2011-06-02 15:24:59

天然成分100%ヘナ&ハーブカラ―

テーマ:ブログ

ヘナはインドに生息するミソハギ科の植物


アーユルヴェーダでは、皮膚疾患、外傷、火傷の薬として使用され


あの、クレオパトラも髪や爪、皮膚もヘナで装飾していたそうです。


トリックのブログ

これを乾燥させ粉にします。
トリックのブログ

ヘナカラーは、ヘナに含まれるローソンと言うオレンジ色の色素が髪や皮膚のタンパク質と反応し


空気中の酸素と酸化して発色する単純な仕組み。



しかし美容室には天然ハーブ100%のヘナカラ―ケミカルヘナカラーの2種類あるのをご存知


ですか?



美容室の90%はケミカルヘナカラー


ケミカルヘナカラーは、天然ヘナにジアミン(黒く発色する科学物質)が混ぜられているヘナカラーです。


その特徴は、短時間でブラウンがしっかり染まるお手軽ヘナカラーです。


また、ジアミンはアレルギーを引き起こす可能性があるので要注意です。



天然ハーブ100%のヘナカラー


天然ヘナのみではオレンジ色にしか染まらず、それにインディゴ(ブルーに発色)など13種類のハーブを混ぜて


ブラウンを発色させます。


その特徴は時間がかかります。塗布して30分加温し、30分以上放置します。置けばおくほど良い結果が出ます


す。また酸化にも時間がかかるので、求める色が出るまでに三日かかります。美容室を出る時はまだ未完成


な状態です。色もグリーンから日に日にブラウンに変化していきます。


ケミカルヘナカラーとの違いは、ハリ、コシ、艶、が断然違うこと。やればやるほど髪が元気になって行きま


す。頭皮も青白くなり、健康を取り戻します。


白髪とボリュームが気になる方にオススメです。


但し、どちらのカラーも植物アレルギーを起こす可能性はあります。



詳しくは グリーンノート  http://www.henna.co.jp/


当店は両方あります。いろんなニーズに合わせて使い分けています。  


ショ-ト       6825円


ミディアム     7350円


ロング        7875円






トリックのブログ




AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

トリックさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

1 ■そうなんだぁ♪

ヘナって良く聞く名前だけど、どんなもんかがよくわかりました。詳しい説明ありがとうございます。私は肌が弱いので考えていつか試したいです。また宜しくです(^^)v

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。