トレードタイム 情報サポート室

FXを中心に個人投資家の皆様にお役に立つ情報を公開しています。
トレード・タイムのHPでは「平均足改良版」ライブチャートもご覧頂けます。

http://www.trade-time.com/


テーマ:

■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス

 

 

■先週は、注目されたFOMCで予想通り、FF金利が0.75%-1.00%に

引き上げられました。
 
しかし、事前に予想された年4回の追加利上げ見通しが
見えなかったことで、「噂で買って事実で売る」といった典型的な
パターンとなり、112円台に下落することとなりました。
 
また、今月15日に米国における「超党派予算法」が期限切れとなり、
翌日から米国連邦債務上限が復活しました。一時的に債務超過が
回避できたものの、中期的には問題が残る格好となっていることも
リスク選好を抑制させる展開となっています。
 
 
 
■今週は、G20財務相・中央銀行総裁会議が行われ、
結果的には「反保護主義」を共同声明に明記できなかったことで、
ドル安圧力がジワジワと重くのしかかり、今後の米国との
2国間協議で貿易協定を結ばざるを得ない展開となることが
予想されます。
 
特に日米間では自動車や農業といった分野においては、
警戒が必要であると思われます。
 
その意味では、米国株式市場が下り坂に入りだしてきたときに突然と、
「日本円けん制」発言が飛び出す可能性があるので
警戒は必要であると見ています。
 
 
 
■そして、為替市場の材料にはなりにくかったのですが、
今週の大きな注目問題となるのが、23日に行われる学校法人
「森友学園」における証人喚問が焦点になる可能性も
あるという認識をもった方が良いでしょう。
 
これまで支えてきたアベノミクスに亀裂が入りだす恐れがあり、
株式市場でも警戒感が高まり、株安からのリスク回避の展開で
円高方向に偏る恐れも視野に入れておきたいです。
 
また、西側では、4月のフランス大統領選挙やギリシャ追加支援問題への
警戒感があるだけリスク選好を抑制する話題が
あるのも注意が必要です。
 
 
 
■一方、ドル円チャートをみると、今週も一度115円台に
突入するもその後は下落する展開となり、結局レンジ相場となっています。
 
しかし、テクニカルでは、中期重要抵抗とされる100日移動平均線を
引値ベースで下回り売り優勢となっています。
 
これは、ドルインデックスでも上記同様の展開となっていることもあり、
ドル売り優勢が目立つとみています。
 
また、IMM日本円でも売り越し幅は前週と比べ16,597枚拡大していることも、
円買い材料になりやすいので、安易な買いには注意したいです。
 

 

 

■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス





にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス

 

 

■先週末に発表された米雇用統計は、非農業部門雇用者数の
増加が確認され、ADP雇用統計と併せてみても、
今週14・15日に開催されるFOMCで追加利上げが
ほぼ確定的となったことは言うまでもない状況です。

 


■しかし、雇用統計発表後のドル円は、長期金利が
低下したことを受けて、115円の大台を割り込み
114.75円で終了しました。

 

失業率や非農業部門雇用者数においては、非常に強気の
数字であるものの、やはり賃金の伸びがあまりありませんでした・・・。

(季節的にも労働参加率が上昇しているので、
雇用者数が改善しても不思議ではないとみています)

 


■年3回の利上げ路線という中でスタートした2017年と
いう視点で見ているだけに、年4回の利上げ予想が出来るような
結果がなければ、ドルにとって押し上げる材料には
ならない可能性もあります。

 

やはりFRBとしても目標としている2.2%を安定的に
上抜ければ、物価面でも正当な利上げが
主張できると見ていますが、現状では
年4回の見通しは早計かもしれません。

 

■さて、今週のFOMCでのポイントは「ドットチャート」
「イエレン議長の強気発言」この辺りに照準を絞りたいです。

仮に、想定の範囲内であれば、ドル円にとっては
ポジション調整になる可能性もありそうです。

 


■そして、上記以外に「原油価格の動向」と
「ユーロドル」に注目しています。


原油価格は昨年11月に強調減産合意が行われ、
50ドル台で推移していたものの、それ以上の価格上昇がなく、
むしろ50ドル台で足踏み状態になっていました。テクニカル的にも、
持ち合いレンジを下抜けたことで、売り圧力が強くなり、
あっさりと48ドル台に突入しました。

 

在庫増加もマイナス要因に働き、チャート的にも中長期的な
重要抵抗ラインである200日移動平均線も引値ベースで
割り込む格好となり、今週の動き次第では
株式市場にも影響が出るのではないかと見ています。

