[10十BeaM]裏山雪野海で戯れるTrollOfficialBlog

元気? きてくれてありがとう!
Trollからの [10十BeaM(じゆうびーむ)]
自由な光線をゆっくり浴びてってください


テーマ:
梅雨明けはいつもより遅かったね
台風もあまり来なくて、そうすると海が
循環されずに海水温が高くなってしまう
1998年のサンゴ白化現象を思い出す

台風がくることによって海がカクハンされ
循環していってサンゴも生きることを知った

そして、この年
初めてイリオモテ島へいった
思い出深い時期でもある
東洋のガラパゴスだ、アマゾンだ、とか
優雅な代名詞で呼ばれたりするほどだが
現在、竹富町役場が石垣から西表に移設すると聞いた

そして島全体が国立公園指定になり
ゆくゆくは世界遺産にも登録されるかもしれない
けれど、その一方で
西部の白浜では港の増設工事が始まってしまい
貴重な干潟の埋立計画などが進められるそうで
沖縄本島 高江ヘリポートのことなども含めて…
意識を向けて、阻止できることがあればそうしたい


さて
初めて、この島へいったとき
旅人から教えてもらった無人浜でキャンプをしていた
まだ20代OLの身分だったが、気分はトムソーヤだった

そこで野外生活を堪能している時に地震にあい
津波警報が出てしまったのだが知るよしがなく
暗黒の通り雨に打たれていた

予定より1日早く水平線上に現れた黒い影が
幻でなく迎えの船だったことに泡をふき
あわてて砂まみれのテントやらキャンプ道具やら
むき出しの釣りエサまでも黒ポリ袋に詰め込んで命からがら帰港した

その数ヶ月後、再び同じ島へ。
今度は道のない南西部をカヤックで初めてまわった
島の親分にどこまでもついていって
穫れた魚や貝を体に取り込んだ
水も電気もないフィールドでの原始的体験は
自分の中で眠っていた何かを覚醒してしまった

あれから実体のない社会、世間に対して
疑問をおおいに持った
大量消費、便利を追求していく家電や
何も考えさせないテレビ、社会の価値観は
そのまま支配したい誰かの代弁となった

大衆向け広告でさえ、痛いくらいに
問いかけてきたのだった

それは息苦しいほど、がんじがらめで
出社前に早起きして河原で深呼吸をした
自由とは短い休暇を、同僚の白い目を浴びるようにして
つかみとる時間だけのことをいうのだろうか
定年まで同じ職場のイスに座り続ける自分を
想像してみたんだ

そうして気づいた時には退職届を出していて
沖縄でなく、北海道へ向かうフェリーに
自転車と共に飛び乗ったのだった
甲板から眺めた、遠ざかるネオンの上に
うっすら見えた一番星
何もかもが飛び上がるように嬉しかった
それは本当に昨日のことのように
鮮やかに思い出す

あれから自分の夢見た風景に出会えたし
志を同じにする旅の仲間にも
おかげさまでめぐりあえたように思う

ペンのインクで手を真っ黒にして
語り合った筆談時間は
かけがえのない魂と魂とのやりとりだったと思うし
たくさんバカ話もして、腸がねじれるほど笑った
そしてこれからもそんなことを
続けていきたいなと思ってる

だから、
余計な広告のないサイトに
引越しすることにしました
新しいサイト↓(まだ未熟ですが)
https://t-rover.smugmug.com/

今まで応援してくれて
本当にありがとうございました


大切な仲間達の貴重なサイトに
リンクを貼って頂けた方々もいるので
ここの軌跡はこのまま残しておきます 
引き続き、良い旅を!!

Troll

AD
 |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
夏至南風(カーチーベー)に
吹かれる沖縄のある昼下がり
ウチは鏡のように反射する海を
サングラスごしに眺めていた


Photo by MH


遠慮のない太陽は
確実に強く降り注ぎ
少しサングラスをあげてみると
まぶしくて、思わず瞳を閉じた

サングラスのフィルターごしに
モクモクと浮かび上がる入道雲の他
青ペンキをぶちまげたような空が
どこまでも続いていた

すっかりぬるくなった
オリオンの缶ビールを飲んだとき
唇の感覚の異変に気づく
ぷっくりとしてきて
ビールを吸うのにも苦労する

コンパスのミラーを取り出し
のぞいてみると
明太子のように腫れあがる唇
白いウミまで浮きだし
おまけにサングラスの跡が
クッキリの無残な顔が映しだされる

UVクリームはしていた
リップは格安のメン●ームだったが
ビールが思うように飲めず
唇が美味しく飲み食いするために
大切な役割をしていることを
思い知ることになったのだ

ちなみに相棒のミホが
愛用するリップは、
この強烈な紫外線にも
無傷でにわかに
人体実験で証明されたのだ

UV対策に無頓着だったウチは
この夜をキッカケにして
旅の間、楽しく過ごす
そう、美味しく呑めるツールの
1つとして共に持ち歩くように
なったのだった



使用品紹介



UVクリームの方はだいぶ旅をした

時に洗顔すらできない場所にいくとき
つけたUVクリームそのままで寝られる
オーガニックなものに出会った
それがオーストラリアのUVナチュラル

http://uvnaturaljapan.com/

抗酸化作用のある天然オイル成分が
配合されているので
日焼け止め入りの
保湿クリームという感じで
バリバリ超乾燥するNZにも重宝した



AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

CHCことクライストチャーチに

舞い戻る

NZでおなじみのmacpac

バックパックだけでなく

メリノウールを使用した

アパレルも取り揃えており

CHCではアウトレット店も!

Photo by MH

 

そうして旅の荷物を先に宿へデポし

レンタカーを返すときがきた

約10日一緒に旅したのでさみしくなる

これからは徒歩と公共機関がメイン


キャンプサイトから

屋根があるホステルへ

YMCAはコストパフォーマンス◎

位置的にも過ごしやすかった

ミニ冷蔵庫が付いてるので

スーパーで入手したビールを早速格納

 

近くに大きな公園があり

散歩するによい場所だ

 

 

 

Photo by MH

 

CHCもまた

2011年2月に震災があり

被害の跡がまだあちこちに残る

 

 

 

 

そんな町の中心部を

縫うようにして

トラムが走っている

 

 

 

 

 

 

 

 

そして再生の願いを込めて

RE STARTをテーマに

コンテナを利用したモールがある

 

 

 

 

震災から5年が経つ

お気づきの方も

いるかもしれないが

まだまだ工事中

半ば廃墟化した街角の夜は

不気味ですらあった


その一方で

個人の家を優先に

復旧されているように思う


日曜日となると

午後3時半には閉店

あのマクドナルドでさえ

灯りを消してクローズする

 

そこで働く人々は

まだ日の明るい町や家へと

繰り出して、アフターを楽しむ

ビストロのオープンテラスで

飲食を楽しむ姿も見かける


日本ならシフト交代で

24h休む間もなく

道路や建物を修復していく

それによって

ライフラインの回復が進む

だが不要に高い防波堤や

未だに仮設暮らしを

強いられている中で

オリンピックやコンクリの方に

向いてしまわないかな


幸福度ランキングが

上位にあるNZ

行政が何を大切にしているのか

そこで暮らす人々の笑顔に

現れているように思う


さて、うちらは今日も

定時で上がって

アフターを楽しもう

今日も良い日を(^^)






 

 

AD
 |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。