グロすぎ注意

テーマ:

今日電車の中で読んでて気持ちの悪くなった本↓


乙一
ZOO

実はハードカバーのときも、彼氏のをちょいちょい読んでいたんだけど

中途半端になったまんまで、文庫がでていたのでか買って読んでみた。



ちなみに文庫は2巻仕立て。








グロイ・・・・・




以前読んだGOTHとはまた違ったグロさ

や、でも根底は同じなんだけどね。

暗黒系。


この本を読んでいるとリアルにスプラッタが想像出来てしまうので

乗り物に弱い人は吐き気を倍増させる恐れあり。


短編集なので読みやすいということもありあっという間に読んでしまった・・・。




ぐろーい・・・(本日2回目)



それでもなんとなく本を買ってしまうのは

病み付きになる力が乙一にはあるからなのだろうか?


それとも、この暗黒系こそが人間の本質だからなのだろうか?

だからこそ引かれるのだろうか?



ともかく、読んでいて飽きない作品だった。


特に面白かったのは「2」の方に収録されている「神の言葉」

実は私たちの世界はすでに滅んでいるのかもしれない?






AD

感激した☆

テーマ:

やぁばいね~


最近めっきり西川さん漬けです。


今日はなんと!USJで知り合ったお友達、俗に言うタボフレからのお誘いで、

大阪NHKまで、「ナニワらいぶ館」の収録を見に行ってきましたvvv


正直、収録とか初めてだったので、どんなノリかと思いきや



なんらライブと変わらず



すっかりいつものTMRライブのまんまでしたな~

さすがです。



西川さんが歌ったのは

HIGH PRESSHERE

独裁

vestige


あと、うえき(うえだ?)まさしさんとのコラボでイマジン(ジョン・レノンのやつ)

と、相川七瀬ちゃんとのコラボでMr.BIGの~・・・曲名忘れた。でも、めっちゃ聴いたことのある曲。

題名わすれたーー。


独裁は生で聞くのは初めてだったのでうれしかったーーー☆


あと、七瀬さんもデビュー曲とか歌ってくれて。うちらの青春時代に大流行した曲だから

ぜんぜん歌えたねーー

会場のほぼ9.5割がタカノリファンであろうなか、掛け合いも決まってたと思う。

「夢見る少女じゃいられない」☆ってね。


何はともあれ!

西川さんと七瀬さんは仲もいいので、トークもすごい楽しかったーーよ。

なんでも西川さんは、七瀬さんのお子様にお年玉を上げるそうです。

すっかりおじさんだね・・・ごほごほ


1時間なんてあっというまだーーー


とか思って、司会者から「今日のゲストは~」と最後のせりふも終わった後、

二人とも「ありがとーーー」とか言いながらはけていくかとおもったら。


西川さんは立ち止まって・・・


「USJでね、イベントやったんですよ。」(ここらへんはなんかみんなが「ありがとー」とか言っててよく聞き取れなかった)

え!USJのことに触れてくれた!




とかおもったら、帰り際



「なんか東スポが馬鹿なこと書いてるけど!あれ、全部嘘だから!」



と半分笑顔、投げ捨てるように言うと、投げキッスをして去っていかれました・・・




うれしーーーー!!!><



なんか、西川さんに申し訳ない気持ちでいっぱいだけど、やっぱり

「許してくれるんだ」

とか思ってしまうわけで、

西川さんはやっぱファンを大切にしてくれるんだ・・・とか感激の気持ちでいっぱいで・・・



いろいろ複雑だけど、

わたし的解釈として「BBSに書き込みしないのは怒ってるからじゃないから!」と解釈しましたv

勝手な解釈かな?

でも、みんなが東スポの記事を気にしてるのを、気にしてくれてるんだ

ってとこに感激。

今日、一番涙が出そうな言葉だった(;~;)



なんか、曲とか少なかったけど、言ってよかった。

本人から言葉が聴けてほんとよかった・・・



明日のPJも行きたいなーーー


あ、東京か・・・

あ、会社だ・・・



はやく神戸になぁれ~

AD

やっと週末・・・

テーマ:

今週ながかったぁぁぁ・・・





と、いきなりやる気のない発言で申し訳ない。

5月病とまではいかないまでも、

なにかと雑務、雑務で忙しい・・・


こまごまとした仕事や、整理整頓の苦手な私には、

苦しい部署なのかも。秘書課って。



GW終わってから5月病になったらどーしよー~



なーんて言ってても、そんなの気にするまもなくあっという間に中旬。



このまま6月かぁ。



どーにかして東京に戻れないだろうか・・・と

個人面談の希望部署を画策中。

でも店舗はやだ。休みがないのがやだ。


うーん。もうしばらくは京都にいることになりそう・・・なのかしら




AD

USJ~決意も新たに。~

テーマ:


そして録音から1時間20分後・・・(ええ、ずっと待ってましたよ・・・)

その間、人に流されて並んでいたのであろうおばあちゃんに

「今日のパレードはなにかあるの?」

とふっしぎそ~にたずねられました。ええ、それほどに異様な光景でした。




そろそろ15時40分・・・というときに


ダーボコールが!


