旅とランニングその他の話題を写真画像を中心に掲載しています。



今までは、ず~っとランニング中心の話題になってしまっていましたが、最近は旅が中心の旅ブログになっており、特にジャンルにこだわっていません。



文章力がないのでほとんど写真の画像中心です。



ランニングは全くtime、記録は気にしてません。今はいかに多くの距離を走るか、色々なレースの大会に楽しく参加して、コースの雰囲気、景色を味わうことです。



その為にも走りながら、或いは最高の場所があったら、立ち止まり写真を撮っていますので、ブログで紹介してます。




「記録より記憶に残す」を常に・・・。



テーマリストに各マラソン大会での様子を、レポしていますのでこれから参加する方、参加された方は参考にしてください。



旅に関しては、まだ仕事が現役ですので限られた時間、日数しか今の処使えません。

地方、海外のマラソン大会に参加して、ただ走って帰ってくるのでなく、レースの前後に必ずその土地を旅します。

退職後は、旅三昧する予定でバックパック背負って何回にも分けて「世界一周」して世界中の絶景、歴史的な建造物を見て廻るのが目標。

その時が来るのを今かと楽しみにしています。

ランニングはその時の体力作りの為・・・。


最新のより過去の記事を参考にして、見てくれる方が多くなってくれれば最高に嬉しいです。



*人物画像に目線とかモザイクを入れるのは好きでないので、そのまま掲載していますがもし不都合という方がいましたらコメントください。

すぐに写真を削除します。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

「パタヤマラソン2016」~「ディシュタニ パタヤホテル」のレセプションで一悶着!!

2016年07月27日(水) 07時00分00秒 テーマ:パタヤマラソン2016

「ディシュタニ パタヤホテル」のバンケットルームの前に行くと、すでに長い列が。

 

am11時から受付開始だというのに、すでに12時近くなっても中に入れずに100人以上の人が待っていました。

 

その間にもどんどん列が長くなっていくばかり、その前にアルファベット順にエントリーされている方々の掲示板が。

 

 

 

列に並んでいたのでじっくりと確認もせずに、やっとバンケットルームのドアが開き中へ。

 

今回持っていったのは、ネットから直接のサイトでエントリーしたのでカード決済終了の画面とその後にメールで来たレジストレイションナンバーが明記されたPDFシート。

 

それをデスクに提示したら、「NO REGISTRATION」

 

 

 

レジストレイションNOと今回のレースのメインスポンサーで、レース費用の支払先の「バンコク バンク」カード支払証明のがあったのでそれを提示し、日本からこの為に航空券を買い、ホテルも予約して会社を休んで来たと、つたない英語で相手もタイ人なので何とか通じます。

 

これがアメリカでのレースだったら、通じなかったかもしれないし「NO」と言われたら相手を説得する自信もなかったと思います。

 

 

結局2枚のエントリーシートに必要事項を書き込み、あっちのデスクへいってこっちのデスクに戻ってやっとゼッケンを発行して貰えました。

 

ゼッケンNOも随分桁が多い数だが、これさえ貰えれば問題なし。

 

 

 

日本国内のレースと同じく、色々なランニング関係のグッツ、スポンサーのブースが。

 

スーパーマンはいたが、あの方はいなかった。。。

 

 

せつかくだからホテルのプライベートビーチに行ってから、パタヤビーチ沿いを歩いてホテルに戻りました。

 

 

 

 

 

 

 

最近ここに来て記事が重複しますが、凝りもせずもう一つブログを開設しました。

 

アクセス数がどうしても増えないので記事は一緒ですが、・・・こちらも見に来てください!!

