初・・・!

テーマ:

今日は、日頃の行いが(きっと)良いに違いない私のために、

神様がプレゼントを下さいました(違



そう!それは!



NHK大阪ホールで行われる

「WEST WIND」の観覧はがき(相方としてね)!!!



神様、仏様、相方様・・・。:*:・( ̄∀ ̄)・:*:



ありがとう!!!

今日、仕事を代休にしておいてホントよかったよ。



私にしてみれば初生a.b.s!

初生制服!初生眼鏡!!

くはぁ~~!(変


とりあえず京都から大阪へGO!ごーごー!!!きゃほー!



はしゃぎすぎました。



NHK大阪ホールはこじんまりとしていて、最後列でも相当近く感じる。

でも今日はめちゃ近かったv

まぁ、西川さんに近いというよりは司会(チュートリアル)に近いという感じでしたが。


WEST WINDはこんな感じでした↓


会場における注意事項を読んでるのが「ヨギータ」でした。

ぎゃはは。NHKも放送にのらないところで細かいことするなぁ。


下から司会(チュートリアル)登場。意味もなく決めポーズの徳井さん。

ちょっと会場の皆さんからの質問(事前に取っていたらしい)に答え

今日の一曲目に!


INNOCENT SORROW


くはー!これ、こんなにかっこいい曲でしたね!(再確認)

髪を切ったという西川さん。あんまり変わってるようには見えなかったけど。


惜しむらくはショートバージョンだったってことぐらい。

やっぱこの人の歌声聞くと安心するなぁ。


フリートーク


初めてチュートリアルと会うという西川さん。

福田さんの歯並びに絡む絡む。

「すっごい歯やなぁ・・・」「歯肉が赤いわぁ・・・」「すっごい八重歯やなぁ・・・」



Sっ気がにじみ出ていた・・・?ドS西川へ変貌していましたが?



そのまま「質問コーナー」へ。

Q. 何でa.b.sを始めようと思ったのか。

「団塊の世代の方々も引退されていき、僕たち第2次ベビーブーム世代が・・・」

「堅いわっ!」


なに、このボケ&ツッコミ。初対面とは思えないような合いの手でした。


ここからは「徳井さんのお母さんから、西川さんへの質問」なんのこっちゃ。

Q.西川さんの部屋でいちばんふわふわしたものは何ですか?

ひとしきり、「何その質問!!!」と爆笑された後にヒトコト

「オレの存在かな(カメラ目線)」

そして言った自分に自己嫌悪。それをやさしく抱きとめ慰める岸さん。

というか、西川さん!ふわふわしてていいの!!?と思ったのは私だけではないはず。


Q.最近親孝行してますか?

「心配をさせてあげることが親孝行の一つだと思う」という西川さん。

36にもなると考えも達観してきますな!


ここらへんの西川さんは面白い関西人全開でしたねー。しゃべるしゃべる。

でもメンバーに話が振られると、急に不安な表情をするという西川さん。

話にオチを付ける、という重要任務は柴さんで決定なんですかね?



結構ながいフリートークの後は続々とミュージシャンが登場。

出てきたのは・・・

tommy heavenry

THE イナズマ戦隊

ふじふぁぶりこ?


合間合間の準備中のときにチュートリアルの二人が

間をつないでくれるのが楽しい。


そしてお笑いへ


スマイル

アジアン


どっちもちょっと知ってるぐらいだったんだけど。

スマイルのよしたかくんは、生理的に受け付けないことが発覚。

ネタは面白くても、、、だめだぁぁあぁ・・・。


アジアンってなんであんなにヴィジュアル系ちっくな

服装なんですかね?



そして、アーティストと芸人を交えたトークコーナーへ。

全員ひな壇トークなんだけど、一つだけ「王様」席が・・・。

そこにはもちろん、我等が西川様がお座りになられるわけですよ。

居心地わるーそーーーに、テレながら座ってましたね~

寄ってくるカメラを「しっしっ」って、かわいーわー、あんた。

ホントにさっき歌ってた人と同一人物ですか?


なんでも「しゃべれるアーティスト」としてご意見番をして欲しいそうな。


「一応、新人ってことなんですけど・・・」とこっそり言う西川さん。


トークの内容は「最近はまってること」や「こんな貧乏いやや」ということ。

西川さんは、「はみがき」と「昔やってたバイト」で、

ご意見番にふさわしい働きをみせて下さいました(笑


いちいちカメラ目線を決める西川さんは、やっぱ「魅せ方」を

熟知されておりますな!!


