トレードタイム 情報サポート室

FXを中心に個人投資家の皆様にお役に立つ情報を公開しています。
トレード・タイムのHPでは「平均足改良版」ライブチャートもご覧頂けます。

http://www.trade-time.com/

NEW !
テーマ:

■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス

 

 


■昨日は、米長期金利が低下したことや原油価格が

50ドルの大台割れを背景として、ドル売り優勢の

展開となりました。

 

しかし、NYダウが史上最高値を更新したことで、

安値を拾う動きもみられ113円台ミドルはキープしました。


■さて、本日はECB理事会となりますが、

資産購入プログラムに関しては予想通り

半年間延長すると想定しています。

 

しかし、その資産購入の月額に対する金額が

ポイントになるのではないかと思っています。

 

特に原油価格が上昇したこともあり、インフレ懸念は

以前よりも格段に上がっているので注意はしたいところです。


■また、株式市場でもNYダウが史上最高値を更新し、

いよいよ2万ドルの大台を視野にした動きと

なっていることが目立ちます。


今後はトランプラリーを背景に底堅い動きが想定されますが、

来年就任したのちの動きとこれまでの期待感との

ギャップが、今後は焦点になりそうです。

 

また、昨日の株高に対して、ドルの買いが

入っていなかったことは、

今後の変化の兆候かもしれません・・・

 

このことは、株は株自体の材料で流れに遅れたくない買いが

買いを呼び、ドル買いがついていっていなかったこと、

そして「セリングクライマックス」の逆の動きを呼びこす

可能性もあるのかと思ってしまう位の勢いで、

やや怖いです。

 


■そして、今年最後のFOMCが来週に控えますが、

追加利上げだけでは市場は既に折り込んでいるので、

来年以降の追加利上げのペースに関して何らかの

手がかりが出るようであれば、115円突破もあると見ています。


しかし、今までの流れを見る限りイエレン議長のスタンスは

かなり慎重な面が目立つこともあるので、

期待はしにくいのではないかみています。

 


■一方、コモディティ市場を確認すると、原油価格が昨日、

大台の50ドル割れがあったこともやや気がかりです。


OPEC協調減産以後ペースを加速して上昇しました。


しかし、チャートを見れば2日前のコマ線、そして昨日の

大陰線と悪い流れを見れば一旦は、調整国面に入る

可能性もあるので、ドル円にとってはマイナス材料に

なる可能性もあるのでこちらも注意しておきたいです。

 

 

■最後に、本日のドル円です。

 

4時間足ベースのボリンジャーバンドでは、平行線になり
持合いを示唆しています。

 

基本的には、調整に入ると見ているので昨日の安値を

中心にブレイクダウンのポイントを図りたいと考えています。

 

・昨日安値…113.40円

・5日安値…112.85円

 

 


■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス





にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス

 

 

■昨日は、特に注目すべき材料もなく、114円を挟んだ

小動きの展開となりました。


また、NY株式市場も小動きであったことや長期金利も

一服感が出たことから、ポジションを傾ける

動きにはなっていません・・・。


■これまで騰勢を続けてきたドル円相場ですが、

ここ数日間の動きを見る限り、115円が目先の壁に

なっていることが良くわかります。

 

仮にこのまま、114円ミドルを超えにくいとなると・・・、

 

トランプラリーも一服感が出始め、株式市場もNYダウが

史上最高値、日経平均株価も年初来高値となり、

この先はやや買い疲れ感が出やすくなる時間帯に入りそうです。

 


■来週のFOMCに向けての追加利上げ以上の期待感を

市場は要求しているようにもみえます。


つまり、年内追加利上げだけでは物足りず、

来年以降の利上げペースに関する何らかの手がかりを

模索している様です。

 

現状では既に現状のドル高から想定すれば、年1回、

多くて2回とみています。

 

