(^^)

今回はジムニーのガード類について考える機会があり試作をしたワケですが

ガード類に対してはチューナー一人ひとりが異なる考えを持ちます。


私が考えるオフロード走行を前提としたガードとは…


① 重要なパーツを完璧に保護する役割を持つ。

② ロードクリアランスを確保する。

③ ガードが障害物にヒットした際のスキッド性を十分に考慮する。


↓ 写真は広島のスポーツランドTAMADAで開催された全日本選手権の時のものなので障害物が極端に見えるかもしれません。

が、この程度の石は近所の河原にもゴロゴロ転がっているサイズです<(_ _)>

このマシンでは、岩場でも平気でアクセルを踏むために、

フレームの下側に厚さ8mmのジュラルミン製アンダーガードを装着していました。

このアンダーガードは削れることはありましたが変形することはなく

その強度は絶大な安心感でした(^^)v


ガードは着いているかどうかではなく、ガードとしての機能を果たすかどうかが重要で

「目の前のアノ岩がヒットしたら、アレがブッ壊れる?」なんて考えていたら

その先に進むことはできません!


仲間と一緒にクロカン走行していても「なんでいつもアノ人だけクリアできるの?」と、思っている人もいるでしょ?

クロスカントリーではやり直しがきかないセクションをクリア出来る人とそうでない人がいるのは

走りに集中できているかどうかがキーポイントで「オレのクルマは大丈夫!」という自信が必要です(^^)/


もちろんバランス良くストロークするサスペンションやレスポンス良く吹けあがるエンジンも重要です。

でも、どんなにエンジンやサスペンションが良くても、

渓流釣りの往復で岩にヒットしてクルマが壊れちゃったら…。

要するにオンロードもオフロードも

クルマを走らせる者には一抹の不安もないコトが重要というワケです(^^)/



で、前置きが長くなりましたが

今回はリーディングアームのフロントピボットガードの試作をしました<(_ _)>


アームを見てみるとやはりヒットした形跡があります(**)

チョコット擦っただけならコノ程度で済みますが

ガッツリ当たるとアームのピボット(ブッシュが入っているパイプの部分)が潰れてしまって

2度とブッシュ交換が出来なくなっちゃいます(++;

ソコで!


今日は日曜日でショップのスタッフは誰もいないので

玄関のカギを掛けて、一人静かにヘン○イプレーに集中します<(_ _)>

で、完成したのがコレ↓

↓ 厚さ8mmのジュラルミン系アルミ材をR曲げ加工してスキッド性を高めました。

装着するとこんなカンジ(^^)

アームによってはクリアランスが変わってくるので

マウントブラケットのボルト穴を長穴加工して

ブラケット自体を前後に4mmスライドさせて調整できるようにしました(^^)v

リーディングアームをガッチリ保護します(^^)/

フレックスアーム フロント \73,440(税込)

ワイドレンジスタビライザー \38,880(税込)


フロントピボットガードは…

コレから材料と製作時間を拾って価格を決定します<(_ _)>


こんなカンジで試作が完成したワケですが

装着後、ピボットガードにイッパツ蹴りを入れてみましたが

イヤなるほど足は痛かったですが、ガードはビクともしませんでした(++)/


フロントピボットガードは近日発売開始になるでしょう(^^)/~

AD
ホントは昨日ブログを書こうと思ったんですが
疲労困憊だったので今日にしましたm(_ _)m


前回はフレックススプリングシートを装着して
前後の車高を合わせるトコロまでやりました(^ ^)v
で!
オリジナルバンパーを装着してオトコ前になった最新デモカーの車高を
現在のタイムトライアルなどのモーグル競技で使われている
ノーマル比1インチアップ程度まで車高調整して
実際の走行でフレックススプリングシートが壊れるかどうかの
テストですm(_ _)m

↓デモカー(^ ^)


まず、前回の車高は約3インチ近くまで上がってしまっていたので
フロントメインスプリングの自由長を180mm→100mmへ交換♪
バネレートは相変わらず…漢の20kですm(_ _)m

↓こんなカンジ(^ ^)

↓ ↓ ↓


(…。iPadでブログ書くの初めてで使いにくい(ー ー;))

次にリヤ。。
スプリングを3k→4kへ交換して、
車高が合わないはずなのでスプリングアジャスターを装着しました(^ ^)



で!
前後の車高を合わせて…


コンピュータのセッティング中で空燃比計やブースト計も付いてましたが
ソコは気にせずにヤナピーと一緒に近所のダートへしゅっぱーつ!!!


