トラックス ブログ / TRACKS / 美容室 内装 デザイン 出店 開業 / チラシ制作 ホームページ制作/トラックスシザー/美容室物件情報

トラックスのブログ / 株式会社TRACKS /
■ 美容室 マツエクサロン ネイルサロン エステ 内装デザイン
■ チラシ制作 ホームページ制作
■ 美容室 物件情報
■ 開業サポート
■ 美容室専用洗剤販売
■ トラックスシザー



株式会社トラックスは、お客様の意見を最大限に反映できるような

店舗デザインと施工管理を心がけております。

ロゴをはじめ完成後の運営に不可欠な広告販促物(カード・チラシ等)

WEBサイトのデザインも併せたトータルプロデュースも行います。


また、カット技術者と長い時間をともにするシザーズ。

トラックス・シザーズは「ひとつ上のクオリティー」を目指し

日々最良のシザーズの開発に努め、高い評価をいただいております。


出店・改装をしたい!ホームページ・チラシを制作したい!!

自分にぴったりのシザーを探している!!!等、お気軽にご相談下さい。

テーマ:

 

 

こんにちは♪

 

 

2月も終盤ですね!

3月に入れば春を感じれる事も多くなりそう♪

 

早く暖かくなってほしいものです....笑い泣き

 

 

 

さて今回取り上げるのは春を感じさせてくれるお花達ガーベラ

 

 

春のお花で一足早く春を感じませんか???ルンルン

 

 

という事で春に咲くお花とその特徴、飾り方なども交えて

ご紹介したいと思います♪

 

 

 

 

■チューリップ

 

 

春の花の代表格とも言えるチューリップは3月下旬〜5月が開花時期と言われていますが、

販売自体は早い所で12月中旬から始まっているそう!

様々な咲き方や色の種類があるのも特徴です。

1輪飾るだけでも絵になるので気軽に取り入れられそう♪

1本 200~300円程度。

 

-Point-

茎は水の中で斜めに切ります。

チューリップの茎は切ってからも伸びるので、

こまめに長さを整えてあげましょう♪

 

 

 

■フリージア

 

参照:http://www.juliemikos.com/blog/wedding/fragrant-freesia-in-bridal-bouquets/

 

フリージアもチューリップ同様色の種類が豊富です♪

一本に複数の花を咲かせるのでとても華やか。

甘い香りも特徴的で、その香りの強さはバラやキンモクセイに

並ぶとも言われているそうです!

開花時期は2月〜6月1本 150~300円程度。

 

-Point-

茎が細く長いフリージアは、

葉と花を切り分けて飾るとスッキリと飾る事が出来ます、

また、短くなった花はお皿に水を張り、

そこへ石やビー玉などと一緒に飾ってみるのも◎

 

 

 

■ヒヤシンス

 

 

12月〜3月に開花を迎えるヒヤシンス。

カラーは、白、黄、ピンク・紅・紫と豊富です!

花のもちが良く、長い期間楽しめるのもヒヤシンスの特徴。

太くて丈夫な茎なので、写真のような口の広い容器を用意すると

良いかもしれません♪

1本 200~400円程度。

 

-Point-

球根花のヒヤシンスは、根元に泥がついていたり、ぬめりが出たり

する可能性があるので、水はこまめに取り替えましょう♪

 

 

 

■ガーベラ

 

 

春と秋に開花をするガーベラ。

春の開花時期は3月〜5月で、前向きな花言葉が多いのも特徴。

色によって意味が変わるので花言葉で選ぶのもいいかも♪

1本 100~200円程度。

 

-Point-

茎はまっすぐ切りましょう!

水は少なめが◎2~3㎝を目安に、こまめに取り替えましょう♪

 

 

 

■アネモネ

 

参照:https://lovegreen.net/flower/p72625/

 

花びらに見える部分が実は『ガク』で、花びらのない花なんだとか!

光や温度に反応するのが特徴で、朝になると開き、

夜は閉じるを繰り返し、最後は開いたままになるそうです。

花が生きている事を改めて実感させてくれますね〜ニコニコ

1本  100~200円程度。

 

 

-Point-

茎は斜めにカットし、水は少なめにしてこまめに取り替えましょう♪

 

 

 

 

 

 

いかがだったでしょう???

お花によって、管理方法が違ってくるので

前もって調べておく事は必要ですが、

作業は決して難しくないので是非好きなお花を選んで

飾ってみてくださいラブラブ

きっとお店が一段と明るくなる事間違いなしですグッ

 

 

 

 

大野

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)