「趣味人生巡礼」 Blog

「貧脚親父の山歩き巡礼」、「ワインや酒の飲兵衛な感想」、「クラシック音楽・JAZZ音楽の勝手な感想」、

「最近復活した無手勝流ゴルフ」、「日頃の出来事」を思い付くままに載せてます。

分ってないなぁ~と、大いに笑って貰えたら幸いです。


テーマ:
ベトナムの可愛らしい女の子が、事もあろうに、毎日子供達を
見守る立場の人に誘拐、殺害されると言う何とも痛ましい、事件が

あった。小さな子供が誘拐されると言う事件が時々報道されているけれど
他人事では無いような気がして来た。地域で小さな子供を見守ろうという

活動があるので、勇んで我が家も参加する事にした。
毎日、交代で児童の通学を見守っていこうと硬く決心した。












物騒な話は近隣の国同士でも興ろうとしている。
誰もが平和を切望するけれど、目指す平和、方法・過程が違うと衝突がおきる。















平和を目指すのに、本当にこのような物を使わなければいけないのか・・・、と
実物を見た時は胸が悪くなりそうだった。これが日本の船に装備されていた。











休日にパブロ・カザルスの演奏を聴いた。
彼は母国スペインに対して、当時反体制だったし、その後も

戦争反対、と言うメッセージをアピールしながら演奏活動をした。
嗚呼、世界は何処に向かって行くのだろう?

さて、今から見守り隊のデビューに向けて準備だ。
今日が私の当番だ。しっかり見守ってやらなくては。









AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「家族」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
スマホの所有はもうファッションなのだろうか?「近所の友達も
みんな持っている。私も・・・」と、遂に家内も言い出した。

私も昨年、SIMフリースマホに変更して料金も安くなった気がするので
家内も同様に機種・契約の変更をした。新しいアドレスを設定して

アプリの更新をして万事上手く作動するようになった。
早速、家内はスマホと格闘して家族の声もあまり聞こえない様子。

未だ、画面に保護シール張ったままのスマホを熱心にいじっている。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
GWに向けて農家は代掻き前の準備作業が色々とある。
最初は町内一斉に、用水のドブ掃除、続いては荒起こし準備で

田圃の端だけを、スキで一度掘り起こす。これは田植え後、田圃の畔際は
雑草が生えて、見苦しい。事前処理と言う事だ。四隅の数mはスキが

入らないので、人力だ。これが大変。それが終わって漸く、荒起こしに入る。
ところが雨が降ったりするとこのような作業はトラクターでも人力でも全く無理だ。

カッパを着て頑張れば!と言いたいところだが、田圃がぬかるむと
トラクターのタイヤが勝手な所に動くし、人力でスコップの泥は餅の様に

くっついて、思いとは違い、作業が殆んど不可能な状態となるのだ。
これは数年前の代掻きの様子。

 
 

 












♪ ♪ ・・・雨の日はしょうがないぃ~・・♪。こんな歌詞の歌もあったかな?

この日はグロテスクな音楽が聞きたかったのでマクベスに手がいった。
LPレコードでも聴こうか・・と思ったが、DVDもあるので、久し振りに、

DVDプレーヤーデッキに手が行き、スイッチ・ON。

以前、LPレコードではあの美人のシルビア・シャーシュ
がマクベス夫人を歌ったレコードを夢中で聞いた事を報告した。

http://ameblo.jp/toyovax/entry-11539896209.html


DVDの映像は「グラインドボーン音楽祭」での実況録画だ。

マクベス;コスタス・パスカリス
マクベス夫人;ジヨセフィーン・バーストゥ
バンクォー;ジェイムス・モリス
指揮はプリッチャードで
オケはロンドフィルだ。

ジョセフィーン・バーストゥのマクベス夫人、人間の限りない
欲望をホント嫌らしく演技して、よく通る声で歌っている。

胸が悪くなる位、嫌な奥方を、ハラハラ・ドキドキ、
させながらイヤラシク歌い、正に快演だった。

土日はもう一つ天気も良くなかった。
代掻きの準備も早めにしておかないと、ゴルフも出来なくなってしまうのに。

 
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
孫、ピカピカの一年生となった。大きなカバンを背負って
近所の子供達の引率で元気に出かけた。











家族も期待一杯の初日だった。緊張したのだろうか?
帰ってから疲れたと言って寝込んだ。翌日は熱も出る。

波乱の幕開けとなった。大丈夫だろうか。




いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

競技当日も双耳峰の鹿島鑓ヶ岳、五竜岳、唐松岳から不帰の峰
への険しい稜線の山際、白く厳しく落ちる谷筋が美しかった。












朝はスタッフが一同にゴンドラ前に集結し、一番手で乗り込む。
総勢50名位かな?後で選手達も集合らしいが、早めの選手も

到着している。こっそり靴やウェアー、スキー、ヴィンディングなどの
装備を見ると、これまでとはまるで違っている様だ。兎に角軽そうだ。

















二人で任されたZ地点へ相方と二人で歩いてゆく事にした。
他の地点のメンバーは上までロープウェイにのってスキーで

降りてくるみたいだ。厳しいコース設定のようにも見えるが
一人の山岳レースのファンとしてはワクワクする。
















スタートして間もない地点のレースの様子が私の担当地点から見える。
此処はスタートの号砲が鳴ってから凡そ300m辺り。

先頭グループは殆ど走っている感じだ。この体力は一体なんだ!










この辺りは第二グループから、第三グループ。
後方のグループとは実力も装備も明確に違って見える。














推定では私の担当地点へ1時間余りかな?と思っていると、滑走の旗門に
もうトップ選手が来たとの無線。ええっ!彼らは1時間掛からずに

私の前に現れた。登りも凄いが滑りも凄い。林道の緩斜面だが
あの滑走姿勢で一気に下りてくる。思わず「頑張れ!」と声を掛けた。















リザルト(ヨーロッパで盛んな競技なので日本でもこう言うらしい)はこれまで
何年間もトップを譲らなかったゼッケン1の藤川選手が、加藤選手を追い上げたが

数十秒差で第二位になった。ゼッケン2の加藤選手は遂にチャンピオンとなった。
目の前を行く二人の選手のデットヒートは見応えありました。

左から藤川選手、加藤選手、松沢選手、日本代表で
ヨーロッパ遠征にも出かけるのだろう。大いに活躍してほしい。










この子は少年男子の松本君だろうか?上りも滑りも凄いのに
驚いた。大人に混ざってもかなり速い。

そうそう、数年前から北海道の登山が縁で応援しているアスリート夫婦も
参加していた。北海道の伊藤ご夫妻だ。常にトップ5辺りにいる。

飛行機時間の関係で懐かしいお話をする事が出来なかったが
今年もエントリーされていてとても嬉しかった。

















日山協からボランティアへのお礼に防水に使える
ビニル袋のような物を貰う。子供達への土産となる。

来年も声が掛かれば必ず参加しよう。

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。