政府は20日、改正貸金業法の最終施行日を6月18日とする政令を閣議決定した。同改正法は、個人向けローンなど多重債務者問題の深刻化を受けて2006年末に成立、貸金業者の参入要件の厳格化など段階的に規制が強化されている。 

【注目ワードコラム】千原ジュニアが伝授する、渋滞回避の方法とは
石原知事「大事なことはストップ・ザ・民主」(産経新聞)
差額ベッド、急性期病院全病床の2割未満(医療介護CBニュース)
共産・志位氏、米大使と初会談=普天間の国外移設求める(時事通信)
老人保健施設で入所者虐待 市も調査に乗り出す方針(産経新聞)
AD