ここでだったか、a.b.sのときだったか、西川さんの走り方が

ぺんぎん走りだった!!!

なにこのおっさん!!可愛過ぎんだろ!!!

ちょっとー・・・36でその走り方がカワイイのは罪だわぁ・・・。

「かわいー!が飛び交う会場」


この時点で、終了時間が20分ぐらい押してたんで、

終わりかなー雰囲気があったんだけど。

やっぱりきた!

a.b.sのセットが組まれていきますよ!!


で、

Fre@k $how!!!きたよー!


めっちゃかっこいいいいい・・・・。

ちょっと怒ったような顔して歌うのはなぜなんだろう。と思いつつも。

最後は「ありがとうございました」と深くお辞儀&投げきっすv

最後まで、皆のほうを振り返って手を振ってくれました・・・。



AD

ぜんざい食べました?

テーマ:

今日は「鏡開き」なんですねぇ。


みなさま、ご自宅の鏡餅はおぜんざいにしていただきましょう鏡餅



ところで、我が社でも受付にあった鏡もちをぜんざいにしようとしたのですが

すごいカビ・・・・。

ひどいカビ・・・。

かび。かび・・・・




だいたい取り払って皆様にふるまいましたv(おいしいと評判でしたよv)



鏡開きも終わったということで、いよいよ正月気分からも脱却しなきゃなぁ。



ところで、年末にNHK大阪ホールの「WEST WIND」公録の応募をしたんだけど、

あれって、発送を以って当落通知にしてるのかなぁ。

なんだか、代休を使えそうなのでいけそうなんだけどなv

当たってないかなぁ・・・。

AD

形なき恐怖。不可視の世界。

テーマ:
恩田 陸
球形の季節
恩田 陸
六番目の小夜子

二冊続けて読みました。


どちらかといえば、ミステリーよりもホラーに近い2作品。

ちょっと似た2作品だな、と思ったのは

二つとも「形なき脅威」を恐れているということ。


球形の季節では「噂」を。

六番目の小夜子では「小夜子」を。


実体なきものだからこそ、余計に不安感を募らせているのだ。


たしかに、突如「ひっ!」とくる怖さではなくて、

読んでてじんわり、じんわり染みてくる恐さ。


よんでて、後ろに誰かいそうに感じてふりかえってみたり。(馬鹿



その「形なき恐怖」の正体を

追い求めていく過程が面白かった。


でもちょっと残念だったのは、どちらの結末も案外たいしたものではなかったこと。

最後のどんでん返しを期待しすぎたのか・・・。


というか、同じ新潮文庫でも

ライオンハート→不安な童話→六番目→球形の順で読んだのがいけなかったのかも。


逆の順番で読めば、恩田女史の巧みさが磨かれていく様がすごいので、

より感動できたのかもしれないな~。



ところで、いつも思うんだけど恩田作品はその物語の巧みさ以上に、

「登場人物の設定」「小道具の設定」が特殊でまさに「妙」であるといえる。


今回も「噂」を調査する主人公グループの所属する「学校」の設定が、

よくありがちな田舎の高校設定であるのでリアルであるのに、

その4校の相対性が面白い。

なんだか学校という一つの属性の特色を強調すると、とても物語が

彩られていくように思えるのだ。


「六番目の小夜子」でも「サヨコ」に関する学校一丸となってのイベントともいえる

仕掛けが非日常的で、わくわくもしたし、そら恐ろしくもあった。




恩田女史の作品にはよく「異世界」ともとられる場所が描写されるけれど、

それは氏の描く「理」の向こう側の世界なのかな、と感じる。


学校という理


自分という理


世界という理


運命の理・・・。



うーん。自分で描いてて支離滅裂になってきた。


とにかく、あらゆる概念の「一線」を越えた世界が、

恩田女史の描く「向こう側の世界」なのだと、最近感じた。



私にはきっと一生みることのないであろう世界。

それを、恩田女史の物語に垣間見る今日このごろ。

AD

思考という迷宮

テーマ:
恩田 陸
MAZE(めいず)

