久々のブログ書き込みです。先日『キングコング』プレミアムエディションの特典映像を観ました。監督はピーター・ジャクソン、出演はナオミ・ワッツ、ジャック・ブラック。一部のみの鑑賞になりますがそのレビューです。
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
キングコング プレミアム・エディション

特典DVDディスクの内容は監督によるイントロダクション、スカル・アイランドの自然史、1933年のニューヨーク。

3時間以上の特典映像が収録!



監督によるイントロダクション


ピーター・ジャクソン監督が公開33週前から最終編集作業や過去の撮影風景を紹介しています。ソファーに横たわっている監督。リラックスしすぎです。ベンチャー号のミニチュアも何機も製作され照明・船の汚れにも拘る技術スタッフ。電車の衝突シーンは実際に本物の車を衝突させて効果音を作ったりとハリウッドの凄さを感じました。他にも音楽・キングコングのCG、ミキサー作業について紹介があります。(約2時間30分)


スカル・アイランドの自然史


キングコンングの故郷。その髑髏島について実際に存在したとナレーションで語っています。恐竜・怪鳥・巨大ムカデ・・・・キングコングの真実。(20分)


1933年のニューヨーク


キングコングの時代背景は1933年のニューヨーク。大恐慌、エンパイアステートビル完成と当時の経済状況をキングコングスタッフの方が語っています。当時の娯楽・貿易・禁酒法・高層ビル建築ラッシュのフィルムも紹介され歴史の勉強になります。キンゴコングがリアルに当時を描いていた事が分かる内容ですね。(30分)

AD