サクラさくら

テーマ:

昔昔、おばあちゃんからいわれて、新しい国を治めることになった王子様がいました。

都会育ちの王子様は、田舎くさい自分の国が気に入りません。


しかし、そんな様子をみていた地元の領主さまは、

接待の席に自分の娘たちを連れてきました。


気をよくした王子様は、何とか国を治める決意をしたようです。



王子様取り入りたい領主は、チャンスとばかりに自分の娘を売り込みました。

いわゆる摂関政治の基本です。


領主様のところの二人のお姫様は、まったく似ていませんでした。

一人は、華のようなかんばせ。紅色の頬。儚くも美しい深窓の美少女。

もう一人は、岩のようにごつごつした輪郭。太い眉。肝っ玉の据わっていそうなおっかあ顔。


当然王子様は「二人もいらねー」っていうわけです。


しぶしぶ一人だけを嫁がせることにした領主でした。

しかし、領主は結婚式が終わった後、王子様にこう告げるのです。


「この娘を娶ったあなたの血統は、満開の花の如き栄華を手に入れるでしょう。

しかし、悠久の時の流れの中、華の如く散り、その短い栄華を繰り返すのです。

もし、あなたがもう一人の娘も娶っていたら、その娘があなたの血に不変の礎を

もたらし、二人の娘の力が一つとなり、永遠の栄華を手に入れられたでしょうに。」



それまで、王子様の一族は軽く1000年は生きる長命の種族でしたが、

それ以降、代を重ねるごとにその命は短くなり、現代ではたった100年も生きられない

一族となってしまったのでした。





ま、なんでこの話をしたかっていうと、この「華の姫」がコノハナサクヤビメといって、

天皇の一族に栄華と短命という運命をもたらした。という伝説があるんっすね。。

この場合の王子様が、皇祖神アマテラスの孫・ニニギさんです。残念でしたね。



このサクヤビメが、ニニギに栄華をもたらすといって、山の上から巻いた霞が

華になったといわれてます。これが、サクラ。サクヤ→サクラになった、っていうのが

サクラの語源の一つ。


短い栄華を咲き誇る。まさにサクラは人生そのものなのかもしれない。



なんで、こんな話をしたかっていうと。

ようは綺麗な桜が見たいな、ってこと。

AD

未来を創るひと?

テーマ:



先日、彼氏に会うため東京に行ってきました。




片道13000円は貧乏社会人にはつらいっすねガーン


そのとき、今話題(なのか?)の新国立美術館に行ってきました。



感想を一言で言うなら


これからの活躍に期待



美術館というより、多目的ホールのように感じました。

もっと惜しげなく美術品を展示して欲しい。もったいない。





そんな中、無料でやっていたのが「黒川紀章展」

これはなかなか見ごたえがありました。ラッキー音譜



曲線を基調とした、流体的な造詣をした建物を造る人だなあ・・・と。

建築のこととかまったくわからないけど、見ていて目の前が揺らぐ感じでした。ぐねぐね



実は、地元に程近い市の庁舎も彼の方の作品だったりして親近感も沸きましたし。

この人、都知事に立候補してんだよなぁ・・・。



別に推薦するわけじゃないけど、彼の作品を見ていると、歴史や伝統を尊重しているというより

近未来的、宇宙への進出をめざしているのか?と感じる。

それはきっと、子供のころ「ドラえもん」に影響されて思い描いた

「未来の世界」

の建物が、彼の建築物に近いものだったから。


丸い、ガラスバリの建物や、曲線で描くビルの乱立。

まさに、ドラえもんのすむ世界を彼は既に建てていた。


思えば新国立美術館もまさに宇宙ステーションのよう。


ドラえもんに続く未来は彼が作っていくのかもしれない。




有名な政治家には、文学者が多い。

弁の立つ人が多い。



建築に詳しい友人が行っていた。

「物事を3Dで捉える人が政治をしたら面白くなるかも」と。

うーーーん。まさにそんな時代がやってくるのか?


ただ、石原さんも十分破天荒なので、どっちにしろ都民のみなさんは

刺激的な未来が待っているかもなのですがね。



AD

天高く 馬肥ゆる秋

テーマ:

なんせ秘書業務が多いため、お礼状・挨拶状で時候の挨拶なんかを書くことがすんげぇ多い。(だるい)


で、最近のお気に入りの一節↑


馬肥ゆるって何だv




読書好きの方に送る手紙の文頭には、


灯火親しむの季節になりました


がおススメ。


いいよね、昔の人たちは「灯火」で読書していたんだよねv



最近本読んでないなぁ・・・読みたいなぁ・・・




で、読書かっていわれると微妙だけど、



岡田 崇花, 水垣 久
小倉百人一首―鉛筆で感じる古の心
大迫 閑歩, 伊藤 洋
えんぴつで奥の細道


みたいなさ。はやってるっぽいね。



やってみたいなぁ。



文字を書くのは好き。

美しい文章を書くのも好き。



うーん。ちょっとお値段高めですが買ってみますか?

