トレードタイム 情報サポート室

FXを中心に個人投資家の皆様にお役に立つ情報を公開しています。
トレード・タイムのHPでは「平均足改良版」ライブチャートもご覧頂けます。

http://www.trade-time.com/

NEW !
テーマ:
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆公式トレードサイト: 無料売買シグナル掲載中 「トレード プレス」 
☆現在、「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


■昨日は、日米のイベントを前にポジション調整の売りが散見される中、
原油安から株安の影響から106円台をキープできずに終了しました。

これまで7円以上の上昇要因は、次の以下の三点です。

・英離脱ショックが一時的に収まっていること
・米株価が好調キープ、指数も史上最高値更新で年内利上げ観測
・日本の大型景気対策期待による過度な財政と追加緩和観測


■英離脱ショックにおいては、現在は収まっているもののユーロ圏との
交渉が進む中で様々な課題が出始め、その対応に追われることで景気対策が
遅れる可能性も否めないとみています。

むしろ第二のギリシャショックのような扱いで忘れたころに材料として
出ることが予想されます。


■そして、米追加利上げ観測に関しては、これも期待感はあるものの決定的
な材料、つまり物価上昇や賃金上昇が未だ見られないことから、追加利上げに
踏み切れないでいます。
また、株価上昇の背景は、原油価格が50ドル近辺で推移していたことも
大きな要因の一つです。


■しかし、昨日の原油安でNY株価も下落するところを見れば、
不安材料であることは確かです。
また、明日に控えるFOMCでも現状維持で、今のところ9月利上げ観測の
材料は期待できないとみています。



■重要な焦点は週末の日銀会合です。

大型景気対策との見方はあるものの、肝心な財源確保が不透明です。
更に景気のテコ入れを考えるのであれば、やはり財政と金融の両輪が
回ってこその話です。
しかし、日銀の追加緩和は既に限界をむかえつつあり、更にヘリマネを否定
したことで、週末のゼロ回答を視野にいれざるを得なくなっています。


■いずれにしても、不安定要素が潜在的になる中で、市場参加者の本当の
意味でのリスク選好は程遠いとみています。

やはり、「不透明」がキーワードになっているからです。

昨日のように原油が急落することで、株売りが再燃し、リスク回避に傾き
市場ムードは冷や水を当てられる展開となっています。

やはりこのような相場展開を想定するとヘッジやリスク管理は、いつも以上に
必要となります。



■本日は、原油や株価を横目にしながらの展開と予想しています。
しかし、テクニカルでは、既に移動平均75日線を突破できず、今年に
入ってからは2度も同じ経験を踏み、その後は急落しているので注意が
必要とみています。

また、英離脱ショック後の安値今月8日の安値(99.98円)と同21日高値
(107.48円)に対する38.2%(105.72円)や50.0%(103.73円)が
意識されやすくなるとみています。

テクニカル面でも上記の押目価格を破られることとなれば、投げ売りも
想定したトレードを心掛けたいです。




↓ ↓
次回「7時間集中!FXトレーダー養成」はスキャルについても解説!


■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス





にほんブログ村


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆公式トレードサイト: 無料売買シグナル掲載中 「トレード プレス」 
☆現在、「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



■先週末は、米製造業PMI速報値が予想を上回ったことや
日銀追加緩和観測からリスク回避が抑制され、106円台をキープして
終了しました。

今週は、FOMCや日銀金融政策決定会合がメイン材料となるため、
それまでは、押し目買い優勢の中、106円を挟んだもみ合いを
予想しています。



■FOMCでは、基本的にFFレートは据え置きと予想しています。
また、議長の会見はないので、声明文の注目することになりますが、
これまで指摘してきた設備投資やインフレ指標に大きな改善はないと
みているので材料視されにくいとみています。

■注目は日銀金融政策決定会合です。

これまで相場を押し上げてきた材料が追加緩和観測だっただけに、
材料が先行しすぎた感は否めないです。
昔から言われている永久国債といった非現実的な話題が相場に織り込まれて
いることを考えると、今会合でゼロ回答となった場合の失望売りは
大きいとみています。

また、テクニカルでは、日足ベースで移動平均75日線を超えることが
できなかったことも気がかりです。
今年に入り、すでに2月初めの120円台と5月末の110円台で失敗して
いるので今回も過去の経験則通りの展開も視野に入れる必要も
ありそうです。



■そしてもう一つ注目したいものがあります。
それは、金とドルの動きです。ドルインデックスをみれば、
今年4月以来の高値水準に位置し、特に英離脱後のしわ寄せがドル高を
演出しています。

しかし、それと同時に金のETF残高をみれば増加傾向しており、トレンドも
いまだ上向きのままです。

通常、「ドル高金安」が通常で、現在は「金高ドル高」になっており、
中期的に相場を見るうえで迷う面も否めないようです。



■本日は、イベント前でレンジが狭い取引を想定してカウンタートレードで
利食いも早めておきたいと考えています。

以下は、重要なレートポイントになります。


・先週末高値…106.40円

・先週末安値…105.57円



↓ ↓
次回「7時間集中!FXトレーダー養成」はスキャルについても解説!


