16日午前3時半ごろ、埼玉県川越市南台の西武新宿線の踏切で、夜間の作業用列車と、4トントラックが接触した。この事故で列車の運転士(34)と、トラックの運転手(32)の計2人が、ともに軽いけがを負った。川越署によると、トラックの運転手が、遮断機が下りているのに、線路内に入ってしまったことが原因だという。

 西武鉄道によると、事故の影響で、西武新宿線は始発から狭山市駅-本川越駅間で運転を見合わせている。午前10時半ごろに復旧する見込み。

【関連記事】
「撮り鉄」の運行妨害でJR西日本が異例の被害届提出へ
鉄道ファンが列車止める JR関西本線
「鉄ヲタ専用車両でーす」 暴走する一部鉄道ファンの行き着く果ては…
迫る電車 ホームから転落の女性を間一髪で救助 東京
転落、ホーム上がろうと…地下鉄はねられ29歳女性死亡 名古屋

診療報酬、病院を重視=勤務医対策手厚く-10年度改定案・中医協(時事通信)
<人事院>公務員合格者のアドレスが流出(毎日新聞)
九州「正論」 横田さん夫妻講演 「侵略の危機 教えて」(産経新聞)
<労働保険審査会>マツダ元派遣男性の失業手当延長を裁決(毎日新聞)
協会けんぽの後期高齢者医療費「肩代わり」案 健保連が反対行動(産経新聞)
AD