• 23 Apr
    • 2歳バースデイの感動コラボ動画☆

      1月に、友人まみさんに娘の2歳の記念写真を撮影してもらいました☆ それがなんと、、、!!   友人3人がコラボして まみさんの写真(&私提供の娘の写真)を はるかさんが動画にしてくださり なおちゃんが、DVDジャケットを作ってくれました!!!       0歳からの生い立ちも入り、うるうるの15分感動ムービーです!!(ノД`)・゜・。 一生の宝物!! 両親にもプレゼントしたら、めーっちゃ喜んでもらえました☆   完成披露会では、「だいじ~!」と言ってDVDを抱きしめる娘(笑)           みんなの「好き」が結集すると すごいものが生まれるんですね~~~☆     これから3人で、色々とワクワクプロジェクトをされていくそうです。 楽しみ~( *´艸`) みんなのキラキラ、応援しています~~!! あ、もしDVDを見たい方は、私にご連絡ください~☆    

      NEW!

      4
      1
      テーマ:
  • 21 Apr
    • 肚から悔しがって、一歩前に進んだ日☆

      「1才4か月さんのおトイレ事情」 「おむつなし育児①~新生児~」 「おむつなし育児②~寝起き」 「おむつなし育児③~授乳の時」 「おむつなし育児④~ノーパンタイム」 「2歳前のおトイレ事情」 「2歳2か月さんのおトイレ事情」   「ナプキンなし生理&おむつなしから考える、子どものキモチ」 ↓ 続きです。 2歳3か月。 「おしっこが出る前の感覚」さえわかれば、一気にトイレが自立しそうな娘☆ 感覚を取り戻すため、3日前ほどから、ノーパンで過ごす時間を作るようになりました。 (なぜかは、上のリンクをご覧ください。)       時間で誘えば、ある程度失敗しないで過ごせる。 でも、私が気になっていたのは、娘の表情。       彼女は大人みたいに何でも自分でやりたい盛り。 1才4か月にはトイレサインが出ていたのに、誘いすぎてそのサインを大人が消してしまった。 そしてそこから、どうしてもおしっこが出る寸前の感覚が戻らない。       「私は自分では出る寸前わからない」と諦めの表情をしているなあ、、と ずっと感じていました。 大人に誘われて成功した時も、何となく浮かない顔だな、、と。       で、1才4か月の頃ように「自分でできた!」の感覚を戻してあげたかったので、 暖かくなる最近まで、ズボン&パンツを試したのですが、どうしても戻らない。。。       でも、ある時、私が着替えを取りに行っている時間に、 それを待っていたノーパンの娘が、 自分からおまるに座ってうんちをしていたことがありました。 普段はパンツに出ちゃうことが多いのですが、 ノーパンだったために、出る寸前の感覚がわかって、自分から座れたようです。       「できた~!(*´▽`*)」 と、その時の目のキラキラ、すごかったです☆ このまま 「自分はできない」 「トイレは大人が気を付けてくれるもの」 の世界観で、自分を諦めきってしまう前に、 「私はできる!」の経験を積んで、 自信を取り戻してあげたくて、ノーパンを試し始めました。       で、今日。 ノーパンで過ごしながら遊んでいる時に おしっこが出そうになったらしく、おまるを自分から移動し始めました! でも、間に合わず、途中で出てしまい、 その時の彼女!       おまるに座って 「まな!しー、ここね!!(;_;)」 と「私はここでおしっこしたかった!」と、何度も言って 肚の底から悔しがっていたんです。。       で、それから30分くらいしたあと、 遊ぶ手をパッと止めて、自らおまるに座り 「シャー!!」大成功!       うわーーー!!! 肚の底から悔しがって、自分の力だけで次に進んだ!! と、そばで見ていた私が泣いてしまいました。。。(ノД`)・゜・。       (一方で本人は、特別喜ぶわけでもなく 「ふふん♪私できますけど、何か?」 とドヤ顔だったのが笑えました(笑))       で、先日アップされた、里織先生のブログ。     ああ、まさに、今日の彼女はこれだった!と思い、胸が熱くなりました。 私が彼女に臨んでいるのは 一刻も早くオムツが外れる、ということではなくて 生きる姿勢!       彼女の場合は、 1才4か月の時に一度できていたことを大人ができなくさせてしまった、 という過程があったので 相当辛い想いをさせたな、、、(ノД`)・゜・。と思っていました。 このまま、「私はできない」の世界観(2次)に繋がらないように、、、と 彼女のほんまの気持ちを知った上で再びやり直してきました。       半年以上、諦めの表情が積み重なっていたのに、再び 「私もう一度頑張る!」「できた!!!」 その姿が見れたことがほんまに嬉しかったし 彼女の逞しさ、強さに感動しました。 (私は、わりと何でも諦めちゃうので、ただ尊敬。。。) そして、親である私も、あのまま諦めないでよかった。と心から思いました。       先生のブログにもあったけど ここで私が諦めて居れば、 彼女は2次(自分諦める)、の世界に一つ進んでいたことでしょう。( ゚Д゚) ここから次第ではありますが、 1次(自分を活かす)経験の一つに進めるように後押ししていきたいです。       「私は自分の力で頑張れる!」 「無理でもチャレンジしてみよう」         (お箸も練習中♪ 鉛筆お箸講座で習ったことをやったら、持ち方キレイ!)       そんな1次の生きる姿勢。 これは、 子どもはできてアタリマエ、 なのではなく 成功体験の積み重ねがあってこそ、できること。 (子どもは大人が思っているよりずっと繊細で、 年齢も、関係ないだな、、、と彼女の表情から改めて学ばされました。)               今日のトイレだって、 毎日のように日常生活や遊びの中に立ちしゃがみを取り入れたり (おしっこを出す、止める筋肉を鍛える。) 生活リズムや体調を整えたりと 目に見えない土台の部分を積み重ねて、素地を作った上での挑戦。             靴下がはけた 一人で座れた 公園で知っているお花を見つけた       大人にとっては当たり前すぎることだけど 彼女たちにとっては、そこにたどり着くまでに、どれだけ體と頭を使って 全身全霊で頑張っているか。 (電車のホーム、黄色い線より内側で 「(気を付け)ピ!」と言いながら待てるようになりました♪ これも、見えない土台部分の力をたくさんつけた上でのことです。)       靴のマジックテープを止めること一つですら 「うんっ!」と声を出しながら、一生懸命ひた向きに頑張る姿。       そこを、時間がかかっても見守れるか。 待てないから、手出しをしてしまうか。       大人にとっては小さな小さな成長も、子どもにとっては、飛び上がるほど嬉しい。 これを、どれだけ一緒に喜べるか。       幼い頃からのその一つ一つの成功体験が、 数年後や小学校以降、そして大人になってからの 生きる姿勢や世界観にどれだけ関わってくるか。       「私はできる!」 「私はどうせできない。。。」 「私はできないのは、周り(親、学校、友達など)が悪いからだ!」     ↑ 娘に、どんな大人になってほしい? 何を伝えたい? そのために今親としてできるのは何?       今回の出来事で、本当に学ばされました。 母親の役割、根底から覆った感じです。       お母さんの役割は 「次世代の人材育成」 本当に、尊い役目をいただいたんだと思います。       そして娘を1次の世界に後押しすることは 私も1次の世界に行くことと繋がる。       子育てを丁寧に行うことは、母も1次の世界に行く一番の近道。 これを毎日実感しています。 気付いた時から、できることを少しずつ☆ 一緒に、キラキラ輝いて生きていこうね! (今日のオラクルカード!次へ行きなさい♪とのことです☆)

      3
      テーマ:
  • 19 Apr
    • プリティな封筒で、感謝の気持ちを伝えます♡

      イラストレーターなおちゃんに ポチ袋のオーダーをしました☆ 主人に手渡しする、お小遣い袋です♡ (使いまわしですが・笑)       いつもは、現金をそのままポンと手渡しとか、 銀行の袋に適当に入れて渡していたのですが・・・(/ω\) いや、別に、それで何の支障もないのですが。。。       毎日、当たり前のように会社に行ってくれて そのおかげで、こうやって生活することができている。       それがあまりにも当たり前になっちゃっているので、 月に1回でも何かの形で感謝を伝えられないかな~と思って なおちゃんにお願いしました♡       私の似顔絵は、主人の大好きな ビール&ケーキ(笑)       封筒にお小遣いを入れて、娘に 「ぱぱ、どーじょ!」 と渡してもらいました☆       それはもう、ものすごく喜んでくれました☆ というか、嬉しくないわけないですよね!( *´艸`) 同じ「渡す」でも、私も全然違った気分です(*´▽`*)       娘にもこうやって自然と 「お父さん、お仕事してくれてるんだよ。ありがとうだね。」 と伝えていけたらいいなあ☆       なおちゃん、ステキな封筒をありがとう(*´▽`*) ↓興味がある方は、なおちゃんまで料金等、直接お問い合わせください☆  

