トレードタイム 情報サポート室

FXを中心に個人投資家の皆様にお役に立つ情報を公開しています。
トレード・タイムのHPでは「平均足改良版」ライブチャートもご覧頂けます。

http://www.trade-time.com/

NEW !
テーマ:
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆公式トレードサイト: 無料売買シグナル掲載中 「トレード プレス」 
☆現在、「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

昨日は、東京・ロンドンタイムまでは堅調に推移していましたが、
米製造業受注が3ヶ月連続のマイナスとなり、ドル売り優勢の展開と
なりました。
しかし、住宅市場の良好な数字もあって、109円台ミドル割れは
回避しました。



■最近の動きを見ると、110円台がドル売りの圧力を感じます。
テクニカル的には4月28日の111円台後半から下落、それに対しての
戻り相場にも関わらず簡単に戻ってきていません。

市場は、EU離脱に関する英国民投票や不安定な中国経済、そして
日本の消費税及び選挙といった、不安材料が蔓延していることで、
市場参加者がポジションを傾けられない状況が未だ続いています。

これらの要因も伴って、ドルの先高見通しやリスク選好になりづらい
状況なのかもしれません・・・。



■また、昨日は、安倍総理の「リーマンショック級」という言葉で
ニュースを埋め尽くしまし、財政出動の賛否を確認したかった思惑が
あったと思いますが、やや不調のイメージがあります。

しかし、今後はゼロ回答の可能性は低くなりつつありますので、
目先の材料が多すぎる為、レンジ内での動きに終始していますが、
一方的な円買い局面からは脱することも念頭に入れる必要が
あります。




■本日は、イエレン議長スピーチが最大の焦点になるとみています。

テクニカル的には、109円90銭レベルが重要なポイントであると
考えています。
もあり、このレベルをクリアできなければ、再度ドル売り円買い
反対にこの水準を超えて引けると、来週は押し目を拾う展開に
なりそうです。



■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス





にほんブログ村
AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆公式トレードサイト: 無料売買シグナル掲載中 「トレード プレス」 
☆現在、「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

昨日は、日欧の株安や先週末のG7での財政出動での足並みが
そろわなかったことが材料視され、週明けの相場としては重い展開で
戻り売り優勢の状況が継続しています。

また、テクニカル的にも4時間足ベースでの短期サポートライン
(109.50円)を割り込んだことで、一時109円台前半まで売られる
場面もありました。



■本日は、4時間足ベースの短期サポートラインを割り込んだことから
戻り売りを基本ベースに考えています。

また、このサポートラインが本日の上値抵抗になる為、確認して
おきたいところです。



■原油価格は1バレル50ドル手前の水準に戻っているものの、
コモディティ―全体としてみれば、戻りは軽微です。
コモディティ全体の価格を示すCRB商品指数は未だ、リーマンショック後
の安値200ポイントを下回る180ポイント台を推移しています。

CRB商品指数も最近のドル売りを中心に、株高から反発の兆しが
見え始めています。
テクニカル的には週間足ベースでみると2014年9月に移動平均線の
デットクロスを形成して以来、約2年近くダウントレンドになって
います。

しかし、最近は反発していることで、この移動平均線もゴールデン
クロスになる寸前のところまで来ています。




■最近、米6月追加利上げを口にしていますが、もし利上げを行えば、
ドル独歩高となる事はほぼ確実で、その影響はドル建てベースの
コモディティ―市場にも大きく影響するとみています。

つまり、底入れしかかったコモディティ価格もまた急反落する恐れが
ありそうです。

その意味でも6月や7月の追加利上げを考えるべきではなく、むしろ、
更に先へと引っ張る必要があるのではないかと考えています。

時期早々の利上げは、資源国や産油国、そして新興国経済に
その影響が出始め、年初と同じようなリスク回避の相場展開になるの
ではないかと
みています。

少なくともFRBイエレン議長の直近のコメントはそのあたり
も配慮して、米国だけを考えるのではなく安定や世界経済に配慮した
総合的な金融政策が望ましいと考えているはずです。



■ということを考えれば、今の110円前後のドル円は戻り相場の
限界点に近い可能性がありそうです。

ただ単に買いを毎回買いを推奨すれば、利益に繋がることがあると
思いますが、FXは証拠金取引です。週足は今年に入ってかた戻り売り
トレンドが今も継続中で、週末からは日足も目先、下降に入りつつ
あります。


最後に本日の戻りポイントとしては、4時間足ベースで109.60円や
節目の110円と見ています。




■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス





にほんブログ村
AD
いいね!(5)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆公式トレードサイト: 無料売買シグナル掲載中 「トレード プレス」 
☆現在、「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

注目されていたG7財務相会合では、通貨安競争を回避する
ことで原則一致したものの、財政出動に関しては合意を得られなかった
ことは、サプライズの材料にもなっていません。

