キズクリアR(KIZZclearR)

テーマ:

キズクリアR

 某洗車サイトでも絶賛のキズクリア、現在は『キズクリアR』という商品名で、かつてのキズクリアからはマイナーチェンジしているようです。
 ホームセンターでも簡単に入手できる点や、価格が、異様に高くない点から気兼ねなく実験材料として買う事ができました。

 使い方は、少々留意しなければならない点もありますが、一度使うとその素晴らしさは病み付きになります!
 まず、施工時には、水厳禁となります。良くあるワックスは洗車後濡れたままワックスやケミカル用品を使えるものが多いですが、このキズクリアは、完全に施工面の水分を取ってから施工しなければなりません。
 これは、透明樹脂でコーティングしてスクラッチを埋めてキズを目立たなくするものです。簡単に言うと新しい透明樹脂を上から塗るという工程になります。
 洗車時のスクラッチ傷が非常に気になる私のような方は、このケミカル材料を見方にするともう手放せなくなるほど、その仕上がりは、効果が実感できます。細かいスクラッチなら本当に消えます(マジで)。効果もかなりの長期間持つようですが洗車ばっかりする私は、その都度スクラッチが増えていくので1ヶ月ごとにに施工しています(汗)。上から別のコーティング処理をすればもっと持続するのではないでしょうか?
 
 多くのレポートサイトで施工後の欠点として。奇麗に施工するのに相当の慣れが必要だと言われていますが、最初は私も拭き取りが難しいと感じましたが、多くは拭き取り時に水分を含んでしまったりするためにムラが出るような感があります。通常に拭き取りを行ってもムラを感じる事があるかもしれませんが、これは24時間の樹脂硬化過程できれいになくなってくれます。留意点は薄く塗り広げて拭き取り時に拭き残しの無いようにすることです。このときにムラが残っていても問題ないかと思われます。更に施工後24時間できればそれ以上は雨、や夜露に合わない。また施工後なるべく炎天下で焼き付ける。など樹脂の硬化を助ける工程をしっかり行うとすごく良い状態に仕上がるでしょう。

キズクリアR.jpg

この素晴らしさ一度体験したら手放せません・・・最高!
キズクリアーR(ダークカラー用) の購入は楽天市場をご利用ください。
キズクリアーR(ホワイト&ライト用) の購入も楽天市場をご利用ください。

作業性
耐久性
リピーター度
コストパフォーマンス
総合満足度

60%
70%
90%
80%
90%
AD

オーリー

テーマ:

オーリー

 数年前にテレビショッピングや通販で話題騒然となったオーリー(AURI)。
 今では、ホームセンターでも簡単に手に入るようになりました。ちなみに私は「ホームセンターコーナン」で入手しました。

 で、使い勝手は・・・シリコン系なのでちょっと使用に躊躇してます・・・(車の表面処理でブライトポリマーをやっているため)が、結局使っちゃいました(爆)

 シャブイ(といってわかりますか?ドロイの反意語、粘度が低いとでも言うべきか^^)材料なので、塗布面には簡単に塗布できました。(一度に塗布する量を気をつけないと液ダレします。)
 乾燥想後拭き取りする点については、少し力が要りますが、まぁ簡単と言える方でしょう。しかし!拭き上げ後に拭き取り時にでたオーリーの粉末が大量に発生します。拭き上げ時の摩擦でボディー表面に帯電するらしく、この粉末がボディー表面に大量に付着します。非常に扱いにくく、風でも飛んでいかないので、最後に濡れウェスで拭き取らない事にはどうにもなりません。

 でもって、処理後の状態ですが・・・
 処理後の瞬間はそれなりに艶が出て満足すると思います。
 が、一雨で効果はなるなるかも(爆)
 今はホイール用の表面保護に使っています。洗車時に汚れが落ちやすくなる気がするので・・・^^;

オーリー.jpg

そんなこんなで、リーピーターには多分なりません・・・残念!

作業性
耐久性
リピーター度
コストパフォーマンス
総合満足度

70%
20%
20%
70%
30%
AD

洗車用品&メンテツール

テーマ:

 いつも『ラ・フェール教授の洗車マニア』をご愛読いただきましてありがとうございます。
 チョット洗車記事が少なくなってきた今日この頃・・・これからはもっと少なくなるかも!?(おぃ)冬にかけて、雪山大好き人間の私なので、スノーリッチなお話になっていくと思われます。(おぃおぃ)ちなみにスノーギアなど雪山大好き人間の方がいらっしゃいましたらこちらもご覧ください!・・・とはいっても、忘れているわけではありません!(当たり前だ!眠い事言うな!)注目の洗車&メンテツールを新しいカテゴリに分類してご紹介させていただこうと考えています。
 何かのご参考になれば幸いですので、よろしくお願いします。洗車メンテツール