      4
      1
      テーマ:
  • 18 Apr
    • ナプキンなし生理&おむつなしから考える、子どものキモチ

      昨日はすごい雨風でしたね~ 大雨の直前、ベランダで長女に 「お花に水をあげてくる!お水ちょーだい♡」 と言われたので、バケツにお湯を入れておいておくと、、、 「お、ふ、ろ~♪」 と満面の笑み^^; あれ?と思いつつ、楽しそうなのでまあいっか、とそのまま見守り。       里織先生の 「子どもはなぜ水遊びが好きなのか①」 「子どもはなぜ水遊びが好きなのか②」 「子どもはなぜ水遊びが好きなのか③」 「子どもはなぜ水遊びが好きなのか~番外編」 こんな記事を前に読みました。       イタズラかな~と思える水遊びが 実はこんなにも発達に大事なら、むしろどんどんさせてあげなきゃな~ 冷えたり、風邪ひかない限り 「どうぞどうぞ♪」と言える余裕を持ち、たい(笑)→ちょっと小声       (私自身が、 思いっきり汚れる遊びが 子どもの頃から苦手やから ここ、インナーチャイルドとも関わってるかも^^; 一つずつ、ほどいていこうかな。。。)       ーーーーーー 「1才4か月さんのおトイレ事情」 「おむつなし育児①~新生児~」 「おむつなし育児②~寝起き」 「おむつなし育児③~授乳の時」 「おむつなし育児④~ノーパンタイム」 「2歳前のおトイレ事情」 「2歳2か月さんのおトイレ事情」       おトイレシリーズ、続きます☆ 2歳2か月、娘に「ごめんね」と謝ってからどうなったかというと、、、 まず私がしたのは 「彼女の世界(トイレ)観は今どうなっとるん?」 を知ること。     ーーーーー 改めて、私が彼女にどうなってほしいかというと 「大人の言われた時に行って、失敗せずにいてほしい」 ではなく、 「自分でサインを出して、行きたいときに行ってほしい」 (多少失敗してもいいから、自分で感覚を取り戻してほしい) だな、と気付きました。     つまり、必要なのは 「時間を見て頻繁誘う」 じゃなくて 「おしっこ感覚を取り戻す&一人で排泄できる環境づくり」     ーーーーーーー まず、感覚を取り戻すには、 ノーパンで過ごしてもらうことが一番いいなと思いました。 (ノーパンだと、パンツをはいている時に比べて 今出そう!という感覚がはっきりわかるから。)     ノーパン、去年の夏はそうしていた時期もあったのですが 今思えば、感覚が身につくまでもっともっと徹底すればよかったのです。 なので、再びやり直し('ω')ノ  リトライ☆       (あ、もちろん、今は体調や冷えない工夫が大事なので 暖かい時間限定にするとか、 腹巻やレッグウオーマーやスカート活用するとか 本人の体調を見て無理をしない、とか。 最近、昼間急に暑い時間帯が出てきたので その時から、少しずつスタートしました。)         でも、2歳前の時期は真冬。 寒さもあって、それは一旦断念しました。(4月に再開してます☆) で、その分、「トイレに自分で行きたい!」という願いが叶うように トイレの環境を作ることからはじめました。   ーーーーーー で、トイレ環境の話はまたおいおいとして、、、 (話飛びまくりですみません。) どうしてノーパン?という話にいきます。       まずはこちらをご覧ください(おまたぢから あいかさんのブログ) ☆「おむつなし育児とナプキンなし生理」 ☆「表面さらっとおむつや、ナプキンの弊害」       ノーパンがいいのは、トイトレだけでなく実は生理も同じなんです。 生理はナプキンに出して交換するもの!が普通になっていますが 実は、「今出そう!」というのがわかって、トイレで排血できます。 おしっこやうんちと一緒です。     ーーーーーーー 私は数年前に紙ナプから布ナプに変えてしばらくしてから 「あれ?なんか今出そう、、、」 とわかるようになって、トイレで排血できることがでてきて、、、 それがあとから、月経血コントロールだと知りました。       でも、産後久々に生理再開したら 「あれ、布ナプでもわからん^^;」 となって、體の感覚のニブさと、 育児バタバタで自分の體に意識がいっていないことに驚きでした。(ノД`)・゜・。     ーーーーーーーー でも、先ほどのあいかさんのページをたまたま読んで 思い切って数時間だけ試したのです。 生理中のノーパン&スカート♡ (あ、もちろん自宅にいる時のみです、、、(/ω\))     そしたら、、、、 はっきりわかりました!!「今出そう!」 そしてトイレに駆け込んで、床も汚すことなく見事にヒット♪ 生理2日目に、ナプキンの気持ち悪さもムレもなく 風通しのよさがめっちゃ快適で☆       (きっと、もうしばらく繰り返せば ナプキンをあてていても「出そう!」がわかるようなることでしょう。 そうしたら、外出もできる♡ 2日目でもナプキンドボドボにならなくて済む♡)       これは別に特別なことではなく 本来女性がみんな持っている力をただただ引き出しただけのこと☆ 仕組みがわかればみんなできると思います^^ 私はナナさんに教えていただきました(→☆) 生理が、ブルーデイからハッピーデイになりますよ♡       ↓この本にも書いてあります☆   昔の女性はできていた [ 三砂ちづる ] 606円 楽天       と同時にノーパンならおしっこが出る感覚がわかる 子ども達の気持ちがはっきりとわかりました!       大人目線で見たら、ノーパン、おむつなしは 恥ずかしい 掃除が大変 めんどくさい というイメージもあるし 住宅事情、子育ての人手、環境、、、など、ほんまに色々な事情もある、けど、けど、、、       そういう大人の気持ちを一旦横に置いておいて 「子どものキモチ」 はどうなのかな?       ということを、まず、まず見てみる。 で、一旦は、子どもの気持ちを受け止める。 これが意外と難しいんですよね。     ーーーーーー 私は「大人の気持ち」が最大のブロックでした。 「子どもは、常識は、こういうものだ」が先に出るから 子どものほんまの気持ちにたどり着かない。 おむつなしだけじゃなく、何でもそうやなと思います。       私は、最初の頃 「私が考える娘の気持ち、赤ちゃんはこういうものだ」 と 目の前の娘の姿 にギャップがありすぎやったなーと思います。 自分と娘が調和できない、感じで、苦しくてよく泣いていました。 ギャップがあることにすら自分では気付いていなくて 泥沼状態でした。。。     ーーーーーー 私が今、里織先生に習っていることの一つは、 このブロックをいかに外して 子どもの気持ちをまっすぐ見れるかどうか? かなーと最近思っています。       とにかく、私が知りたいのは 目の前の子どものホンマの気持ち!!!       少しずつですけどこれができるようになってきて、めーっちゃ楽になりました!! 理解不能やと思っていた目の前の子どもの行動が 手に取るようにわかるようになるから、 2歳児でもコミュニケーションで困ることも、ほとんど、ナイです☆ 会話のキャッチボールが普通に成立、する。びっくり。       今でもわかないことはゼロではないけど 里織先生のもとで、毎回脳みそべローン( ゚Д゚)になりながら、 子どもの世界に少しずつ入れるようになりました。       といっても、 「わかってるつもり」になっていることもあるので そのあたりは、自問自答したり 指摘していただいて修正したり。。       このブログに書いてあることも 「正しい!」「こうすべき!」とは思っていなくて あくまでも私が自分で思ったことを書いているだけですm(_ _)m 目の前の子どもはどうか?は 子どもと対話していくしかないのかな?と思っています。   ーーーーーー で、私が心地いのは、子どもの気持ちを知った上で 「大人の事情と折り合いをつけながら、子どもの気持ちもできるだけ叶うようにしていく」 のがいいかなと思ったんですよね。       それで、私は娘の新生児の頃から 「布オムツ(たまに紙)&できるだけおまるで気持ちよく排泄」 が、私と彼女にとっての、一番の中庸ラインだったので ただそうしてきた~という感じです。       「オムツつけない方が気持ちいいのはわかるよ~   でも、お母さん1人で見ている時間が長いから   サインに気付かへんときもあるし、   掃除がたくさんになると辛いから、   オムツつけさせてな。ごめんな。   でも、できるだけ、オムツが汚れないですむようにするからね。   おしっこしたいときは教えてね。おまるでしようね。」       0歳の時はこんな感じでした。 で、1才の夏位からは、おむつも暑そうだったので パンツにしたり、ノーパンにしたり。 この4月から再びリトライ☆ さあ、どうなっていくかな?     ーーーーーーーーーーーー 色々書きましたが、親子の快適育児ラインは、ほんまにそれぞれやと思います☆ 我が家も、お互いが気持ちよく暮らせるラインはどこかな~ 調和ポイントはどこかな??と 日々考えています^^ おむつなしはそのきっかけの1つかな。     ーーーーーー 最近再び読み始めた漫画。 「君に届け」 ほぼ全巻うちにあって 最近また読み返しています。   私は龍君がたまらなくツボです。 天然なんやけど、一途でまっすぐなところにキュン♡ 大の漫画好きなので、色々と読んでいきたいです^^ ーーーーーーーー

