【手を合わせる】

テーマ:
『どうもがいても 
だめなときがある 
ただ手を合わせる以外には 
方法がないときがある 
ほんとうの眼がひらくのは 
そのときだ』 

相田みつを(書家)

AD