AD

ボディを洗おう!その2

テーマ:

■ その2

 さて、水も滴るいい女(男?)になった愛車の汚れを浮き上がらせた後は、私の洗う順番は、ルーフ→ボンネット→各窓→バックサイド(トランク)→両サイド→底の順に、ここで前回行ったタイヤ&ホイル洗浄していた場合はついでに汚れを洗い流します。

 洗車は、昔は使用済みのタオル(雑巾?)などのウェスを用いていいましたが、どうやらクロス地では確実にスクラッチ傷が付く事に気づき、最近は、シャンプー洗車時はデカスポンジ(単なるでかいスポンジで片側に不織布が細い溝を刻んでいるタイプ)、水洗い時は人工セーム革を用いています。某洗車サイトではこれをくしゃくしゃにして持ち、ホースで水をたっぷりかけながら軽く拭うようにして洗うそうです。
 各々どちらの場合でも共通して言えることは、ゴシゴシ洗うと表面の汚れで傷つきますので、表面に水膜を作りながら汚れを水で流すような感じで洗いスポンジやセーム革を水流にあわせて洗い流します

 週末&雨上がり洗車を試みておられる方は、基本的にボディーに大きな汚れは無いと思いますが、洗う時に用いるスポンジやクロス類は、それ自身が汚れた際に面倒くさくても必ず綺麗に洗いながら洗車してください。クロス自身の汚れ(チリ・砂等)でボディーに洗車傷をつける可能性があります。

 さてさて、簡易洗車の道もそろそろ終盤・・・次は拭き取りについてですが・・・それは次の機会に・・・(おぃ
 ちゃ・・・ちゃんとアップしますって!
 え?期待してないって?
 あーーーまってぇーーー・・・


1日一回、↓のクリックを一度お願いします(^^)
人気blogランキングへ協力感謝です(^▽^)

ボディーを洗おう!その1

テーマ:

■ その1


 えぇ~・・・大変スミマセン・・・やっぱり洗車のことあんまり書いていませんねぇ汗
 前回も、ホイルの掃除で終わったような・・・汗汗汗
 早速遅れを取り戻さなくては・・・^_^;汗汗

 前回の続きからの工程でも、ここから始めても問題ないように、編集しました。

 ボディー洗車開始!

 渇水対策制限を無視して水を掛けます。世間体を気にしながら(ぉ)・・・
 まずは、ボディーに水をかけて大きな汚れを流します。
 これは汚れを浮かすのが目的なので適当でかまいませんが、まんべんなくかけるようにしましょう。この時日差しでボディーが暑い時は水で良く冷やして下さい。
 直射日光がきつい時に、洗車工程を進めるのは無謀です。濃紺車はもちろん、白系のボディーの車でも、黒色の部材(プラスチックやパッキンなど)に確実にウォータースポットが残ります。
 そんなこんなで、しばらく放置しながら水で汚れを浮き上がらせるのですが、先の工程(タイヤ&ホイール洗浄)を行う場合ここでついでにやっておきます。→簡単洗車への道

 私は、固形・液体問わずWAXを使用していません。どちらかと言うと使用するのは、ケミカル用品派です。各有名洗車サイトによると、WAX派の人は簡易洗車ではなるべくシャンプーは使わずに、どうしても水で落とせない、虫の死骸や樹液や油汚れの部分のみを軽くシャンプーで拭くようにして後はたっぷりの水で洗うとのことです。理由は、シャンプーを使うとせっかくのWAXを落としてしまうことになるとのこと・・・確かに通常のワックスって数回の雨嵐で水の弾きは悪くなるような気がしますねぇ・・・

 週末や雨上がりによく洗車やクリーンアップをする私は、表面効果をすぐに落としてしまう気がして通常は水洗いのみ、海や冬山を走行した後にはシャンプー洗車と使い分けています。
 ちなみに、樹液や花粉、生物の死骸などでこびりついた汚れは、水洗い後「ふやかして」除去していますが、それでも取れない場合は、ブライトポリマー用のメンテナンスクリーナーを用いて除去しています。
 ・・・え?ブライトポリマーしてるのに、ケミカル用品使ってるっていいの?って??気にしなーい!切れてなーい・・・汗 

 その2に続く・・・


1日一回、↓のクリックを一度お願いします(^^)
人気blogランキングへ 協力感謝です(^▽^)



ベリオンSTD

テーマ:

■ ベリオンSTD


 某有名洗車サイトをはじめかなりの高評価で有名なファインコートプロなるものとキズクリアRなるものを入手しました。
さっそくMY rubberぢゃないlover アブソ君に施工してみましたところ・・・
 ん?ん?ん?
 ホントにこんなのでよいの???(汗汗汗)

 第一印象の感想です。
 キズクリアR ・・・ 満足度 高め
 ファインコートプロ ・・・ 失望度 やや高め

 さてさて、本当にウワサ同様の効果があるのでしょうか??相変わらずの独断と偏見レポートですが、複数度施工する事により効果が上がるとの事で、とりあえず今回だけで断言は避けたいと思います。
 再施工にもう一度まとめてレポートしますね!