      1
      2
      テーマ:
  • 16 Apr
    • 2歳2か月さんのおトイレ事情☆

      今日はいいお天気で、暑いくらいの1日。 近所の公園で親子でお花見してきました☆ 人の多さにびっくり~ バーベキューセットやテントまであって、大宴会が昼間から行われていました。       私も今度、アルコール持参しよかな^^ (ビールは飲めないので、日本酒ですが☆)     私は、お酒がなくても生きていけるタイプなのですが 飲み始めたら、日本酒熱燗3本とか、飲んでることがありました^^;     ただし、良質なお酒じゃないと、気持ち悪くなっちゃうので いいお酒をたまのお楽しみという感じ☆ 獺祭、久々に飲みたいな~     ーーーーーーー 「1才4か月さんのおトイレ事情」 「おむつなし育児①~新生児~」 「おむつなし育児②~寝起き」 「おむつなし育児③~授乳の時」 「おむつなし育児④~ノーパンタイム」 「2歳前のおトイレ事情」     逆戻りしてしまった、2歳前から、、、今はといいますと。。     ☆昼間のおしっこは、「シー」と言いながらその場に出る。  (→逆に、出る瞬間の體の感覚は100%わかっている。    出たのに、そのまま遊びっぱなし、とかはナイ。)       もぞもぞしているときに誘うと、   自分からトイレに入って、おしっこして、水を流して、手を洗って出てくることも。  (→いきなり自立。・笑  本人はものすごい満面の笑み)       あとは、「出そう」という事前の感覚がつかめれば、   ぐっと前進するかな?というところまでは、きました。     ☆「うんち」は、「うーん」と言いながら真顔になる表情になるので、  その瞬間に誘ったら、たいがい成功。  たまに事前サインが出て成功orちょびっと出てからサインが出て、  続きはオマルまたはトイレで成功。     ☆夜が一番成功率高い。  夜中に1回だけ、おしっこが出る寸前に起きて、おまるでおしっこしてそのまま寝る。  もしくは、睡眠が深い時は、ぶっ通しで朝まで持つ。  というか、夜は1才半くらいからパンツ生活です。  (ごくたまーにオネショもあります。睡眠の質がイマイチな時ですが。)     という感じで、昼はあと一歩ですが、夜が先に外れました。 え?!普通逆やん?( ゚Д゚)ですが なぜなのかは、おいおい書いていきますね。     ーーーーー 新生児からのおむつなし育児。 なぜにわざわざ? 2年以上かかるん? と色々思われますが、なぜわざわざ 一見「メンドクサイ」ことをしているかというと、、、     おむつなし育児を通じて 「子どもの気持ちを、色々な角度で見る目を養いたいから☆」 です。       それが私が一番、心がざわざわしない、心地いいカタチやな☆と最近よく思います。 猪のように猪突猛進してしまいがちやからこそ、余計に多面的が大事^^;     ーーーーーーーー おむつなし育児をしていると トイレのこと1つだけをめっちゃ集中して頑張っているように見えますが 実は、日常生活全部の土台を耕している、につながるのです。     トイレの場面一つだけを深く掘り下げていくと、、、 ☆食事の内容、水分量       ☆睡眠の質、時間         ☆しゃがむ力があるか、體の軸は、體はやわらかいか →公園遊び(一番上の写真も、しゃがむ力をさりげなくつけています)       ☆本人は、トイレの役割や、おしっことうんちを知っているか。単語と具体物の一致       ☆大人が言っていることがどれだけわかっているか         ☆排泄しやすい体勢か?足はついているか?力は入るか?       などなど、実は日常生活に全部繋がっているので できない、というのはなぜか? どう育んだらいいのか? と多面的な見方ができます。 それぞれの詳しいこと、知りたい方は聞いてください☆ マニアックですが^^;       (逆に「どうしてできないの?!」と怒るしかなくなったり、 親子で袋小路に入ることほど、辛いものはないな、と思います(ノД`)・゜・。 前職で経験したからこそ、わかります。。。)     ーーーーー そして、そこを全般的に見直すと 気が付いたらトイレとは一見関係ないところがぐっと伸びたり。 (トイレも、色々な力が合わさってはじめてできるものなので トイレだけ急にできる、というのは、ないのです。)       私自身が前職で5年間トイレットトレーニングをしていて 「出そうな時に、長い時間座ってみる」ばかりで、、、 今のように體の仕組みや生活習慣などの関連を知っていたら 全然違った時間やったやろうな、、と思います。   ーーーーーー で、今回、1才4か月くらいで事前おしっこサインが出始めて あ、そのまま外れるかな。。。と思っていたのですが なぜか、サインが消えて、 「イヤ」の言葉が出始めて。。。(ノД`)・゜・。     「なんでやろ。。。 もし今彼女に向き合わなければ、こちらが一番大切なことを見落とす気がする。」 そう思って、今の彼女の気持ちや状態を知りたいと思いました。     で、上に書いたことを一通り見直した上で、わかったのは、、、 1才4か月でせっかく出始めたトイレサインを 親の 「汚されたくない」 「早く自立してほしい」 のエゴゆえに、誘いすぎて 親自身がサイン消してしまっていたから だったんですよね(ノД`)・゜・。     彼女からすれば 「おしっこ出そうな時がわかったよ~サインこれだね(*´▽`*)」(1才4か月)       →「あ、でも、まだ失敗しちゃうときもある。でももう少しで感覚がつかめそう♪」         →「あれ、お母さんが私の失敗が嫌で、事前にいっぱい声かけられちゃう」     →「成功はするんだけど、私は自分のタイミングで行きたいんよね」     →「トイレはお母さんの言われた時に行ったらいいんやね。サインやーめた」     →「あれ、でも、ほんまは自分一人で行って帰ってきたいんやけど、、、   一回サインやめたら、體の感覚がわからなくなっちゃった(ノД`)・゜・。」(2歳前)     きっと、こんな感じやったんやと思います(ノД`)・゜・。 年末、2歳前に、私自身がそれに気付いて 彼女に本気で謝りました。     「ごめん、サインで教えてくれてたのに、お母さんが消してしまったんやね。(ノД`)・゜・。     気持ちがわかっていなくて、ほんまにごめん。     これから、一緒にやり直そうね。」   それが年末。 本人はその瞬間「あ、やっとわかってくれた?」という感じで それから「イヤ」の言葉が激減し、再びやりとりができるようになりました!!   (あのまま、こちらが進んでいたら、と想像すると怖すぎる。。。( ゚Д゚)  日常生活全部に、イヤが波及していたかもしれない。。。  今の生活と全然違っていたやろうな。。  大爆発の前にサインを送ってくれた彼女に感謝!!)     こちらと、やりとりをしながらのトイレライフが始まりました。   (続きます。。)

      5
      テーマ:
  • 14 Apr
    • 美しい桜と、「教師のための時短術」

        今日は最高のお天気でした(*´▽`*) おかげさまで体調も落ち着いてきたので公園へ~       気持ちいい風に触れて お花を見ながら歌を歌って 砂場で遊んで 遊具を楽しんで     当たり前の日常が宝物なんやなーと改めて実感☆ 今は、びっくりするくらい、體も心も軽いです。     自分が主催していた講座の日程なども、少しずつ調整していこうと思います。 しばらくお待ちくださいm(_ _)m   ーーーーーーーー     出血が始まり、安静、流産、そして今、までの3週間 健康合宿の山田先生や 里織先生からの学びが、 日々フル稼働でした。       生き方、子育て、健康、食べ物、體、生死についてなどなど 全ては繋がっていて これが、ほんまの意味での 「生きるための学び」 だったんやなーと、すごさを実感しました。 今は「ありがとうございます」の気持ちでいっぱいです。     ーーーーーーーーーーー   さて、話はガラッと変わりますが 最近、ずっと気になっていた本を読みました。 里織先生のご主人が書かれた本です。   仕事をためない!1日をうまく使う教師の時短術/浜崎仁詩withチームおもちゃばこ【1000円以... 1,836円 楽天       オルタナティブスクール仲間のママさん(教員)が購入され、貸していただきました。 「この本の時短術は、主婦の仕事ともめっちゃ繋がっていて、びっくりしたー」 とおっしゃっていて。     ーーーーーーーー 私は3年前に、結婚&県外引っ越しを機に教員を退職していますが 現職だった時は、それはもう、帰りが遅くて遅くて。 朝7時半~夜8時半まで13時間ぶっ通し、とか。       でも、仕事の大半は、 授業の準備とか、教材研究ではなくて 会計とか、事務処理、だったんです。。。       エクセルとか、理系の仕事とか、 ほんまのほんまに苦手やったんですが 学校全体の会計システム作りとか、やってました。(ノД`)・゜・。     ーーーーーーーーーーー でもこの本を読むと 「何でもかんでも時短ではなくて 本来、時間をかけたいことへの時間を生み出すための時短術」 と書いてあって、ハッとしました。     そうそう、私が辛かったのは、会計の仕事そのものより 「教材研究や子どものことについて考える時間がとれなかったこと」 だったなあ。。。と。     この会計の仕事量、どうなんやろ?!と思っていたけど 会計の時間を短縮できるよう、意識していたか?といえば、 あーーーー(/ω\)、そこまで考えていなかったかもです。 やらなあかんことに、ただ追われるだけでした。 この本、自分が教員の時に出会っていたら、違っていたかなーと思います。     ーーーーーーーーーー でもなぜ、あえて今、この本を読んだかというと・・・ この本の著者の里織先生のご主人に実際にお会いしたことがきっかけでした。       仁詩先生は、いつもスクールでお世話になっているのですが 先日、持ち寄りパーチィの料理を一緒に作らせていただく機会がありまして。       で、その時に 私が一品、もたもたと作っている横で       数品を、 丁寧に、 ささっと作られ、 しかも洗い物までいつの間にやら終わって 気が付いたら私の料理まで手伝ってくださっていた仁詩先生!       え?!ぽかーん( ゚Д゚)、、、となりました。 時短やのに、私より丁寧で、動きに無駄がない。。。 もう、生活全部で、時短を実践されているのがわかりました。       しかも先生は、時短やけど せかせかじゃなくて、いつもゆったりした雰囲気を醸し出されていて。。。       「教員の事務仕事もその場で片づけるから、溜めたことがない」 なんですと?!( ゚Д゚) (近所の回覧ですら、 はんこをその場でおさずに、しばらく家においてしまう私とはエライ違いだ~~(ノД`)・゜・。)       そんなわけで、どうしてそんなことができるのか気になり 時短術の本を早速読みました。 あーーーなるほど。だからか。。。と納得するポイントがたくさん。       そして、主婦業とも全く一緒やん、と気付いて さっそく私も家で実践しています。       そうしたら、出てくるわ出てくるわ、時短。 あー気付いていないことがたくさんやったな、今まで。 根本の時間の使い方が、教員の頃と全く変わっていないから 主婦業にも追われていたんやなー。。。という気付き。 その分今後が、ほんまに楽しみです。     料理も丁寧にさらっとできて 家もぴかぴかで 家族もニコニコで 自分の時間をたくさん作って       そんな生活、できへん~!と思っていたけど その気持ちがそんな現実を作っていたのかも。。( ゚Д゚)?!       だから、そんな生活を実現するぞ!私はできる♡ と自分のマインドを根本から変えていきたいと思います(*´▽`*)

