鶴峠の思い出

今日のセッションは、いつものコースとは違い鶴峠往復でした。

と言っても、ぼくは昨日の稲城グリーン駅伝で疲れてしまったので、お休みしていたのです。
昨日も、実際に走った訳ではなく、諸々の雑用をこなしていただけなのですが・・(^_^;)
市長が「WE ARE BACK!!」Tシャツを着て、突然現れたのには、ちょっと戸惑いました。
たぶん、自宅から歩いて来られたのだと思います。コース下見ウオーキングも一緒にしてくださり、お休みのところありがとうございました。

さて、今日は参加できなかったその鶴峠、個人的には、10年以上前になりますが、あまり良くない思い出があります。
当時はまだ練馬区に住んでいたのですが、多摩の友人宅まで車で行き、そこから往復150Kのロングライドにでかけました。

とても暑い日でした。やっとの事で峠を登りきり、さあ戻ろうと下り始めて、しばらくたった時・・ちょっとボーッとしていたのだと思います。
右急カーブで、いきなり目の前に山側の壁が迫ってきました。
ブレーキも間に合わず、横滑りしながら壁に激突した上で側溝にバイクがはまり、地球が回転しました。

一瞬何が起きたのか解らなかったのですが、とりあえず意識はありました。
側溝にはまったおかげで、幸いにも頭は強打しなかったようです。
しかし、肩で回転したため、かなりの傷ができ、救急車のお世話にはなりませんでしたが、友人の奥さんに途中まで車で迎えに来てもらって、多摩の病院に直行でした。
安心したのか、治療中に一瞬意識を失って、ちょっとビックリ。
そして、その後も化膿止めのため、しばらく病院通いでした。(T_T)

やはり下りは細心の注意を払わないといけませんね。
山側じゃなくて谷側だったらと思うと、今でもぞっとします。

これから、暑い季節になります。気をつけましょう。

AD