 そんなこんなで、スポンサー様からNEWアイテムをゲットしました。
 【超瞬速の電子イオンコーティング剤
「ベリオンSTD」
 次世代のコーティング剤で、抜群の撥水・光沢・防汚性が、瞬間的にできあがるとのこと。特に車では、洗車後の濡れたボディーに数箇所スプレーして水を掛けるだけでボディーもガラスも同時にコーティングするらしいです。
ベリオンSTD500【アライアンス倶楽部】
 少し試しに使ってみましたが、現在のところ期待値な予感・・・
 相変わらずの辛口レポートになるかもしれませんが、乞うご期待です!!
 調子に乗って、他社のスポンサー様の募集もいたします。

 「アクアクリスタル」を次の機会に入手&レポートして見るつもりでしたが、協力していただけるスポンサー様のほうが贔屓になりますよね^^;
 ま、忘れたわけじゃないので、一応リンクしておきます。
ガラス繊維ケイ素ポリマー アクアクリスタル【Rei Community】


人気ブログランキングに参加中
1日一回、↓の
クリックを一度お願いします(^^)
人気blogランキングへ 協力お願いします!!
協力感謝です(^▽^)

■ ファインコートプロ


ちまたで大人気・大好評のファインコートプロなるものに注目したいとおもいます。

某有名洗車サイトをはじめかなりの高評価で有名なファインコートプロとキズクリアRを入手しました。

さてさて、本当にウワサ同様の効果があるのでしょうか??後日、相変わらずの独断と偏見レポートをしたいと思います!!乞うご期待!



【次に注目は、TVショッピングで話題沸騰!!「アクアクリスタル」今までのWAX施工の常識を変える、画期的な自動車ボディ用ガラスコーティング剤とのこと!!次の機会に入手&レポートしてみたいっす!】


ガラス繊維ケイ素ポリマー アクアクリスタル【Rei Community】

ホイルをお手入れ!

テーマ:

 1 毎日洗車するわけにはいかないが、週一・雨上がりにはお手入れしたい。簡単・簡易洗車方法

 よくよく考えてみると、ここまで洗車に関すること一言も言ってね~ジャン・・・って自分に突っ込む最近の私。関西は空梅雨といいながらようやくまとまった雨が降りそうな気配・・・皆さんは雨が好きですか?私は青空駐車なので昔は雨が大嫌いでした!!今は?・・・前よりマシかなぁ(笑)
 さてさてその心は?
 雨は汚い物を全て流してくれる!そう信じてやまない今日この頃です。

【始まりはいつも雨】

 雨上がりは、絶好のチャンスと自分に言い聞かせています。リスクも伴いますが・・・え?なにがリスクって?そりゃ掃除した後に又雨が降ってくる可能性ですよ(汗)・・・かつて(と言うより2,3日前)一日に三度も雨に当たったことがあります。雨が上がりピーカンになったので洗車をしてきれいにした後、雨が又降り出す。この繰り返しが一日三度!何やってるんだか・・・(涙)

 チャンスと捕らえてるのは、ボディの汚れをある程度洗い流してくれると言う可能性、これはボディ状態にもよりますが、雨上がりに真水でジャーーーっと洗い流すと雨水の汚れも落ち、後はふき取るだけである程度すっきりきれいになります。モノの本によると「水道水はカルキが入ってるので洗車には適さない」などとかいていますが、だったらどうやって洗車するのだ!って一人で怒ってます(笑)
 え?洗車場の洗車機から出るのはお湯なのでカルキが飛んでるのでは?ですって?調べた事有りませんが、カルキは水を沸騰させて15分以上加熱しなければ飛ばないそうな・・・お湯にしたくらいでどっかに行ってくれるかわかりませんねぇ(笑)