      6
      テーマ:
  • 13 Apr
    • 大きな手放しと、得られたもの

      「お空に還った、2番目の天使」 「2番目の天使からのメッセージ」     お母さん、困った時はお互い様やで。 今は、お母さんは周りに甘える時や。       お空に還ってからも、 私がふと、頑張りすぎる時は さらっと、ツッコミを入れられている気がします(笑)     ーーーーーーーーーーーー で、里織先生のところで学んだのは 内省→実践 が大事、というか、 現実を変えたければ実践するしかナイ。 ということなので 今はあえて、あえて、周りに頼る!という生活をしています。       これがさらっとできてしまう方にはなんのこっちゃ?だと思いますが 私は一番苦手なので。。。 内省→実践の内容は 人によって全く違うんやなー ということも、ここ1年の気付きです。       (だから、誰かみたいになろうとする、ということでは ほんまの意味では楽にはなれなかったんですよね。少なくとも私は)     ーーーーーーーーーーーーー 思い切って頼ってみると、今までの子育ての中で、気持ちが一番穏やかで! 頑張ることをいーっぱい手放したつもりやったけど 無意識にはめっちゃ頑張ってて 張り詰めた糸みたいになってたんやなー。 あ、それを解放するために来てくれたのね。君は。     ーーーーーーーーー あと今回をきっかけに手放した大きい事。 「授乳」 おちち、卒業しましたー!       半年前位から 「徐々にフェイドアウトする」ことを目標にしていて 1日1回くらいまでは減らしていたのですが 最後がどうしても踏み切れなくて、悶々していました。     ーーーーーーー でも今回體から強制ストップがかかったことで 長女にも、ほんまの本音でお話しました。       ぬいぐるみとしょっちゅう会話をしているメルヘンな長女へ おっぱいさんからのお話だよーと伝えて、、、       「おっぱいさんはね、今までたくさんおっぱいを吸ってくれて嬉しかったんだよ。 ありがとう。(*´▽`*) でももうおっぱいさんは、M(娘)ちゃんが大きくなったから おっぱい作るのをやめたんだ~ これからは、ご飯をいっぱい食べて大きくなってね。 ずっとずっと、Mちゃんのこと、大好きだよ。」       お話が終わるとわーっ!ぎゃーっ!と大号泣の娘。 「いくらでも泣いていいよ。」 と抱きしめながら伝えて 最後はおっぱい卒業式と言うことで 私が「仰げば、尊し」の歌を歌うと(笑) なぜかピタリと泣き止んでそのまますーーっと眠り、、、 で、起きたら、それですっきり、おしまい、でした。 私も、なんだかとてもすっきり、でした。     自分のお乳にも 「今まで、本当にありがとう。 もう作らなくてもいいからね~」 と伝えました。 そうしたら、お乳が張ることもなく、、、ほんまに助かりました。   ーーーーーーーーー 授乳中で得ていたスキンシップが 急になくなるのは避けてあげたかったので その分今は ゆるゆるマッサージ(たまにはアロマも使います♡) を多めにしています。 こういう時間をたっぷりとってあげたかったので、 願いと現実が一致してきて、ほんまに楽になりました。       お空に還っちゃったのはとてもさみしいけど それがあったから、踏み切れた卒乳。 そして穏やかな時間。 お空の赤ちゃんに、感謝、感謝の日々です。

      5
      テーマ:
  • 12 Apr
    • 2番目の天使からのメッセージ

      昨日は、ブログをアップしてから たくさんの方から個人的にメールをいただきました。 中には同じ体験をされた方もいらっしゃって、目頭が熱くなりました。 本当にありがとうございます。   ーーーーーーー 毎日毎日、お空の赤ちゃんからのメッセージがたくさん降ってきています。 今回一番感じているのは 「お母さん、もっとみんなに頼ったらいいんだよ」 というメッセージ。       小さいころから頑張り屋の負けず嫌い。 親や周りに迷惑をかけないこと いい子でいること いつも明るく、問題を起さないこと       それが目指していた姿でした。       だから逆に 迷惑をかける、心配をかける そういう事態になったときに 「私はダメな子だ~」 と人一倍自分を責めていまして。。。       ーーーーーーーー それが、里織先生とお会いしてから 2次(自分を諦めて生きる)にもつながっているとわかって 1次(自分を活かして生きる)に変わっていきたいなと日々色々積み重ねてきて 実際、だいぶ2次から1次に変わってきたかな、と思っていたんですが、、、       流産かもとわかってからは 自分の體がしんどいとか、痛いとか 心が傷ついているとか、 そんなことよりもまっさきに思ったのは       また周りに心配&迷惑をかけてしまう 私はダメだー       はい、ド2次!! とっさにでてくる発想&気持ちがそれかい!!( ゚Д゚)       と自分の2次っぷりをはっきり自覚して またまたどーーーん(ノД`)・゜・。 となってしまったのでした。   ーーーーーーー 動きたい盛りの2歳の長女 仕事がなかなか休めない主人 それをなんとか自分でやりくりしようとしたけど 上の天使からの強制ストップ。。。       「はい、お母さん、無理むり。 ちゃんと、他の皆さんに頼りなサイ。」       あああああーーーーーー!!(ノД`)・゜・。 と自分の葛藤がすごかったです。 ぐるぐる湧き上がる自分の気持ち。。。       流産自体よりも、それに苦しんだという。。。 どんだけだ、私の2次!!(笑)   ーーーーーーーー 結局、義理のお母さんと、実家(鳥取)の母がたくさん助けてくださいました。 2歳児を連れて公園に連れて行ってくださったり 遠方の病院まで運転していただいたり。       迷惑ちゃうから、困った時にはいつでも言ってね       こんなときのための親だけんね~ 今まで忙しくて何もしてやれんかったけん、力になれて嬉しいよ。       そんな有難い言葉をいただいている、、、のに 申し訳ないな、悪いな、とまだ思う自分。 そんな想いを主人に行ったところ       「迷惑だなんてないよ。 その分、今度はmakiちゃんがお母さん達を助けたらいいねん」       その言葉にハッとさせられました。。。     ーーーーーーーーー あー私の理想の母像は 「いつも明るく、倒れないで何でもこなす」 やったんやなあ、、、と。 でもそれが自分を苦しめていて結局辛いのは主人と2歳児。       娘にも 「迷惑かけずに生きるのよ」でなく 「困った時はお互い様、助け合ったらいいねん♡」 と伝えたいのに、母の私の現実は、 真逆!!!(ノД`)・゜・。 そりゃ、伝わるわけないわな~チーン。。。       (しかも私が全部やってもーたら、 周りの方は、困った時も私に頼りづらいやん。 私は「困った時は頼ってほしいな♡」と思っているのに 現実は真逆の事態に! あ、自分で作っているやん、現実。(ノД`)・゜・。)     ーーーーーーーーーー 教員時代も、迷惑をかけるぐらいならと 自分にできる仕事は「やっておきます」と全て受けて 結局帰宅は毎日9時とか。。。       自分の体調や人生よりも 周りからの評価を第一にしていた というか 評価がなくなって自分の居場所がなくなるのが怖かった まさしくド2次!!       そんな私に 「もうええやん、お母さん。 今まで頑張ったんやから、今度は自分のために生きたらいいねん。 困った時は、お互い様やで! 母さん、そんな生き方がしたいんやろ、実際にそうしたら??」 そんなメッセージを天使が文字通り命をかけて送ってくれています。 (赤ちゃんやのに、関西弁・笑)       私の生き方を根底から掘り起こそうとしてくれているんやなあ。。。 お空の天使のおかげで 自分が今でもぎゅっと握りしめている何かを 手放す時期にきているのだなと思いました。 内省、内省の毎日です。。   ーーーーーーーーーーー あ、里織先生のところで 「何を積み重ねているんですか?」とよく聞かれますが 私の場合は、この「内省」です。       人によって全く違うと思いますが、 私にはこれが必要なんで(>_<) 先生はガイド役。 内省の実行は私(笑)       内省中は脳みそべローン( ゚Д゚)になりますけど これを繰り返すうちに 現実が確実に、確実に、変わってきました!!(*´▽`*) いらないものをどんどん手放していまーす。       というわけで、書いている内容は暗いけど 内省すっきりが終わったら、またニューmakiになれるかな? と楽しみにもしているのです(笑) 読んでいただきありがとうございます。 ーーーーーーーーーー

      6
      テーマ:
  • 11 Apr
    • お空に還った、2番目の天使

      今からの記事は、書くかどうか、書いていいものかどうか、すごく迷いました。 でも、今この瞬間の自分の気持ちを残したい、と思って書くことにしました。 あくまでも私の経験と感じたこと、ですので、ご了承くださいm(_ _)m   ーーーーーーーー 2017年3月11日 私のお腹の中に、待望の第2子が宿ったことがわかりました。       でも・・・ 2017年4月8日 第2子はお空へ還ってしまいました。 9週の流産でした。       今回はおそらく、受精卵(たくさんの中の、たまたま弱いものが受精した。)の時点での問題だろう、ということでした。       (最近は安静にしている時間が長かったので イベントスタッフや主催者の講座をキャンセルさせていただきすみません。)       ーーーーーーーーー 待望だっただけに、まさか、まさか、、、と思いましたが 私が救いだったのは 胎内記憶についての話を知っていたこと。   (本) ママ、いのちをありがとう。 [ 池川明 ] 1,296円 楽天     (電子書籍) ママ、いのちをありがとう。 心温まる奇跡の物語25【電子書籍】[ 池川明 ] 648円 楽天   お友達rieさんの物語が掲載されたので、私もこの本を持っていました。 この本のおかげで、「自分を責める」ということがほんまに少なくすみました。 この話を知らなかったら、自分を責めて責めて、、、立ち直れないくらいだったかもしれません。 rieさん、素敵なご縁をありがとうございます(ノД`)・゜・。     ーーーーーーーーーーーーー 今回はこの本のことと、3月の健康合宿での 人間の體の話 人生論 生と死について などの深い話が、 あ、まさに、まさに、という形ですべてが繋がりました。。 健康合宿は、私のための合宿だったのか?!( ゚Д゚)と思うくらいです。     (あくまでも私の場合、おそらくは、ですが) 赤ちゃんは、私の子宮を一旦キレイにしたくて 流産の運命を赤ちゃん自身が選んできたのかもしれないな。。。 そう思いました。       なので、出血後に「おそらく高確率で流産になると思います」とわかったあとも 「安静にして、やるだけのことはやった上で 赤ちゃんに全てを委ねよう。 運命をすべて受け入れよう。」 と思うことができました。       涙もたくさん流して 自分の想いをたくさん吐き出して その上で運命を受け入れる。 信じられないくらい、穏やかな2週間でした。       家族にも、長女にもたくさん助けられ みんながサポートしながら見守ってくれました。       そして、まさに流産が始まった瞬間も 赤ちゃんにも、子宮の大掃除を必死で頑張っている自分の體にも 「ありがとう、ありがとう」 と、泣きながら言っている自分がいました。       本当の意味で、 「運命をすべて受け入れる」 これが体感できたのは、人生初だったかもしれません。 人生観が大きく変わった気がします。。。       ーーーーー 赤ちゃんは、今回の出来事を通じて 本当にたくさんのメッセージを私に送ってくれました。 今も毎日何か、送ってくれています。       そして私自身も、今まで握りしめていたこだわりや想いを手放したり 根本的な何かが変わっていったり、、、 内省、内省の毎日です。       きっと、今回お空に還る、という運命を選んだ赤ちゃんは 別の形で、自分たちのもとへ戻ってきてくれる気がしています。     ーーーーーーーーー 「お空に還った赤ちゃんへ」       今回は、お父さんとお母さんを選んできてくれて本当にありがとう。 短い間だったけど、あなたがお腹にいてくれて、幸せでした。       最初の出血の時も あなたがお空に還る瞬間も お父さんが傍にいる時を選んで お母さんが心細くないようにしてくれたんだね。       今回肉体を持ったあなたには会えなかったけど あなたは、2歳のお姉ちゃんと同じくらい 大事な、自慢の赤ちゃんです。       お母さんはこれから、もっともっと自分の體を大事にして いつでもあなたが戻ってこられるおうちを作るからね。       いつか、あなたを抱っこして、ぬくもりを感じて 「大好きだよ」とたくさん、たくさん言える日が来るといいな。 そんな日を楽しみにしているからね。 ーーーーー すごく個人的な話を書いてしまいました。 読んでくださり、本当にありがとうございます。       今、出血は最後まで自然にお腹がキレイになっていくのを待っているところです。 流産後、貧血などにもならなかったので、ありがたいなと思います。       自分自身の體も心も早く回復するように しばらくゆっくり過ごしたいなと思います。^^      

