公務員と結婚したい!公務員との婚活支援ブログ

公務員と結婚したいと思っている方への注意点とアドバイスとなります。



テーマ:
"様々な職業の人と結婚している人がいますが、公務員と結婚している人もいます。公務員と結婚している人は、給料が景気に左右されないなどの安定した生活ができますから、幸せな人だと思います。
最近は特に不況が長引いていますから、公務員という職業の人気が高まっています。また、結婚相手の職業に関しましても、公務員を希望する人が増えていると聞いています。
また、公務員は一般企業の会社員などと比較して、時間的にも余裕があるそうです。そのため、子育てに協力してくれる人が多く、そのような意味でも、公務員は人気が高いと聞いています。
特に子供が小さい場合は、妻は子育てがたいへんだと思います。最近は、妻も仕事をしていることが多く、そのような場合はさらに子育てがたいへんなものになります。そういった時に、夫に時間的余裕があり、夫が積極的に子育てに協力してくれるのであれば、とても助かります。
私の友人の旦那さんが公務員なのですが、給料に関しても景気をそれほど心配しなくてよいし、子育てにも協力してくれるので本当に良かったと言っていました。
以上のようなことから、公務員と結婚した人は幸せな人だと私は思います。
"

AD
いいね!(3)  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
"この不景気、公務員を就職先として希望する学生は多いと思う。
本人でなくても、親とか周囲が「公務員は安定している」と勧めてくるケースもあると聞く。

そんな公務員と結婚したいあなたへ。
結婚するにあたって、メリット・デメリットをここで一緒に考えていきたいと思う。

まず最大のメリットは何といっても収入が安定している事である。
固定給の月給に加え、ボーナスは年2回。
民間であればボーナスが出ない会社も多い中、公務員はどんなに不景気でもほぼ必ず出ると言って良い。
ご存じの通り、それは税金が原資だから。
数%程度の減給は時勢に応じて行われるが、元々が多いのだから影響は微々たるものと思われる。

その上、福利厚生が手厚い事もメリットの一つに挙げられる。
まず年金。今の年金制度をざっくり分けてみると、
自営業は国民年金、会社員は厚生年金、そして公務員は共済年金。
そしてこの厚生年金と共済年金は国民年金の2階建部分として将来受け取る事ができる。
じゃ、会社員も変わらないではないかというとそうではない。
厚生年金基金を上乗せしてくれる会社であれば恩恵は大きいが、大部分が厚生年金のみ。一部のある会社では年金に加入させない所もあると聞く。
さらに会社の経営が傾けば、年金減額もあり得る。
その点、公務員は間接的に税金で安定的に原資を賄っているようなものなので、年金減額の可能性は極めて低いと思われる。
今のように借金大国日本と言われ国の経営が傾こうが、そんな事はお構いなし。公務員の年金はずばり、聖域である。

おまけに賃貸料が安い公務員宿舎に住む事もできる。
職場にもよるが、例えば長期休暇もしっかり取れる。
仮に小売業やサービス業で「1週間お休みを頂きます」と言おうものなら、周囲から白い目で見られる事間違いない。
長期休暇が約束されるのは、公務員と一部の大手企業くらいだ。

一方、最大のデメリットは、仕事に進歩性がないため、たいした人材が揃っていないという事である。
私の独断と偏見ではあるが、「ご職業は?」「公務員です」という人に美男美女は少ない。
そして仕事がばりばりできるという人もごくまれ。
なぜか?採用試験さえ受かってしまえば、後は民間のように競争の荒波にのまれる事が一切ないからだ。

さらに、基本的に内輪での付き合いばかり。
公務員と臨時職員が結婚したり、同じ職場で結婚するのもよくある話。

そして、それは結婚相手を選別する上で大きな要素の一つとなりえる。
ちなみに私は公務員とお見合いも数件させて頂いたが、結局公務員以外の職業の男性と結婚した。
なぜなら公務員の方は、容姿もさる事ながら全く話がかみ合わず、加えて仕事ができそうになかったからだ。
「こんな相手と結婚したら、収入が安定していても自分はダメになる」と思ったからである。
実際、今でもその考えは間違っていないと思う。

以上のメリット・デメリットを踏まえて、それでも結婚したいというのであれば、公務員をしている身内親戚友人知人たちに徹底的に当たると良いと思われる。"
AD
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
"公務員は、ボーナスが良いですし、保険も安くかかれます。
他の会社よりも、そのボーナスの高さは倍近くはあると思います。

