1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2012-02-09

2011

テーマ:記念

うpしてないライブたち
もう記憶もない
下手したら半券もない
ごめんねライブたち、ごめんねそのときの私



「東日本大作戦2」10-FEET
前回いろんな不満が残ったけど、今回は凄く楽しかった
狭いお馴染みの箱のおかげか、日がたったおかげか
相変わらずに思うところも多々多々多々あったけど、
やっぱ演奏は好きだし、よかったな



「霹靂」BRAHMAN,SCAFUL KING
こんな他のライブと一緒に数行におさめる内容ではないんだけど
もはや仕方なし

SCAは知識も一切なしだったけど素晴らしく楽しかった
この時点ですでにモッシュ死しそうだった
初見のタガミくんはすごく人が良さそうで歌がうまかった
しかもオシャレで、他のメンバーもオシャレ
同行者もずっと服観察してたようだ
停止してたりいろいろワケありバンドみたいだけど、
きっとTOSHI-LOWも考えあっての召集だったことだろう
スカ素敵、ホーン素敵

あれから思いも祈りも傾け続けた、BRAHMAN
ここにこられてよかったよ
MCが意外と多くてちょっと気抜けたけど、
その変化もまたあれからの彼らの新しい姿
最後の霹靂ではいろんなものが肉体飛び出しそうなほど、
精神が暴走したわ
大事なライブでたびたび感極まることはあるけど、
あの気のふれ方はいまだかつてなかったな
同行者がダイバーにより負傷ワロタ




「one by one」Hawaiian6
結果から言って、空回り空振りの一夜
かれこれここにかける思いは異常すぎて、
きっと変質してしまったのかもしれない
待ちすぎて思いすぎて

開演前、JUNKそばでYUTAくん&リョウスケと鉢合わせて、
なんかもうそっからテンション低かった
びっくりしたし、なぜかおもくそ焦った

対バンはdustboxだった
やはり好きにはなれんがドラムが気持ちいい

いざライブが始まって、念頭にあった思いは何だったんだろう
新しい体制への構え、待ち焦がれた昨日までの構え
もう全面的に構えすぎの警戒しすぎだった気がする

りょうちゃんはもう違和感しか感じなかった
入ってくれてありがとうの気持ちはそりゃ半端なくあった
最後ずっと泣きながら演奏してるの見てて、
もう何を思えばいいのやらだったけど
今思えば、りょうちゃん自身に違和感というより、
彼を迎え入れた2人に違和感だったんだ

セットリストはStar Falls~から始まった、はず
やっぱり楽曲は体にしみついてて、反応しないわけもなく
相変わらず微笑み全開になれてしまう
それが先述とのギャップになってたんだ

MCではまたしても彼の生き様にしびれていた
「俺らは男だから、女子どもが逃げたいって言ったら逃がしてやれよ」
あんたまじで悟空だよ、参った
それだけはしっかりと私の中にジリジリ焦げついたわ



「LOVE LETTER NIGHT」Idol Punch,Hawaiian6
前準備から心の準備から何もかも不充分にて
でも、この日はあの人を拝めるだけで良かったのかもしれない

勝手に涙が出た

お世辞にも見てくれは良くないし、
お世辞にもいい音楽を演奏してるとも言えない
しかも毎年年の瀬に女装とパン一で叫び散らかす奇怪さ

でも、だからこそ

どれだけ大変で素晴らしい行動を起こし、
またこれから起こそうとしてるのかを思うと
対面しただけで涙が出た(サンバカーニバル系な彼と)