      11
      テーマ:
  • 19 Mar
    • 4/2 世界が広がるおはなちゃん☆@考古学博物館

      4月のおはなちゃんのお誘いです(*´▽`*) 3月は遠藤農園さんでの自然農体験が大成功に終わりました☆ 4月は兵庫県立考古学博物館です!!     博物館?! みんなで行って何するん?! とお思いの方もいらっしゃるのかな??と思います。 詳細は一番下に載せますので ここからは、私の個人的なことを少し語ります(笑) いきなり脱線(*´▽`*)     あくまでも個人意見なので、 「それはちゃうで!」というツッコミがありましたら、 さおりせんせーい、スタッフのみなさーん お願い致します( *´艸`) ーーーーーーーーーーーー 「考古学博物館」 イメージとしては日本史・・・かな。 実は私、日本史が大っきらい!!なんです(/ω\)。。。     高校でも一番苦手科目で、赤点とりまくり。。。 受験に必須だったから、年号を語呂合わせで頭に叩き込んだという。。 だから、歴史の面白さって、何にも知らないんですよね。。。 むしろ、高校時代を思い出して拒絶反応(/ω\) だから、私1人だけなら、博物館、絶対行きません(笑)     それでも、どうして参加エントリーするかといいますと。。     嫌いきらいと思っていた歴史。 15年以上たった今、改めて触れたら、歴史の楽しさがわかるかもしれないーと思ったからです☆     というのも、私は図工も大嫌いだったのですが 里織先生のもとで久々に絵の具に触れた時 「あれ?!なんか楽しい??」 と、昔の自分と全く感覚が違っていることに気付いたのです。     歴史は、自分ひとりだけだと、絶対に自分から触れることはないと思います。 でも、おはなちゃんのメンバーとワイワイしながらで スタッフなおこさん&ボランティアさんが組んでくださったプログラムなら めーっちゃ楽しそう(*´▽`*) なので、この機会をお借りしよう!と思いました☆     嫌いーと思っていたものを 景色や角度を変えてのぞいてみることは 知覚を広げることにもつながるんですよね。       考えが固まってしまっている大人になってから 広げるチャンスは滅多にない!       知覚を広げる、は物事の見方を変える、に繋がると思うので☆ もちろん、日常生活も、物事を色々な角度でとらえられるようになることにもつながるかな? 里織ワールドを知ってからは、毎日がそんな感じですわ(笑)     どこにも行かなくても、世界旅行をしている気分☆ だって、目の前の景色が毎回全く違って見えるんやもん(笑)     あとは、娘のためにもなるかな?というのもあります。 小学校からの勉強は、幼児期にどれだけ生活体験が豊かだったか、 で、世界が全く変わるそうです。     小1の算数の授業。 「バスに乗ったことがあるから、バスの文章問題が理解できる」     そんなことを聞いてから 「あ、普段車ばっかりだけど、電車やバスに乗せよ」 と思ったのですが、歴史も同じく。 触れたことがあるから、楽しい、わかる。       でも、私一人だと、嫌いな分野はスルーしちゃうし、正直、荷が重い。(ノД`)・゜・。 だから、おはなちゃんで月1回集まってワイワイすることで、 少しでも楽しくカバーしちゃえ~(*´▽`*)と思うのです。   月1回でも1年で12回、3年で36回! それだけ新たな世界に触れたら、生活体験がかなり違うんじゃないかな?(*´▽`*) それと同時に親たちも知覚と世界観を広げられるなんて、ラッキー!! おはなちゃんLOVE♡♡     というわけで前置きが長くなりましたが、 おはなちゃんの詳細です↓ 前日まで受け付けています☆ メッセか書き込みお願いしまーす(*´▽`*)   ーーーーーーーーーーーーーー <日時> 4/2日(日)AM10時~14時くらい   <場所> 兵庫県立考古学博物館 加古郡播磨町大中1ー1ー1 0794375589 http://www.hyogo-koukohaku.jp 駐車場あり   <目的> ①考古学でひょうごの歴史を学ぼう! ②博物館のボランティアさんと火おこし体験 ③学芸員さんからの大中遺跡公園、展望台の解説付き   <持ちもの> お弁当、水筒、レジャーシート   <参加費> ・500円(活動費・ひと家族あたり) ・博物館観覧料金 大人一人210円(小学生以下無料)   <予定> 10:00    集合 (博物館入館)        職員さんとオリエンテーション        博物館見学        (ボランティアさんの解説付き、        &子どもたちは子供用発掘遊びなどのの遊び場で遊んでもOK) 11::00      火起こし体験        二人一組になって、体験。                幼児もOKです。ボランティアさんが何人も付いてくれはると思います。 11:30       展望塔と大中遺跡公園の解説 12:00        お昼ゴハン 13:00        大中遺跡公園にて自由行動 13:50   終わりのオリエンテーション 14:00        解散  

      9
      テーマ:
  • 17 Mar
    • 宇宙人の仲間入りをしたようです。。。。

      久々のブログ行進です~ 前回アップしてから、 色々とありました~。   娘が体調を崩したりとか お味噌作りとか おはなちゃんの自然農体験とか 我が家で初のグループセッションとか 色々とありました~   で、先週末にもビックイベント★ 徳島・健康合宿の3回目! 参加者ちえさんがレポートを書いてくださいました。   (ちえさん、画像お借りしました☆) この合宿は、3回連続で参加してくださった方もいらっしゃるし 仕事後に関東から駆けつけてくださった方も! 私自身は、プログラムを考えて、レジュメを作成して、連絡調整や会計係などをさせてもらいました。     3回とも、山田先生から皆さんに伝えたいメッセージは全く同じ。 それを、参加者さんにどうやったらわかりやすく説明できるか 話の切り口を毎回少しずつ変えました。   ーーーーーーーーーーーーーーーー そんな中、私が改めて思ったのは 人間の体ってシンプルなんだな ということ。 結局はそこに戻りました。 そこに戻るまでが、長い長い道のりでした。     シンプルなことを、 複雑に考え続けて生きていたので、 それをまたシンプルに戻す     あ、私が普段お世話になっている里織先生がおっしゃっていることと一緒ですね(笑) 私の師匠たちの言っていることは全部一緒だー(笑)   ーーーーーーーーーーーー 1年前に思い付きで合宿を開かせていただいて以来 50名以上の方とお会いしました。     たくさんの方の人生に触れて、 お一人お一人に心打たれて、 合宿の2日間で、皆さんの顔色に希望の光がともっていく。 そのパワーをたくさんたくさん、いただきました。     また、今回は私自身も合宿中に 大きな気持ちの変化がありました。 最後の最後まで頑なに握りしめていたこだわりを 「今までありがとう!ばいばーい!」 と、ようやく手放すことができました。 あーここまで長かった(笑) そしてそれと同時に、人生の大きな転機が訪れ(笑) そのスピードにウケました。   ーーーーーーーーーーーーー 合宿後に家に帰ってきてからは 自分の見える景色がガラリと変わり あーおもしろいなー と、自分のことを、空から俯瞰して見ている鳥の気分です。 (先日のビジョンマップ 最近の私は物事を俯瞰している、と出ました)   ーーーーーーーーーーーーーーーー 里織先生も、山田先生も、くうねるオーナーのりさんも 「私たちは地球に遊びに来ているんだよ♡遊んで楽しまなきゃ!」 と,みなさん揃いもそろって同じことをおっしゃっていて 「いいなあー楽しそうで。。。でも私は。。。」 と他人事のように思っていましたが ようやく、それが本当の意味で腑に落ちました。     合宿後に、里織先生に 「私の師匠達は3人とも宇宙人だったんですね。。。 私の周りは、みんな宇宙人なんでしょうか。」 とお伝えしたら 「あ、やっと自覚した?!( *´艸`)」 と言われました。 晴れて私も宇宙人の仲間入りをしたようです。(笑)     というわけで、私もこれから、思う存分地球で遊びまーす★(笑) ここからが、一次(自分を活かす)の人生のスタートかなー。 逆次(周りが悪い)&2次(自分を諦める)から、少しでも近づけるといいな( *´艸`)     合宿では、山田先生、のりさん&かおりさん そしてスタッフ&参加者の皆様 本当に本当にありがとうございました(*´▽`*)