 

 

■次に、ユーロドルです。

 

オランダの選挙があり不安定要素があるものの、チャート的には、
1.07ドル目前まで急上昇しています。ECBでの利上げ
開始時期を検討する報道やIMFによるギリシャ支援と
やや売られすぎ感があったユーロドルにも兆しが
見え始めています。

 

チャート的にも日足上で逆三尊のボトム形成が出始めているので、
心理的にも1.07ドルを超えれば、一旦底値形成といった
動きも見え始めるのではないかとみています。

 

 

■最後にドル円のテクニカルです。

 

 

週足、日足の平均足改良版は共に陽線転換になりました。

 

 


日足では、「トンカチ」に近い上髭長い陰線となり、
今年1月19日の高値(115.62円)を先週末、上抜けることが出来ず
反落しましたが、目先は、売り局面も想定しつつ、
中期は押し目を探る展開になっています。

 

 

 

 

■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス





にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス

 

 

■週末要因と目先の材料出尽くし感から、イエレン議長の講演会での

コメントが市場に出回ると、ドル売り優勢となりましたが、

現状でも113円後半は保っています。

 


今週も注目するべきイベントが数多くあります。

・米雇用統計(10日)
・ECB定例理事会(9日)
・全国人民代表大会(5日から10日間)

 

 

■まず、雇用統計に関しては、非農業部門雇用者数が前回発表の

22.7万人から18.5万人に減少予想、失業率は4.7%に減少見通しで、

事前の予想値通りならば、追加利上げをサポートする

要因になると見ています。

 

しかし、一番注目したいのは、「平均時給」です。

前回発表の前年度比も大きく落ち込んでいることも気がかりです。

 

また、イエレン議長の講演でも、FRBの目標達成も示しており、

雇用に関しても平均18.7万人と完全雇用に近い状態になっている

ことは利上げに対する妥当性が伺えます。

 

米金利先物市場での利上げ確率は96%まで上昇していることも

ドル円をサポートする要因になっていますが、

最近の動きを見る限り、既に3月の追加利上げを織り込んだ

状態になっているので、仮に3月の追加利上げがあったとしても

サプライズ要素にはならず「事実で売る」ということも

視野に入れる必要がありそうです。

 

 


■次に、ECB定例理事会では、基本は資産購入プログラムの

延長なので「ユーロ売り」スタンスは変わらずとみています。

 

しかし、今後3年間の成長とインフレ見通しの発表があるので

その点に注目したいです。テープリング報道も囁かれる最近の

ユーロ情勢とメルケル首相の「ユーロは安すぎる」発言も

気になるので、その転も考慮するとユーロの深追いは禁物と見ています。

 

また、オランダ選挙を控えポピュリズムの台頭が懸念され、

更にフランス大統領選挙にまで影響を及ぼす恐れもあり、

選挙リスクからの国債暴落、そしてユーロ圏崩壊と最悪の

シナリオもあるので目が話せない状況です。

 


■IMMの日本円も年初来最低の売り持ちポジションとなっていることも、

「米追加利上げ→ユーロリスク」にステージが移行しつつあります。

選挙リスクからのリスク回避も決して大げさではありません。

 


■最後にドル円のテクニカルです。

 

日足チャートを見ると今年の1月半ばから形成している111円から

116円のレンジですが、心理的にも115円は

大きな節目になっています。

 

 

現水準(113円後半)は、週足ベースの平均足(改良版)の実体部を

上抜けているため、この水準をキープするようであれば、

日足と共に週足も陽線転換となり、

押し目拾う展開も想定する必要があります。

 

 

しかし、今週113円をキープできない様だと、依然中期は戻り売り優勢となりそうです。

 

 

 

 

■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス





にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス

 

 

■先週は、ムニューシン財務長官が税制改革に対する遅れを
示唆したことで、ドル売りが優勢となり、
今月9日以来の111円台に下落する場面がありました。

 

■今週はトランプ大統領による驚異的な税制改革案が
発表される予定なのですが、週末のムニューシン財務長官が
遅れを示唆したことで、やや先送り感が台頭しています。
また、その内容も期待するところはあるものの、
時間の経過とともに期待感は失望の波にさらわれる可能性がありそうです。

 


■一方、NYダウは驚異的な税制改革に対する期待感から11連騰と
なっているものの、ドルは一向に強さが見えない状況になっています。

 

驚異的な税制改革の裏側では、来月15日の米国債務上限引き
上げに対する期限問題が議会とのせめぎ合いになることもあるので、
予断は許さない状況とみています。


〜ドルインデックスでは〜

 