 

↓↓↓

 

「tranning's diary」

 

 

少し前から「ブログ村」の「世界一周」というジャンルに憧れと、何年後かの実現の為にと勝手に参加をさせて頂いております。

 

実際にまだ「世界一周」の旅には出ていませんが、年に何回か旅に出た時の報告のみをしつこく画像中心に紹介しています。

 

さも現地にいる様な感じで大量に撮ってきた画像をむやみやたらに掲載し、更新していて何か申し訳ない感じですが、後2年で旅立つ予定ですのでヨロシクお願いします。

 

ここをクイックして戴けたら順位が上がるそうですので、この記事を見た方はお願いします。

グッド! ⇓ ⇓ ⇓

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

「パタヤマラソン2016」参加してきました。~まずは受付から。。。

2016年07月26日(火) 07時00分00秒 テーマ:パタヤマラソン2016

パタヤマラソン走ってきました。

 

このシュチュエーションで始まる出だしでランニングの話題を書くのは、昨年の11月の「バンコクマラソン」以来になるのでは・・・。

 

リアルタイムで現地からiphoneにて触りをアップしましたが、やはりPCから画像をチェックしながらでないと。。。

 

スマホからの投稿は苦手です。

 

 

レースの記事はまずはスタートからですが、今回はあえて前日の受付から。

 

実にすったもんだしたレジストレイションでした!!

 

まずは受付の場所が、最初の案内から変更になってました。(この事は現地の方のブログをチェックして分っていたのですが)

 

昨年迄はスタート地点の「セントラルフェスティバル パタヤビーチ」の中でやっていたみたいで、これもあり近くのホテルを予約していたので、一応確認しに行ってみました。

 

 

一応デスクは出していましたが、スタッフ3人とも携帯にて対応中。

 

終ってから聞いたら直に受付場所が「デュシュタニ パタヤホテル」に変更になったので、そっちに向かってくれとの事。

 

 

北パタヤ地区の「ディシュタニ パタヤ」へ。

 

まず宿泊は出来ないので、こうゆう時でないと絶対に入る事が出来ないホテル。

 

 

 

 

 

 

 

この後の騒動は又続きます・・・・・・。

 

最近ここに来て記事が重複しますが、凝りもせずもう一つブログを開設しました。

 

アクセス数がどうしても増えないので記事は一緒ですが、・・・こちらも見に来てください!!

 

↓↓↓

 

「tranning's diary」

 

 

少し前から「ブログ村」の「世界一周」というジャンルに憧れと、何年後かの実現の為にと勝手に参加をさせて頂いております。

 

実際にまだ「世界一周」の旅には出ていませんが、年に何回か旅に出た時の報告のみをしつこく画像中心に紹介しています。

 

さも現地にいる様な感じで大量に撮ってきた画像をむやみやたらに掲載し、更新していて何か申し訳ない感じですが、後2年で旅立つ予定ですのでヨロシクお願いします。

 

ここをクイックして戴けたら順位が上がるそうですので、この記事を見た方はお願いします。

グッド! ⇓ ⇓ ⇓

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

パタヤマラソン完走!!

2016年07月18日(月) 06時36分15秒 テーマ:2015タイ バンコク、パタヤ、アユタヤ
パタヤマラソン完走!!

受付では色々ありましたが、最高に素晴らしいパタヤマラソン完走しました。

もちろんこのコスチュームでしたので、写真撮られまくり。。。

おそらく何百人の方と交流を持ったか、ゴール後には数人の方とFBを交換。

詳しくはまた帰国後に、、、。
{87E786ED-4F9A-4411-9210-2748B1502279}

{4243A815-6B5F-472B-8CC7-96CBF6F1303B}

{F6157232-2390-42C3-8C3E-F30CBC6F31F7}

{F65895FC-F372-4EEF-A29B-6EAC1ED9C723}

{9AB78B68-3A2C-4257-B344-59BDA49ECD1F}

{A7280474-80BD-44A3-AD9B-18233A2A5CAC}

{D4140517-FCE5-4734-BF31-F7761D02F47B}

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

やはりパタヤマラソンエントリー出来ていなかったが。。。

2016年07月17日(日) 02時48分45秒 テーマ:2015タイ バンコク、パタヤ、アユタヤ
{215AD9BC-CD0C-4F31-902D-70A0BEF19B0D}

{137694CE-A2EE-4E59-A045-87F4FC8F9FFF}

{73F2FFCE-ABE5-4EF0-99AC-B20BA30A0AB4}

{B75D45FD-B900-4EEA-BCE7-3C75F611CB90}

{1974ED11-A790-454F-A04D-A1A3AAC946B2}

{8B029119-6BE7-41DE-B87E-10B544710D91}

{DAA661A6-D38F-4051-8DCB-2598A7A1E46A}

午前中パタヤヒルのビッグブッタへ行き、午後に受付会場のディシュタニホテルへ。

案の定掲示板に名前が出ていない、、、。

ネットからプリントしたレジストレイション番号が書いてあるのと、カード支払いをしたという画面コピーを出して交渉。

何とか無理やりゼッケンを発行して貰ったのでひと安心。

詳しくは帰国後に又報告します!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

リアルタイム タイに来ています!