      4
      テーマ:
  • 25 Feb
    • 最終日!鉛筆とお箸の講座・実践編

      「鉛筆とお箸講座は、自分らしい生き方の土台です」 「こけしちゃんと、くるくるガリガリ」     昨日が鉛筆お箸講座・実践編の最終日でした☆ 基礎編・実践編と1年間かけての講座。   めーっちゃ楽しかった(*´▽`*)♡♡ ーーーーーーーーーーーーーー 私が昨日、書いた感想です。   子どもへの、鉛筆やお箸の教え方は 赤ちゃんの時から順序立てると 驚くほどシンプルな方法で、教えられると気付き、感動しました☆     それを毎日の生活に取り入れるだけで 何となく過ごしてしまいがちな幼児期が 1日1日が、有意義で楽しい時間に変わるんですね。     便利な社会で抜け落ちる子どもの力を、遊びで補っていきたいです。       講座を通じて母の私自身も、體作りをやり直し 1年間でかなり楽になりました。 私自身も「自分らしい生き方」を見つけることにつながり とても有難いです。 何歳からでもやり直しがきくのですね。     今後が楽しみです。 この講座がみんなに広まりますように!     こんな感じでした☆ 前回のブログにも書きましたが 「こけしちゃんと、くるくるガリガリ」 子育てが難しいなあと感じる理由の一つは 社会が急激に便利になっていること。     最近、実家に帰って思ったのですが改めて 私が育った環境と、今の家の環境が全く違う!     ☆段差が全くない  (→足元を見て歩く力が育たない) ☆昔のドアは思い、今は軽い  (→力加減が育たない)   ☆水道もドアノブも、手の力を入れずに使える  (→手首をひねる動きができず、手首が固い  →鉛筆を持てない、書けない)   ☆和式トイレなどでしゃがむ機会がない  (→足首が固い)   などなど、数え切れないくらい。   (水道にドアノブ、手首をひねる機会がないよなあ。。。)     だから母自身が 「何の苦労もなく鉛筆を持てていた」 場合でも、 我が子はそうでない、なんで?!( ゚Д゚) ということがあるのです。 (参加者の中にもいらっしゃいました) それぐらい、急激に社会が便利になっているから!     でも、社会は不便だったころには戻らない! さあ、じゃあどうする。( ゚Д゚)?!     ということでこの講座を受け始めましたが 私自身が昔ながらの自分の実家で 知らず知らずに身につけていたこと それを、遊びや生活の中で意識的に補うことができるとわかってきました☆ それが鉛筆やお箸を持つ力の大前提となります。           こんな、あれやこれやの遊び一つ一つに 鉛筆やお箸をらくーに持つための力を育む要素が たくさん詰まっています☆ お金もかからず、全部がシンプルです。     で、講座を終えた昨日 ちょっとした補助つきのお箸で消しゴムをつまんで (もちろん、左手を使う時もありますよ~)           うわー!!入ったあ(*´▽`*) この笑顔がたまらんとです! できた、できないよりも、この笑顔が嬉しい!   2歳1か月。 今まで、毎日の生活の中で、地道に育んできてよかったなあと思えた瞬間でした。     鉛筆とお箸講座。 「持ち方」というのは見えている部分だけで ほんまに楽な持ち方にいきつくまでには 手の使い方、姿勢、體の軸などなど たくさんの要素が積み重なっています。     赤ちゃんの時から、少しずつ順序立てていくことで 家庭の中で、すっと身につけることができる☆ それは小学校以降、大人になってからの大きな宝物となります。     でも、大きくなってからも もう一度、抜け落ちている力を見直して、再び積み重ねれば 何歳からでも変われると思います! (現に、30代の私でも、1年でここまで変われました☆) その順序や発達を知っているか、知らないか、かな?   私は、主婦業や母業でバタバタなので   運転の信号待ちでは、肩をぐるぐる動かして緩めたり   日常の文房具をボールペンから鉛筆に変えて、 自然と練習できるようにしたり   家事をするときに腰骨を意識してみたり。 そんなちょっとした隙間時間を使っていました。 猫背もすっかり治り、快適です☆(*´▽`*)     鉛筆お箸講座、基礎編・実践編共に 興味がある方には詳細をお送りします~ ご連絡ください♪

      6
      2
      テーマ:
  • 24 Feb
    • 強み、こんな感じで使っています☆その②~音楽~

        以前にも書きましたが 私の強みの一つは 音楽 です☆   私は2歳くらいの頃、ひたすら歌って踊って笑っていたようですが この記事にある通り 音楽に関する世界観が、どんどん変化していってしました。   ーーーーーーーーーーーーーーーーー あらゆることに自信がなくて 自分を好きになれなくて そんなときの 音楽 は、私にとって 「褒められるための手段」 となっていきました。     それにプラスして 「苦しくても、頑張り続ける方がいい」 という価値観。   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 小学校高学年の時には スイミング・ピアノ・ブラバン・陸上部 と4つの習い事を掛け持ち。 今思えば無謀やろ!と思うけど その当時の私にとっては     「頑張って続けて偉いなあ☆ 上手になってすごいなあ」     ただただ、その言葉が欲しかったんです。     吹奏楽コンクールも 結果を残すために頑張りました。   ーーーーーーーーーーーーーー でも、1年に1回のコンクール。 吹奏楽部の甲子園みたいな位置づけ。 そのために努力し続けたのに 中学校・高校も 一度も(しかも私の代のみ)思ったような結果を出せなかったことで とても苦しくて、自尊心もズタズタやったんですね。   ーーーーーーーーーーーーーーーー 今思えば 「歌って踊って、アー楽しい(*´▽`*)」 の2歳からはかけ離れていて。。。     それが大人になって今も 音楽をしたいんだけど、何となく心にひっかかるものがある そんな状態になっていることに気付いたんですね。 でも、音楽をしたからといって 生活の役に立つわけではないし、まあいいか~と。     ただそれが 「本当に自分の好きなことがわからない」 →「どうせ、自分の思うようにはいかへんし」という諦め →「自分を生きていない」 それが、生活全般、そして子育て観にももろに繋がっていることに気付きました。     子育て中やから、どうせ好きなことはできへん というブロックを盾に 子育てに依存して、好きなことから逃げていました。 あ、子育てじゃなくて、社会人だった時もそうでした。 その方が、簡単やったから(ノД`)・゜・。     娘には「好きなこと、楽しいことをたくさん見つけてほしい☆」 と思っているし、 自分もそういう子育てをしたいと願っているのに このままだと、真逆の事態に!(ノД`)・゜・。     子育て観が正しい正しくないとかではなくて 自分の願いと、現実が裏腹という状態が苦しい! ということがわかってきました。   ーーーーーーーーーーーーーーーーー   で、改めて自分の心に聞いたんですね。 「ねえ、このまま、音楽をしない人生を送りたい?」 「それとも、子どもの頃みたいに音楽を楽しみたい?」   と聞くと、答えは後者☆ で、ほんまの意味で楽しむために自分の心と会話したところ 上の文章に書いたようなことがわかってきました。 世界観や価値観が、ねじ曲がりすぎていて わけがわからなくなっていたんやなあ。。。     一旦、自分の想いを棚卸して だから苦しかったんだーとわかれば、かなりすっきりしました。 (この作業が地道。里織先生の力もかなりお借りしました。)   ーーーーーーーーーーーーーーーーーー 結果を残すための音楽じゃなくて どんな音楽がしたいのか? 自分が心躍る瞬間は?     今のところ 家で娘と「さいたー!さいたー!」と童謡を口ずさむ時が 一番心躍っているかも?と いうことに気付きました。 あーこれこれ!この感覚やあ( *´艸`) と繋がり、ただ思う存分口ずさんでいるだけなのに、生活全般が豊かになりました☆ 2歳の頃のまんまやん、私(笑)   本来の自分に戻りました。 童謡なんて幼稚やーとか、 口ずさむだけなんてかっこよくないーと 思っていたけど、関係ないのね(笑)   あ、気が付けばそんな仲間が ここにも(→☆) ここにも(→☆)   こんな感じで強みについて、一つずつ掘り下げていくと 地味だけど、奥深い世界があるなーとはまっている今日この頃です☆