にわかに巻き起こった!

と思ったら




「てっ・・・てっ・・・テステス・・・

マイクのテストちゅう~」

(かわいい声)



あれ!この声は!!!



「あれぇ?いつもとアナウンスの声が違うって~?

(うろ覚え)このアナウンスしてるのは・・・だ~れだっ♪」

(めさかわいい声)




たかのりーーーー!!!

(そろった!)




そのあとはもう結構わすれてしまいましたが、

一言二言「10周年で~」みたいなことを言って



独裁!



の音楽とともに

白バイに先導され、2匹の赤い鳥(名前なんていうの?)を両脇に従え


西川ちゃん入場!!




ぐはーーー王子様スタイルですか。

今年はその路線で行かれるんですか。

お似合いです。




ををを・・・近づいてくる・・・



うわー・・・横顔しかとれなかった・・・・




でもめちゃいい笑顔!

ほんと、こっちも幸せになれるような笑顔・・・



ああ。。。もう後姿・・・




で、こっから会場大混乱。

追いかける、追いかける、、、

私は帰路のポイントで待っていたんですが、、、




その間はずーっと周りのファンの子たちも一緒に

ほぼライブ状態。

目の前に西川さんいないし、CD音源なのですが

一緒に歌って・・・ささげて・・・カラダを夏にシテ・・・








いつまでたってもこない。。。





西川さんがこないよーーー!?



でも、ライブ状態はとまらず、

ついにはUSJスタッフのお兄さんも一緒に手拍子・・・に巻き込む。


次はHOT LIMITだーーー!





とか思ってたら



音楽がやんだ!?



なんでーなんでーというその場の雰囲気の中、

「事故防止のためパレードを中止いたします」

のアナウンス・・・



なんか、恐れていたことが現実になってしまった感じ・・・

あんなに楽しかったのに・・・中止・・・



どうやら一番人の多かったところで将棋倒し(?)がおきたっぽい

で、中止。。。



残念である以上に、西川さんに本当に申し訳ない。

10年目の5月13日は今日しかないのに・・・こんな尻切れ・・・

招いたのはファンのせいでもあるんだし。。




でも、ちょっと言い訳?がましいことをいえば、

USJは絶対スタッフ不足。。。というか

「その場を動かずに」等の注意アナウンスのなければ、

仕切りテープのようなものもなく、スタッフもこれだけの

ファンの人数に対してパラパラ・・・




大丈夫なの・・・?という感じは始まる前から実はあった。

で、やっぱり抑え切れなかった。(TMRファンの勢いをなめすぎ)


なんか、西川さんがかわいそうで、申し訳なくて・・・





こんな結末認めたくはないけど、

しっかり現実をみて


9月19日は素敵なライブにしましょう!!!


西川さんを気持ちよく祝ってあげたい。


絶対いくぞ!(仕事は?とかいう突っ込みはなし。)



というわけでいってまいりました。


TMR十周年記念!


おめでとーーーー!!!




私がUSJについたのは午前11時。

もう外は土砂降り。気分も萎え・・・

パレードもなくなるんじゃないか、という・・・不安。



そんなこんなで、公開録音までずいぶん時間があったので、

ご飯を食べようと思っても、どこもかしこも満席。


ちらちらみえる、オレンジや黒のジャージたち・・・


いやー・・・みんな考えることは同じなんですね。




なんだかんだで、録音の30分前にブースにいったのですが、

当然のごとくすごい人。

ブースがちらりとも見えませんでした。


立ってるのがつらいーーー



とかへこたれそうになったら、


ちゃらららららら♪





突然聞こえてきた「独裁」のイントロ



いっせいにその場が浮き足立ったね。

登場もしてないのに浮き足立った。



それから、

HIGH PRESSHERE、WHITE  BLEATH、夜明け前、HOT LIMIT・・・

など続々流れます。



最近UCしか聞いてなかったので原曲が意外と新鮮。

ちょっとしたプチライブ・・・みんな控えめに歌ったり、

いつもライブで掛け合いになるとこだけ、しっかり掛け合ってました。


ほんと、曲をきいてると時間が短く感じる。楽しいし、ありがたい。




なんだかんだいいつつ。

14時


雨は・・・・ちょっと、、、やんでる!!!

