OR → MI → IL アメリカ徒然日記

教育のこと、仕事のこと、日々の楽しみ、驚き、ちょっとしたイライラなど、いろいろ綴っていきます。

Mach Pichu

1999年から2009年までオレゴン州にて生活。元は留学生および学校内のバイトで留学生オフィス勤務・英語学校事務勤務などを経て拠点をミシガン州に移して仕事。その後6年半ミシガンで仕事をした後風の街シカゴへ。タイトルの通りの日々の出来事をつれづれなるままに綴っています。



テーマ:
在米期間が18年になろうとも、英語教授の業界ですでに10年以上仕事をしていていようとも、やはり日本人。
LとRの発音は苦手。
昔、オレゴン州で非常勤をやっていた時代、日本人だから、ノンネイティブだから、と嫌味を言われたり、ハナから雇ってもらえなかったり、雇ってもらえても一人だけいつまでも一番下っ端という不遇時代があったので、プロとして文句を言わせないために発音矯正クリニックにも行ったし、発音矯正のクラスもとった。
 
教える際には気を引き締めるし、下準備をして、一時期は教える際のスピーチまで書いて準備していたので、LとRの間違いはできるだけ起きないようにしていた。
 
けどね、LとRの間違いはスペリングを知らないと防げないのよ。
 
だから授業やプレゼンなどの下準備=スペリングをちゃんと見て準備していればオッケーなものが、会話などで耳だけで聞いて覚えた単語はそれ自体を覚えても、L&Rを適当に覚えている場合が多くてね。
 
頭の中でLだろうがRだろうが日本のラリルレロに変換されているらしくてね。
 
実際会話でその単語を使おうとしたら、うまく出てこなかったり、LなのにRで発音したり、その逆だったり。
 
ついこの間はミズーリ州にあるロラという場所について話していたんだけど、
 
何度言っても通じなくてね。ミズーリ出身者に「そんな土地知らない」と言われてしまったのですよ。
 
それもそのはず、ワタクシ、Lora Lora と連呼してまして(正しくはRolla)、LとRが逆だったために通じなかったんですね。
 
その他LとRで困るといえば、スペリングを知っていても言いづらい、LとRがふんだんに入った単語やらLとRが隣同士にある単語。
 
例えばパール(pearl)・アース(earth)とかねワールド(world)とか。言いづらいったらありゃしない。
 
そして今日、またもや自分にとっての難関単語を発見しました。
 
それは…Rとその上にやはり日本人が苦手とするVが入った単語です。そしてもっと困ったことに、職場の名前でもあります。
 
R二つにV一つ入っているので言いづらいったらありゃしない。
 
なぜ今更気がついたかって?
 
実は今日はローカルの学会に参加していて、自己紹介しなければならない時があったのです。その時になぜか緊張してしまい、自分の職場名のR二つとV一つでつまづき、それでもっと緊張し、情けない英語で自己紹介をする羽目になったのですよ。
 
恐るべし英語発音。LとRとそして新たにV。FとVの下唇噛む発音は克服したと思ってたんだけどね…
 
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
日本のビデオゲームおたくの知り合いからメッセージが来た。
 
どうやら新しく買った日本のゲームに出てくるキャラと私のよく着る服装に似ているそうだ。
 
そのメッセージにはこうあった。
 
「このゲーム80年代のファッションでtressolesの好きそうな服の女性キャラがいっぱい」
 
それは…失礼じゃないか???私の服装が30年前のスタイルですと?!
 
で、その後写真が送られてきました。
 
 
…これのどこが私のスタイルなんでしょうか?
 
スカートは頻繁には履きませんし、昔から首が短い&締め付けられる感が嫌いで襟つきのシャツは着ません。時にはヘッドバンドするけどいつもじゃないし。
 
全然私のスタイルじゃないし(笑)
 
共通点は単なる(架空&実際の)日本人ってとこだけじゃない?
 
いい加減だな〜。
 
実際の私のスタイルはボーイフレンドスタイルというストンとしたジーンズにTシャツ&カジュアルローファーとかなんだけどね。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日Facebookで見つけたもの。(Marieさん、ありがとう!)
 
