最近ヨーロッパのクラブチームが日本に凱旋にきてますね~


そのせいなのかな?電車とかでサッカーの応援にいくっぽい人をよくみる。

昨日見たのはドイツ人一家。



なんでドイツってわかるかって?



全身ドイツカラーコーディネイト!

だからですよ。



まぁ、こどもが国旗をもってたからもあったけど、そんなことより一目で「ドイツだ!」とわかるぐらい

コーディネイトだった。


特にママ。

黒いTシャツ黄色いパンツ。そして腰には赤いスカーフを巻いて・・・。


黄色いパンツなんか「この日のために買ったよね?」といいたくなるほど黄色かった・・・



でもそんな一家を見ても「ダサっ」とか思わないのが不思議。むしろほほえましい・・・。

なぜだろう。外国人フィルターが作動しているかも。コドモのまぶしい金髪にやられたかも。

ゲルマン民族パワー?あの透けるような肌と金髪・・・青い眼・・・ずるいなぁ、と感じてしまう。



う~ん。基本的に私はニッポン男児っぽい人が好きだけど、たまに見るから金髪の人にもドキッとしてしまう。きゃは~~(´v`)←ようは誰でもいい。


なんでだろうね。不思議不思議。

AD

犬のおわまわりさん

テーマ:

最近書くことがなくてブログをさぼりがち・・・(鬱)

だってバイト三昧すぎて書くことがないんだもん・・・・



と思ったら!


大事件ボッパツ。



油断しておりました。








昨日、新宿で落し物をしました。

東口交番にお世話になり、遺失物届けを出してまいりました。



うわわわ こんな都会で交番なんてはじめていったよよよよ(激しく動揺中)




落としたのは小銭入れ定期入れ


定期入れは、あくまで「入れ」。定期にあらず。


これにとんでもないもんがはいっちょりました。



保険証。




これけっこうやばい。

悪用されると勝手にカードや、口座を作られてしまうらしい。

犬(似)のおまわりさんにアピール。



あと学生証。これも痛い。

学生生活もあとちょっとなのに、結構必要だから(これがないと学校でパソコンは作れないし、授業見れないし、図書館にはいれない・・・などなど)再発行。これに2000円かかるんだって。イター!



小銭入れっつても6000円はいってたんだよー(TдT)イタタタタ



ということでテンションがた落ち

これからのことを考えるとめんどくさいので、考えることを拒否している自分がいる。


なので自虐ネタですが、ここで遺失物届け講座を開講します。

落し物をしたひとはこれさえ読めば、届出のプロv(いらん)


自分の名前、住所、連絡先が手始め・・・

それから(ここからが重要)

確実に持ってた!と断言できる時間

なくしたことに気づいた時間

を書きます。


ここで行うのは「記憶の糸を手繰る」。友人と一緒だと心強いね!証言者(目撃者)がいるわけだから。

「あんとき持ってるの見たよ~」みたいな。神の声だよ、ホント(おおげさ)


そしたら

なくしたもの(財布は中身も。金額かくとなおわかりやすい)

その外見的特徴

を記入。

ここで私は「保険証アピール」

悪用されたらたまんないからね。これで大丈夫でしょ。たのんだよ、犬(似)のおまわりさん。


ところで、私が遺失物とどけをかいている横で、職務質問、略して職質をかけられているおじさんがいた。

「おとうさ~ん!どっからきたの~!!??わかる!?自分の家、名前~~~!!!?」


新宿警察24時の収録ですか・・・?

ほんとにいうんだね。

あきらかに爺さんだろうか「住所不定無職」っぽくあろうが呼びかけは「おとうさん」

今お昼ですが、あきらかに「おとうさん」のテンションは夜。呑みのあと。

手には伊○丹の紙袋。


おとうさん、無事に帰れたんだろうか・・・。


AD

見てきましたよ~



姑獲鳥の夏




まぁ、原作を読んだ人間としては


よくぞあの殺人的量を2時間に収められた!と。

心から拍手を送りたい。

しかも原作では妖怪の薀蓄が入りすぎて複雑になっていたところを

簡潔に!わかりやすく!