すげー(笑)

どこまで晴れ男なんだろう。「まさに神だね~」なんて話をしていました。



今日の目玉!!!


西川さん登場です!!!!




ぎゃはー!!


ぜんぜんみえーん!!



でも生声、、、生声、、、



いい声ーー!!



と、テンションもあがってきました~


話は、一問一答形式の後にその質問についてフリートーク。みたいな感じ。


10年前の自分より今の自分が好き?との質問には自信をもってYESと答えていらっしゃいました。


あとは、自分はS?M?との質問(これは絶対狙ってる・・・)には


「どS」です!



とのこと。

知ってる(>v<)





DJのUKさんは「意外~」とのことでしたが、

それは会場にいた全員がしっていることでは?

との西川さんの発言に「うんうん」とうなずく会場・・・



ここにいる全員がMだ・・・・



(西川さんに対してはね)

と、思った瞬間でありました。よくもまぁこんなにMが集まったもんだ。



で、話は6月発売のアルバム、DVD集のことに。



ここで西川さん、すごいことさらりと言っていましたよ?ね?


「アルバムにはベストのほかに、新しく1曲いれてるんで・・・」

とか!



え?これ、あたしの聞き間違いじゃないよね?



うきゃーーーv楽しみだーーー!




で、DVD集もすべてのPVとスポットを網羅しているとのこと。


6月もお金がうそのように飛んでいくこと確定です・・・



「50,60になってもこの姿のまま!がんばって行くつもりです。」


その姿のまま!?


「ほら、僕妖精みたいなもんなんでね・・・?ティンカーベルとかと一緒なんですよ」


まぁ、確かにあなたの背には羽が見えるような・・見えないような・・


ピーターパン?とのUKさんのつっこみに


「そう!ピーターパン症候群・・・。ただね、大人になりたくないんじゃないの。

なれないの!残念なことに!」


確かに、年とってないなぁ・・・むしろ若返ってるよ。



「今の両親もね、仮の両親ですから。僕地球外生命体ですから。

両親は。。。そう、俺はお前ら(ファン)の心から生まれたんだよ・・・」


ある意味そうですよね、確かに。

しかしいい声!





わずか20分でしたが、おっもしろいトークご馳走様でした。



長くなったのでここでいったんきります。

次は怒涛のパレード編・・・

アニバinUSJ!!!

テーマ:

10th anniversary in USJ!

キター Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒(。A。)!!!





やたーーーー!!!γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ





13日は何かやるんだろうなvと思いつつ、

東京かなー、とどこか一歩引いたところで応援していた私。



しかしまさかUSJとは!!!




もち!駆けつけますよ!西川様!



というか、同じアニバーサリー同士、USJとこれからコラボしていくみたいで☆

これは年間パス買うしかないのか!?




というか、私はきっとこの日のために関西に勤務することになったんだと思うことにした(あふぉ)

もうすぐダヴィンチ・コードが公開ですね。

原作ファンとして、トム・ハンクス(微)ファンとして楽しみvです。



ダン・ブラウン, 越前 敏弥
ダ・ヴィンチ・コード ヴィジュアル愛蔵版

最近(?)文庫も発売されて再び注目を集めているこの作品。

読んだのは結構前なのですが、なかなかに私好みなミステリーなのです。


でも(エセ)ミッション系の大学に通っていたとはいえ、

にわかクリスチャンにもなれない、日本人の私。


キリスト教関係の薀蓄はほっとんど意味がわかりませんでした・・・(あほ)


まあ、読むときのコツとしてはそういうところをいかにスルーしてストーリーと

神秘的な雰囲気を楽しむかってことにあるんじゃないかしら。


黒幕自体はそれほど意外でもなかったけど、そこにいたるまでの過程は

十分楽しめました。


暗号とか、アナグラムとか、ダイイングメッセージとか・・・

最低でも聖書の基本的な部分を知っていたり、

ダヴィンチの有名な作品を(モナリザ、最後の晩餐、岩窟の歳暮・・・等々)しっていれば

10倍楽しめる。はず。


よって私も、ウィキペディアあたりで検索してもう一回予習をしてから

映画を見てみようと思います。


あと!パリやルーブル美術館にったことのある人は30倍楽しいはず。





これはちょいネタバレなんだけど・・・(反転)


