どうも! 淳一です。

ご存知の方も多いと思います。ホカというシューズ。個人的に大好きなコンセプトのシューズです。

走り込みに、リカバリーに、トレランに、ロードワークに、最高のクッション性能を提供してくれます。





 取り扱っている中では、大きく分けて3タイプ。似て非なるモデルです。


走ってみた感覚でご紹介します。


ブームとか関係なく中身を知っていただきたい。そのくらい大プッシュできるシューズです。






画面左→ボンディB(ボンダイともいう)


真ん中→ラパヌイ


画面右→スティンソンイーボ


この他にMafateというモデルもありますが入荷予定はありません。ご了承ください。



ソールの硬さ、柔らかさ、パターン、ワイズ、ラスト・・全然違います。  

足入れ感もやはり同じではないですね。

アッパーの生地とシューレースの作りも好みが分かれるポイントになりそうです。




←ホカの代表的なモデル Stinson Evo


ワイヤー仕様。替え紐が付属でついてます。

クッション性能 安定感 グリップ力 は一番良いです。
縦方向、横方向ともに安定してます。 イメージとしては「ソールに乗り切れる」という感じです。


ものすごい衝撃吸収性があるため、小石くらいなら気にもなりません。足裏からくる見えないダメージから守れます。

暑さ、寒さにも効果的です。


足入れてワイヤー(僕はひもに変更しました)をしめれば締めるほどアッパーが寄ってきて、見た目よりずーっとタイトにフィットします。  足幅細めの方にも合うと思います。
荒れた下りで、びっくりするほどのダメージの少なさを与えてくれる、そんなシューズです。


←こちらはロード用の Stinson Tarmac

ロードパターンですがグリップはかなり良いです。

基本的な構造はイーボと同じです。  

安定感も衝撃吸収性能も抜群にいいですね。

「過保護すぎ」なんていう方も・・ほめ言葉ですね!


ロードウルトラの方や、トライアスロンの方に人気が高いモデルです。 

太ももをしっかり使って踏み込む走りが可能です。それでいてダメージを残さない。

スタンダードで不動の地位 スティンソン。




→こちらは Rapa Nui Comp
(Kailua Tarmac ロード用もあります)


ホカの中では最もシャープでカチッとした足回り。


ワイズもラストもスピードを出して走る設定になっています。

クッション性能はスティンソンを10だとすると6~7程です。

地面からの反力を生かせる硬さです。


中級者、上級者向けの接地時間の短い方向けと言えます。

スティンソンの下りでの安定感は出せませんが、上りやすさ、足さばきのよさはワイズが細めなためラパヌイが上だと感じます。


テクニカルな路面よりもイージーなコース寄りのシューズです。 


 極端なO脚、捻挫癖のある方にはおすすめしません。



ラパヌイに限り、防水仕様モデルもあります。


真夏の使用は気が進みませんが、冬ならば大活躍してくれそうです。

案外、カメラマンの方や犬のお散歩で朝露の中をガシガシ歩く方、雨の日の外仕事の方に人気があります。


替えひもなしで、付属のインソールは薄めのタイプです。これは、お好みで入れ替える感じです。








←そしてこちらが・・・2013UTMFを制覇された選手の脚を支えたタイトルシューズ。

Bondi-B  ボンダイとも読みます。Bondi-Sというのはメーカーさんの入荷予定がないそう。BとSの違いはひもかワイヤーかの違いです。基本性能はおなじです。


ロード用なんですがトレイルも行ける方はいけます。アウトソールが柔らかいので程よくグリップ力はあります。


ソールはスティンソンよりも硬さがあり、ラパヌイよりも軟らかい感じです。ホカのラインナップの中では一番軽く感じます。  



クッション性能はスティンソンが10として8~9というところです。 

スピードコントロールとダメージコントロールを上手にこなしてくれる感覚です。

アッパーがややワイドで指先にゆとりがある感じです。生地もしっかりとしたもので、剛性があります。型崩れしてこない感じです。

シューレースの位置が浅めで、ベロ部分に厚みがあり甲高の方にもフィットします。

地面を蹴りすぎずに 置く感覚 で履きこなせれば長時間活動するときに、後半も頑張れる状況に持っていきやすいですね。


あとはもうお好みで! お試しシューズは23.5~29.0までありますので。



試して 走って 飛ぶ!

メーカーのサンウェストさんから頂いたバナーです。しびれました!!

テストセンターとしてはメーカーさんの協力なしでは成り立たないので本当にありがたいです。


今からくるシーズンの準備に是非ご利用ください。

雑誌で見るよりご自身の感覚でお試しください!



AD

コメント(6)