2016年07月15日(金) 10時33分19秒 テーマ:2015タイ バンコク、パタヤ、アユタヤ
またまた来てしまったタイ・・・、目的は今週末開催されるパタヤマラソン!

ただしその後も一週間滞在しますが、何か。。。
{2A720919-6701-482C-9215-1B93E426544A}

{44BE63A8-DE94-458A-AA1A-72C4A3FA9A40}

{F0FF8A12-E8B4-4890-A996-C68C8BFCA81F}

{F6E990B2-ACC3-4409-B8CB-23968ED70D2E}

{06666017-C48E-40D6-9844-0EA2055EB8E4}

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

「レッド ドット トラフィック」(red dot Traffic)~真っ赤なセキショクの世界!!

2016年07月12日(火) 07時00分00秒 テーマ:2015 シンガポールの旅

チャイナタウンから少し外れた場所に、目に飛びこんでくるという表現がぴつたりの真っ赤な建物があります。

 

かつてシンガポール交通警察の本部として使われていた建物で、その名も「レッド ドット トラフィック」(red dot Traffic)。

 

「レッド ドット デザイン ミュージアム」(red dot design museum)、レストラン、カフェ等も中にあり、他は広告代理店やデザイン事務所等のテナントがこのビルに入っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近ここに来て記事が重複しますが、凝りもせずもう一つブログを開設しました。

 

アクセス数がどうしても増えないので記事は一緒ですが、・・・こちらも見に来てください!!

 

↓↓↓

 

「tranning's diary」

 

 

少し前から「ブログ村」の「世界一周」というジャンルに憧れと、何年後かの実現の為にと勝手に参加をさせて頂いております。

 

実際にまだ「世界一周」の旅には出ていませんが、年に何回か旅に出た時の報告のみをしつこく画像中心に紹介しています。

 

さも現地にいる様な感じで大量に撮ってきた画像をむやみやたらに掲載し、更新していて何か申し訳ない感じですが、後2年で旅立つ予定ですのでヨロシクお願いします。

 

ここをクイックして戴けたら順位が上がるそうですので、この記事を見た方はお願いします。

グッド! ⇓ ⇓ ⇓

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

トレゾール タヴァーン ホテル(TRESOR TAVERN HOTEL)~まさにホピットサイズ!

2016年07月10日(日) 16時00分26秒 テーマ:2015 シンガポールの旅

シンガポールで最後に宿泊したホテル、家族が帰国してから宿泊をしたので寝るだけなのでとにかく料金が安く、交通機関の便利な処ということで。

 

トレゾール タヴァーン ホテル(TRESOR TAVERN HOTEL)をチョイス。

 

今回のシンガポールは、まず最初はここに宿泊し。

あの「マリーナ・ベイ・サンズ・ホテル」に宿泊~1泊のみですが・・・。

その次はここに。

シンガポールで宿泊した「大和旅館」、前日の宿泊ホテルとのギャップが。。。

 

そして今回はここ、この差って何なのでしょうか。

 

3段階のギャップの激しさ、ただ寝て起きるまでの時間のコンディションは、どのホテルの条件も変わりません。

 

どこのサイトからか忘れてしまったが、何処も高いシンガポールのホテルで1部屋1泊 5,000円以下のホテルを見つけるのは至難の業です。

 

正確な料金は覚えていないが恐らく1泊、1部屋3千円台(税金、サービス料別)で泊まる事が出来ました。

 

シンガポールでこの料金で、泊まれるのはゲストハウスのドミトリー以外ではまずありません。

 

タイだったら4星以上に泊まれるのに・・・。

 

今回は一人なのでシングルルームですが、まさに部屋もベットもシングル。

 