また、伊勢志摩サミットでも基本的にこのG7の延長線上で
行われるので、ドル円にとってのサプライズ材料にはならないと
考えています。


■先週はFOMC議事録が市場の想定よりタカ派だったとされる
内容がサプライズで、他のメンバーもそれに合わせるように鼻息が
荒くなってきています。

今週は、27日にイエレン議長のスピーチが予定されていますが、
その利上げに対するトーンがどの程度高くなったのかに注目しています。
前向きなコメントが出るようであればドル買いに拍車がかかる
可能性もありますが、前回のFOMCでも利上げを見送っている理由、
つまり、不安定な金融市場や米国のインフレ事情が未解決なだけに、
簡単にイエレン議長のイメージがひっくり返るとは思えないと
みています。

その点を考慮すると今回も利上げ観測で買って、6月のFOMCで
売るといった展開をイメージしています。


■利上げを行うことでの副作用も考えるべきだと思っています。

それは米ドルが独歩高になる可能性が高く、逆にドル建て商品が
割高となり、特にコモディティが売られやすい環境が出始めます。

原油価格は1バレル50ドルを目前にしているだけに、水を差しかねず、
その影響で株式市場も反落する恐れすらありそうです。

そして、最大のポイントと考えているのがこのIMM日本円のファンド
ポジションです。
短期的にも底打ちしたと見るのであれば多少でもポジションに変化は
ありそうですが、全くその兆候がみられていません・・。

その点を考慮すると、やはり基本スタンスは売りと考えています。




■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス





にほんブログ村
AD
いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆公式トレードサイト: 無料売買シグナル掲載中 「トレード プレス」 
☆現在、「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

昨日は、米新規失業保険申請件数や連銀製造業指数が不調と
なりましたが、ダドリー総裁がタカ派発言によって、一時ドル買い
になる場面はあったものの、結局は110円を挟んでの展開と
なりました。


■テクニカルでのフィボナッチ61.8%戻りや110円を引値ベースで
超えたものの、市場のムードとしては盛り上がりに欠けるといった
印象を受けます。

やはり、本日から開催されるG7伊勢志摩サミットの動向を見極めたい
ことからも、ポジションを傾けられないといった感じにみえます。


■今回の日本サイドのポイントは円売り介入が出来る状況を確保
できるのかどうかにあると思っています。

というのも、先日、米国側から「為替政策監視国」に指定されたことも
あり、日本は打つ手が無いといったことからファンドの円買いに
晒されました。

それに対して、麻生財務相も急激な変動に対しては介入を行うと
発言しているだけに、このあたりのG7でのやり取りが注目
されるとみています。


■また、ファンドのポジションに関していえば、IMMの日本円の
ポジションは過去最大級に膨れ上がり、未だにそのポジションが
清算されないままでいるところをみれば、円高トレンドは
終焉していないとみています。

つまり、110円は戻り相場のひとつの通過点でしかなく、中期的に
みれば100円割れを目論んで円買いポジションを保持したままと
いった印象を受けます。


■今回のG7で介入に関する何らかの処方箋が出なければ、円の爆買いが
再開する可能性も否めないと思っています。

本日は、G7伊勢志摩サミットもあって様子見ムードが強いと思いますが、
戻りを売りたいと考えています。

以下は、戻りポイントを示しています。

・日足ベースボリンジャーバンド+1σ(110.30円)

・日足ベース移動平均75日線(111.20円)



■お知らせ


負けにくいオプション取引売買手法 リアルトレードの成績です!

■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス





にほんブログ村
いいね!(5)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
☆公式トレードサイト: 無料売買シグナル掲載中 「トレード プレス」 
☆現在、「FX攻略.com」、「yahooファイナンス」にコンテンツ情報を発信中!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

昨日は、注目されていたFOMC議事録で、4-6月期の雇用情勢や
インフレ動向が上昇出来ることを確認ができれば6月追加利上げは
適切であると指摘していることにドル買いが入り、これまでの抵抗と
されていた110円をあっさり突破しました。

ここ最近は材料となるものが不足していただけに、市場としては
きっかけが欲しかったところに昨日の議事録で、「利上げ=ドル買い」の
セオリー通りになったとみています。



■しかし、前回のイエレン議長のコメントを聞けば国内情勢を
配慮する考え方よりも世界情勢に目を向けたスタンスはおそらく
変わっていないとみています。

というのも、利上げを行うことで、新興国や産油国の経済が脆弱な
だけに資金流出問題が再浮上する恐れがあるからです。

つまり、利上げでリスク選好になるのか…というとそうではなく、
反対に不安材料でリスク回避再浮上懸念がでるとみています。




■この先には伊勢志摩サミットや英国民投票が控えており、
不安を煽るような6月利上げの可能性は少ないと考えています。

むしろ現在の相場は今までと同様に、「噂で買って事実で売る」と
いう展開になるのではないかとみています。



■本日は、テクニカル的にもフィボナッチの61.8%(109.45円)を
上抜けたことで、短期的にドル買い優勢と想定しています。

目先は、週足ベースの平均足(改良版:実体部下限)の110.36に
トライするとみています。

また、110円割れでの押目買いを考えています。

以下は押目のポイントを記載します。

・5月17日高値(109.64円)



■お知らせ


負けにくいオプション取引売買手法 リアルトレードの成績です!

■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス





にほんブログ村
いいね!(4)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。