彼の名はラッコさん

出会えて良かったよ
あの日を迎える前に出会えていてよかった

野口を3枚託した
「そんなにはもらわれへん」と一度止められた
でも私は、家族全員分だからと言ってそれを募金箱に入れた

ラッコさんの思う明るい未来を信じたいの
ただそれだけ

でも、やはりそんな私の生き方は偶像崇拝でしかないみたい
そう、まさにアイドル

はっちゃんが「声かけそう」なくらい美少女に化けた亮介氏
そしてただ純粋に化けたはっちゃん・・・台無しだった
例年通り勇太くんはやっつけのようなスカート

新参ファンの私なりに、早々に雰囲気がおかしい気がした
正直ずっとピリピリ緊張して見てた

とはいえそこは楽曲に救われるわけで
やっぱりこの音と共存できる時間は幸せだなと思ったよ
仙台で聴けなかった曲も何曲か聴けて

何の曲のときか忘れたけど、ふと走馬灯・2011

3月からのこと、更にさかのぼって休止からすべて
震災直後にいただいた言葉や米集め、再始動
悲しいくらい、私にはそれがすべてだったんだと再確認した

「いつかお前らも子どもを産んでな、その子と、愛する人と、
大切な時間を過ごしていけよ」
そんなMCからA LOVE SONG
これが一番せつなくてたまらなかった
言われたくないことだった
私にはその大切なものがないからここに来てるのに
この今が一番大切な時間なのに
ラブレターがなんじゃ恋心がなんじゃ
もう悲しくてつらくてたまんなかった

幸せになりたくてわざわざ下北まで来たのに泣きたくなかった
でもわざわざ来たからこそ、
感じたものを我慢するのもいやだった
遠出して金を払って時間と場所を買って、
やっと私は初めて少しだけ心が表に出せる
そんな私に彼は笑ってくれた(たぶん)
柵に上がって、私の真上で演奏してくれた

A PIECE OF STARDUST

今までそんな思い入れはなかったけど、
やっぱり彼らの音は私の中の悦を的確に攻めてくる
それはいつも変わらないんだ
勝手に知って、勝手にCDを買って、勝手にライブに来ている
それだけの関係
でも、ありがとうって思った

そして2011年が終るのを感じていた
いつ崩壊するかわからない心はそのままに、
意地汚く生き長らえただけの2011
毎日を満たすことを必死で考えていたのに、
一日が終るたび孤独と絶望しかなかった2011
でも結局こうして偶像に依存して人並みを生きた気になって
それがいいか悪いかなんて決めたくもないけど
このほんの数時間、
「感情よ目覚めろ」「命よ目覚めろ」
ただそう願っていたよ










そんな2011終盤でした
皆さん明けましておめでとう

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-09-27

ロットン@仙台Hook

テーマ:記念

STAND UP!! MACANA -がんばっぺ宮城- DAY1
2011,9.27
@仙台Hook
w/ STANCE PUNKS,EGG BRAIN,etc



マカナ復興企画でロットンがやっと仙台に!

Impossible Iz Nothing
This World
かくれんぼ
Familiarize
響く都
I believe




という名目の、恐らくFamiliarizeリベンジ
前回のツアーは震災の直後の日程で、
マカナがだめになりそのまま中止になってしまった
だからかセットリストはほぼFamiliarizeから

(熊谷いっといて良かった)

仕事終って速攻行って、一バンドめにちゃんと間に合ったー
でも結構疲れた・・・



対バン1
女ボーカルがどう見ても鳥居みゆきですありがとうございます
かわいかったけど聞き飽きる感じ

対バン2
ざっくりと思った、めっちゃ最近のアニメに使われそうな感じ
ベースが類を見ない整った顔で、でもキチっぽくて、
スーツで出てきただけで爆笑してしまったのに途中の動作で更に!
BAWDIESに入ったほうがいいと思う、顔面下位から入れ替えして

対バン3(EGG BRAIN)
名前知ってたしファンも結構いた
めちゃさわやかで苦手な曲調だったけど、
ボーカルのネイティブっぽい英語発音がよかった



610行進曲で登場!
ロットンは私の好きなバンドの中では一番人数多いから、
登場だけで独特な感じがしてしまうんだよな

ちなみに私のポジションは余裕の最前、両ボーカルのど真ん中
なのに前後左右誰にもぶつかることなく楽しめちゃった
まじでシェルターのIdol Punch並に近かった

ロットンは音の密度も最高だし、
ライブパフォーマンスもいいし(←慣れた)、もちろん楽曲自体も最高
あれ以降パンクだらけだった私がこんなに心酔するとは!
常時聞いてるわー