まとめらえていたので、ミステリーとしては成り立っていたかな(^^)と

偉そうに批評してみたり。。。(げへへ)



でも・・・


でも・・・!!!


前々から主張しているように、


京極作品はミステリーじゃないから!!


エンタテインメントだから!!!(違)


演出の仕方が微妙にテレビドラマ臭い。におう。

2時間ドラマじゃないんだから・・・


あと!(ここ重要)


榎木津のキャラが全く生かしきれてないじゃないか!!!(超不満)


いや?ところどころあったよ?

人の名前を覚えられない、という特性だったり

自分のことを名探偵とか普通に言っちゃたり


(あと、仕事机の上の「探偵」の名札?というか三角錐の置物は、ちょっと嬉しかった。これ、薔薇十字探偵社の特徴だよね。)


でも!


達観はしてるけど、ここまで大人しくないよ!

エノさんの特徴は「躁」だよ?!(鬱の反対です)


まぁ、見終わって気づいたんだけど、私はただ榎木津が好きだった。それが目当てだった。

ということ。でした。


自分の欲望に、(動いているエノをみたい)、終わるまで気づけなかった・・・。



でも原作をなるべく忠実に表そうとしているところが、やっぱり原作ファン狙いなのかな?と感じた。

だってやっぱり、京極堂が拝み屋の衣装着てると「おおお!あれが!」と思うし。



青山劇場でやってる舞台をロケして、2時間ドラマにした感じ?

ずっと淡々とした調子だから、飽きちゃうかも。



うわ。読み返したら評価ひくっ。

うーん。実は映画化が決まったときから楽しみにしてたから、期待しすぎたのかなー。

去年ぐらいから楽しみにしてたからなぁ。


キャスティングはめちゃ好きなんだけどなぁ。イメージにぴったり。

堤真一とか、、、永瀬正敏とか(意外とダメ男が似合った)、、、宮迫もすきだし。

阿部寛も、「トリック」のイメージがあるからすごくエノっぽいとは思うし。。。



まあ、多分評価が上らない理由はエノさんのキャラが甘かった(結局)、からなんだけどね(あちゃー)



百器徒然袋が映画化されれば、たぶん私のテンションは急上昇なんだけどなぁぁぁ・・・(妄想)

AD

ファンタジー・・・

テーマ:
鈴木 光司
楽園

リングとか「らせん」とか書いている人の本。







!?






(怖っ この画像怖すぎ。検索→貼り付けまで呪われやしないかすげぇ不安だった)






え?ファンタジーなの・・・?



そう!ばりっばりのファンタジーです。

しかも「愛」がテーマです。






ひー・・・!こいつは関係ないっ

消えろ 消えろぉ




簡単に言ってしまえば「生まれ変わっても恋人」の三部作。

過去の記憶は持たないものの、なぜか運命的に愛し合う二人の物語。

しかもなぜかいつも邪魔が入る・・・・(まぁ、ラストは・・・)



それぞれの時代設定が特殊なのが面白かった。

1万年前のモンゴル。部族長の使命と愛・・・


産業革命期、アメリカから来た青年と、文明から隔絶された島の少女。


現代のニューヨーク。新進気鋭の音楽家とバツイチの女。


時代ごとの特色が現れてる愛のカタチだったけど・・・いつも「運命の恋」で片付けられるのがちょい不服。




まあ?永遠の愛と輪廻転生がテーマなら、恋に落ちることは絶対条件だけど?

それにしたって省かれすぎ。しかも落ち方が半端なく深みにはまってる。




全てをなげうってもこの恋を選ぶ~


みたいな。






うそつけっ



(嘘じゃないところが腹立つ・・・)



ああ・・・こんな「絶対的な愛」を受け入れられなくなってきているのは・・・私も都会にもまれたか・・・

(↑絶対無い)


ま、絶対ありえないから小説になるんだろうね(けっ)




やだぁ~ごめんなさいぃぃ!!