レイトショーホストのジェームズコーデンとクイーンとQueenのフロントシンガーのアダムランバートのコントコラボ。歌が始まるのは2分40秒辺りからです。
実はアダムランバートがQueenと一緒に活動していたとは知らなかったワタクシ…
 
今回のQueen&アダムランバートのレイトショー出演はどうやら全米ツアーのプロモの一環らしい。
 
シカゴでも7月18日にライブが行われます。木曜日の夜8時@ユナイテッドセンターだそうで、チケットはそんなに高くないけど、会場のユナイテッドセンターというのが家に近くない、駐車場は困難だろうと思われる、でも地下鉄ブルーラインは女性は夜は避けたほうがいい、と言われている…
 
というわけで、ちょっと惹かれつつ、我慢しようかな、どうしようかな、と悩みつ中な案件。
 
このビデオに触発されて、今晩はQueenのビデオを鑑賞&Queenの歌を聴いていたらなぜかabbaが聴きたくなって、Mamma Mia! とかDancing QueenとかWinner takes it allを聴いています。
 
abbaといえば2年くらい前に見たMamma Mia! のオフブロードウェイミュージカルが素晴らしかったなあ。映画でも見たけど、やはりミュージカルの迫力の方がすごかった。去年Mamma Mia! ツアーがシカゴに来ていたけど、また近いうちに来ないかな?
 
ちなみに今年はU2も全米ライブが決定しています。U2ライブinシカゴは2日間あり、6月4日の日曜日のチケットを買いました。こちらの会場はソルジャーフィールドです。U2は2011年の全米スタジアムツアーinミシガン州立大学以来。楽しみだな〜。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は仕事場で知り合った友人の家でたこ焼きディナー。
 
友人は北海道の函館の中学校で7年英語を教え、3年前ほどにアメリカへ戻り、現在は留学生課で働いています。
 
まずはアーリントンハイツ市にあるミツワスーパーマーケットで材料を購入。
 
たこ焼きの粉、タコ、天かす、ネギ、紅生姜、そしてそれぞれ欲しいものを買って彼女の家へ。
たこ焼き機は彼女が日本から持って帰ってきたのがあったので、それを使います。
 
二人で苦戦しながらのたこ焼き調理。日本人とはいえたこ焼きは外で買うのが習慣な関東出身。作り方もたこ焼き屋が作っていたのを思い出しながら、友人は日本で友人に教えて貰った作り方を思い出しながらです。
 
たこ焼きをひっくり返す友人。
たこ焼きと一緒に浮かれて自撮り。
第二ラウンドで満足できる形になりました。
たこ焼きをたらふく食べて、ハッピーな気分な二人は1ヶ月から1ヶ月半に一度は一緒に日本食を食べよう!と約束して、私は帰宅。
 
それにしてもたこ焼きって簡単にできるものなんですね。私もたこ焼き機買おうっと。
 
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
ある日の朝、仕事前にシャワーを浴びて出たら、猫ズがバスルームでお待ちかね。
 
コバンは床で、キーガンはこんなところでお待ちかね。
あら、かわいい。
 
さてちょっと前の話ですが、FBで見つけたレシピを使って久しぶりに新たな料理に挑戦。
 
 
クックパッドで見つけたタモさん風の生姜焼きとか。
 
どちらも簡単にできて見た目はともかく美味しくできるレシピです。
 
このほかには毎晩&毎週末最近ハマっているシカゴファイアーというテレビドラマを見る毎日。
 
さて、1月20日あの方が大統領になりましたね。
 
あの方が大統領になってから後2か月。私は彼のスキャンダルや政策のニュースを自らは探したり見たりしないようにしています。
 
自分が住んでいる国についての一大事なのに無責任と思われるかもしれませんが、ニュースには落ち込む事&イライラする事しか書いてありません。
 
イスラム教移民の禁止やらトランプ政権になった途端に増加したイスラム教徒に対する嫌がらせ。メキシコ系移民への侮蔑に嫌がらせ。これらは生徒として沢山のイスラム教徒やラテン系移民たちを教えた事のある私にとっては心が折れるニュースだらけです。
 
なので昔の生徒達、現在の生徒達、そしてこれからプログラムに来て欲しい人達…考えるだけで頭を抱えてしまいたくなり、心が重たくなるのです。
 
そして自らが移民である私の立場もこの4年間でどうなることやら。日本人は大丈夫でしょ?と同僚から、ボスから、友人から言われますが、あの方はどう見ても有色人種がお嫌いな模様。その上外国人がアメリカ人の仕事を奪うのは許せん!アメリカの雇用はアメリカ人に!とを色々選挙キャンペーン中言ってましたから、アメリカ人主流のフィールドで仕事をしている私はいつの日か赤紙が来るのかしら、とやはり気分がどんよりとしてしまうのです。
 
