切符展示館 ブログ版  切符展示館 ブログ版

西武鉄道が夏休み限定で発売している企画乗車券です。

多摩川線を除く全線の1日乗車券と、お食事券がセットとなっています。


川越プリンスホテルで食事をしたのですが、1,800円相当のランチバイキングとなっており、発売額が1,980円ということで大変お値打ちな乗車券です。


AD

【JR東海】東京

テーマ:

切符展示館 ブログ版

先日帰省の折に乗車したのは、いつもより早い岡山行最終「のぞみ」でした。

早く帰るつもりで選んだのが裏目に出てしまい・・・気づいたら岡山・・・。

すでに0時前で戻る列車などありません・・・。


改札口で寝過した旨を申告したところ、「朝一番の「のぞみ」で戻るのであれば証明をします。」と、券面上部のような証明をして頂きました。


誤乗 のぞみ104 号○自により

8/23 新大阪 駅まで返 岡山駅


翌朝まで時間をつぶし、朝一の「のぞみ」で大阪へ戻りました。

AD

JR東日本が高速道路1,000円に対抗して、復活させた、ツーデーパスです。

切符展示館 ブログ版

本券は自動改札機が使用できる85mm券で発券されますが、有効範囲が広いので地図がもう何がなにやら分からない状態になっています。

切符展示館 ブログ版

ご案内券は2片発行されます。

切符展示館 ブログ版  切符展示館 ブログ版

駅レンタカーの割引券とアンケート片も付きます。

切符展示館 ブログ版  切符展示館 ブログ版

切符展示館 ブログ版

これで5,000円は乗り甲斐がありますね。

AD

切符展示館 ブログ版

館山駅前にあるJRバス関東の窓口で購入した回数券です。

発行箇所は 館山支店 が印刷で入っており、窓口では各運賃別さらに大小別に作り置きがなされていました。

金券式に ○小 を押すのは、案内の ・乗車区間の旅客運賃額に相当する券片数まで使用できます。 との整合性が取れないような気もしますが・・・どうなのでしょう??

切符展示館 ブログ版  切符展示館 ブログ版
日東交通の館山営業所が分社された、館山日東バスの回数券です。

こちらも昨日紹介した鴨川日東バスの回数券と同様に、親会社の体裁をほぼ踏襲しています。

券面中央部に灰色のラインが入っています。


鴨川日東バスのものもそうですが、分社会社発行のものは案内に自社のみで使用可能(親会社や田の分社会社では使用できない)であることが謳われています。


残りの天羽日東バスのものは未集です。

切符展示館 ブログ版

切符展示館 ブログ版
カルテットきっぷ専用の新幹線変更券です。

往復切符用と別に設定され、こちらは120mm券となっています。


これは小人2名が1券片を使用する場合に自動改札機では対応できないからではないかと推測するのですが、実際はどうなのでしょうね。

切符展示館 ブログ版

切符展示館 ブログ版

JR東海が名古屋・豊橋間に設定した回数券タイプのトクトクきっぷです。

4枚つづりで有効期間は1か月となっています。

発売額は3,400円で、2往復とも平日の場合や、当日に往復しない場合にお得になります。

小人の設定はありませんが、1券片を小人2名で使用することが可能です。