民主党の生方幸夫副幹事長は24日朝のテレビ朝日の番組で、メディアで執行部批判を展開する自身の対応に党内から批判が出ていることについて「われわれは常に国民と対峙(たいじ)している。国民に向かって物を言うのは当たり前の話だ」と述べ、今後も発言を続けていく考えを強調した。
 生方氏は民主党の現状に関し「幹事長室に権限や財源が集中し過ぎている。政策部門を持たないのはおかしい」と指摘。小沢一郎幹事長に対しても「もう一度国民に(政治とカネの問題について)しっかり説明してほしい。説明した上で納得が得られないのであれば進退を考えてほしい」と重ねて要求した。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

日米密約 衆院委で参考人質疑「重要文書引き継いだ」(毎日新聞)
<B型肝炎訴訟>原告団が和解勧告受け入れ確認(毎日新聞)
広末涼子さんが追突事故=乗用車に、けがなし-東京(時事通信)
自転車共同利用 富山で本格導入 150台で環境に貢献(毎日新聞)
自称霊能力者ら追起訴=女性に薬物飲ませ殺害-大阪地検(時事通信)
AD