切符展示館 ブログ版

東武鉄道の新型チャージ機でチャージした時の領収書です。

券売機での領収書のフォーマットと同じですが、券紙がレシートとなっています。

AD

切符展示館 ブログ版  切符展示館 ブログ版

越生駅はJRとの共同使用駅で、出改札はJRが担当しています。

伊勢崎線系統では発駅常備着駅補充の回数券がそのような駅には配備されていますが、東上線系統の越生駅では区間常備の回数券が各種設備されています。

AD

切符展示館 ブログ版

池袋から寄居までは金券ショップで購入した株主優待券で乗車しました。

伊勢崎線系統と異なって東上線系統では池袋・寄居間の運賃でようやく元が取れる価格での発売でした。

桃色TRCとぶてつ地紋の磁気券で、自動改札入場時に駅名と乗車日が印字されます。

AD


東武・東京メトロ・JR東日本の共同使用駅である北千住駅のうち、東武の管理する改札口では、東武の券売機と東京メトロの券売機が別々に設置され、それぞれ自社線内の乗車券を発売しています。

東武のタッチパネル券売機では特急停車駅ということもあり、特急券も購入できます。

東京メトロの券売機は東武と乗り入れを行っている日比谷線用として扱われ、北千住・綾瀬間の特定運賃券は口座がありません。

東武は茶色PJR地紋、東京メトロは青色自社地紋となっています。