vol.2 てっちゃん

テーマ:

てっちゃんと初めて会ったのは、高2の夏。


友達と行った、隣の男子校の学祭でナンパされたのがきっかけだった。

チャラい感じの友達の横で、居心地が悪そうに、むっつりして腕組みを

していたてっちゃんの姿は、今でもときどき夢に出てくる。


背が高くて、色が黒くて、長めの茶色い髪をしていた。

最初は、ただのチャラ男だと思っていたけど、仲良くなるにつれて、てっちゃん

のことをどんどん好きになっていった。


色が黒いのは、日サロ通いじゃなくてサッカー部の練習ばかりしているからだってこと。

動物が大好きで、じつはデートは動物園に行くのが一番好きなこと。

サッカー選手になりたいって、本気で思っていること。


そんなてっちゃんの、すべてがいとおしくて、とても大切だった。


「男友達はたくさんいるのがいいけど、女は1人いればいい」

わたしのくだらない嫉妬が原因でケンカしたとき、私の目をまっすぐに見つめて

てっちゃんが言ったこの一言が、今でも忘れられない。

わたしは嬉しくて泣いたっけ。


幸せな時間は、不思議な力に守られているようだ。

けれど、もう一回と願うと、それは途端にとても複雑になってしまう。


あのてっちゃんの優しい笑顔や、いつもあたたかい手が、今はもう、わたし以外の誰かへ向けられている、

そう思うと胸が痛んだ。


夢を追いかけたくて、てっちゃんから離れたのはわたしなのに。

自分の身勝手さに、苦笑した。