ここに泊まったゲストレビューに書いてあったが、まさに「ホピットサイズ」とは正にこの事。

 

ただ昼前に荷物だけ置いてもらおうと思ったが、部屋にチェックインが出来てしまった。

 

この部屋を見ても分る様に、ここでゆっくりとはいかないので直に外出し夜迄戻って来ませんでした。

 

翌日は夜便で帰国だったが、ここまでまた荷物を取りにくるのが面倒だったので先に空港の一時荷物預けに預けておきました。

 

なのでスタッフの対応とか良く、部屋も狭いが清潔で必要最低限のものは揃っています。

 

  •  
     

    ●トレゾール タヴァーン ホテル(TRESOR TAVERN HOTEL)

  • Cavan Road Singapore 209854 (Opposite Road of Jalan Besar Stadium (East Gate))
  • TEL +65-62936005
  • FAX +65-62938005
     
    MRT 「ラベンダー駅」から徒歩8~10分
     
  •  
     
    三畳一間の世界、ベッドの横に荷物を置けるスペースがやっと(とても広げる事は出来ず)
     
     
    アコーデオンドアの向こうには、シャワー、トイレ、洗面所と一通りの設備はちゃんと揃っています。
     
    シャワーもハンド式でお湯の出もいい、シャンプー、ボディーシャンプーも備え付けがあり、トイレもハンドウォシュレット付。
     
     
     
    これはあくまでもシングルルームの紹介ですが、他にツイン/ダブル、トリプルルームはありそちらは多少これよりは広め。(でも他のホテルに比べれば狭いかも)
     
    料金が料金ですから文句は言えません。
     
    一泊何千円のホテルに泊まって、予約上のトラベルは別として設備が悪い、スタッフの応対が悪い等の事を言う人の気が知れません。
     
     

最近ここに来て記事が重複しますが、凝りもせずもう一つブログを開設しました。

 

アクセス数がどうしても増えないので記事は一緒ですが、・・・こちらも見に来てください!!

 

↓↓↓

 

「tranning's diary」

 

 

少し前から「ブログ村」の「世界一周」というジャンルに憧れと、何年後かの実現の為にと勝手に参加をさせて頂いております。

 

世界一周をされている方に混じって何と見たらランクが200番台になっていました。(このジャンルは今2815サイトが登録されていて世界中旅をされている方の憧れです。)

 

実際にまだ「世界一周」の旅には出ていませんが、年に何回か旅に出た時の報告のみをしつこく画像中心に紹介しています。

 

さも現地にいる様な感じで大量に撮ってきた画像をむやみやたらに掲載し、更新していて何か申し訳ない感じですが、後2年で旅立つ予定ですのでヨロシクお願いします。

 

ここをクイックして戴けたら順位が上がるそうですので、この記事を見た方はお願いします。

グッド! ⇓ ⇓ ⇓

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

新加坡佛牙寺龍牙院 The Buddha Tooth Relic Temple and Muse

2016年07月08日(金) 07時00分00秒 テーマ:2015 シンガポールの旅

チャイナタウンの中心部にある巨大な仏教寺院「新加坡佛牙寺龍牙院」。

 

これもインド寺院同様、絶対に名前を覚える事が出来ないお寺。

 

外観は「千と千尋の神隠し」の舞台の様な佇まい。

 

唐王朝時代の建築様式を用い、ミャンマーの寺院で発見された仏陀の歯をおさめるため、2007年5月に建てられたとのことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なにやらこれから会食があるのか、単なるお供え物にしては多すぎるお寺の周りずらっと飾ってありました。

 

 

 

 

最近ここに来て記事が重複しますが、凝りもせずもう一つブログを開設しました。

 

アクセス数がどうしても増えないので記事は一緒ですが、・・・こちらも見に来てください!!

