姿勢を正す

テーマ:

普段悪い姿勢をしていると骨盤がゆがんでしまいます。骨盤矯正 によって骨盤のゆがみを矯正することが可能ですが、骨盤のゆがみを生じさせる原因である悪い姿勢は治すことがムズカシイです。もちろん骨盤矯正によって一時的に良い姿勢を得ることはできますが、根本的な解決のためには悪い姿勢を正さないといけません。普段の生活から正しい姿勢を心がけましょう。それだけでも少しは骨盤の歪みが解消されます。

AD

ウエストスリマー

テーマ:

ウエストスリマー は骨盤まわりの筋肉を温めることができる腹巻きタイプの矯正下着です。

矯正下着というと、きつ過ぎて血行が悪くなってしまうものが多いのですが、ウエストスリマーは適度な締め付けなので、骨盤を矯正しつつ温めることができます。

ウエストスリマーは非常に薄いので、普段着る服や、仕事用のスーツの下などに着用していても不自然な感じにはなりません。また、むれる心配もなく、下着タイプなのでいつも着用しても大丈夫です。

AD
お医者さんの円座クッション は非常に柔らかい低反発のクッションです。

「円座」とあるように円形をしていて、座るとお尻がすっぽりとはまり、痔の緩和などに効果的です。

また、普通に座っているとどうしてもお尻の筋肉が凝り固まったり下半身の血行が悪くなりがちですが、お医者さんの円座クッションは絶妙な堅さであるため、むくみやしびれなどの改善も期待できます。

骨盤矯正という観点からすると、そこまで矯正力は強いものではありませんが、骨盤周りの筋肉を凝り固まらせず血行を良くしておくので、骨盤がゆがむことへの予防にはなります。

痔や下半身のむくみ・しびれに悩む方にはオススメです。
AD
ベルト付骨盤美腹ウォーカー は骨盤を矯正するベルトと、骨盤まわりの筋肉を温める腹巻きが一体となった矯正ベルトです。

骨盤がゆがむ原因の一つは、骨盤まわりの筋肉が凝り固まって、骨盤を正常な位置に保っておくことができなくなることにあります。ベルト付骨盤美腹ウォーカーに付いている腹巻きは、腹部や骨盤を温めて血行を良くすることで、この筋肉の凝りをほぐしてくれます。

骨盤矯正をするにしても、血行が悪く筋肉が凝り固まったまま矯正していては、中々効果が表れにくいものです。ベルト付骨盤美腹ウォーカーのように腹部・骨盤を温める腹巻きと、矯正ベルトが一体になっていれば、矯正効果が出やすいと思います。

姿勢ウォーカーTシャツ

テーマ:
姿勢ウォーカーTシャツ は着るだけで上半身のシェイプアップができるTシャツです。

Tシャツの中にはパワーネットが編み込まれており、これが二の腕、背中、胸、腹部などをバランスよく締め付けるので、姿勢改善やバストアップ、腹部のシェイプアップが期待できます。

色も黒やベージュといったシックなものなので、普通のTシャツとして着用していても不自然に思われることは全くありません。


着ているだけで細く美しいプロポーションになれて、上半身をシェイプアップできるので非常に重宝します。

骨盤のゆがみによる害

テーマ:

骨盤のゆがみによる害 には様々なものがあります。骨盤は骨格を支える土台であるため、骨盤がゆがむことでO脚、腰痛、肩こりなど全身の不調が生じます。

また、骨盤が開くことで内臓が下に下がり消化機能も低下します。消化機能が落ちると代謝も悪くなるので、全身の老廃物や毒素を体外に出しにくくなり体の中に溜め込んでしまいます。

また、骨盤が開くことで、お尻が大きなってそこに脂肪が付いたり、足が外に開くので足の外側ばかりに筋肉が付いてしまったりします。必然的に下半身の血行が悪くなるので、むくみやしびれといった症状も生じてきます。

このように骨盤の体に多くの害を与えるものなので、できるだけ早く骨盤矯正を始めることをおススメします。

猫背

テーマ:
骨盤矯正ダイエット は猫背改善も期待できます。

骨盤ダイエットでは体の内部の赤筋などのインナーマッスルを鍛えることができます。このインナーマッスルは姿勢などを保つための筋肉で通常の筋トレなどでは鍛えることが難しい筋肉です。現代人は普段から姿勢が悪い人が多く、その結果この筋肉が衰えてしまっていることが非常に多いです。この筋肉が衰えてしまうと姿勢を保つことができず、背骨や骨盤が負担を減らそうとしてゆがんでしまいます。

骨盤ダイエットでは内部筋肉を鍛えることができるので、猫背などの悪い姿勢も自然と改善されます。

骨盤ウォーカーベルト

テーマ:
骨盤ウォーカーベルト は骨盤のゆがみを矯正するために作られた矯正ベルトです。

骨盤ウォーカーベルトのよいところは、仙骨パッドと2本のベルトにより骨盤の前後・左右・開きという全ての種類のゆがみに対応しているというところです。

骨盤のゆがみ方というのは、骨格の個体差やどのような生活習慣を送っているかなどで人それぞれですが、骨盤ウォーカーベルトはどのようなゆがみであっても矯正することができる優れものです。

また、骨盤ウォーカーベルトには専用のエクササイズが付いていて、着用しながら行うことで、普段の生活では衰えがちな骨盤周りの筋肉を鍛えることができます。
骨盤矯正クッション は骨盤を矯正する上で人気の高いグッズですが、骨盤矯正クッションの利点は座っているだけで骨盤矯正ができてしまうという点です。

通常人間は、立っているときは骨盤が閉じています、座ると骨盤が開きます。再び立ち上がると、本来なら骨盤が自然と閉じるのですが、長時間座っていたり、堅い床や椅子に座っていたりすると、お尻の筋肉が凝り固まって骨盤を閉じることができなくなってしまいます。

一度や二度骨盤が閉じないことがあっても大丈夫なのですが、これが日常化してしまうと骨盤まわりの筋肉が衰えてしまい、何もせずに立っているときも骨盤が開いたままになってしまいます。こうなると下半身が体重を支えようとしてゆがんでしまいます。

しかし、骨盤矯正クッションの多くは、座ったときに骨盤が閉じるように設計され、傾斜が付いていたりするので、骨盤が開いたまま凝り固まってしまうという心配がありません。

長時間座って作業することが多いという方は、是非骨盤のゆがみ予防のためにもこつばんきょうせいクッションを使用してみるとよいと思います。

骨盤のゆがみチェック

テーマ:
骨盤のゆがみチェック の方法を紹介します。

まずは簡単な目視チェックですが、鏡で腰回りを見て左右対称かチェックします。左右対称でなかったらゆがんでいる可能性があります。

次に目を閉じてその場で足踏みをしてみます。床の元の位置に印を付けておき、何度やってみてもそこから左右どちらか一方にずれて行ってしまうということがあれば、骨盤がゆがんでいる可能性があります。

次に座って足を組んでみます。どちらか一方は組やすいのに、もう片方は組みにくいということがあれば、骨盤がゆがんでいる可能性があります。

どれも簡単なチェック法ですが、正確なゆがみの情報を知りたい方は整体などに行くことをお勧めします。