それにしてもこの暗いニュースから解放されるのは4年後なのでしょうか?とてもしんどい4年になりそうですね。
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

新学期が始まりました。

 

何度やってもしんどいこの新学期。今学期の第1週目である今週もやはりしんどい毎日でした。

 

というのも前の学期は元職場で仕事を始めたばかりで、最初の1−2週間は前任者が仕切ってくれていたのです。

 

私は前任者がお膳立てをしてくれた新学期のプランに乗っただけ。

 

だから新学期初めのプランニングやら何やら全て自分でやるのは今学期が初めてなんですね。

 

新学期の準備には学生オリエンテーションの準備、プレースメントテストの準備、教員へのオリエンテーション及び会議の準備、学生バイトたちのオリエンテーションの準備、教員&学生バイトのスケジュール作り&調整、プレースメントテスト採点&教員たちの採点結果まとめ、生徒のレベルの決定、等々あります。

 

準備は一応前からやっていたのですが、実際に何人学生が来たのかがわかったのは先週金曜日の午後2時半。そこから前もって準備していたハンドブックやら何やらの印刷、テストの準備、などが始まりました。

 

金曜日の午後だけでは終わるわけがないので、先週は土曜日も出勤です。午前中で終わるかと思いきや、実際には午前8時半から午後4時半まで、しっかり8時間ストレートで仕事をする羽目に。

 

勤務先は大学ですから、オフィスにいるみんなも第1週目はかなりきつかった模様。

 

時に怖い顔していたり、テンパって笑い出したり、途中で頭がぼーっとしてたり。

 

とにかく今週を乗り切れば楽になるはず!と何度お互いに言い合ったことか。

 

私といえばオリエンテーション何やらの他に今学期の予算を立てて、ユニットの貧乏さに落ち込んだり…

 

一応黒字とはいえ、こんなに収益のないユニットで私仕事続けられるのかしら?と近い将来が心配になる程スズメの涙ほどの収益。

 

それを聞いたベテランスタッフさんは、「あなたのユニットには大きな収益を求められていないのよ。クオリティーを保って生徒のためになることを大学側やあなたの上司は求めているはずよ。」と言ってはくれたけれど、一体いつ上の上が気を変えるかわからないしね。

 

学生が来ない=収益が少ないのにも色々理由があって、学生のビザが期間内に下りなかったり、アメリカ大統領及びこれからの4年間のアメリカが危ないと未来の学生たちがアメリカを避けたり、ドルが高かったり、職場が全く有名校でなかったどころかランキングからは程遠い元2年制大学だった、と色々な理由が絡み合っていて。4年制及び留学生を受け入れてまだ3年目な大学なので、私の力ではなんともならないことばかりだしね。

 

そうは頭で思っても実際の数字を見て落ち込んだ1週間の終わりでした。

 

来週は少し楽になるかな?

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

私が日本へ帰っている間猫ズは2匹だけでお留守番。

 

シカゴに来てから初めての長期留守番で、一番の心配は信頼できる猫シッターを探すこと。

 

2匹いるとペットホテルの値段は馬鹿になりません。

 

そしてホテルに2週間も預けられると猫たちのストレスもかなり溜まります。

 

ペットホテルとはいえ結局はケージです。

 

特にキーガンは元はレスキュー猫。ケージの中で私が知る限り数ヶ月過ごした猫で、その時のトラウマか、キャリアーに入れられるのをとても嫌がります。

 

ミシガンからの引越しの際はキーガンをキャリアーに入れるのに1時間以上かかり、私の手足が血だらけになる、という惨状が起こりました。結局私自身では入れることができず、応援を頼んだわけですが、他人だと大人しく抱かれてキャリアーに入れられるんですよね。私は親だから反抗しても反撃しても大丈夫だということでしょうか?甘えるにしてももっと可愛い甘え方をしてもらいたいものです。

 

猫のストレスを少しでも減らし、キーガンから反撃で血だらけになることを避けるためには家にいる猫のシッターが必要になるわけですが、ここはシカゴ。

 

我がアパートに入るということは私が何を所有しているかがわかってしまうということ。

 

テレビとかコンピューターとかその他の物。

 

私がいない間に物を盗んだりされては困る。

 

合鍵のコピーを作られても困る。

 

