true heart

恋愛小説。


テーマ:

姉の運転する車の助手席で、ぼーっと窓の外の雪を見ていた。

「ね、そういえばさ、哲哉くんだっけ?あんたと付き合ってた子。

地元じゃすごい有名人だよー!」

「そうらしいね。」

窓に額をくっつけたまま答えたのは、表情を見られたくなかったからだ。

「あんときサインでももらっときゃよかったって家で話してんのよー!」

「じゃあ、いつか会うことあったらもらっとくね。」

「ほんとに?!ゆーちゃん、約束だからね!2月がんばってきてよぉ!」

「わかった・・・ってお姉ちゃん、2月って何よ?!」

「ほら、これ!」

運転しながら、左手を私の前に突き出す。その手には1枚のハガキ。

「なに、これ・・・?」

「いいから見てみなさいよ。」

印字された機械的な美しさの文字の横にある汚い筆跡は、間違いなく

仁科のものだ。

=============================

N高サッカー部82期OB会のお知らせ

みなさん!超久しぶり。

元N高サッカー部82期の仁科貴久だよ。

突然ですがそろそろOB会やんねーかなと思いましてみんなに連絡して

まっす!

女の子いねーとつまんねーから、S女の当時絡んでた子たちにも召集

かけるぞ~

▲月☆日 18時~

場所は高校の頃から打ち上げで世話になってる小山ん家です!

つーわけでみんな来い!命令!

ちなみに、今じゃ地元のセレブ?に成り果てた哲哉も来るぞ!

=============================

「ゆーちゃん、いくでしょ?」

「え・・・」

言葉を濁した私に構うことなく、姉は喋り続ける。

思い出としててっちゃんの事を考えているとき、切ない甘い痛みが胸に走る。

過ぎてしまった過去は、いつだって美しいから。

けれど、それが「今」になると話は違ってくる。


今、私はてっちゃんに、また会いたいのか、会いたくないのか。

自分の気持ちが全然分からない。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

新しい気持ちで、新しい土地へここから旅立ったはずなのに、
心だけはずっと昔の想いを引きずったまま。
きっと、早く想いは断ち切らなきゃいけないのだと思う。
それでも、それが出来ないのはどうしてなんだろう。
たまに、てっちゃん以上の男現れればいいのに! って思ったりする。
でも、何かが違う。


きっと私は、まだまだ……、

てっちゃんが好きなんだろう。


彼女がいるかもしれないと知った今でも。



「カーン カーン」
そんな懐かしい気持ちを打ち消すように、駅にある大きな鐘が鳴った。


「もう2時じゃん。お姉の迎えまだかなー」

つぶやく言葉はあの頃と同じ。


「てっちゃんまだかなー」

この駅で数え切れないくらい待ち合わせをした。
部活で遅いてっちゃんを待つのはいつも私の役目。

でも待つのは嫌いじゃなかった。

サッカーをしている姿のてっちゃんを想像したり、

会って一番に言う言葉は何にしようかなーと考えてシュミレーションしたり、

数学の真島先生のモノマネをおもしろいから見せたいけど、

やっぱり恥ずかしいから今日もそれはナシかなーとか。

待ってる時間も、恋の時間には変わりなかったから。そんな時間も幸せだった。
なのに、その思い出の場所に私は今一人で立っている。

てっちゃんは、冷たい看板の向こう側にいるのだ。


駅についてから20分後、やっとお姉ちゃんの迎えの車がきた。


「プップー。ゆーちゃーん!」
「お姉、遅いよー」
「ごめんねー。道すべるから慎重にきたのさ(笑)」


切なさでいっぱいになりそうだった心が一瞬で解ける。

お姉ちゃんの前で、私はちょっと東京慣れした「桐橋ユリ」になった。

てっちゃんを「元カレ」って呼べちゃう、そんな妹に戻っていた。


「ゆうちゃん、ちょっと痩せたんじゃなーい?

 お母さん、張り切ってご飯作るってさ。まっすぐ家いくでしょ?」
「うん。いくいく」
「では、出発しま~す!」


お姉ちゃんが運転する車が、どんどん駅から離れていく。

てっちゃんの思い出と、私を引き裂くかのように。


つづく


AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。