このシステムでははじめてのオフロードテストだったので
そんなに踏まずに走って来て
下廻りを覗いてみると…


リヤは全く問題ありませんでしたが…
フロントはアクスルハウジングのマウント部が
曲がっちゃってました(ー ー;)
と、いうことは
レースで使えるようなモノには程遠かったというワケです(T_T)

次はフロントのアクスルハウジング側を補強するパーツを製作して
フレックススプリングシートのマウントを構造的に検討し直して
再チャレンジですね(T_T)/

そんなわけで、楽しいヘン◯イサスペンション開発は
まだまだ続きます☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

AD

ここ数年


JB23のコンピュータ書換えを行うためのシステム開発を行ってきました。



なかなか難しい問題もあって時間が掛っていましたが


ココに来てようやく


システムの完成が見えてきました(^^)/

JB23コンピュータ


システムが完成したら


ノーマルエンジンはもちろんですが


今までご使用いただいてきたスポーツタービンや


エキゾーストシステム・インテークシステムも


専用セッティングによってさらにそのパフォーマンスを引き上げるコトが可能になりますね(^^)



スイフト・フィット・コペン等の


タイムアタックで培ってきたトライフォースのセッティングを


是非ジムニーユーザーさんにお届けしたいと考えています(^^)



JB23オリジナルコンピュータ発表まで


もうしばらくお待ちください(^^)/~~~



AD

ご無沙汰してます<(_ _)>

ヘン●イチューナーのトラ森です<(_ _)>


ご存じの方も多いと思いますが

昨年2月に佐久に車屋佐久平というクルマ屋をオープンしました。

かなりバタバタしてたため、しばらくはクルマ屋に集中していましたが

あれから1年が経ち、少しは落ち着いてきたし、

またゴソゴソとパーツの開発を始めたワケです<(_ _)>


さて…

今回はずーーーーーーっと前から企んでいた、

「ジムニーのサスペンションセッティング用アイテム」の開発です。


で!

今回試作したパーツの代表的なコンセプトは…


①ジャンプ着地のフルバンプ時にアクスルハウジングが曲がっちゃうのを防止する。

②リフトアップスプリングを装着した時にバナナみたいに曲がっちゃうが納得いかないので修正する。

③直巻スプリングを使用して、セッティング領域を従来の100000000000000倍にする。

(数字に深い意味はゴザイマセン<(_ _)>)


コンセプトややれるコトはまだまだ沢山ありますが、

まずは試作品の装着状況をご覧ください(^^)



↓ 試作品です(^^)


↓ 試作品(^^)


↓ フロント アクスルハウジングのスプリングシート(^^)


↓ センターに穴を開けちゃいます(^^)


↓ 空けた穴にブッシュインブラケットを装着(^^)


↓ スプリングシートを装着します(^^)

どーよ!ヘ●タイでしょ♪

↓ フツーはこんなカンジに曲がって装着されますが…


↓ 狙い通り…今回のはスプリングがまっすぐになります(^^)/

フロントスプリングは直巻でメイン20K+アシスト4Kのダブルスプリング仕様!
複合でのレートは3.3Kになります(^^)



↓ 同じカタチでリヤスプリングも直巻を装着しましたが

こちらは伸び側ストロークを考慮して

直巻の自由長280mmの3K+ヘルパースプリング仕様にしました(^^)/


スプリングがまっすぐに装着されています(^^)v


と、まぁ

こんなカンジで装着したワケですが

走ってみなきゃ解んないこともたくさんあるので

走らせてみたいと思います<(_ _)>



私の知る限り

今回の開発はジムニーだけじゃなく、

チューニング業界で初めての試みになると思います。


さてさて…どうなるか楽しみです(**)/


あー!