くるっ やつがくるよー



おとといの美術史を轟沈と表現するならば、


昨日のイスラム文化は




爆散・・・!!!






散ってまいりました。それはもう、夜空に咲く花のように・・・(バカ)





こんな自分、はっきりいって不本意ですっ!

基本的には文学部の講義は落とすものではないから!(と信じている)



私は日本文学科なのでレポートが多いけど、もち、一般教養もとります。

テストよりはレポートが好き。自分の好きなことが書けるから。



でも・・・



テストは、いくら授業が意味不明でも

案外書けるものだと信じている・・・!




一番確実なのはやっぱ普段からノートをとってることだよね。



日々の努力に勝るものはありませんよ(あ、あたしいい事言った)



でも、、、これは最近気づいたんだけど、、、

記述式テストは・・・5問あったら2問は後から2週間の講義の内容からでるくさい!!!



うん。結構みんな「最初は気合入れてでる」パターンがあるけど、むしろ頑張るのは最後とその前の授業。これさえ出ておけば、白紙提出ということはないかも。


でも考えてみれば理に適っている。


先生側からしてみれば、最初のほうは導入部で、最後になるに連れて自分の一番言いたいことに近づいてくるわけだからね・・・。



あとは作文力だねっ。

文章の魔力。


どんなに中身がなくても、文に力があり、ボキャブラリーの豊かな作文は、すごく高尚な文章にみえる。

説得力がある。

先生に「あ~この子はわかってるんだな」と思わせるペテン。生きる知恵。



・・・今回の私はバイオでいうなら「YOU DEAD」だけど、後期は上記のことを参考にしてがんばってみようと思う。


大学生の皆も記述式のテストは「ラク単」だと信じ込んで(ここ重要)なめてかかれば案外かけてシマウモノデスヨ。


ともに頑張ろう!!

タイトルで現実逃避してました・・・・。



美術史・・・・




撃沈・・・・!!!




いや、ここは見栄を張って轟沈とでもいいましょうか。



だって、あたって砕けろ。だった。



ルネッサンスのイタリア美術を語れ、とか

写楽について述べろ、


とかだったらまだわかるよ?


一通り世界史と日本史の知識はあるから。




でも・・・・



15世紀ネーデルラント絵画について特色を述べろ




どこだよ・・・ネーデルラントって・・・!!!

いつだよ・・・・15世紀って・・・・!!!



このときの私の思考

(ん?ネーデルラント?オランダ?・・・おらんだぁ!?

15世紀・・・・大航海時代かぁ・・・コロンブス・・・コロンブス・・・コロンブス・・・

だめだ・・・。オランダにきてない・・・。)



ま、日ごろの行いがよければ取れてるんじゃないかな!

後期にこうご期待☆



ここ3日・・・バイト連チャン・・・・


つかれるなぁ。こんなにつかれるとは・・・・(自分の体力を過大評価)



今度から一日おきぐらいにしておこう!




よーし!夏休み!

気合入れて遊ぶぞぉ!



あ、あしたイスラム文化のテストだ・・・

昨日の深夜、もうそろそろよるがあけるという時刻・・・・


ほぼ月1でやってくる、ステキなTVプログラム・・・


ゲームセンターCS!!(だったかな?)




今日の記事はこいつが主役☆




有野が、なつかしのテレビゲームの幻のエンディングを見るため攻略に奮戦する番組です。





やることはひたすらゲーム。

ただ有野が奮闘するのをみているだけ。それだけ。


でも・・・大昔のファミコン、スーファミといった人類の遺産(!?)のソフトをただひたすらにクリアし続ける有野はかっこいい!!!