そんなに神経質にならなくても…と思わないでもないけど、ここは大都会。気をつけるに越したことはないかな、と。(そういう話はシカゴではよくあるのだと色々聞いたため。地域により、だと思うのですが。)

 

なので今回は知り合いの息子さんP君を猫番君として雇いました。

 

この知り合いは私が前の職場で出会った先生。転職するときに声をかけて現職場でも非常勤として働いてもらっています。

 

猫番君の父親である先生の奥さんとも以前何度か会ったこともあり、この二人の息子さんなら鍵を預けてアパートに入ってもらっても心配はないだろう、と思ったのです。もちろんバイト代は弾みます。

 

猫番P君はこのバイトを快く引き受けてくれました。そしてP君のお父さんは私への責任感があったのでしょうか。猫番P君が猫の世話をする際には毎回P君と一緒に私のアパートへ来てくれ、時々写真を送ってくれました。

 

送られてきた写真はキーガンのものばかり。と言うのもコバンは私以外の人間が家に入るとどこかへ逃げ込むのです。特に男性。女性のゲストだと少したら出てきて媚を売りだすんですけどね。猫とはいえ♂だから?

 

こちらは今年15歳のコバン。帰ってきてから彼への奉仕の毎日です。

 

今年9歳のキーガンもお腹を見せて寂しかったアピール。

 

寂しい思いをさせてごめんにゃー。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今年の元旦は小田原城近くの海岸へ日の出写真を撮りに行きました。

 

朝5時前に実家を出て日の出の30分前には到着。

 

海岸では焚き火がいくつか焚いてありました。

日の出とともに写真撮影開始。それとともに海岸では太鼓の音が。寒中水泳のグループを鼓舞する太鼓です。

 

こちら2017年の初日の出。

 

太鼓に鼓舞されて泳ぐ寒中スイマー達。そこまで寒い日ではなかったけど、泳ぐのに海水は十分冷たいはず。

 

こちらは寒中スイマー達を初日の出のついでに見物する人々。

 

この後実家へ戻り一眠り。そしてお雑煮を食べて、午後は家族と東京西早稲田エリアにある穴八幡宮へ。

 

ここは母曰く、お金に困らないご利益があるそうで(ウィキペディアを見ると商売繁盛&開運とあるけれど)、我が家は毎年ここへ行く。

 

そして毎年この神社の帰りに寄るのがこちら。

老舗のたい焼き屋さん。

 

注文してから出来上がるまで時間がかかるので、神社を出るまでに電話で予約をしてから帰り際にピックアップしました。

 

2017年元旦のアクティビティーはこれにて終了。

 

そしてこの日の夜に見た夢はなんとシカゴ在住のドミニカ人友人が死ぬ夢!

 

ショックで目覚めてネットで夢占いを調べたら…人が死ぬ夢は結構いい夢だそうで。

 

今年は何かいいことがあるのかな〜。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

1月3日。それは2017年の仕事始めの日…だけど私は有休。この日はまだ日本にいて、

2週間ほどの日本一時帰国を終えシカゴへ戻る日。

 

我が家から成田空港まではバスと電車を使うと2時間半から3時間近く、家族に車で送ってもらうと早ければ1時間半、渋滞していれば3時間くらい。

 

日本へ戻るときには迎えはなしで、自分で実家まで戻ることも多いけれども、アメリカへ発つ際には家族みんなで送ってくれる。というわけで今年も両親と弟が成田へ見送りに来てくれました。(義妹は彼女の実家へ帰っています。うちの弟夫婦のお正月は毎年各自の実家へ帰ることになっているそうです)。

 

午後5時半の飛行機なので2時間前、3時半に成田到着。そこから逆算して午後12時半に家を出ます。

 

渋滞もなく早く着いたので成田空港近くの公園で飛行機の離陸を見ます。父はここで飛行機撮影をしましたが、私のカメラはすでにパッキングしてあったので今回は断念。次回帰国時には是非飛行機撮影をここでしたいものです。

 

 

そして成田で家族に次の冬まで別れを告げて、ポートランド行きの飛行機に乗ります。

 

今回は帰りは2度の乗り継ぎ@ポートランド&ミネソタ。

 

まずは9時間飛んでオレゴン州ポートランド。ここで入国審査と税関審査を終えます。

 

ポートランドで入国するとアメリカ市民と永住権保持者のラインが一緒なので早くていいですねー。空港によっては永住権保持者は旅行者と一緒のラインなので長蛇の列なのです。

