切符展示館 ブログ版 (頂き物)

近鉄東青山駅の乗車証明書です。

コピーで作成されたお手製タイプとなっており、タイトルも「乗車票」ではなく「無札乗車連絡書」となっています。

AD

切符展示館 ブログ版  切符展示館 ブログ版

切符展示館 ブログ版

切符展示館 ブログ版

帰省中の3日に伊賀線まつりを訪問しようと思い、事前に最寄りの稲毛駅びゅうプラザに近鉄の乗車券と特急券を買いに行きました。

JR東日本との船車券契約は結ばれていないようで、JTBの端末から発券されました。

JTBの端末は昨年1月に更新され、船車券・クーポン券のプリンターも感熱に順次更新されています。

鑑賞券など半券付きにも対応しているため、船車券として発券した場合半券部分が余白となってしまいます。


切符展示館 ブログ版

カードでの支払いをお願いしたら、決済はマルス端末で行われました。

AD

切符展示館 ブログ版

塩浜駅で臨時発売用に近鉄四日市駅配備の車内補充券発行機が使用されていました。

矢印式となてちましたが、着駅の下に 670円区間 との表記がなされていました。

以前はこのような表記はなかったように記憶していますので、様式変更されたようですね。

切符展示館 ブログ版

切符展示館 ブログ版

切符展示館 ブログ版

切符展示館 ブログ版 切符展示館 ブログ版

切符展示館 ブログ版 切符展示館 ブログ版
切符展示館 ブログ版 切符展示館 ブログ版
知人に購入してきて頂きました。

3月20日から阪神なんば線と近鉄奈良線が相互直通運転を三宮・近鉄奈良間で開始しました。

それを記念して発売された硬券入場券セットです。

セットされているのは、

◆阪神三宮駅 A型黄緑色自社地紋

◆大阪難波駅 B型白無地

◆近鉄奈良駅 B型白無地

の3枚で、

阪神電車のものは記念名が左上、有効期限は左端にそれぞれ黒色で、

近鉄電車のものは日付の左側に記念名を赤色で、有効期限は裏面に黒色で

それぞれ表示されています。

切符展示館 ブログ版  切符展示館 ブログ版
3月~4月上旬限定で発売されている1日乗車券です。

発売額は390円となっています。


購入当日は使用できないという制約があり、乗りに来る人向けというよりは、沿線利用者向けなんですかねぇ。

一応内部・四日市往復よりは50円安くなるように設定されています。

切符展示館 ブログ版  切符展示館 ブログ版
切符展示館 ブログ版  切符展示館 ブログ版

3月10日から発売された駅名変更記念入場券セットです。

日付印刷の3駅の旧駅名最終日と新駅名初日の大人専用券6枚セットとなっています。

有効期間や記念名は裏面に入っています。
新駅名のものは3月20日から4月30日まで有効、旧駅名のものは3月19日限りの有効となっています。


これとは別に富洲原駅でオリジナルの2枚組記念入場券を100部限定で20日に発売するそうですが、こちらの入手は私はムリです・・・。また、阪神乗入れ開始記念の入場券セットも出るそうです。