      3
      テーマ:
  • 22 Feb
    • 強み、こんな感じで使っています☆

      最近あるお母さんから、 「強みを生活に活かすってどういうことですか?」 と聞かれました。 私自身、「強み」の概念を知ってから1年も経っていないので まだまだ試行錯誤なのですが それでも確実に現実が変わってきています☆     まず気付いた私の強みその①   「行動力がある」     といっても私が強みに気付いたのは、最近です。 学生の時から よく動く(一人旅好き~☆) 移動が苦にならない(日本国内ならどこでもいける、と思っている) のはあったので 「あ~、私、多動やな(/ω\)」 と思っていました。     でも小中高大と この多動ゆえに やりたいことは、なんにでも挑戦するけど よく失敗する 続かない という場面も多かったのです。(ノД`)・゜・。     それに対して周りの 冷静に、物事を見極めてから動いて失敗が少ない そんな友人達が、うらやましくて仕方がなかったんですね。     「みんな、どうしてあんなに輝いているんだろう。 多動で暴走トレインの私は、動くけど失敗ばかりで。。。 私は動いたら、色々な人に迷惑がかかるから、 動いたらあかんのやわ!」     と思い、 自分が行動してしまうことを 「あーしょうもない!私」 と否定して 周りのように、石橋叩いて、、、 周りのみんなみたいになろうとして でも、うまくいかなかったんですよね。 で、ますます自己否定でした。     ーーーーーーーーーーーーーーーーーー     でも「強み」の概念を知ってから 私の行動が実は 「行動力がある」 という強みだったんじゃないか。 というのに気づきました。 短所でコンプレックスと思っていたけど、 実は長所だった??!( ゚Д゚)     行動力があるというのは ある意味 「私の辞書に失敗はない!」 という「営業マン」に、ぴったりの素質だったんですよね。   ーーーーーーーーーーーーーーー この社会は 石橋をたたいて渡る、監督タイプの人もいれば 私みたいにガンガン突き進む営業マンタイプもいる。 みんなそれぞれの役割があって それを全うするからこそ 一つの社会が成り立っている!     会社だって、 社長がいて、 計画する人がいて、 作る人がいて 売る人がいて 買う人がいて(→主婦は、ココ!) それでこそ成り立っている☆ どの役割がいいとか悪いとかはない!     というわけで私は 自分の行動力を活かせる場に、身を置いたらいい また それを子育てや生活に活かしたらいい ということに気付きました。     私は何も変わっていないんです。 ただ、気付かなかった自分の強みに気付いて それを、どうやったら活かすかを考えて行動するだけ!   ーーーーーーーーーーーーーーーー で、その私の行動力を活かしたのが 空音遊の健康合宿の企画だったり     里織先生の講座を自宅で企画したり     子育てで、マイナーな未開拓の分野に挑戦したり(おむつなしもそうか?) というのに繋がりました。     きっと、 「動くことなんて、しょーもない!また失敗嫌だし」 と思っていたら 怖くて行動できなかったかな? そうしたら、本来の自分とズレズレで、苦しかったやろな。 というか、以前の私はそうやったから、苦しさはわかる!   ーーーーーーーーーーーーーーーー あと、私は営業マンなんやから たくさんのお客さんにどれだけ会ったか どれだけ挑戦したかが大切。 「失敗という文字はない!」、 と気付いてから 子育ても、「失敗してもとにかくやってみる、そこから学ぶ」 ができるようになり 失敗が、 過去への後悔 から 未来への教訓 と思えるようになりました。     今の自分を変えようとするんじゃなくて もともと持っているものに どう気付くか、活かすか☆ それをできるようになってから 自分という人間に対してのイメージがガラリと変わったし 自分の子供に対してのイメージも激変しました。   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー きっと学生時代や社会人時代にここに気付いていれば 部活の役職 授業の企画ものの役割 自分の強みを活かしたポジションに立候補していたやろなー。 そしたら、どれだけ楽だったやろうと思います。 でも、それも今後の教訓で!   ーーーーーーーーーーーーーーーーーー これは私の強みの話なのですが 人は誰でも200も300も強みがあるそうです。 でも、自分では気付かないそうです。 なぜなら、強みとは、自分はチョロくできてしまうことだから(笑) 私も一人ではわからなかったなー。 でも、せっかく持っている強みなんだから 活かさないともったいない!     強みの概念、面白いなー( *´艸`) 強みについて学ぶイベントも、企画しよかな? 興味がある方はフェイスブックまたはメッセージで連絡ください^^

      3
      テーマ:
  • 21 Feb
    • 【続】魔法の眼鏡屋さん☆

      8月に書いた「魔法の眼鏡」の記事。 最近もたまに、「眼鏡、詳しく教えて!」と言われることに驚きです。 その眼鏡屋さんに、友人の1人が行ったそうです。 友人が、先生に言われたのが     「あなた、普段はメガネいらないよ。」     えーーーー( ゚Д゚)!!   なんですと!   眼鏡屋さんなのに、そのお言葉!!??     というのも友人は、今まで相当度の強い眼鏡をかけていたようで。 「あなた、このメガネでよく今まで耐えられたね」 と言われたそうです。     で、友人は、たまに補助的に使うメガネを作り 普段は裸眼生活に戻ったところ     肩こりが、ほとんどなくなったそうです!!!     友人は、ガンコな肩こりが、まさかメガネのせいだったとは思いもよらなかった。 気付けて、本当によかった。。。(ノД`)・゜・。 と、びっくり&とても喜んでいました(*´▽`*)☆ (ちなみに、うちの主人も同じくです。肩こり激減。)     それにしても、私も改めて 眼鏡の売上よりも 患者さんの体を一番に優先して診てくださる 改めて、プロフェッショナルな、素晴らしい先生なんだなあと思いました。     もちろん私も、目の疲れが以前よりずっと楽になりました! 先生との出会いに私も改めて感謝の気持ちでいっぱいです(*´▽`*) ありがとうございます!

      1
      2
      テーマ:
  • 20 Feb
    • おススメの山・湖・古民家、知りませんか??(*´▽`*)

        今、旅行の計画を立てているのですが 先日のビジョンマップによると、今私が見たいのは   山 湖 古民家   みたいです☆ 3つともどっしりとした、土台をイメージするもの。(笑) マップの真ん中の上や、下側にある景色達が理想なのですが 天橋立以外は、どれもほとんど海外で。。。 (雲海もいつか見たいのですが、早起きが必要なので、今は保留^^;)   ですので、日本国内でこんな景色が見られる おススメの場所、どなたかご存知ないですか? 山が湖に映りこむところがあれば、さらにサイコーです☆ 古民家は、白川郷や、京都の美山みたいなところかな? 他にないかなー。   ちなみに6月のマップで出た 海、川、滝など、流れる水は違うみたいです。(笑) (今は、流したいんじゃなくて、土台を積み立てたいから☆)   実際にこういう景色を見ることで 日常の土台作りもさらに加速させたい( *´艸`)♪   もし、ご存じの方がいれば、ぜひ教えてください☆^^

      2
      2
      テーマ:
  • 17 Feb
    • 納得&安心の歯医者さんとの出会い(*´▽`*)

      先月の話になりますが 岡山駅から徒歩2分の 駅前町歯科診療所 という歯医者さんに行ってきました☆       うちからは電車で1時間半くらいだったかな??(あいまい) なぜにわざわざ岡山?( ゚Д゚)ですよね(/ω\)   ーーーーーーーーーーーー 私、親不知や虫歯がいくつかあるので 近所の歯医者さんに診てもらっていて そのまま治療を継続してもよかったのですが・・・   そこで思ったのが 「自分が納得いく形での治療を受けたい☆」 ということ。   いい悪いとかじゃなくて 私が、納得&安心できる場所 はないのかなーと 探したくなったんです。 ある意味、凝り性?・笑     四国?関東?も考えたのですが、少し厳しくて。 そこでふと知ったのが、岡山! 我が家からなら、半日で往復できる☆     というわけで行ってきました☆ そうしたところ わー!ほんまに幸せなご縁やった~(*´▽`*) と思うことができました☆     建物の壁も自然素材で 歯の治療薬などにすぐに反応してしまう化学物質過敏症の方などが 全国から来られるそうです。 確かに駅前で、都会の中にあるのに、 ここだけ異空間でした。 まるでマイナスイオンを発してるみたい♡   ここの先生は 自然医療にものすごくこだわる というより患者さんの納得の上での治療をしたい を第1に考えてくださっていて 対話がしっかりとできる、という意味で、ものすごく安心できました☆     ホメオパシー   ナチュロパシー   アロマ   ナスの黒焼き   などなど、 まさかそんな単語が先生の口から出るとは思いもよりませんでした。 (嬉しいびっくりの方です)     この日はほんまに嬉しいことの連続で ☆持参したアロマオイルを使っていただけた   ☆親不知も、納得の治療が受けられた   ☆歯の痛みが、わりとすぐにおさまった   ☆数回かかると思っていた治療が、この日で終了した などなど、大満足の治療となりました(*´▽`*)     (私にとっての)納得&安心の歯医者さんとのご縁に心から感謝です☆ 改めて、 納得&安心という気持ちが体の一番の特効薬 やな~と思いました。 いいお天気で、1人電車旅もサイコーでした☆

      6
      テーマ:
  • 15 Feb
    • 第3回目のビジョンマップを受けました☆

      3回目のビジョンマップ 「また、受けたん?!」と言われそうですが 受けました(笑) 自分って常に変化変容しているので 最新の自分を知りたい!ということで 半年に1回ペースで受けています。 ーーーーーーーーーーーーーー   1回目→「自分の強みを活かす!ビジョンマップ作り」(1年前)         第2回目→「自分の強みを知る♪活かす♪ビジョンマップ作り@姫路」(半年前)           第3回目は、といいますと・・・ こんな感じ! 1回目と2回目と別人のようなマップになりました。 キレイだなーと思う景色を貼りまくりたい衝動に駆られました。 (雑貨とか、食べ物とか、人物とか全く貼らなかったんですよねー、今回は) わずか半年での、変化変容がすごーい!   先生のリーディングをメモ書きに。   ☆でかさ・力強さが出てきた  →(その力の使い方を間違えて、逆次(私が世界を変える)にいかないように     あくまでも1次(自分を活かす)で!)     ☆幻想的な風景を現実に下ろすといいかも  →(きれいな景色を実際にいっぱい見てね♪)     ☆物事を、俯瞰(ふかん)して見ることができるようになった  →(鳥になって、空から地面を見ているみたい。視点をさらに大きくしてね♪)     ☆山、家、と「積み重ね」「土台」「自分自身で立つ」の象徴が出てきた   →(第2回目の水、海の「流したい」と真逆)     ☆娘の課題と、母の課題は別物、を忘れない  私の人生の主役は「私」     ☆私はよくも悪くも振れ幅がでかいので、常に「バランス」を大切に     こんな感じでした。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー 実は第2回目のビジョンマップ作りの時は、先生が 「あれ、makiさん、大丈夫かな??(ノД`)・゜・。」 と心配されていたそうです。     (マップに、日常で色々なことを我慢していたり、 手放したり流したりしたいのに、できていないことが表れまくっていた)     でも、今回、3回目のマップで 「makiさんが、一歩螺旋階段を上がれたんだと思う! 嬉しい! 次のステージに行く時がきたね!」 と言っていただき、本当に嬉しかったです。(ノД`)・゜・。   ーーーーーーーーーーーーーーーーーー ビジョンマップは、その日にリーディングを受けて 「そうかあ」で終わってはなんの意味もなくて 言われたことをとにかくやってみる (すぐに変化が表れるか表れないかは人それぞれ。 変化がすぐ、の場合もあれば 数か月ごとか、 数年後とか、 もあるのかもしれません。) ことで初めて活きてくるものなんだなあと改めて実感。     私は第2回目のあと、できる範囲ではありましたが 家も、心も、日常も、断捨離した甲斐がありました。(*´▽`*) 捨てる時って、結構しんどいけど 振り返ると、爽快感がありますね~。ーーーーーーーーーーーーーーーーーー 最近は私の家と、友人なおちゃんのお宅で 立て続けにビジョンマップが行われ みなさんが感想を書いてくださり、とてもうれしいデス☆   ぶりこさん→☆ 由子さん→☆ めいさん→☆     そして、なおちゃんも2回目のマップを受けて、 すごく嬉しい感想を書いてくれました!! なおちゃん、ブラボー!!     私も、今日ですが これからの未来を「私は」どう生きていきたいかが 見えてきました(*´▽`*) 新プロジェクト始動しまーす☆ オラクルカードも、ばっちり応援してくれています(^_-)-☆   ーーーーーーーーーーーーーーーーーー 昔から、今の自分が嫌いで変わりたいとか 周りの世界を変えたいとか、 そんなことばかり考えていました。 解決策を常に、外に求めていたんですよね。 魔法のように、誰かが何かを、ピーン!と変えてくれないかなーなんて思っていました。     でも最近改めて思うのは 現実を変えるのは「日常の積み重ね」なんだなということ☆ 積み重ねって、 びっくりするくらい地味&地道で 「これ、やってて意味あるんかな??(ノД`)・゜・。」 と迷う時もあるし 地道すぎて、すぐに変化が現れるわけではないんやけど。。。。。     こうして時間が経ってみると 足を地につけて、 自分の人生を歩けるようになっている! という変化が、 自分にとってはものすごく心地よくて 今まで味わったことのない安心感を味わえるようになりました☆☆     ビジョンマップは 「何を積み重ねたらいいか」 の「何」が見えてくる、という意味で とても有難いマップです。 あとは、やるか、やらないか(笑)     里織先生、今回もありがとうございました☆☆ 