AD

後の祭り

テーマ:

の「祭り」って日本三大祭りのひとつ、「祇園祭」のことを指してるんだって。

(しったかbyウィキペディア)



へぇ~~~~~~~







なんでこんなこと言い出したか、というと。

そう。ついに来週末は京都最大のイベント「祇園祭」開催・・・

に伴い、うちの会社は各地から取引先を招待し接待・・・



ありえねーーーーー(げんなり




絶対暑いし、疲れるし、12連勤だしーーーー




でも、歴史ある行事は嫌いじゃないので、とりあえず薀蓄を調べてみた。

以下、あたしの中で「50へぇ」を超えた「祇園祭豆知識」↓



・祇園祭って何で始まったの?

昔、疫病がはやったときにそれを払う意味で、鉾だとか山だとかもちだしたんだって。

今じゃ、鉾、山の一つ一つにいろんな意味があるらしいけど、もともとは「疫病祓」だったんだって。

ちなみに、祇園祭のことで京都市役所に連絡してもあんまり取り合ってくれません。

市では関与してないんだって。

聞くなら氏子。八坂神社に連絡してみましょう。



・チマキってなに?

初めて知ったチマキという存在。上司があわただしく受け取りにいってたけど、何?


「粽」と書き、鉾、山(つまり氏子)ごとに、いろんな種類の粽がある。

疫病払いはもちろん、家内安全、幸福将来・・・お守りみたいなもんか?


粽のはじまりは日本書紀に登場するスサノオの命に由来。

昔、旅の途中一晩の宿を求めたスサノオでしたが、ある集落で彼を快く受け入れてくれたのは貧民である蘇民将来だけ。

それに恩義を感じたスサノオは、彼の一族にだけ粽を渡し、窓際にかけておくようにいった。

後に、その集落では疫病がはやりだし、粽をかけていた蘇民の一族だけが生き残ったという・・・



・お稚児って何?

京都ではこの「お稚児役」が決まるとニュースになります。


でも、何がそんなにすごいの?


昔はこの「鉾」にはそれぞれ「稚児」が乗ってたそうな。

で、今現在、この鉾に本物の子供が乗るのは「長刀鉾」だけ(これは毎年山鉾の先頭を飾る)

この稚児には毎年、いわゆる「名家」のお坊ちゃまが選ばれる・・・


ちなみに今年はあの八つ橋で有名な「西尾」のお孫さんだそうな。



なんだか、旧約聖書にでてきたっぽいこの話。どこの宗教、世界でもこういう話はつきものなのですかね~~~



ともかく、このスサノオは八坂神社の祭神でもあり、実は疫病をつかさどる牛頭天王でもあるんだよね。

だから疫病を払う=牛頭天王を祭るという意味でも、祇園祭は八坂神社主催なわけなんですね~。



これで私もちょっとは京都通?

もし聞かれたら、得意げな顔で薀蓄をかたってやろう。



ちなみに、この日、妹は国際フォーラムにて西川さんのライブ。。。

チケット今日受け取ったよ・・・びくーりするほど後方の席だったから一安心・・・おっとと・・・

ともかく、あの場にいられることがうらやましすぎる・・・


祇園祭より西川祭に行きたかった・・・

今日の締め・・・(何か?


この間の日記で「大変勉強になった」といったけど、そんな「勉強」が結晶になったような場所にもいってきました。

来年 故宮博物館になる予定



来年・・・・そう、来年


今年は5分の一しかみれませんでした(爆)



あれ?でも故宮博物館って中国の北京にあるんじゃ?


台湾のほうが中身的には本物です!


蒋介石さんが本土から逃げてくる時にぱくってきたらしい・・・



北京の紫禁城のほうは中が空っぽらしぃ。

外観はまさに!って感じだけどね。


ちなみにこの「故宮博物館」は世界四大博物館の一つ。

メインは「翡翠で作った白菜(+イナゴ)」



・・・(゜д゜)・・・・




なんじゃそりゃぁぁ!