 それでは具体的にはじめましょう。今回は
タイヤ&ホイール偏簡易洗車バージョンです。
多くの方や書籍では
高いほうから足元にかけて作業を行っていくようですが(セオリーですね・・・やっぱ・・・)、ここは天邪鬼の私足元を軽く先に洗い始めます
 タイヤとホイールついでにバンパーや側面の下側を水で流します。足回りは特にきれいにと心がけています。冬の悪路を走行した場合はタイヤをはずしてまで洗いたい気分です。塩化カルシウムを凍結防止剤?溶融剤?として撒かれている道路を走行した後は、必ずすぐに洗車することをお勧めします。車体の底も徹底的に!^^
 足回りのブレーキ部分が錆び出すと、キャリパー引きずりなどを起こし、オーバーホールをしなければなりません。私の車は、ホンダのオデッセイアブソルートですが、ホンダでは、昔は車検ごとに交換していたらしいんですが、技術の進歩かコストの削減か、今は交換項目に入ってないそうです。去年年末に旧オデッセイプレステージが、このキャリパーを引きずりを起こし、タイヤがロック状態になったまま走行し、危険な状態になりました。昔から雪山帰りは、足回りを良く洗ってきたのですが、7,8年もしたら交換時期なのかもしれませんね。
 そうそう、ホンダの車を購入予定の方で、お近くにお住み方は、良いディーラーの営業マンを紹介しますのでご連絡ください。(おっと回し者になってしまった!!)

タイヤ&ホイール洗い

 タイヤ&ホイールは汚れが激しいですが、今回は簡易洗車なので、本格的な洗車は後日に説明します。ホイールにWAXなどのコーティング系の処置をしている場合、ホイールの汚れは水洗いだけでも落とせるはずなので、水をかけながらスポンジで軽く撫でながら流すと汚れが落ちます。タイヤも同様にブラシまたは固めのスポンジで擦って洗います。タイヤハウスの泥やチリの洗い流しもお忘れなく。結構汚れる部分なので、汚れがひどい時はシャンプーを使うべきかもしれません。
 タイヤ&ホイールのみの洗車で終わる場合、洗い流したあと吸湿性の高いウェスで残った水滴を拭取ります。
 そして、次回も楽に洗えるようにWAXなどのコーティング系の処置をホイールにしておけば良いでしょう。これをするかしないかで毎回の作業の手間が大きく変わります。タイヤのひび割れや黒光りを求めている方はノータッチなどのスプレーをしてください。コーナンなどに2本で500円で売ってると思います。
 ここからボディの洗車に移る場合は、コーティングせずに次の作業に入ります。・・・これはまた次回(おぃ)

 さて今回使った道具ですが、スポンジは・・・ちょっといいにくいですがホテルなんかにある体を洗うスポンジです。そうそう真空パックされてるあれです。え?何処のホテルだって?そんなのきかねぇでケロ(ポッ)・・・このスポンジ意外や意外!ホイールのような細かなところのブレーキパットの粉などもかき出してくれます。
 ブラシは、お好みで・・・何処でも売ってるでしょ?ボディを洗うわけではないのである程度硬い物でもいいかな?無ければ台所にあるスポンジのうらの硬いところで代用した事もありますが、ホイールに傷が付くかもしれませんのでご注意を!
 WAXなどのコーティング剤は後日改めて検証したいと思います。

結論 「雨上がりは決死隊」
人気blogランキングへ

洗車計画始動

テーマ:
 約7年乗り続けたオデッセイプレステージから、新たにオデッセイアブソルートにバージョンアップ!!
 (バージョンアップのはず・・・V6 3000から 直4 2400なのでバージョンダウンか!?汗)
RA5


 先代オデッセイのシルバー車体色から、ズボラな当家一家が何を気が狂ったのか、濃紺色を選んでしまったのです。

 当然、一日放置してるだけで、目立つは目立つ!チリや誇りいや違ったホコリが・・・

 ズボラなくせに名探偵モンク並みに、神経質なオーナーは、日々洗車という作業が日課に加わりました。

 
と、こ、ろ、が!
 この色の車!洗車だけでも洗車時のスクラッチ傷や、ちょっとした飛び石、はては野良猫の日向ぼっこ傷に至るまで、先代の車では気にならなかった、様々な汚れや傷にも悩まされる始末!

 そこで、独自にネットや雑誌で洗車方法や、洗車グッズ(洗剤やワックス)を調べた上で、果たして本当に納得のいくような結果とマッチするのか!?実車によるマニアック実験を行って行きたいと思います。
 (自分の車を実験台にする恐怖・・・今からハラハラドキドキ・・・)

 内容はズボラでヘタレな私がするのですから、ダメ出し、口だけ、さまざまなお見苦しい点が多々あると思いますが、なにとぞご了承のほどを^^;
 さらにはマニアックといいつつただの洗車ボヤキになってしまう気が今からしますが・・・それは想定内ということで(汗)

 
と能書きをたれている割にはこの車・・・実は私のではないのかもしれない・・・なぜか主に使ってるのは妹のような気がしてきた・・・


人気blogランキングへ