早く走らせたい!!!


成功するか失敗するか…

ご期待ください(^^)/~~~

先に言っておきますが…今日は辛口です(^^;




まだ少し先の話ですが


8月4日()・5日()の2日間、


スーパーオートバックス厚木さんでイベントを開催します(^^)
トライフォースカンパニーのジムニーブログ


そこで…


ジムニーユーザーさんにお願いです!


イベント開催日に


SA厚木の駐車場をジムニーで埋め尽くして下さい<(_ _)>



ナンデこんなことを考えたかというと…


最近はジムニー業界も新作パーツが減ってきて


そろそろネタ切れ…?


とか感じているのは私だけではないはずです。



でも、先日発売したスポーツタービンは


発売1週間でファーストロットが完売。。。


コレは…


ユーザーさんがスポーツタービンを必要としていたからバカウケしたワケで…


要するに…


ユーザーのみなさんは何が必要でどんなモノが欲しいのかを直接聞く耳を持てば


絶対に業界はネタ切れにはならないと思うワケです。



例えば、昔はショップのオヤジが


「オレが乗ってイーって言ってんだから、イーに決まってんだろ!」みたいなノリで


サスペンションを売っていたワケです。


だから、全く同じ減衰のショックや全く同じスプリングが


色だけ変わって全国各地から売りに出されるような事態になっちゃったワケです<(_ _)>



「フルオリジナルのスプリングやダンパーは割りと少ない。」


コレ…ホントの話。



知らないだけで自分のジムニーに付いているパーツが色が変わっただけの


汎用パーツだったらガッカリしちゃいます(**)


もちろん「オヤジの感覚」も大事ですが、


こうすれば確実にトラクションが出るとか、こうすればもっとコーナーでロール角が減るとか…


物理的にも自信をもって解説できるかどうかがノウハウで


コレからのジムニー業界では信頼されるショップかどうかの


判断基準になると思っています(^^)



メーカーには出来ない事を、可能にするのがショップの仕事です。


まぁ、色もオリジナリティだと言われればそれまでですが


少なくても自分だけは開発屋としてのプライドがあるので…効果が大前提です(^^)




逆に、皆さんの話を聞かないからネタ切れになるだけならまだしも


ジムニー業界もオカルト商品が増えてきたとか


色んなコトを…言われるようになっちゃうワケです(**)



ジムニーパーツの開発屋としては、そういうことを言われるのは業界人として悔しいコトです!


なので…


8月4日・5日はSA厚木に来て私とお話して下さい<(_ _)>


ジムニーに乗っていて不満に感じるコトや


オフロードでのサスペンションにの動きについてとか


エンジンレスポンスを上げたいとか…


何でもいいので効かせて下さい。






神奈川県内には、昔からのレース仲間やジムニー仲間も多く


久しぶりにお話したいとも思うワケです(^^)



当日はスポーツタービン仕様のJB23デモカーも持っていくので体験試乗も可能です(^^)


良いも悪いも、乗ってもらうのが一番です(^^)v


もちろん、大人気のG-effectサスペンションキットも装着されているので

トライフォースカンパニーのジムニーブログ-JB23サスペンションキット

皆さん自身の体で「評価」して下さい(^^)



それから…


メガヒット商品のファンネルスロットルチャンバー
トライフォースカンパニーのジムニーブログ


ビッグインタークーラー等々…
トライフォースカンパニーのジムニーブログ


その他にも


トライフォースカンパニーのジムニーチューニングパーツが

イベント限定特価にてお買い求めいただけるように


今から準備に入ります(^^)/~






何はともあれ…


喋るだけでもイーじゃないですか!(^^)


たまには私にもジムニー談義をさせて下さい(^^)/



8月第1土・日は


SA厚木 「〒243-0034 神奈川県厚木市船子55-1 TEL:046-248-0331」で


お待ちしてます(^^)/~~~