ツキの研究で知られる大阪商業大学学長・谷岡一郎氏が、負けや失敗を成長に結びつける心得の話

 * * *

プロ野球の野村克也さんは、

「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」

と言われていますが、本当にそのとおりでしてね。

勝つ時は、場合によっては相手がコケてくれたのかもしれないし、ツキの要素が加わったのかもしれない。

でも負けたことについては、それなりの原因がある。

それを突き詰めて考えることが次につながるんだという言い方をされています。

だから私も学生たちには

「負けた数だけ顔がよくなると思いなさい」

と話しています。

その負けや失敗の原因をちゃんと突き詰めて、次にこうしようという気持ちを持って初めていい顔になるんだよと。

ここ一番でチャレンジをしない人は、大きな失敗もしないかわりに、絶対に伸びません。

だから一年間何も失敗していない人はチャレンジが足りなかったと反省しなさい。

そして一年生には自分のいまの写真を撮っておき、卒業する時に比べてみなさいと言います。

その時に私の言った意味が分かるはずですと。

AD