師走にのんびり

テーマ:


昨日の日曜日、実家の両親と一緒に茨城県近代美術館 で茨城出身パリ在住の画家・村山密(しずか)展を観てきました。
画家の米寿記念ということで、村山氏が88歳になる現在までにパリの街並を中心に描かれた102点の作品が展示されていて、様々な風景題材や色彩感覚で見応えのある大作が多かったです。
セーヌ河畔パリの屋根ノルマンディーの港などの他、一点だけ暗い部屋でライトアップされていた立体で枠のないステンドグラス風なガラス絵の大聖堂にも感激でした。


フランス画鑑賞の後は、小さなイタリア料理店でお昼ご飯。
学生時代から何度か行ったことのある、気さくで美味しいお店ですが、実は近いうちに一時閉店になってしまうそうです。
ご主人の話によると、都市計画による道路の拡張のためお店の前にある駐車場スペースが無くなってしまうので、この場所では営業を続けるのが難しいとのこと。

それと同時に、この立派な山桜の並木も無くなると聞いて、なんだか寂しく感じてしまいました。
今まで気にも留めなかった並木だけど、来春の桜は見られるのか?

namiki1

AD