 

ポートランドで数時間待ち時間があったなら友人に空港まで来てもらってセキュリティーの外へ出て一緒にコーヒーでも飲みたいところだけれど、入国審査を終えてゲートへ行くと残りはわずか。

 

このわずかな時間ではミネソタへの機内で食べるための昼食をゲットするだけで精一杯。

 

あとはポートランドへ降り立った証拠として、ポートランダーがやる、カーペットの写真を撮ってミネソタ行きの飛行機に乗ります。

 

こちらはポートランドローカルなバーガービルのハンバーガー。これをランチとしてミネソタ着陸前に食べます。

 

飛行機は予定どおりミネソタに着陸し、今回の旅はスムーズ、後一つ飛行機に乗れば愛しの猫ズの末シカゴへ到着💞と思っていましたが、やはりありました、飛行機のトラブル。

 

シカゴ行きの飛行機に乗り、飛行機がプッシュバックまでされたところでパイロットからのアナウンス。

 

何かトラブルがあるらしくエンジニアに見てもらわないといけないのでゲートまで戻るとのこと。

 

せっかくプッシュバックされた飛行機はしばらくしてゲートに戻り、私たちを乗せたままエンジンを切り数十分。

 

運悪くこの日のミネソタの夜の気温はマイナス15度。エンジンを切ったために暖房が無く、機内は徐々ん寒くなってくるではないですか。

 

30分後ぐらいにやっとアナウンスがあり、エンジンチェックにはまだまだ時間がかかるが外気温が低いため、一度乗客はゲートに戻るようにとの指示。

 

ここまでくるともう飛ばなくていいからホテルくれ〜と弱音頭の中で弱音をはく私。日本から出てからすでに18時間近く経っていて眠たくてしょうがなかったのです。

 

結局違う飛行機が用意され、ミネソタを出たのが午後11時半近く。シカゴでピックアップをしてくれる友人に夜中の1時半過ぎに迎えに来てもらい、自分のベッドにたどり着いたのは午前3時ごろ。

 

成田から自分のベッドまで、約24時間。長かった…

 

こうして我が休暇は終了。またコンピューターとにらめっこの仕事の日々が始まります。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

私は2012年以降ほぼ毎年年末に里帰りすることにしてる。そしていつ日本を出るかは春学期の業務がいつから始まるかによって決まるため、時には1月1日に出たり、2日だったり、6日だったり、その年によって変わってしまう。

 

ここ3年間だと2015年は1月3日。去年2016年は1月6日。そして今年は1月3日。

 

そしてこの3年間箱根駅伝の青山学院総合優勝をTVで見ることができた。

 

箱根駅伝は子供の頃からずっと正月1月2日と3日にテレビでついているもので、好き嫌いかかわらず昔からそこにあったもの。この箱根駅伝の間はTVチャンネルを変えることは許されず、親戚一同の集まりでは大人がみんなTVに釘付けになった番組。

 

子供の頃はつまらん〜と駄々をこねたこの駅伝もいつの間にか自分の中での正月伝統になっている、この伝統の恐ろしさ…というのは大げさですが、我が実家でも誰も疑問に思うことなく正月2日と3日はこれをTVで見ます。

 

さて話は戻って青山学院の3年連続総合優勝。

 

青山学院は一般視聴者から見れば箱根駅伝では2015年に総合優勝するまで優勝候補では全くなかった学校(のはず)。それがいきなり総合優勝をして今年で3年連続総合優勝。

 

2015年、2016年にこの箱根駅伝を見ていた時は何も考えずに見ていたのだけれど、2016年に仕事が変わってから、少し見方が変わった。

 

選手ではなくて指導者に興味を持つようになった自分を発見。

 

注目を浴びない、そこまで強くなかった学校が強くなり、その強さを保つためには強くなる前と後でのマネージメントの違いがあるはずだ、と。

 

なのでウィキペディアとか、新聞のインタビューとかで青山学院の原監督について読んでみました。陸上競技を超えて他の競技との競合、過去の失敗、未来への課題を見据えた素晴らしい監督です。今の若者の文化&特徴を捉えた上でのマネージメント。こう言う上司を持てたらいいなあ、と読んでいて思わせます。

 

そんな原監督の記事はこちら。

http://bylines.news.yahoo.co.jp/egawashoko/20170108-00066388/

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。