神戸高速鉄道の新開地で阪急三宮までの乗車券を購入しました。阪神線方面は元町が会社境界ですが、阪急線方面は三宮が会社境界となります。

切符展示館 ブログ版

神戸高速鉄道の駅業務は阪急が第2種となっている花隈駅が阪急電鉄、阪神が第2種となっている元町~西代間の中間各駅は阪神電鉄が行っており、領収証を頂くと阪神電気鉄道新開地駅となっています。

切符展示館 ブログ版

AD

湊川駅は神戸電鉄と神戸高速の境界となる駅で、神戸電鉄が管理しています。

神戸電鉄の券売機があり、神戸高速線新開地方面に関しては高速連絡ボタンを押すように掲示がありますが、押さなくても自動的に連絡券様式の神戸高速線の乗車券が発券されます。

それは、神戸電鉄の初乗りが170円ですが、神戸高速線は1区120円、2区150円のため、運賃がかぶらないからで、お金を投入すると 120 150 170・・・とボタンに数字が点灯し、120と150が高速線の乗車券となります。
切符展示館 ブログ版

入場券です乗車券の様式を流用していますが矢印が乗車券に比べて長くなっています。

また 当日限り有効 となっており、乗車券の 発売当日限り有効 と異なっています。
切符展示館 ブログ版

神戸電鉄の乗車券です。

切符展示館 ブログ版

神戸高速線方面の乗車券です。連絡券様式で金額の上に 高速連絡 金額の下に接続駅と連絡社線の運賃が表示されています。

AD

切符展示館 ブログ版

元町から湊川までの神戸高速線完結の乗車券です。

元町駅は阪神が出札を担当しているため、阪神電車の券売機によって連絡券の様式で発売されます。
切符展示館 ブログ版

改札で領収証を頂きました。コクヨの一番安い領収証にゴム印を押していますが、元町ではなく管理駅の三宮となっています。

AD

切符展示館 ブログ版

切符展示館 ブログ版

切符展示館 ブログ版

切符展示館 ブログ版 (頂き物)

阪堺電車と南海バスが共同で設定した堺市内のフリー乗車券です。

堺都心一日フリー乗車券よりバスの有効範囲が狭くなっています。

大きさは補片サイズで、大人用は桃色、小人用は青色となっています。

表面の日付押印欄に南海CI地紋が入っているほか、コピーガードが入っています。

切符展示館 ブログ版  切符展示館 ブログ版

切符展示館 ブログ版  切符展示館 ブログ版

切符展示館 ブログ版  切符展示館 ブログ版

切符展示館 ブログ版  切符展示館 ブログ版

沿線シリーズ第6弾となりました。今回は大和川・我孫子道・安立町の沿線となります。


大和川・・・大和川橋梁

我孫子道・・・我孫子道車庫

安立町・・・安立町に停車している163号車


が沿線の名所(?)として紹介されています。