いつものことながら、ドラマティックなギターと
迫力満点のツインボーカルに楽しさ振り切れるね
もう恥ずかしいとかまったくなく最前で踊り狂ってたw
歌詞とか間違いまくったのも演者に丸聞こえだったろうけどw
痛いファンで上等だわ

本当に持ち時間短くて物足りなかったけど、
仙台でFamiliarizeが聞けて本当によかった
震災直後どれだけこれに救われたか
本当にありがとうしか出てこない

ロットンに出会ったのは去年の5月
まだ全然知らないけど、
勝手に大事な存在に格上げさせてもらったからね
まだまだついてくからね
with his soul
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-08-27

ARABAKI ROCK FESTIVAL2011

テーマ:記念

1 日 目


ザ・ビートモーターズ
サンボマスター
uhnellys
spike shoes
毛皮のマリーズ
EGO-WRAPPIN' AND GOSSHIP OF JAXX
THE BACK HORN

nccゴリ押しのザ・ビートモーターズ通称ビートモでスタート
ボーカルの声力、ウルっときそうなギターリフ、ハモりも良かった
今思うと少し90年代のにおいがした

お次はなぜかサンボマスター
でも反射的に涙が出ていた
ちょっとやそっとじゃなく、もろ号泣
でもファンになったわけでも、楽曲に涙が出たわけでもないです

通りすがりレベルのuhnellys
まったくの初見、未知のジャンル、そして花笠ステージの悪臭!w

1997バンドのspike shoes
仙台のハードコアバンドなので応援気分で
ハマれなかったけど、応援はしまーす
ベースとボーカルだけHWN6絡みの番組やネット上で見たことあった!
大好きなロリクレの服を着てた(欲しかったショーパン)

いろんな反動で興味倍増してたマリーズ!
移動中に1曲目(一番好きな曲)が流れてきたので唄いながらダッシュ(楽)
ハマれない音楽が続いた反動がハンパなくて、
気持ちいいメロディーに身を任せてジャンプしまくってた
マリーズはコード感が好きで、気持ちよく聴けてうれしい
ライブは初めてだったけど、志摩氏のパフォーマンスも抜かりなくて、
これはもみくちゃでも大人見(w)でもどっちでも楽しめると思った
選曲も良かった~全力で笑いながら泣いた!

2度目のよっちゃん!EGO-WRAPPIN'!
この人を基準に歌手と言ったら他の人どうなるの
大好きなGO ACTIONが聴けて感動!感動!
バラードもいいけど、この声に背中どつかれて強制ダンスの刑
今回唯一聴いたホーンも気持ちよすぎた

バ・ザックホーン!まさかの映像つきステージw
陸奥ステージでも良かったと思う
第一回目のアラバキ(まだ全然野外フェスじゃない頃)から出てるって(泣)
最近はメンバーそれぞれのネタが豊富すぎて、
楽曲のかっこよさを危うく忘れそうになってたね(誰のせいだ)
それもこれも含めて最高すぎたっす
遠くからフロアも全部見てたけど、お客が最後列まで熱くて震えたわ
でもステージと我々の間にかなりクレイジーなお客がいてそれすら震えるおもしろさ
ギターがかっこよすぎる・・・それを引くレゲエの人も大好き
ついでに、このライブの少し前に光舟とレゲエの人とすれ違ったのだー!ウホホ


初日の踊るヒット賞はマリーちゃん!
安定の王座はバ・ザックホーン!
この日の本命は逃したけど、他でいくらでも腹を満たせるのがフェス!



2 日 目

MO'SOME TONEBENDER

Nothing's Carved In Stone
マキシマム ザ ホルモン
エレファントカシマシ
GTGGTR祭

見ての通りの本命日です(カタカナ部分)

ncc推しのモーサムです
昔からぼんやり名前は知っていたけど構成もジャンルも存じませんでした
百々さんもイメージをくつがえすカッコカワイイ宣言!
メンバー全員いろんな技持ってて面白かった~
勢いも余裕も、インテリジェンスもクレイジーも感じる、絶対続いててほしいバンド!