給料も年と共にどんどんと上がっていきます。
50歳にもなると、かなりの給料になります。

それに、公務員には色々な特典もあります。
知っているところでは、一冊のブックを一年に一回、送っていきます。

それには、色々な日本全国にある施設が載っていて、
その施設をその券を使うとかなり安く宿泊が出来るのです。

1万円の宿泊費が、半額近くにもなったりします。
施設も色々あり、入場券を半額前後で買えてしまいます。

公務員との結婚は、色々な施設へ安く宿泊できるメリットがあります。

公務員の人はかたい人が多いので、貯金をする人が多いです。
ですから、家を買えて、将来は新しい一戸建てに住む事も出来る事が多いです。

給料が安定しているので、結婚生活も比較的にリッチな生活が送れます。

良い食材を買えて、良い買い物が出来ると思います。



"
AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
"お見合いをして、公務員をしている人を探す事が多くあります。

公務員の人は、あまりナンパなどをせず、親がもっきたお見合い写真などを見て結婚する事が多いのです。

ですから、公務員と結婚がしたい時には、お見合いが出来る相談所に相談をした方が、より確実に相手を探す事が出来ます。

自分でそういった相談所へ登録する人も多いですが、
中には、親の決めたお見合いを仲介している相談所へ登録している人も多くいます。

親が見初めた相手ではないと、結婚が出来ないこともあるのです。
過保護な人も多く、親がその子供の将来の相手まで決める、古風な親もいます。

せっかく付き合っても、親の御目がねに叶わなければ駄目という事もあります。

そこが、公務員との結婚がしずらい部分でもあります。

それに、公務員の男性と結婚をするならば、同じく公務員の女性が言いという人もいます。

結婚後も公務員の仕事を続けてくれる女性を探している事も多いのです。

同じ公務員同士で、話も合いますし、性格も会うという事が理由のようです。"

AD
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
"出来れば、公務員と結婚がしたいです。
公務員だったら、先生でも役所の職員でも何でも良いです。

公務員の人は、悪い事をする事が少ないです。
まじめな人が多く、浮気やギャンブルをする事も少ないのです。

それに、お酒やタバコを吸う人も少ないのが特徴です。
そこが凄く自分と合っていて、そういった公務員と結婚したいです。

結婚生活は、常に一緒です。
料理の時にお酒を飲んでベロンベロンとなる人が嫌いです。
お酒の臭いも大嫌いなので、絶対に一緒にはなれないです。

タバコも吸うと、部屋の中が臭くなりますし、タバコの煙は体質的に無理です。
ですから、吸う人とは結婚出来ません。

公務員の人は、そういったものを嗜む人が少なく、
更に落ち着いている人が多いです。

それに、大学まで出ている人が多いので、
結婚生活をする上では、やはりそういった頭の良い人と結婚をして、生活費を上手くやりくりしたいです。

保険なども考えたり、子供の将来の事を考えれば、やはり大学を出ている公務員の人と結婚すると良いと思います。"
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
私の友人で来年の春に結婚する女性がいるのですが、旦那さんになる人の職業は公務員なんです。私は一足お先に結婚しましたが旦那は中小企業に勤めている一般的なサラリーマンということで、年間の休日もとても少なく有給を使ってなんとか連休を作っているような状態なので、友人のように旦那さんが公務員というのはとても羨ましい話だと思います。結婚が決まったと報告を受けてから友人に会った時にも言っていたのですが、本当に公務員のように国民の休日にしっかりと休める職業の彼と結婚するのは凄く幸せだと思います。やっぱり結婚すると付き合っていた時と違って生活を共にする訳ですから、夫婦で共有できる時間が沢山あるのと少ないのとではコミュニケーションの取れる余裕が遥かに違ってきます。その点公務員であれば夫婦の共有出来る時間はたっぷりとあるので沢山楽しめると思います。世間一般的に見ても公務員と言えば安定した良い職業ですし、給料も良いと思います。友人は公務員の旦那さんを見つけて本当に良かったなと思います。公務員の男性と結婚するということは時間にも金銭的にも余裕がある素敵な結婚生活が送れると思います。
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
"私の父は当時国家公務員として働いていました。
でも、当時は公務員は安定しているが地味で給料が安いというネガティブなイメージしかもたれていなかったように思います。
私自身も少なからずそのようなイメージをもっていました。
だから当時は決して結婚相手の職業として積極的に望まれるようなものではなかったと記憶しています。
それが今では、安定しているという理由から結婚相手の職業として脚光を浴びていると耳にするようになったので驚いています。
でも今になって父が働いていたころをあらためて思い起こすと、公務員の良い面にもいろいろと気づきます。
安定しているということは当たり前として、会社での付き合いや生活が派手ではない、仕事柄几帳面なので家での書類作業もきっちりやってくれる、頭は固いが職業独特のクセがない、出世したあとはひまそうだった、などなど。
ただ、今では公務員の働き方がだいぶ変化していると思いますので、職業が与える人柄への影響などは変わってしまっているでしょう。
そういう意味では結局は安定しているってところだけが普遍的な情報で、あとは結局その人次第だと思います。
結婚相手に公務員がいいというのは、「経済的な安定」というあくまでも一側面だけを見てのことなので、それを一般論として信じるのは危険だと思います。