2月15日高値101.75を抜けきれず、短期的なダブルトップを
形成しています。

 

更に引け値ベースでは移動平均50日線が上値抵抗になっています。
もう少し時間を広げると、昨年11月から見れば三尊天井にも見えます。
このレンジ相場もいずれ解消すると思いますが、現状としては、
100日移動平均線(100.36)がサポートライン。上値は101.75と

みていいと思います。

 


■そんな米ドルの上値の重さを象徴しているのが、ゴールドです。

 

昨年の米大統領選以降、一貫して下落し続けたゴールドが、
先週の1250ドル突破で戻り相場も完全に払拭し、1300ドルを
ターゲットに上値期待が広がりつつあります。

 

この上昇の意味するところは、米ドルが弱いというものではなく、
「不透明感」が価格を押し上げているのではないかとみています。

 

米財政刺激策に対する慎重さやFRBの大幅利上げに
対する懐疑的な見方があります。

 

更にオランダやフランスの大統領選への警戒感、ギリシャの
デフォルト懸念が再浮上したことでリスク回避の方向へ
舵取りを変えている可能性があります。

 


■今週は、トランプ大統領による演説から期待感はあるものの、
税制改革案の遅れは否めないため、ドル円は
劣勢な状況を想定する必要もあります。

 

また、1日にはベージュブックの発表があるので来月の
FOMCに対する追加利上げを見極めになるので注目はしたいです。

 

■最後に、ドル円のチャートでのポイントです。

 

平均足改良版は、週足は依然として「陰線継続」で中期は
戻り売り優勢、そして日足は一時陽線に転換する
可能性がありましたが、結局は陰線継のままですので、
この流れが続き限りは、戻りを待って売りから
入った方が利益機会は多くなっています。

 


また目先のサポートは、100日移動平均線( 111.73円)が
目先のサポートラインになるとみています。※ここを割り込むと
リスク増大の可能性

 

 

 


■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス





にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス

 

■今週はイベント的にはこれといった目玉はなく、トランプ大統領が
月内を目処にした「驚異的な減税改革案」待ちといった姿勢で、
動きにくくなりそうです。

但し、一度115円越を失敗したことでの、売りが目立ち、

現状上値が重くなっていることで、更なる新規の材料が

出てこないと、115円が遠くなりそうです。

 

 

■現状では、貿易不均衡に対する警戒感は否めなく、

今後中国を為替操作国とすると、その影響から円が

買われる可能性もあるため、111円をサポートできる

かが重要です。

 

また、トランプ大統領の単独会見でフリン大統領補佐官の辞任を

巡って、記者らとの激しい対立もあり、政治的にも不安要素が

隠せない展開となっていることもマイナス要因にみえます。

 

 

■今週は、為替以外の市場動向にも気を払う必要がありそうです。

 

主な市場では、「株高・ドル高・ゴールド高」のトリプル高の展開です。

通常、金利の生まないゴールドが買われるのであればドルは

売られますが、現在は株高も加えてトリプル高と不可解な

現象が出現しています。

 

 

■ゴールドの日足は、昨年の大統領選以降からダウントレンドに

なっていましたが、昨年末の1,120ドルの底入れから

100ドル以上、上昇しています。

 

半値戻り(1,120ドル)もクリアし、買いトレンドに転換しています。

 

 

■また、ドルインデックスの日足をみると一時、移動平均50日線に

トライするものの引け値ベースでは維持できず反落、

更に75日線が上値抵抗線になっています。

 

こちらに関しては上昇トレンドに対する時間的な調整とみています。

 

この双方が上昇し続けることは既にバブルが起きて

いるのではないかとみています。

奇想天外のトランポノミクスで暴走するハイブリッシュな

相場の裏側でそれを維持することが出来ず、

トランポノミクスを含めたトランプワールド崩壊を

イメージする投資家も少なくないとみています。

 

 

■その意味では、FRBの追加利上げだけで、相場を予想することは

危険とみています。各国がこのトランプバブルに振り

回されることになりそうです。

 

トランプバブルとその後の崩壊をイメージして今後はヘッジを

ベースにポートフォリオを組む必要がありそうです。

 

 

 

■現状の平均足(改良版)は・・・、

 

 

 

週足が陰線継続中で、戻り売りトレンド継続

 

日足トレンドは、週末から陰線に転換となり、中期、目先共に売り優勢となっています。

 

 


■メインブログは・・・
↓ ↓
「平均足改良版での目標値」「売買シグナル指標」も掲載中! トレードプレス





にほんブログ村

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。