というのも、米国内では製造業はこのドル高で逆風になっており、

消費者にとってもマイナス、更に原油高までついてきているので、

消費マインドは来年下り坂に入る可能性があるとみています。


更に、雇用市場もピークアウトし始める可能性は濃厚で、

その意味ではリセッション入りするのではないかとみています。

 

また、このドル高は、米国内だけではなく、

新興国経済の資金流失問題にも発展する恐れもあります。

 

ドル建てベースのコモディティ市場にとってはマイナスであり、

更に言えば、世界の債務の大半はドル建てであることにも注意を払いたいです。

 


■これまで、トランプノミクスに対する期待感で相場は

割りと楽観的にスタートしました。

しかし、来年就任して直後に市場が期待するほどの大規模な

財政出動がない可能性もあります。


つまり、市場が期待する大規模な財政出動は新年度の

10月の可能性もあります・・・。

 

その意味では、若干のタイムラグがリセッションを

引き起こす可能性もあるので、あまり過度な

トランプ期待はそろそろ終わらせたほうが無難

ではないかと考えています。

 


■最後に、本日のドル円です。

 

現状では、「113円ミドル〜114円80銭」を上抜けるか?

下抜けるかがポイントです。

 

4時間足ベースでみると、ボリンジャーバンドの幅が

縮小し始めていること、更にアッパーバンドが垂れ下がり

始めているので、調整局面に入る可能性を想定しておくことが必要です。

 


大きくブレイクダウンするポイントになります。

 

・ボリンジャーバンド-2σ…113.40円
・12月5日安値…112.85円

 

 


■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス





にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス

 

 

 

■昨日は、注目されていたイタリアの国民投票の結果、
大衆主義が勝利したことで、ユーロ不安から
リスク回避が選考しました。
 
ドル円もギャップダウンのスタートで一時、
103円割れがあったもののその後は、しっかりと
持ち直し再度114円台に突入、また良好な米経済指標を
きっかけに株式市場は史上最高値更新したことで
過度なリスク回避も抑制されています。
 
 
■さて、先週のOPEC会合、そして昨日のイタリアの
国民投票のイベントリスクは、通過ました。
 
NYダウは史上最高値、原油は年初来の高値と、
市場環境は今年の年初の「負の連鎖」の真逆の
展開となっています。
 
つまり、市場はリスク回避からリスク選好に頭が
切り替わっていることが最近の動きで明白に
なっています。
 
それは、IMM日本円のポジションの変化にも現れています。
 
米大統領選を境に極度なロングを手仕舞いし、
今では完全にフラットな状況になっています。
 
その意味でもこの先のドル円相場を見る上では、
価格の節目としては、やはり115円が重要な
ラインになりそうです。
 
材料的にも115円を突破するには、期待だけでなく
何かもうひとつ後押しが欲しい相場展開になっています。
 
 
■しかし、この上昇の中で、気に留めて置かないと
いけない点もあります。
 
それは、トランプ新大統領が就任するまであとわずかと
なってきたことで、「期待と事実」のギャップが
どの程度あるのか?ということです。
 
また、昨日のイタリア国民投票、オーストリア大統領選で、
大衆主義が勝利したことで、ユーロ圏での長期金利は
上昇する可能性があります。
 
これまで米長期金利だけが焦点となっていましたが、
ユーロ圏の金利動向にも注視する必要がありそうです。
 
少なくても、昨日のユーロドルの日足をみれば、一旦
底打ちしたように見えます。
 
その意味では、ユーロの買い戻しによるドル売りには
注意が必要です。
 
 
■最後に本日のドル円です。
 
 
昨日の安値を突破すれば、調整局面になると見ています。
その意味では、逆指値を入れておくイメージです。
 
 
昨日安値…112.85円
 

 


■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス





にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス

 

 

 

■先週末は、注目された雇用統計の結果、
失業率が9年ぶりの低水準になったことをはじめ、
非農業者部門雇用者数に関しては予想よりは、
やや下回ったものの堅調な数値となっています。

 

しかし、堅調な結果にも関わらず、平均時給が前月比・
前年比ともに下回ったことは、気掛かり材料です・・・。

 