"
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
"共働きが多いのが、この公務員との結婚です。
公務員をしている夫婦の多くが、共働きをしています。

やはりそれは、給料が格段に良いという理由もあります。
女性で公務員になれば、辞めるのはもったいないです。
男性と同じ様な額が貰えて、勤めれば勤めるほどに給料が高くなっていきます。

ボーナスも格段に良いですし、辞めるともったいないのです。
ですから公務員をしている女性は、結婚をしても辞めない事が多い傾向にあります。

それに、公務員をしている女性は、とても頑張りやが多いので、
何があっても辞めない人が多いのです。

離婚もあまりする人もいなくて、家事と仕事を上手く両立できる人が多くいます。

男性の方も、そういった事を判っているので、無理に仕事を辞めろという人は少ないのです。

上手く、2人で共働きをして、良い生活をしている人が多くいます。
そういった共働きの公務員の夫婦は、大きな家に住んでいる事が多いです。

二人で頑張ってお金を貯めて、将来は海外旅行や良いホテルでバカンスをしている人も多くいます。
"
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
"私は、地域の保健センターや公立中学校で働いてきました。
仕事でいわゆる「公務員」と接する機会は多い方だと思います。

公務員とは言っても職種もさまざま、それによって働く時間も疲労度もまちまちだと思います。

ですから、一概に「公務員との結婚は…」と一括りで語るのは難しいと思います。

地方公務員、かつ、お役所勤めの人であれば、大抵定時で帰れると思いますし、転勤と言っても引っ越す必要もないことが多いので、単身赴任や転勤族ということもないし、土日は基本的にいてくれるので結婚したいな、と思います。

ですが、国家公務員で全国を転々としなくてはならない、教師で忙しくて土日も休めない、自衛隊などで年に何ヶ月か家にいない、消防隊員や警察官のように不規則な勤務形態の人との結婚、となると躊躇してしまう、というのが本音です。

出来れば、結婚相手が自分と一緒にいてくれる時間があった方が良いし、
子どもが出来た後に一緒に子育てを手伝ってもらいたい思いはあります。
私自身も働きたいので、家事や育児を任せっきりにせざるを得ない類いの公務員とはあまり結婚したくないです。
お役所勤めの地方公務員であれば、結婚を考えると思います。"
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
"公務員の人は、家族も公務員や知的な職業の人が多いのが特徴です。

公務員をしている人の親や兄弟には、同じく公務員になる人が多くいます。

その為にその家族とのやり取りも肝心です。
あまり常識の無い、頭の弱い人では受け入れてくれないと思います。

大学まで出し、自分達も一生懸命に勉強をして公務員になった人も多く、そういった人の中に教養の無い結婚した嫁や婿が入ったとしても、話しが合わないと思います。

ですから、公務員の人と結婚をするには、自分もそれなりに学ぶ事が必要です。

その公務員の親は、短大や大学を出ている人と結婚をしなさいと言う親が多くいます。

出来れば嫁や婿には、教養のある、しっかりとした人と結婚をしてほしいと言います。

やはり、子供を作るには、教養のある相手ではないと困ると思うのです。

その親戚にも、やはり警察官から校長先生、講師や国に関係している仕事に就いている人が多くいます。

その中に入っていくには、それなりの教養が必要です。"
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。