『佐藤信夫コーチが語る、“誰も知らない”浅田真央』

27日放送、日本テレビ「スッキリ!!」では、「誰も知らない浅田選手 ソチまでの3年半」と題し、浅 田真央のコーチ=佐藤信夫氏に行ったインタビューの模様を放送した。

約3年半前、浅田のコーチを引き受けることになった佐藤コーチは「とんでもない話だと思って、やっぱり2回も世界チャンピオンになられた方に今更何か新しいことをするというのはあんまり考えられない。固くお断りしていたんですけど」と明 かしつつ、「何を一番戸惑ったといったら、やっぱり経験したことのないメディアの皆さんからのすごいプレッシャー。こんだけ追い掛け回されて、こんだけ同じ質問を針の穴を通すほど正確に同じ答えを出さないと、ウワーっとまた次に攻撃を受けるっていうね。こういう生活はしたことない」と大笑い。

また、練習中の浅田の様子については、「私が話をする時は一方的に話がいくだけで、(浅田は)何の反応もないです。ないですけど、メディアの皆さんの前で私が言ったことをペラペラ喋っちゃう。なんだ“ちゃんと分かってんだ”って」と、その意外な一面を明かした佐藤コーチは、ソチまでの指導方針を「計画書が決してあるわけではない」、「今あるものをより完成度の高いものに少しでも高められるなら、そのお手伝いをしようという考え方」と説明した。

しかし、先のソチ五輪における浅田について、佐藤コーチは「本当にいい調子でいってました。ただ、昨年末にあったグランプリファイナルと全日本の少し前にちょっと腰を痛めて、そこでしばらく練習が滞った。それが大きかった。そこのブラ ンクが予想外だった」と明かすと、ミスを連発した団体戦やショートプログラムの浅田の出来には「正直“どうして?”って感じ。よく言われる“オリンピックには魔物が住んでいる”って。よく聞く言 葉ですけど、やっぱりそういう状態なのかなと」と振り返った。

それでも翌日のフリースケーティングでは前日までの不調を見事に克服したことで日本中に感動を与えた浅田。その裏側では佐藤コーチの叱咤なども伝えられたが、「少々大きな声で“やれ”って。“気持ちをちゃんと持てば、どんな中でもカラダは 動くんだから、そういうふうに日々練習してきているはずだから、出来ないわけないから頑張ってやれ”と言って。それも反応ないです。反応はないけどちゃんとそれは動作に表れてきている。だからそれが夜(フリー)に繋がった」と語った佐藤コーチは、「どこまで選手を信じてあげられるか。やっぱり気持ちで接していると言葉なしに伝 わるもの」と続けた。

そんな浅田の引退について、佐藤コーチは「(話し合いは)ゼロです。今は本人の気持ちを尊重してあげるのが一番だと思ってますけど。非常に難しい問題ですね」と見解を述べると、彼女自身のことは「誰にも劣らないすごい精神力、根性の持ち主。努力家ですよ。(才能ではない?)それが 最大の才能」と形容した。



AD
阪神タイガースオフシーズンニュース

「主力クラスに充実のキャンプ」

☆----------------☆

キャンプから帰還した猛虎ナインは、約1ヶ月ぶりに関西での休日を過ごしました。

若手の台頭に目が行きがちな時期ですが、沖縄では例年にない主力クラスの充実ぶりも強く印象に残った今キャンプ。「投手・野手を含めて主力級はここまで順調に来ている!」と胸を張った和田 豊監督も手応え十分の表情です。

注目の開幕ローテは3本柱が盤石の内容に加え、「キャンプ終盤、第4第5クール位から岩田・榎田 そこらへんがやっと上がって来たな!という感触。秋山あたりが非常に内容の良い投球をゲームで見せてくれてる。これがもう少し続いて来ると…ローテの中に入って来るかな?という位置にはいる」など明るい見通しを語ります。

3月28日東京ドームで巨人に挑む開幕投手についても、「(イメージは)勿論ある。私の中では決まってるよ!(誰か?は)言えません。もう少しお待ち下さい」と指揮官はキッパリ。そうなると候補は限られて来ます。最有力はやはりあの人でしょうか?

大本命と目される能見篤史投手について和田監督は、「エースだし、ブルペンでも一番球数を投げて、自分の調整だけでなく投手陣全体を引っ張ってくれるような1ヶ月だったので、これはもう期待するしか…期待以外ない!」と全幅の信頼を寄せています。

「やりたい事は自分の中で出来ている。課題は(これから)実戦の中で出て来るモノなので…」。 昨季はWBC出場もあってメッセンジャーに開幕投手を譲ったカタチの能見ですが、開幕投手を目指すのか?の問いに「勿論それに合わせてやっている。(監督からは)いや、まだないです」と答えています。

2年目の藤浪晋太郎投手も今年はすっかり一本立ち。「昨年はブルペンで投げながら肩を作って行くという感じだったけど、今年は2月1日初日からほぼ出来上がった状態で入って来て、一球一球非常に考えながらの投球が印象的だった」と指揮官も感心しきりの様子でした。

藤浪本人も今キャンプを振り返って、「あっという間だった。ケガなく出来たのが一番。今年は余裕持って出来た。これから実戦が多くなるし、OP戦に登板してコントロールとかを磨いていきたい。チームの柱と言われるように、監督に期待して貰えるような力に成りたい。2年目になると相手も研究してくる。これに負けないように1年間自分の良い投球をしたい!」と強い決意を述べています。
AD