最近、恩田女史の本をよく読みます。

これは一番最近読んだ本。


MAZE=迷宮


その名のとおり、惑いに惑った一冊でした。




中東付近で「存在しない場所」と称される迷路「豆腐」の真相究明をまかされた

主人公が友人とその仲間たちと共にいろんな案を出し合っていく。というもの。


「存在しない場所」とは今まで何百人もの人間が「消えた」場所だという・・・。

その資料や、実際に消えた人間と共にいた人の書いた手記をもとに、

主人公はあれやこれやと「消える理由」を考えていくのだが・・・。



途中までは「ん?ホラーか?」と思わせる展開。

迷路遺跡の存在を不気味かつ神秘的に描き、謎を深めていく。

それを解こうとする主人公の推理も、アンチミステリ。というか、

超常現象であることを念頭においている。


しかし、その推理は「ふしぎ」としての現象を解き明かすならばどれも

納得いくものばかりなので、その推理の過程を楽しめた。


最初の段階では「安楽椅子探偵」ものかとも思える展開だったが、

後半になってようやく登場人物たちが、各々の動きをし始めた。


暗躍・諜報・暗殺・ミスディレクション・・・


そして、その末に主人公がたどり着いた真相には、驚かされた。

これは、主人公と仲間が謎を解き明かしていくものではなく、

あくまで主人公のみが謎と罠を暴く物語であったのだ。


主人公と一緒に、読者もまんまと登場人物たちにだまされていた。


うーん。うまいなぁ・・・なんて感服していると、

また更に一転!


今度は、今まで主人公を罠にはめていた人物たちも

同様に、作者という「神」の織り成すトリックにはめられた。


より深い、誰もしらなかった真実は、

実は主人公たちが早い段階でたどり着いていた答えの「真逆」だったのだ。


いい意味で、多くの期待を裏切る作品だった。



ただひとつ、準主役級である人物のオネェ言葉(おっさんなのに・・・)

がどうしてもなじめなかった。

容姿端麗なはずなのに、イメージがもっさいおじさんしか浮かばなかったもんね。


ちなみに、この本シリーズとして続くみたい。


第2弾も読んでみよう!

恩田 陸
クレオパトラの夢

大変いまさらなんですが、2006年自分の行動をふりかえってみようかな、と。

もう仕事始めはしているんですが、明日からいよいよ上司も出勤☆ってことでね。


まぁ、いわずもがなT.M.Revolution一色といっても過言ではなかった一年ですが。

大分まわりに呆れられもしましたが、たくさんの幸せをもらった一年だったなぁ:*:・( ̄∀ ̄)・:*:


一月

31日からの紅白から2日のANNまで西川漬け。

ANNで夜中なのに爆笑。

それからはエンドレスリピートでアンダーカバー・・・。


二月

卒業旅行その1。台湾へいく。

で、帰ってきたらツアーの詳細が・・・!いてもたってもいられなくなる。


このころ、来年から関西勤務とのお達しが。。。

そんなに重く考えてなかったけど、ちょっとさびしくなる。


三月

卒業旅行その2。イタリアへ行く。

長期旅行もこれでしばらくは行き収めなんだろうなぁ・・・。

と来年からの社会人の自分を想像。


で、引越し。大分さびしくなる。


卒業式・・!さわやかに友らと別れるものの

感慨にふけるまもなく、卒業式の次の日は初☆大阪ライブ!!!

ついにはじまったアンカバツアー。

もうめろめろ。



四月

研修合宿で体を壊す。

寂しさと一抹の不安を振り払うかのように

無理やり名古屋まで行く。

名古屋ライブも初!!さいこーだぎゃー。


五月

いわゆる五月病にはかからず、変化のない毎日に

退屈しはじめる・・・。

が!

13日、TMRinUSJ パレード

雨の中頑張るものの悲しい結果に。

反省しつつも、

翌週の大阪ホールでのなにわらいぶ館の収録の

時の西川さんにすごく感激する。

ありがとう。


六月

先日のなにわらいぶ館の影響か、

いてもたってもいられず神奈川遠征を強行。

横浜ライブさいこー。

で、いてもたってもいられずアニフェスまで行く。

あれ?これだけレポートしてなかった気が・・・。

とりあえず、vestigeで感動する。なきそうだったが、

西川さんのやつれ具合が若干気になる。


そして神戸。さいこー。


このころになると、大分仕事にもなれ、

京都観光をする余裕もでてきた☆

友人も徐々にできてきた感じ・・・。


七月

京都の某祭の接待で国際フォーラムにいけず・・・。


悔しい夜を眠れずにすごしていたよ・・・(ヲイ


熱い日々が続きますが、ツアーオーラス名古屋に参戦☆

やっぱ名古屋はネタがつきないなぁ。。。と感心v




八月

エイネでアウェイ初体験☆

冷たい視線もなんのその☆★☆

という、強さを身に付ける(何


武道館&城ホール 一生この人についていける・・・と

確信をもてたライブ。


お盆なんかもあったので、ちょっと夏休み気分も、味わえたし。

でも、毎年恒例だった旅行にいけないのは残念だった・・・。

ま、社会人だし。覚悟していたことだったしね。


九月

なんといってもTMRinネバーランド・・!!!