      4
      テーマ:
  • 28 Jan
    • 濃ーいママグループセッションに参加してきました(/ω\)

      先日、お友達なおちゃんのおうちで、 里織先生のママグループセッションに参加してきました☆ (先生のブログ→☆)   私は垂水での個別や姫路赤ちゃんサロンには行っていましたが グループセッションははじめて! それはもう、濃い時間でした(/ω\) めっちゃ楽しくて、私も浄化され、すっきり。(*´▽`*)     みなさんの子育てのお悩み相談だったのですが 家族関係や旦那さまのこと   お金   母の趣味、生き方、強み   幼少期のこと     などなど、 そんなん関係あるん?!ということまで 全部が繋がっているという。。。 逆に言えば、子育てに繋がっていないことは、何一つないかも?!     子育ての悩みも、 子育て「だけ」の悩みじゃないんだなーと改めて実感。... 「なんでかわからんけど、とにかく大変な現実」     からまった毛糸を少しずつときほぐして 一本の糸に戻していくという感じでした。     だから、子育ての話をきっかけに 上に書いてあるような悩みが、芋づる式に出てきて で、まとめて解決の糸口が見えてきたりするんですよね。     で、先生がすごいのは   ☆母の内面をこれでもかというほど引き出してくださる   ☆現実を変えるには、今日から、具体的に何ができるのかが見える   ここやなあと思います。     あー自分が幼稚園の時にこんなん言われて悔しかった!! という思いが、まさに自分の子育てにも表れていたりして。     でも、じゃあ、今、具体的にどうする? が見えるのが、ほんまにすごいなと思います。 で、幼少期の頃の自分の気持ちを浄化して、 今の子育ての悩みと現実を変えていく! 同時進行ですね♡     「現実を変える」 これは先生にお会いし始めてから、 私がずっとやってきたことそのものなんですが 気が付けば2年弱。 それはもう、変わりまくりです。現実が♡。 どんどん、自分の居心地のよい世界になってきています(*´▽`*)。     (その代わり、ほんまに色々なことと向き合ってきました。 お友達ななさんの書かれていることがわかるわかる。(→☆) 詳しくは個別に聞いてください☆)     グループセッション、また参加させていただきたいです。 うちでも企画しようかな?? なおちゃん、ほんまにありがとう!

      9
      1
      テーマ:
  • 25 Jan
    • こけしちゃんと、くるくるガリガリ

      昨日は人生初、娘の前髪を私がカットしました。 私の祖母に切ってもらったことはあるけど 髪が目にかかって辛そうなので、意を決して私も挑戦☆     あれ、なんか、短くなったかな??。。。(/ω\) テヘッ( *´艸`)     (写真撮影のあとにしといてよかった~)     そしてついでに私も自分の前髪をカットしましたが。。。 見事に   こけしちゃん♡   ちびまる子ちゃんとも言われました(/ω\)。。。   はい、私も娘もぱっつんです。 あーせめて、娘が後ろから飛びつかない時間にカットすればよかった。。。 なんでやねん、私。。。(ノД`)・゜・。 と後悔したのですが その前髪、私好みやで!と言ってくださる方がいたのが せめてもの救い(/ω\)     私自身は小学校まで祖母がカットしてくれたので 少しは腕を上げたいなー。。。   ーーーーーーーーーーーーーーーーーー で、今日は 「鉛筆とお箸の書き方講座」4回目☆ かわいすぎるちびっこ達も☆ 「視点を変えると、景色が色づきはじめるんですね☆」 という記事を、先日書きましたが ここに通じる話がたくさん!     今日は、小学校で先生をされているママさんも 参加されていたのですが 「小1でも、チューブ糊のふたが 開けられない子どもがたくさんいる。」 というお話。     スティック糊でなくて、歯磨き粉みたいな形ののり。 くるっ、くるっと回すふたのことです。     私自身は、家や、保育園でも普通に使っていたので え、小学生で?!とすごく衝撃でした。。。( ゚Д゚)   ーーーーーーーーーーーーーーー   でもそこで考えたのは 30年前と今の、環境の変化。     のりを開けるためには 手首が柔らかくないと開けられない。     で、昔ながらの一軒家で育った私自身は 水道の蛇口をひねったり ドアノブを回したりと 手首を回す機会が、家の中で、ごくごく自然にありました。     でも今私が住む家を見てみると 水道は、蛇口を上下するだけだし   ドアノブは下に下ろすだけだし これだけでも手首を回す回数が、断然少ない!( ゚Д゚) 娘はどうなる?!!( ゚Д゚) きっと、昔との違い、探せばもっともっとあると思います。 (気づいた方は教えてくださいー(/ω\))   ーーーーーーーーーーーーー ちなみに、鉛筆で力を入れずに字を書くには 柔らかい手首が必須だそうです。 (試しに鉛筆で文字を書くと、確かに! 手首をめっちゃ使ってます。 固いと「あ」のくるん、とした部分とか、上手に書けない!)     でも、生活が便利になりすぎて 柔らかくする機会が激減している。     だからこそ、幼児期に、いかに、意識的に そういう機会を作れるか、が 今の自分にできることなんだなと思いました。   ーーーーーーーーーーーーーーー そういう視点で見ると ☆公園での遊び方 ☆文房具の選び方 ☆手遊び 全部、全部、変わっていきますね~。   例えば文房具選び。 削る動作で手首を柔らかくする、という視点で考えたら 鉛筆削りは 電動? 手動? どっちを購入しようかな、とか、買い物の仕方も変わってきますね。 (ちなみに、祖父母はカッターナイフだったみたいです!)     (鉛筆講座の最中、2~3歳の子供たちがみんな揃って クルクルがりがり していて笑えました(*´▽`*) これも「みんな、こうやって、手首を柔らかくしてや~」 と見守れました・笑)   ーーーーーーーーーーーーー 「小1で、糊のふたが?!」 という話を、 ただのびっくり話で終わらせるんじゃなくて 自分のこととしてとらえて 今、できることをやる。     そう思うと、幼児期の過ごし方が変わってくるし 子育てが面白いな、と思えるようになってきました☆     子育てにかける時間を、めっちゃ増やす!努力する! というよりかは、 過ごし方を変える という風にとらえています。     手首や體(からだ)が柔らかくなれば 勉強に限らず ピアノだって、スポーツだって 色々な場面で力が発揮できるんかな~とか、考えています。   ーーーーーーーーーーーーーー 教育的視点を入れて 過ごし方を変えるというのは、 例えば 公園に行くときにバケツ1つ持っていって ドングリを拾って入れてみようかな。 あ、遊びながら立ちしゃがみしてるやん!   とか、シンプルなことばかりなんですよね。 少しばかり、遊び方を変えてみる。   ーーーーーーーーーーーーーー ちなみに私も、30歳過ぎてから ガチガチの手首や體を柔らかくするために できることをはじめました。     で、 「12年間を上回る衝撃体験でした。」 で、これを体感しています。( ゚Д゚) 大人の私がこれだけ変化するんだから 子ども(小学生以上でも)もそうなんやろなー。     いつからでも、はじめられます♪ 里織先生のこんな記事も発見! 気付いた時がスタート! 私自身だって、體作りは30歳過ぎてからスタートしました♡     子育てに教育視点を入れることで 結局は、母の私自身の強みを活かすことにもろつながるんですよね。 (ここが、私にとってのパワーの源であり、希望です♡ 私も、自分らしく、生きたい!!)     ーーーーーーーーーーーーー 子育ても、家事も、その他もろもろも 母が担っている役割ってびっくりするくらい多いですよね。( ゚Д゚)!! (ご飯作って、食べて、掃除して、洗濯して、またご飯作って、 買い物行って、銀行行って、公園に行って、、、エンドレス!) 改めて、母ってすごいなあ、と思います。( ゚Д゚)     だからこそ これ以上子育てで頑張る時間を増やす!のではなく   限られた時間を有意義に、 実りある時間を過ごせるように 子どもも自分も幸せになれる過ごし方を学びたい   と思って、勉強中です。 ーーーーーーーーーーーーーーー   こういう視点を、学んでみたいなーという方がいらっしゃれば 里織先生の子育てグループセッション などを企画したいなと思います☆ コメントかメッセージでお願い致します(*´▽`*)

      7
      テーマ:

プロフィール

maki

性別:
女性
血液型:
A型
お住まいの地域:
兵庫県
自己紹介:
音楽を愛する1児の母☆ 弾き語りや耳コピでピアノや歌を楽しめたらいいなあと思っています。 ...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ランキング

総合ランキング
133176 位
総合月間
256793 位
子育て
6231 位
癒しブログ
2127 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。