自然の春は悠々たる歩みで北をめざす。人間の春は、別れと出会いが交差する。きょうからあすにかけてが、その変わり目になる。別れの3月はあわただしく過ぎて、新たな出会いへと暦が一枚めくられる

 15歳のHさん。小学時代から当欄あてに便りを送ってくれていた彼女から、笑顔のスナップ写真つきで、志望の高校に合格しましたと朗報が届いた。季節が明るく扉を開けていくこの時期に、新しい年度が始まるのはいいものだ

 されど順風をはらむ人ばかりではあるまい。望みに届かなかった受験生もあろう。勤め人なら辞令一枚で東へ西へ、春の列島を得意と失意が行き来する。赴任の切符を握っての悔し涙も、あるかもしれない

 折しも花の季節、詩人杉山平一(へいいち)さんの「桜」という詩の一節が胸に浮かぶ。〈みんなが心に握つてゐる桃色の三等切符を/神様はしづかにお切りになる/ごらん はらはらと花びらが散る〉。言われて気づけば、小さな切れ込みのある桜の花びらは、神様がハサミを入れた切符のようでもある

 咲き満ちた桜の下では、だれもが等しく三等切符を心に握って、薄紅色の花を楽しむ。人生という旅を慰め、励ます桜に、分け隔てはないのだと、詩は優しくうたっている

 当コラム(朝日新聞)にも別れと出会いの春となる。紙上のささやかな敷地に昔ながらの表札を掲げて、日々大勢の方にお立ち寄りいただいた。ご愛読に深く感謝いたします。厳しくも温かい声を励みに、あすからは新しい言葉が刻まれます。
AD