雇用統計後は、手掛かりを欠き、週末の利益確定売りや
イタリアでの国民投票を控えて売りに押される展開となりました。
日本の株式市場もドル円とほぼ歩調をあわせるように
売り優勢の展開となりました。

 

 

■本日は、イタリアの国民投票を受け、ドル円を含む
クロス円は「下窓」をあけてスタートしましたが、
すでにその「窓埋め」は完了しています。

 

今週は、オーストリアの大統領選をはじめ、ECB理事会や
ドラギ総裁会見とユーロ圏が中心材料となります。

これまで、トランプラリーが市場を支配してきましたが、
加熱したハイブリッシュな相場に水を差す展開も
予想しておきたいところです。

 


■特に、ドル円に関しては、シカゴの日本円の
投機ポジションを見る限り、ピーク時でネット
7万5千枚強の円の買い越しでした。

 

しかし、先週末の発表では完全に買い越しを解消し、
269枚の円の売り越しに変化していることで、
ここまでは過度な円買いに対する巻き戻しと
解釈しておきたいです。

 

また、市場は「トランプノミクス」以外の材料を模索しています。

やはり、就任後どのような政策がなされ、「期待と事実」との
かい離がどの程度あるのかが焦点になります。

 

特に、来週のFOMCでは利上げが確実視されていますが、
市場では既に来年以降の利上げスピードが焦点になっています。

 


■少なくても、このドル高と原油高においては、
米国民にとっては劣勢な状況であり、個人消費にも
ブレーキがかかりやすいとみています。


また、先週末の雇用統計における平均賃金を見る限りでは、
せいぜい「年2回」が限度とみています。

 


■本日の戦略は、依然として、日足の平均足(改良版)が
陽線継続となっていることで、
押し目を探る展開になっています。

 

 

しかし、NYクローズで、日足の平均足(改良版)を割り込むと、
ポジション調整の可能性があるため、注意は必要です(113.35)。

 


■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス





にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス

 

 

 

昨日は、OPECの強調減産の流れを引き継ぎ、

さらに米経済指標が好調だったことからドル買いが
優勢でしたが、雇用統計を前にポジション調整と
見られる売りに押され、上昇幅を削り、
114円台前半で終了しています。
 
 
 
■さて、今夜は月一のイベント雇用統計です。
 
 
すでに民間雇用統計では予想を上回る結果が出ているだけに、
今夜の結果にも期待がかかっています。
 
しかし、米雇用情勢は完全雇用に近くこれ以上の
伸びには少々疑問が残ります。
 
ということからすれば、平均賃金に注目しています。
 
前月は7年ぶりの+2.8%となっているだけに、この数値を
キープもしくは、上回ることができれば足元のインフレが
でていることから、来年以降の利上げペースが加速する
可能性もあるのではないかとみています。
 
 
■今夜の雇用統計の着眼点は、「平均賃金の上昇度」と
基本的にはみています。
 
後付け加えるのであれば、非農業部門雇用者数が
結果的に良い場合は、先日の高値を更新、万が一、
サプライズ的に悪い結果が出た場合のみ、
急落する可能性があるとみています。
 
 
■また、ドル円の4時間足のチャートをみれば、115円の大台を
前に「ミニダブルトップ」形成しています。
 
さらに、過熱感を示す「RSI」では、ダイバージェンスが
出現しています。これまで短期間にこれだけの上昇相場を
形成してきただけに、調整はいつ入ってもおかしくはないという
見方をしておくことも大切です。
 
 
すでに上昇要因が整いすぎているがゆえに、疑うのも
相場に対する考え方のひとつで、これは相場格言に
もあります。
 
 
 
■最後は、ドル円のポイントです。
 
 
先ほどの4時間足ベースで押し目待ちスタンスを想定しています。
 
目先はボリンジャーバンドを使って拾います。
 
・センターバンド…113.30円
 
・-1σ…112.40円

 


■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス





にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。