何年ぶりかの髭!
浅づかりなりに、音もデザイン関係も好きなバンド
髭は大好きなRNAやロリクレのデザインを眺めてるときと同じ気持ちになるバンド
この何年かの間に6人になったり民生プロデュースになったり変化してた
で・・・もう形容し難い楽しさに価値観いじくりまわされました
須藤氏のぶれない表現は一瞬も目を離せず、楽しいとか面白いとか越えてて、
「唖然」「疑問」っていうのが一番近いリアクション
正直須藤氏はかわいいと思うけど、それ以上に「これぞ表現!これぞアーティスト!」と思う
そこに無理があると少しでも感じてたらここまでの感動はないの
もちろん楽曲・演奏の良さありきだし
初めてハンドマイクで唄ってるのを見て更にそれは確信的に
敬意を表してこう言いたい、支離滅裂だと
後日nccとFacebookでのやり取りも第二波って感じでやばかった
つらい


ハタハタに帰ってきた、ホルモン
感想は別記で

:記憶セットリスト(順不明)
恋のメガラバ
シミ
鬱くしき人々のうた
恐喝
川北猿員
MTH


ホルモンからリポD経由でエレカシへ!
初めて陸奥ステージの最前区画へ飛び込んだ
しかし、それが失敗とも知らずに・・・

:記憶セットリスト(順不明)
悲しみの果て
幸せよ、この指に止まれ
俺の道
風に吹かれて
俺たちの明日
ガストロンジャー
FLYER
ファイティングマン
今宵の月のように

私がエレカシで一番好きな「風に吹かれて」を初めて聴くことができたのだ!
イントロ~Aメロは国宝、むしろ俺宝

セットリストは新旧名曲混ざってていい感じだった
この中では少数のシングル外の曲、FLYER嬉しかったなー
あのスライドみたいな唄い方がもはや芸術だし、曲構成も好き

終盤にちょっと移動して、FLYERとファイティングマンで気持ちよく暴れた
今宵の月のようには相変わらず私の血肉ソングのままでした

でも密集地帯で見てたから視野は最悪で、ほとんど見えなくてちょっと不満
それだけならまだしも、私の前の客2人組みがあまりに鬱陶しくてかなり冷めてしまった!
私に言う資格は皆無だけど、エレカシの客じゃねーなーって感じた
ほっときゃいいのに、はしゃぎっぷりに完全にイラついてしまい途中で後方へ
後方って言ってもステージめっちゃ見えるし踊るスペースもあって、
最初っからここにいればよかったと後悔した私は陸奥ステージビギナー
なんであまり宮本さんのギターや目力を目視できず!

この声の底は限りなくて、今日も例外なく魂宿ってました
そしてそれを支えるのがメロディー、って感じ?
いろんなバンドを好きになるたび思うことを、
エレカシに初めて思ったファン15年目くらい
「男としてファンになりたかった!」


ゲスト目当てでGTGGTR祭即ち大トリへ!

楽器、楽器、楽器・・・2バンドまるまるひとつのステージにいますから
なのにちゃんと時間きっかりにセッティング終ってジングル鳴ったのに感動

イベント責任者登場し大トリの主旨説明
「ギターがかっこいい曲のカバー大会」だそうな
ちょっとジョンレノンスーパーライブに似たノリだったかも(メンツもな)
その挨拶からゲストに呼びたかったらしいU2の特別映像が流れ、

それを登場SE代わりに2バンド登場

初っ端から往年の名曲連発!
レイラとかWalk This Wayとか、踊らずにはいられない系~みたいな~
もう本人らもアンプ多すぎで音が聞き取れないらしいw
このとき、完全にコード進行がイエモンの「GIRLIE」だった曲があってビビった
ぜひもう一度聴きたい

そこからまず最初のゲスト、髭の須藤氏登場!
私周辺では私だけが歓喜してたわ
カバー曲は、「さよなら人類」なんで?w
イントロ~間奏でめっちゃヘビーに聞かせといて、
急にメロが始まると原曲通り?のあのグルーブw
相変わらず昼同様にMCはカオティックだったけど、
この曲にこの声が合うこと山の如しですわ
彼もまた声で生きる人間だと確信した今年のアラバキ