物語はだんだん「聖杯」(聖遺物、要はキリスト教のお宝みたいなもん)の在り処がどこか、

という所に、焦点が合ってくるんだけど、

最後の最後、その最大の謎の答えがが、正に殺人事件の始まりであり、

モナリザの微笑む場所、ルーヴル美術館の「あの場所」だ!という結論にいたるのね。

で、私は幸運にもその場所にいったことがあるから「あそこかぁ!!」とか、

ちょっと思い出してうれしくなったり、意外だったり。


パリを舞台に、トム(ハンクスのほう)が

素敵なラグントンを演じてくれることを期待☆



あと、GWを利用して東京に行ったとき、六本木ヒルズで

ダヴィンチ・コード展なるものをしていることを知り

行ってみたv


値段の割には物足りない気が・・・げふん。

一足先に映画の小道具や、

原作を読んで、その雰囲気を好む人におススメ。


まったく読んだことない人は、何が何やらって感じだし。

噂。

テーマ:
荻原 浩

最近、本屋さんのリコメンドコーナーでよく見るこの作家さんを

このGWの間に読んでみよう。

と、思い京都駅にて購入。


そのまま「のぞみ」で読みふけることにいたしました。



読み始めて数十分。



すらすらすら~

す~らすら~



なんとも読みやすい作品です。

あらすじもわかりやすく、会話も多いので

本の世界が容易に想像できます。



あらすじとしては、噂でしかなかった「レインマン」

(口裂け女みたいなもん)。その都市伝説がそのまま実現したような

殺人事件が勃発していく。というもの。



噂の力=渋谷の女の子たち

みたいな感じで、そのこたちを中心にいろんな思惑が

交錯していくんだけど。。。




いよいよクライマックス!


ってところで


え~・・・

ぁえ~・・・・


みたいな萎え萎えな展開に。


こいつが犯人~?え。ていうか意外性ねぇ~

え?衝撃のラスト一行ってこれ?

えーーー・・・・なんだかなぁ・・・


みたいな。後味の悪い感じになってしまいました。



そもそも「噂」を買う一番の決め手になったのが

「衝撃のラスト一行に瞠目!」っていう帯。


なのに


ぜんぜん一行じゃないじゃん。

もっと急降下するようなテクニックの一行を期待していたので、

たぶん私の期待しすぎ。でした。



帯の仰々しさがなければ普通に面白い作品だと思うけど。

感動するポイントがない。

前の「恩田陸 ドミノ」でも似たようなことを書いたけど。


ちょっとネタバレに触れると、

渋谷のギャルたちの間違った方向の仲間意識

でオチを作りたかったんだろうけど、


逆に彼女らの間違った復讐を書くことで

救いようのない事件になってしまった気がする。

誰も救われない。

みんな、間違ってる。

みたいな。


すっきりしない。。。



うん。瞠目はしないけど、最後の一行章のせいで

泥沼にはまったように。ぬぐいきれない何かがあったよ。




世間様ではゴールデンウィーク・・・即ち黄金週間、というわけでして。




私も


京都~東京~山形~東京~京都



というややハードスケジュール(だって新幹線移動が6時間弱・・・)

をこなしてまいりました。。。




久々に彼氏にも会えて、テンションもがん上がり!










というわけには参りません・・・




なぜならば。




話はGW突入前に遡るのですが、


7月までの営業日程が発表されたのです。




そんな私のチェック項目は一つ(?)


土日休みで、しっかり西川さんのライブにいけるか!



という一点集中!






6月・・・・



・・・・(チェック中)・・・・



クリア!

神戸決定!







7月・・・・


・・・・・(チェック中)・・・



・・・クリあ!!!?




え!?







あれ!?(ごしごし)←目をこすってみる


あれれ!?(ごしごしごし)←強くこくすってみる








16,17が休みじゃないよ?!!!








「あ、あの○○さん(先輩)。なんで7月の海の日周辺って休みじゃないんですか?」(やや、声が裏返る)



「あー・・・その日はね、一大イベント 祇園祭があるんだよねー」


「ぎ、祇園?それ、なにするんですか?」



「んーー会社のみんなやお客様と宴会?」




がすっ!!!(何かを殴りたかった心の音)






宴会だと?祭りだと?




同じ祭りなら

祇園より





西川祭りに行きたかったわーーー!!!!








ということで、7月の国ふぉに参加できなくなってしまいました。

これで、チケットの席とかよかったらどうしようね。

まじ、泣くわ。



とりあえず、来月の神戸、そしていよいよ来週に迫った

デビュー!10周年!5月13日になにかサプライズが起こることを期待して・・・




明日、京都に帰ります。