■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス





にほんブログ村


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆公式トレードサイト: 無料売買シグナル掲載中 「トレード プレス」 
☆現在、「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



■昨日は、黒田総裁の「ヘリコプターマネー」政策導入の否定発言をきっかけ
に株安や原油安も重なり、105円台に突入しました。

また、米経済指標は市場予想を上回り堅調でしたが、やはり「ヘリコプター
マネー」のインパクトは否めないようです。


■ここ最近の上昇材料は大型景気対策と日銀追加緩和に対する期待感です。

日銀のマイナス金利導入で限界説が囁かれている中で、更なる拡大となると
やはり想像できることはただ一つ「ヘリコプターマネー」だったと思います。
この報道に関する収録は現在の考えではなく、6月時点での話しだったと
する報道が流れても、残すカードが財政政策しかなくなり、
市場期待と日本の政策面でのかい離が出始めたのではないかとみています。


■つまり、金融政策と財政政策が同時に稼働することで、景気をはじめとした
実勢に沿った株価上昇が望めるものです。
しかし、今回の「ヘリコプターマネー」否定で、市場参加者の期待値を
大きく下げたと思います。


■また、テクニカル面でも英離脱による下落を戻したことでの一服感もあり、
調整局面に入りやすいとみています。

そしてドル円の今年の特徴として移動平均75日線をタッチすると下落
する傾向が昨日も当てはまっています。

期待感からの買い、戻りを待ってからの売りの交錯状態が続いている中、
ここまでの上昇に対する利食い売りも出てくる可能性も高くなっています。


■そこで注目したいのが、来週の日米のイベント動向です。
ゼロ回答となれば、大幅な下落も視野に入れる必要があります。

本日は、75日線を引値ベースで超えなかったことや来週のビックイベント
を控え、ポジション調整の売りが散見されると思います。


以下は下値目標となります。

・昨日安値…105.41円

・先週末安値…104.60円



↓ ↓
次回「7時間集中!FXトレーダー養成」はスキャルについても解説!


■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス





にほんブログ村


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆公式トレードサイト: 無料売買シグナル掲載中 「トレード プレス」 
☆現在、「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



■昨日は、英失業率が予想を下回ったことをきっかけにリスク回避が
抑制され、その流れを引き継ぎNYダウが連日の史上最高値を更新
したことで、リスク選好意欲が高まり、107円台を超えています。


■本日は、株価の上昇を背景に、リスク選好の流れが継続していますが
過熱感も台頭しているため、高値追いは禁物です。

相場材料としては、英離脱によっての影響が最小限に抑えられている
ことで極度なリスク回避が無くなったことで、投資家心理がやや楽観的な
モードになりつつあります。
その流れで米株高ラッシュや日本の大型景気対策期待が重なり、相場の
重さが感じられなくなっています。

また、原油価格も40ドル台後半で何とかキープしていることでの
安心感もあり、年初からの負の連鎖パターンは回避できていることも
二次的要因とみています。


■しかし、テクニカルでは、短期的に既に過熱感が出ていることや
107円を割り込む様であると、利益確定の売りに抑える
可能性もありそうです。


■本日の注目材料は、ECB政策金利と声明発表がポイントです。

昨日は1.10ドルの大台を割り込む場面があったものの、何とか大台を
キープして終了しています。

しかし、ドラギ総裁のコメントを含めて何らかのアクションがあるようで
あれば、ドル円にも影響が出るのではないかとみています。



本日のポイント価格は以下のとおりです。

押し目目途・・・ 106.75円

戻り目途・・・ 107.71



↓ ↓
次回「7時間集中!FXトレーダー養成」はスキャルについても解説!


■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス





にほんブログ村


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆公式トレードサイト: 無料売買シグナル掲載中 「トレード プレス」 
☆現在、「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



■昨日は、材料となる経済指標も無く、株価や原油を横目にしながらの
展開となり、106円前半をキープして終了しました。

また、ここまで相場を押し上げてきた材料を確認したい向きもあることから、
積極的な売買は控えられています。
そんな中、米住宅着工件数は市場予想を上回り、ドル買いムードも強く、
対円でも105円台では買われ底堅い動きもみえます。


■英離脱後の相場は、米株高を材料に世界的にも楽観ムードが強くみえます。
その証拠にシカゴのVIX指数(恐怖指数)も急低下し、約1年ぶりの
11ポイント台に入っています。
ちなみに英離脱時の高値は26ポイント後半を付けていました。

この急低下する恐怖指数がこのまま低位にいるはずもなく、今の相場は
嵐の前の静けさのようにもみえます。
年後半には英国とユーロ圏との貿易問題や米大統領選を控えているからです。
今の時期はサマーバケーションとも重なるので方向が出にくいとみています。


■本日は株価を横目にしながらの展開とみています。
昨日も書きましたが、日足上の200日移動平均線に接近していることもあって、
やや意識されやすい水準にもなってきています。
しっかりと押目を探すことが大事だとみています。

押目ポイント

・昨日安値…105.64円

・一昨日安値…105.27円

ユーロドルの日足は、200日移動平均線を意識した動きになっているのが
良くわかります。
特に英離脱後の高値は全て、この200日移動平均線をタッチするものの、
その後は売られる展開となっています。参考にしてみてください。



↓ ↓
次回「7時間集中!FXトレーダー養成」はスキャルについても解説!


■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス





にほんブログ村


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。