お次はやっと会えた、LOVE PSHYCHEDELICO!!
曲はわからなかったけど、マッシブめなロックでした
希望としてはビートルズ臭のする曲が聴きたかったけど、
相変わらずKUMIちゃんの声はしびれた・・・
どうにかマイクなしで聞いてみたいもんだ
NAOKIさんもプレイはもちろん振舞いも大好きで、ドキドキしたぜ
なんとなく協調性なさそうに見えて、客演共演ガンガンやる彼らが好き
書きながら昔の曲聴きたくなってきた

ここで私は退散、今年のアラバキは終了
吉井さんはまた、いつかきっと!







超後記
うpが2ヶ月近く遅れたけど、いまだに余波があるのは俄然、髭

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-08-23

We Are Fuckin' One TOUR

テーマ:記念

PIZZA OF DEATH RECORDS presents東北フリーライブツアー
We Are Fuckin' One Tour

8/23

@JUNKBOX仙台
w/ Ken Yokoyama,FIB,RAZORS EDGE,SLANG



この日に関する記述がまったく残っておらず、
2ヶ月も経ってレポートを書くには相当無理がある
でも覚えている限りを書き起こす



名前通りの復興ツアーで、完全抽選・無料でした
正直このツアーの郡山のラインナップがずるすぎて、
そっちにばかり気がいってた
しかもこの時期めっちゃ鬱だったからこれに参加するかどうかも迷ってた
でも最終的には「もったいない」精神で行きました
あと、今回の震災で大きな心の支えとなったKOさん率いるSLANGがくるし
このライブでも物資集めしてたからぜひ参加したくて、
むしろそっちがメインだったかも

グッズに並ぶファンたちの横でレトルト食品を託して開場待ち



FIB
お初です
名前は知ってたけど、ジャンル的には苦手でした
でも人気あったねー

RAZORS EDGE
こちらもお初!思ったより楽しかったな~
固定ファンも多くて盛り上がってた!
南三陸で復興活動したこととか聞けて嬉しかった
ボーカルのケンジ?さんがお誕生日で、ステージでケーキもらってた
彼のパワーは素晴らしかったな

SLANG
初めましてのKOさん・・・でかっ
とにかく見た目に反して本当に優しそうで、l誰より温かかった
ジャンルはガッチガチのハードコアで、ギターの人に釘付けなった
「何かあったらすぐ言ってね。俺と横山健とTOSHI-LOWで駆けつけるから」
みたいなことを言ってた
俺は生まれた時から政府に反抗してるから、みたいな、
本物のパンクスだった
あの活動も頷ける、そんな人柄だった



Ken Yokoyama
2列目の柵ゲットで悠々見てた!
楽しい曲連発だったな
とにかくこればかりは個人的好みになっちゃうけど、
彼の人柄はともかく、愛は感じた
パフォーマンスも相変わらず良かったし、話も面白かった
仙台出身ジュングレイ地元トークも健在で、
ジュンさん初仙台のときのMCをネタにしていた(そのときも行った)
このときまだ開催されていなかったエアジャムの話にもなったし
「東北の人は無理して来ないで」

これはウェブにも出されていた言葉で、エアジャムブームに乗りたかったけど
乗り切れなかった私はこれで納得させる
私が好きな『I Love』も聞けたしよかった
「もう当分仙台来ないから!あ、来週アラバキ来るんだった」



やっぱり私には音楽がよくわからないけど、
ただなかったら寂しいのは確かなので、
これからも走り続ける人を見ていさせてほしいな
それがたとえ好きでも嫌いでも

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-06-20

locofrank TOUR 2011-KEEP DIGGING 4-@hook

テーマ:記念
locofrank TOUR 2011
"KEEP DIGGING 4"

2011.6.20 @Hook仙台



◆loco
昨年「DON'T PANIC」にて久々に見て以来、
細く長く熱が復活していたロコ!
この段階でDVDも予約済みだったし
久々に仙台、しかもワンマンってことで新鮮!
これは震災後発表になったツアーで、また別の期待も有り
ロコもこのツアーを通して被災地へ米を集めてて、
この仙台・盛岡公演の後自分らで運んだのだ!