と、マジで思ってしまった・・・(´д`)ショック(酷)




昔は単純だからこそ難しい・・・のかなぁ。システムをうまくやりくりするとかいうんじゃなくて、

ほんとにテクニック。わたしみたいな、反射神経の鈍い子はまず無理。




そんな、勇者・有野が昨日チャレンジしていたのは「カトちゃんケンちゃん」

その名の通り、加藤茶と志村けんがキャラクターになって、ダンジョンをクリアしていくというもの。



これって攻撃がマジしょぼい。蹴るだけ。しかもタイミングちょっとでもずれるとダメージに換算されてしまう。。。そうこうしているうちに、有野はいつものアイテム「冷えピタ」を装着!!



こっからの有野は約20時間ほど編集されるにも関わらず、ただ己のプライドのため、ひたすたクリアを目指す・・・。

そのまなざしはいつものテキトーさなど微塵も感じさせない、真剣さ。


ああ、こんな真剣な瞳ができる人なら惚れるかもな・・・・・




・・・・・・


・・・・・・




(有野とラブラブしている自分を想像してみる)



・・・・・

・・・・

(想像してみる・・・)



(想像・・・・)








。。。。。。無理だ・・・・。



ごめん。惚れるとか



大法螺吹きました。JASに訴えられるぐらいの誇大広告でした。




でも、やってるとことはくっだらないけど、案外面白いよ。下らないからかな。



てか、ここまでほぼ有野話。ありえん。

これ、記事として許されんのか?

浮気発見調査法!?

テーマ:

さっきまで「ブログタイプ」みてました。



そこで、「浮気を発見するためのケータイチェック」があったのです。

その方法とは・・・


「す」を入力した時にメモリに表示される言葉チェック!というものでした~。



「好き」とか「好きだよ」とかがメモリーに残ってるのに自分に送信された記憶がない人

浮気されてる可能性大ってこと☆



でも、正直、その方法って微妙だよね。

「好き」なんて普通に打つ単語かも。



牛丼って好きだよ~

とか

好きにすれば~(>友達に)

とか



なんとでもとれる単語。だよ。



こんなんで疑われた彼氏のほうもたまったもんじゃない!


でも・・・




おもしろそうだから今度見てみようかな。

言葉のメモリーは履歴やメール以上に真実を語る!?



ちなみに私の「す」は・・・


スタンばる

少し

スピーチ

済み

すれ違い

スタート

すっごい

ステキ

すみません

すぐに

すぐ

する

スケジュール


でした!


案外好きってつかわないのね・・・(寂しい、かも)



この中で気になるといえば「すれ違い」

よくよく思い出してみると、これは大学の友達と授業はかぶってるのに

セミナーとかの予定があわなくて学校で会わないときに「うちらすれ違いだね~」

と送ったものでした・・・

色気ゼロ!


さてさて、の「す」はなにが出てくるのやら・・・

京極 夏彦
嗤う伊右衛門

東海道四谷怪談をベースにしたやつなんですけど。

以前、唐沢寿明(好きv)主演で映画化にもなりましたね。

最近、読みました。


私は怪談とか、ホラーとか苦手で(夜眠れなくなる・・・)あまり読まないのですが、

これは大学のレポート関係でどうしても読まなければならなくなり読みました。


結論。


ホラーじゃないジャン。


むしろ「愛」の物語じゃない!



京極夏彦の描く人物というのは、良くも悪くも「狂ってる」人物が多い、気がするのですが、今回も例に漏れず、というか、今回がどの作品の人物たちより全員が狂ってる



四谷怪談の、京極版解釈といった感じの今回の内容。

四谷怪談知らない人のための豆知識↓



伊右衛門・・・元浪人。色狂い。岩さんと結婚して武家を継ぐが浮気、というか岩さんを追い出す。あれ、殺すんだったかな?そんで、岩の死体を戸板にはりつけて、流す。



お岩さん・・・毒を盛られて顔が爛れて醜くなってしまう。化けてでるときは、殺されたときのように戸板に貼り付けられた状態で・・・(あの、忍者屋敷の仕掛け、回転扉のように、ぐるっと戸板が回り、怨霊になった岩が登場)