 

↓↓↓

 

「tranning's diary」

 

 

少し前から「ブログ村」の「世界一周」というジャンルに憧れと、何年後かの実現の為にと勝手に参加をさせて頂いております。

 

世界一周をされている方に混じって何と見たらランクが200番台になっていました。(このジャンルは今2815サイトが登録されていて世界中旅をされている方の憧れです。)

 

実際にまだ「世界一周」の旅には出ていませんが、年に何回か旅に出た時の報告のみをしつこく画像中心に紹介しています。

 

さも現地にいる様な感じで大量に撮ってきた画像をむやみやたらに掲載し、更新していて何か申し訳ない感じですが、後2年で旅立つ予定ですのでヨロシクお願いします。

 

ここをクイックして戴けたら順位が上がるそうですので、この記事を見た方はお願いします。

グッド! ⇓ ⇓ ⇓

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

チャイナタウンのど真ん中にあるヒンズー教寺院~「スリ・マリアマン寺院」

2016年07月06日(水) 07時00分00秒 テーマ:2015 シンガポールの旅

インド人街にも仏教寺院があったが、チャイナタウンにもインド系のヒンズー教の寺院が堂々の佇まいにてど真ん中に建っています。

 

と言うのも19世紀半ばまではこの辺りは、インド人が相当な数住んでいたそう。

 

ここもインド系寺院の特徴の色々な彫刻物があり、見ていて飽きがきません。

 

入場料は無料だが、カメラで写真を撮る条件だと3シンガポール$の寄付をします。

 

ヒンズー教の寺院は土足禁止なので入口で靴を脱ぐので、中の陽が当たっているコンクリートの上が熱い・・・。

 

これでシンガポールに来てからインド寺院訪問3件目。

 

インドに行って寺院巡りをしたい要望が最近強くなっています。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近ここに来て記事が重複しますが、凝りもせずもう一つブログを開設しました。

 

アクセス数がどうしても増えないので記事は一緒ですが、・・・こちらも見に来てください!!

 

↓↓↓

 

「tranning's diary」

 

 

少し前から「ブログ村」の「世界一周」というジャンルに憧れと、何年後かの実現の為にと勝手に参加をさせて頂いております。

 

世界一周をされている方に混じって何と見たらランクが200番台になっていました。(このジャンルは今2815サイトが登録されていて世界中旅をされている方の憧れです。)

 

実際にまだ「世界一周」の旅には出ていませんが、年に何回か旅に出た時の報告のみをしつこく画像中心に紹介しています。

 

さも現地にいる様な感じで大量に撮ってきた画像をむやみやたらに掲載し、更新していて何か申し訳ない感じですが、後2年で旅立つ予定ですのでヨロシクお願いします。

 

ここをクイックして戴けたら順位が上がるそうですので、この記事を見た方はお願いします。

グッド! ⇓ ⇓ ⇓

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

シンガポール チャイナタウン~複合民族国家で一番多い、中華系の人々の暮らしぶりが見れる場所!!

2016年07月04日(月) 07時00分00秒 テーマ:2015 シンガポールの旅

インド人街の次はやはりこのシンガポールで80%を占めている中華系の人々が集まる場所といえばここチャイナタウン。

 

チャイナタウンは中国語で「牛車水」と呼ばれています。

 

シンガポールがまだ開拓の地として、多くの中国人移民者がここチャイナタウンに流れ着いた時、もちろん水道や電気などの衛生管理は全く整っていなかったそうです。その際、人々は水がくめる井戸から、水を牛車でここまで運んでいたということから、「牛車水」とつけられたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近ここに来て記事が重複しますが、凝りもせずもう一つブログを開設しました。

 

アクセス数がどうしても増えないので記事は一緒ですが、・・・こちらも見に来てください!!

 

↓↓↓

 

「tranning's diary」

 

 

少し前から「ブログ村」の「世界一周」というジャンルに憧れと、何年後かの実現の為にと勝手に参加をさせて頂いております。

 

世界一周をされている方に混じって何と見たらランクが200番台になっていました。(このジャンルは今2815サイトが登録されていて世界中旅をされている方の憧れです。)

 

実際にまだ「世界一周」の旅には出ていませんが、年に何回か旅に出た時の報告のみをしつこく画像中心に紹介しています。

 

さも現地にいる様な感じで大量に撮ってきた画像をむやみやたらに掲載し、更新していて何か申し訳ない感じですが、後2年で旅立つ予定ですのでヨロシクお願いします。

 

ここをクイックして戴けたら順位が上がるそうですので、この記事を見た方はお願いします。

グッド! ⇓ ⇓ ⇓

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>