でもメイン・・・メイン・・・芸術ってわからないもんっすね。



さて、気を取り直して観光、観光


台湾の記念館とか、ちょっとかしこまった場所には兵隊さんが多い。


ちなみに台湾は徴兵は義務。

18歳になったらみんな軍で2年兵役をこなします。



で、、観光名物がこの

忠烈祠の衛兵交代式



衛兵さんは門をはさんで向かい合って立ってるんだけど・・・


みんなお人形みたい!ぴくり とも動かん!



ガイドさんによるとあんまり動かないから

くすぐったり・・・

ラブレターをポケットにしまう・・・



みたいなおちゃめさんたちも多数出没するらしい・・・


ラブレター・・・ときめく言葉です。



旅行にいって一番文化が見え隠れするのはやっぱ寺社だよね



台湾には上の行天宮みたいな派手~な門や宮が多い。色彩がちかちかする。



この行天宮は三国志でもおなじみの「関羽」を神様として祀っているトコ。(あのヒゲです)

関羽は、武将としても超強かったけど、頭もよかった・・・まさに文武両道。

そろばんを発明したのはこのひとなんだって!偉大じゃぁぁぁ!

ただのヒゲオヤジじゃないって思ってたよv


古い建物ばかりじゃない・・・

これは台北101!なんと


今 世界で一番高いビル!!



て!!(笑)


いやいや、台湾は今旧暦でお正月。春は「新春」ともいうように、お正月を祝う言葉ですからねん


もち、展望台にも上りましたよ~・・・まあ、夜景はね、上海の外灘や、お台場の方が・・・げふんげふん



百万ドルの夜景とは言わないにしろ、この101ビルがある「頂好」地区はまさに


台湾のお台場!!(海は無いけど)



ちなみに今台湾ではミスタードーナツが空前のブームを巻き起こしている・・・いや、ほんとに

この地区のミスドは長蛇の列!一人30個までしか買えない制度ができちゃったとか

(てか30個!そんな買うのか!!)



何はともあれ素敵な4日間でしたv

ありがとう!多謝!台北!



台湾旅行 その一 歴史編

テーマ:

台湾、台湾ってよくいうけど、今回はほとんど何も知らない台湾のことを勉強しにいったような旅でした!


なんでかっていうと、台湾の博物館ぽい施設に行くたびに、ほぼつきっきりで解説してくれる人がつくから・・・

台湾人、日本語ウマイヨーーー!!!


それもそのはず、台湾ってもと日本領ってしってた?(常識だったらゴメン)


太平洋戦争での敗戦をきっかけに中国のものになったはずだったんだけど・・・

そこに割り込んできたのが

蒋介石 そのひと。


毛沢東との戦いに敗れ、国民党は台湾に逃れてきたんですね~


台湾のトップは「総統」と呼ばれてるけど、日本領時代は「総督」


台湾の歴代総統(総督)をみると、日本人のほうが多いでやんの。


だから、台湾のおじいちゃん世代は日本語しゃべれてある種当然。ってわけね。


驚いたのが

台湾の建築の規模の大きさ



これ、ぜーんぶ台湾初代総督・蒋介石の記念堂。



広っ!でか!

右上はオペラ座と劇場。細川たかしがコンサートしたんだって(へーーー)


なんつーか、権力の象徴っすか?

これは全部台湾の民衆の寄付によって設立&維持されてるんだって

(この愛国心に感服・・・日本人には真似できないよね、きっと)



中国の天安門広場と張りあってんですかね・・・



なにはともあれ、台北市内には蒋介石と、中国の革命の祖・孫文をたたえる

建物が多い!

どこも広く、そしてでかい。

でもどこも無料。ただ。


公園を横切るのも一苦労って感じでしたよ・・・


でもそこらかしこに、「台湾のプライド」を感じた。

中国には負けないぞ、っていう。。。政府のプライドかな?