その他の人々・・・岩と伊右衛門を結びつけた宅悦や、又市。同じく殺される直助など。




それが京極版ではどういう風に解釈されているかが面白いかも。


てか、伊右衛門いい奴ジャン。とか、思ってしまう自分が単純だと思った。



なんだかんだで、これは「究極の愛」の形なのかな。

まさしく、愛と憎しみは紙一重という真理を伊右衛門と岩の関係だけでなく、他の人たちの心情にも当てはまるのだな、と思った。



最後、これをハッピーエンドととらえてしまった私は変なのか、、、是非みなさんの意見も聞いてみたいところですねっ。

少なくとも、岩と伊右衛門の心は、二人の世界に閉じこもる、という哀しい形でも、幸せを感じ、救われているのかな、とちょっと哀しいハッピーエンドだったのかな、と思いました~。






いやぁ、明日はとうとう

京極 夏彦
姑獲鳥の夏

の公開ですなっ!



私は彼氏と一緒に見に行こうと思います!(うざっ、このむりやりくさいのろけがうざっ!)



それが楽しみだったので、京極作品の紹介をしてみたのでした~。

あ、漫画の話です。

テーマ:

カテゴリ「文学」とかって全然嘘(笑)


書くことないので、最近の漫画事情文句


一番最近買った漫画は↓

HUNTER×HUNTER 22 / 冨樫 義博/著


いやぁ・・・・





新刊出るの遅くない!?





6ヶ月に一冊て、月刊なみのペースですよね・・・?




でもすごいよね。売れ続けていることが。

今回は旅団メンバーとかも出てきたので面白かったかも。

(でも団長が出てきてないので、不満は残る。)




一つ不安なのは、旅団との決着もまだなのに、もっと強い敵が出てきて、

ほんとにこの話は収拾がつくのかということ。

打ち切りになったら・・・・まさかね。人気だもんね。(たぶん)





富樫作品とは幽遊白書からのお付き合い。

わたしはドラゴンボールより幽白です!

むしろフリークです。



中学、高校と、テスト前はムダに全巻復習してました!

(ホント、テスト勉強しろってかんじ)(←うるせ)

でもでも、テスト前って絶対漫画を読み返したくなる・・・。長いヤツを。


で、幽白も面白いんだけど、隠れた名作がこちら↓


すっごいつぼにはまりました。



これは高校時代、彼に借りてたなぁ。(あ、ここ、微妙にのろけですよ?)




宇宙一の天才、バカ王子(←ほんとにバカって名前)がステキ。

性格破綻者。富樫さんのキャラは常識という枠を超えている、いや、

むしろ、「枠なんてあった?」感が満載のぶっ飛んだキャラが多いから好き。




全3巻でおわるのがもったいない。。。

これ、微妙に知能戦が展開するので、最後のオチまで目が離せないの。

あー、また読みたくなってきた。


ちなみに私もカレも富樫作品は結構好き。

マニア度は私のほうが高いけど。



あと、ジャンプコミックと言えば↓

ピューと吹く!ジャガー 9 / うすた 京介 著


マサルさんよりこっちのほうが好き。




これは、高校時代の友人からすすめられて読んではまった。

ええ、教室でげらげら笑っていましたとも。恥も外聞も関係なく。。。



1~2巻あたりが一番面白かったなぁ。

いや、今も面白いけど。

シュールな感じなのかな?



でも、一番面白いのはこれを勧めてくれた友人と、主人公ジャガーじゅん市

似ていること(爆)つっこみ具合が。(ボケ具合ではない)

なんか、ダバダバしているとこが一番にてる。

ダバダバがわからない人は、目を閉じて手足をうねうねさせて、ばたばたさせているところ

想像しましょう。それが、ダバダバという動きです。



ちなみにこれは、おととしのカレの誕生日に1~3巻までプレゼントしました

オススメだよvって。



それ以来全巻、カレは全巻買っております。染まりやすいヤツです。はい。

最近、新刊出たので買っていることでしょう。さ、彼の家に読みにいかねば。




先日の予告どおり、微妙にのろけをいれてみました。

うざい。これ。書いている自分が一番感じる!