直木賞と本屋大賞に輝いた恩田陸(りく)さんの小説『蜜蜂(みつばち)と遠雷(えんらい)』を遅ればせながら読んだ。舞台は架空の地方都市、芳ケ江(よしがえ)市。国際コンクールに挑む若手ピアニストたちの成長を描く  

 「去年の秋に読み、会場や審査発表の描写からこれはうちだと確信しました」。浜松国際ピアノコンクールを主催する浜松市文化振興財団の伊藤渉(わたる)さん(44)は話す。刊行後に恩田さん本人から「過去4大会を客席で取材した」と聞き、得心したという

 主人公のひとり、彗星(すいせい)のごとく登場した16歳の少年の活躍を追ううち、伊藤さんはピンと来た。モデルは、14年前に浜松を沸かせた無名のポーランド人ラファウ・ブレハッチ氏に違いない。書類審査で落とされながら、予選から勝ち進んで最高位に輝いた。いまや世界的演奏家である

 浜松国際は1991年、楽器の街のシンボル事業として市が始めた。開催は3年に1度。当初は、ホールも古く、応募者、観衆とも少なかった。「アジア最高水準」との評が定まったのは、審査委員長に就いたピアニストの故中村紘子さんの尽力が大きい

 国際コンクールは次々に生まれる。出場者や審査員が自国に偏っていたり、特色を打ち出せなかったりすると長くは続かない。演奏者間はもちろん、大会相互の競争も熾烈(しれつ)であると知る

 浜松国際は来年11月に第10回の節目を迎える。ショパン、チャイコフスキーなど世界最高峰の舞台と肩を並べる日が来ないものか。夢想しながら「芳ケ江」こと浜松の街を歩いた。 

【5/26 朝日新聞・天声人語】
AD