夢を有難う。

きらめきを有難う。


お誕生日おめでとう、と一緒に自然に

「たかのりー!ありがとー!」という

言葉が出てきました・・・。(感涙


そして、彼氏、初めて京都へ来てくれたね。

遠恋てこんなものなのかなー。

あたしがライブ関連で向こうへ行くから

ちょいちょい会ってたけど。


十月

10周年企画が大体終了してしまったのでさびしい。


ハロウィンの日はmy birthday☆

ということで、彼氏とディズニーシーへ。


そういえば、TMに関係なく彼氏のところ(東京)に

いくって久しぶりかも?(あれ



十一月

a.b.sのデビューを数える日々。

というか、仕事もそろそろ自分の担当がしっかり出来てきたので

忙しい日々。

心をいやすものといえば、

TM様のライブDVDぐらい。



十二月

いよいよイヤカン。

毎週のようにイヤカン。

幸せでしたか、忙しかった・・・。

あんなに激しいライブなのに「癒し」になってた。



こんな1年。


1,2,10,11月以外ほぼ西川ライブ&イベントにいってるじゃん!

こんなのファンとなって8年たちますが初めてですよ・・・。


やっぱり「学生」じゃなくなったって大きい出来事だったんだぁ・・・。

と実感。

なんか、変に行動力が付いた自分がいた。


なにはともあれ


楽しい1年の総括でした!

あけおめ!2007

テーマ:

ぐだぐだとした年末年始を実家で過ごし、昨日京都へ帰ってまいりました~~~飛行機

帰りの飛行機は霧のせいで2時間空港で待たされる、というハプニングに会いながらも、

今日は初出勤です。

ふぅ。周りは振袖とかいる中、普通にOLしてきましたよーーー。むっ



去年はほんとに素敵なTMR10周年を過ごさせていただきました。

夢のような1年でした・・・。ラブラブ!ラブラブ!ラブラブ!ラブラブ!ラブラブ!ラブラブ!ラブラブ!



さて、今年は目下決定しているのが4月からのミュージカルということで、

ワタクシも早速チケとりましたよ!


東京1公演と大阪1公演。

GWに乗っかって、東京に寄ってみてこようかな、と。



で、取ってから気が付いた。

東京芸術劇場って、

池袋

にあるのね。


うちの彼氏くん(つきあって5年。最近西川さんに嫉妬気味)の

居住区ぢゃないかー!

しかも、西口?歩いて5分じゃん!!


うわー、もっと行きたいなあ。

GWは彼氏の家に入り浸ろうかなーーー。



なんてこと言ってるとまた彼氏に怒られそうですが。





でも、正直この1年西川さんのライブ、イベントに行くことによって

日々の楽しみを得ていたし、遠恋の寂しさも大分なくなってたと思う。

その分彼氏はさびしいんだろうけど。

好きになって8年余り、こんなにいろんなところに追っかけたのは初めて

今思えば、何かに夢中にならなきゃ、社会のストレスに飲み込まれそうだったのかなぁ。



でも、そんな年と10周年があいまって、ますます西川さんにはまる結果になってしまいました。

飽きるどころか、だよね。

多分、熱しにくく冷めにくい私の性格。

西川さんがアクションを起こし続ける限り、きゃいきゃい言ってるんだろうな。



ちょっぴりマジメに2006年「西川さんと私(笑」について考えてみました。




ところで、このブログ見てくれている方で、ABSFCに入ってるって方いるんですかね?

私、入ったはいいものの、どうにも日記は一つで手一杯なためイマイチ有効活用できていないんですよね。

そのため、フレンドも0・・・。これでいいのだろうか・・・。


とりあえず、日記を書くことからはじめてみようかしら・・・。

でも、フレンドになるって・・・。どうすればいいんだろ。