ちなみに台湾人は総じて親しみやすい人が多かったような気がする。

蒋介石によって反日教育を受けたっていってたけど、

デパートや往来から聞こえてくるBGMは日本の歌も多かった。

タッキー&翼とか流れてたよ・・・



万葉集入門 その2

テーマ:

いよいよ来週に卒論提出を控え、「かくことないよー」「かくことないよー」と

ほとんど引きこもりでPCに向かっております。。。げんなりだよ。ほんとに。



さて~今日はそんな卒論をやって、ぽつりと思ったこと。


巻一 16番


天皇、内大臣藤原朝臣に詔して、春山の万花の艶と秋山の千葉の彩とを競ひ憐れびしめたまふ時に、

額田王が歌をもちて判る歌


冬こもり 春さり来れば 鳴かずありし 鳥も来鳴きぬ 咲かずありし 花も咲けれど

山を茂み 入りても取らず 草深み 取りても見ず 

秋山の 木の葉を見ては 黄葉をば 取りてぞ偲ふ 青きをば 置きてぞ嘆く そこし恨めし 秋山我は


訳:暖かい春が来ると、鳴かないでいた鳥もやって来て囀る。閉じていた花も開く。しかし(鳥の鳴く)山は生い茂り、立ち入ることは出来ない。(花の咲く)草原も草深く、花を手にとってみることはできない。

秋の山は、紅葉した葉を手に取り、鑑賞する事が出来る。紅葉で青いものがあると、そっと置いて悲しむ。そんな葉があるのが残念なことだ。(さて判定ですが)ワタクシは(手にとって鑑賞出来る)秋が好きです。



万葉の女流歌人、恋する女、額田王は「秋」派だそうです。


これを読んだとき、「題詞」が美しい、しかし長いのにびつくりでした。

「万花の艶(におい)」と「千葉の彩(いろ)」だよ?

風流なにおいがぷんぷんする。

で、これをみて妙に


千葉県民


が羨ましくなった。

素敵な県名ぢゃないですか・・・(いや、多分、由来は違うんだよね?でも!)


てか、額田(敬称略)はほんとに偉大。


ここで、鳥と花が一緒に歌われてるよね?

これ、現代でいう


「花鳥風月」(風流なもの4つ)


の「花鳥」の部分が日本史史上初めて使用された歌なんだって。

つまり、日本人の風流を感じる視点の基礎を気づいたのは額田だと!


いやぁ・・・感銘を受けました。思わず記事を書いてしまうほどに。





で、これを読んで感銘を受けたところに


「SAYURI」の話題が。(渡辺謙さん結婚おめでとう)


この「SAYURI」はどうやら映像美が評判らしく、謙さんの結婚の話題と相まって今週末公開のSAYURIの映像も結構流れてたんですが、


めちゃ綺麗


「ラストサムライ」が日本人(サムライ)の心を表したなら

「SAYURI]は日本の芸術、風雅を表してるんだろーナー・・・と。


ちょっと見てみようかな。と思った。


はあ、じゃ、卒論の続きでもしようかな・・・

名は体を現す?

テーマ:

時々、友達とか(てか、主にえりてぃ)と話してしまうのが、


将来の子供の名前



全く、実の無いお話です(゜ω゜)



最近変な名前多いよね。

海とかいて「まりん」ちゃん、だとか、月とかいて「るな」ちゃんだとか。


よまねーっつの!!


あと笑ったのが海月とかいて「みづき」ちゃん

あー海がすきなんだろーナー、とか、海に浮かぶ月かぁ・・・

とか、ロマンティックだなーとか・・・


思えない



だって、海月とかいて



くらげ


ぷっ(全国の「海月」さんごめんなさい)



ともかく、自分の子にはちゃんと意味ある、綺麗な名前をかんがえてあげたい。


という思いの元、昭和・明治の文豪の特集してるHPをいろいろみてみた。

そのころの文豪たちは大体がペンネーム。

あの夏目漱石の本名は金之助。(ぷっ)




結構かっこいいなまえが多いかと思ってたんだけど、

ある方のページで私は度肝をぬかれた。





そう、高瀬舟でおなじみ





森鷗外





(またぁ?とかいうつっこみはいらない。)


さすが、明治の天才は子育ても一味違うようだ。





長男:於菟

次男:不律

三男:類

長女:茉莉

次女:杏奴


読めますか?


上から、オト(オットー)、フリッツ、ルイ、マリー、アンヌ


・・・(゜д゜)


いや、さすがは鷗外先生。ご自分もドイツに留学されていたというご経験のもと、子供たちがドイツにいっても不自由なく呼ばれるように、国際的なお名前をつけられたのですね・・・

子供にとってはいい迷惑


ちなみに

長男オットーの子供たちは(命名は我らが鷗外先生)


長男:真章(マックス)

次男:富(トム)

三男:礼於(レオ)

四男:樊須(ハンス)

五男:常冶(ジョージ)





レベルアップしちょる!!





こんな家族いやぁぁぁあ!!!



