理学療法士サロン”Private Physio Salon TRIGGER(トリガー)”

諦めていたことにまた挑戦して欲しい。皆様にとって「きっかけ」が生まれる場所でありたい。全力でサポートさせて頂きます!


テーマ:
筋膜を整えて体の健康を取り戻す

筋膜調整セラピスト 半田(理学療法士)です。





「有痛性外脛骨」

足の内側(骨の出っ張った場所)が痛くなります。

サロンにはそれが原因だと言われた方が多くいらっしゃいます。





不安定な骨自体の境目で炎症を起こす。

後脛骨筋という筋肉が骨を引っ張っている。

そう言われてます。





しかし、必ずしも原因はそこにはない!

多くの方の施術を通して、私はそう思うようになりました。

原因はちがうところにあって

そこを筋膜調整したら症状が改善した






先日、女性(10代、陸上競技)を施術させて頂きました。

4年ほど前から足の内側が痛く

有痛性外脛骨と診断されていたようです。

4ヶ月前の捻挫(靭帯損傷)をきっかけにして

痛みが戻らなくなってしまったとのこと。

今では歩くだけでも痛い




結果からいいますと

裏ももの外側と、お尻の筋膜を調整したら、痛みは8割無くなりました。

最後に、足の筋膜を調整したらゼロになりました。

ポイントは「膝」と「股関節」の筋膜でした。





施術した場所と考えらた原因をあげてみます。





痛みがあったのは、舟状骨という骨に腱が付く場所


歩くときでさえ痛い






筋膜のよじれがある場所を探し、見つかったのは以下の通り






早速、筋膜調整

足、すね、膝・・・

いずれも内側を調整したのですが・・・

症状が2割くらいしかなくなりませんでした。






んんん~~~~





筋膜が原因ではないか?

そうも思いましたが、続けて外側へ





まずは、裏ももの外側の筋膜調整

すると!

歩いた時の痛みは半分に!!!





つぎにお尻

すると!

痛みは8割無くなりました!






最後に、また足の内側に戻って調整

すると!

痛みはゼロになりました!






あくまでも、歩いたときだけの痛みの程度なので

競技復帰まで考えるとあと数回の筋膜調整が必要になるかもしれません。






今回の施術結果から考えられたのは

捻挫をする前から

もともと、裏もも~お尻の外側の筋膜のつながりがよじれていた。

そのよじれを打ち消すために

反対の、足~すね~膝まで内側の筋膜のつながりをよじらせていた。

それによって体のバランスをとっていたために

結果として足の内側を痛くしていたということです。






つまり

裏もも外側の筋膜のよじれ

それが元凶だと考えられました。



外脛骨自体ではありません。

筋膜が原因でした。



筋肉の使い過ぎは、筋膜のよじれの原因になります。

裏もも外側をトレーニングや競技にて使いすぎていたのかもしれませんね。






施術結果から判断すると

Aさんに必要なケアは

裏もも外側のストレッチやマッサージです。

痛い足の内側ではありません。

裏もも外側(大腿二頭筋)のケアです。





原因と考えられる筋膜のよじれがわかれば

効果的なセルフケアもできますね!

競技復帰出来ることを祈っております!

セルフケアがんばってください(^^)



***************************************

お問い合わせ & ご予約はこちら


【ホームページ】
Private Physio Salon TRIGGER

(プライベート・フィジオ・サロン トリガー)
港区赤坂7-6-9赤坂ONビル201

***************************************



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

TRIGGER(東京港区赤坂)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。