※支援詳細
773four公式ブログ
SLANG KOさんブログ

◆人呼んで「最前荒らし」
ロッカーない&物販開始押しのため物販断念!畜生!

ここんとこのライブ(パンク系)、何連続最前にいるかしら
(しかもスタート時は2列めにいた)
しかしこのHookという箱は、柵が低い
モッシュきたら背筋に全力注がないと倒れる
でもここってV系寄りだからか照明はハデだったね
自動で上下に動くライトとかちょっと面白かった
緒方恵美とかも来てっから!w

◆実演
かわいいSEにてロコ登場!
私はセンターよりやや右だったけど、
Hookの小ささに救われステージ隅まで丸見え☆
みんなロコTシャツの中Don't PanicTシャツのオバサン奮戦

ショックなことに木下さんが髪切っちゃってた…かっこいいけど
去年見たときちょっと長くてよかったのにorz
森さんは相変わらずの高身長
彼は穏やかでちょい天然だと判明
そしてタツヤさん!直前に利久にいたってツイートしとった

演奏はもはや安定感、って感じ
ジャンルもジャンルだし激しさ必須なんだけどそれだけに非ず
なにより歌がええ!
私の聴いてるバンドはほぼ近いキャリアだと思うけど、
みんなもう勝手に信頼しちゃってますから
だって一晩体を預けるんだからね!

そして私の標的はいつの間にかタツヤさんに変わってましたw
ドラムプレイがめっちゃ目に楽しい!
知らない曲もたくさんあったけど、ドラム見てるだけで楽しかったね

◆支援?
「ほんま待たせた!」
いつもの木下さんのまっすぐで優しい言葉、今日はまた別格
「誰もケガして苦しんでる顔なんて見たないねん、
今日は助け合って最高の夜にしようぜ!」
がってんがってん!

決してこれは『復興支援ライブ』って名目ではないけど、
米運びも含めて実質そうなってはいたと思うの
チャリティーTも作ってたしね
でも、本当に友達を元気づけにかけつけたみたいな、
爽快で清々しくてあったかい演奏、MCだったよ

「…元気やん!(安心)」
「俺らはバンドしか知らん、ライブしかできん。
でもそれでお前らが元気になれるんなら、なんぼでもする」
不安と安心をしっかりファンに見せてくれた
文字にすると軽くなって残念だわ
まあ結果的に全然ライブ以上のことしてくださるんだけどね!尊敬!

私は仙台に住んでる、ってだけで『被災者』って意識はない
でもそうやって『仙台(のロコファン)』ってひとつの塊を
愛して支えてくれるなら、私はそれでじゅうぶん
そういうのを感じた(勝手に)

「いつも笑っててな、自分に。
10年後でも、あのとき頑張ったな、って笑ってて」
感動のMCだったんだろうけど、私はもう終始楽しくて幸せだったわ
逆にロコ側が泣いちゃってた?

レコ発じゃなかったから昔の曲も満載!
まじくっそ熱かったから最前でもバテてる人多かったけど、
私はいつでも完全燃焼トゥナイト!
こんな素敵なライブだったら好条件にもほどガール

STANDARD

◆本物
アンコールまでいーっぱい楽しませてくれたなー
実はMC中木下さんとからんじまったし(嬉)

最後に「タオル作ったからもらって帰って」って!
チャリティーTと同じプリントの、熨斗つき袋に入ったタオル!
元祖恋愛万博-locofrank
最後の演奏終ってすぐ、
「俺らも外で配るわ!」ってステージ走って降りていくメンバー
思いは見えないけど、とかいうあれってこういうことなのかな

どうしてもお話したくてタツヤさんとこに行っちゃった
私もほんの少しだけど米を託したのでその旨アピりに…最低ね!

私の内面のできごとしか書けなかったけど、
終ってしまえばそれが一番大事なのです(適当)
ライブに行く、なんて所詮「娯楽」「消費」
それに別の意味を持たせたくて私はまだ死ねずにいるのです
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。