鷗外先生の子供の名前にだけはあやからないようにします。



ちなみに、最近国際結婚を果たした、彼氏のお姉さん夫婦は子供(男の子)に↑のように、日本でもアメリカでも不自然じゃない名前をお探しとのことですが・・・


私も考えました。


ハル  くん



レイ  くん


なんてどーでしょう。


HalもRayもなんだかハロルドとレイチェルの愛称っぽいですが、可愛いかなー・・・なーんて。

昨日の夜、真剣に考えてました(卒論しろ)

みんなも考えてあげてねv採用されたら、うさちゃんからお礼のメールが行くかも・・・。



そういえば、格闘家・角田の子供たちは長男:けんしろう 長女:ゆりあ

だそうな・・・


それもいやだな・・・


やっぱ名前って大切よね。

山形弁講座②

テーマ:
わたしが暇なときに更新される山形弁講座。                                                                        この間は基本を学びましたから今日からいよいよ実践です。                                                                 では、今日は~学校編~                                                                                 問一 次の山形弁を共通語に直しなさい                                                                          「あ~!今日しゅぐだい、わすっできたっけは~」                                                                     「んだなが!取りいがんねの?」                                                                             「先生さ、ゆってくる・・・」                                                                                                                            問二 次の山形弁を共通語に直しなさい(中級)                                                                      「なにばしったな?」                                                                                  「数学。かげられっべよ~」                                                                               「あ~。んだらばおしぇでけっが?」                                                                           「たのむず~」                                                                                     「先生がらごしゃがれっどやんだもんね」                                                                         「こっちゃきておしぇでけらっしゃい」                                                                                                                        ????????????????????                         ????????????????????                                                                       どうですか~?書いてるわたしもつっこみづいらい!                                                                    ちょっと無理のあるこの会話。                                                                              さて、では解答編です。                                                                                 問一                                                                                          「あ~。今日の宿題忘れてきちゃったよ~」                                                                        「そうなの!?取りに行かないの?」                                                                           「先生にことわってくる・・・」                                                                                                                           簡単でしたね~                                                                                     では、次。                                                                                       問二                                                                                          「なにしてたの?」                                                                                   「数学。当てられるの!」                                                                                「じゃあ、教えてあげようか?」                                                                             「頼むよ~」                                                                                      「先生に怒られるといやだもんね」                                                                            「こっちきて教えて下さい~」                                                                               はい!簡単でしたね~                                                                                  ・・・また気が向いたらこの問題作ります・・・。                                                                     あ、わたしの基本精神、愛v山形!伝わってますよね・・・?

山形弁講座

テーマ:
書くもことがないので~                                                                                 山形弁講座を開いてみることにします!                                                                          昔から、東北弁、東北弁言われていますが・・・                                                                                                                    東北の中でもまったく違うんじゃ!!                                                                           (特に津軽弁は東北弁にあらず!宇宙語じゃ!)                                                                                                                    ということで、わたしの地域でしゃべられている言葉をレクチャーします。                                                          lesson1                                                                                     語尾に「~ズ」を付けてみよう!                                                                             山形弁と言わず、多くの東北地方に共通するのは「ずーずー弁」                                                                                                             名古屋の「~ぎゃ」や、沖縄の「~さ」ぐらいメジャー。                                                                                                                lesson2                                                                                     肯定は「んだず」否定は「んねず」                                                                            もちろんイントネーションは一定で、あがったり下がったりしない。(これ基本)                                                                                                     lesson3                                                                                     とりあえず濁点!!                                                                                   自分のいうせりふにとりあえず「濁点」をつけよう!!                                                                   なんとな~く東北の人に見えるかも・・・・                                                                                                                      lesson4                                                                                     ここではメジャーな単語をご紹介。                                                                            かわいい は 「めんこい」                                                                               成長した(大きくなった) は 「おがった」                                                                       食べろ は 「けぇ」                                                                                  寒い は 「しばれる」                                                                                 疲れた は 「こわい」                                                                                 などなど。                                                                                       是非日常で使ってみてはいかが?                                                                             ちょっとしたムーヴメントを起こせるかも。                                                                        追加lesson                                                                                    語尾の変換は山形でも地域性があります。                                                                         わたしの住んでいた地域は「~にゃ」が基本でした。                                                                    可愛い子猫ちゃんv(爆)じゃありません。                                                                        「~な」がなまって、「にゃ」になりました。                                                                       だから同意を求める「なー?」や「ねー?」は                                                                       「にゃ~?」になります。                                                                                かわいい~ とか 何猫っぽくしてんだよ                                                                         とか突っ込まれますが、はっきりいって訛りですから。                                                                   男でもいってますから。