「趣味人生巡礼」 Blog

「貧脚親父の山歩き巡礼」、「ワインや酒の飲兵衛な感想」、「クラシック音楽・JAZZ音楽の勝手な感想」、

「最近復活した無手勝流ゴルフ」、「日頃の出来事」を思い付くままに載せてます。

分ってないなぁ~と、大いに笑って貰えたら幸いです。


テーマ:
小布施ワイナリー
ソッガ プライベートリザーブ 赤

カベルネソービニョン 2012
先日の旅行で購入したワインを今日抜栓。

アジアへの旅行では日本酒やワインは
先ず口にする事は無かったので

家(日本)に帰ってからは
ガブガブ飲んでいる。















今日は少々上等なワインをと、開けた。
色は写真の通り濃い黒檀の色だ。

香りも今一つ漂うものが無い。
それならタンニンの渋さを期待した。

タンニンより酸味の強さが目立ったと思う。
と言いながら殆んど一人で飲んだ。

僅かに明日の晩酌に残そう。


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ワイン」 の記事

テーマ:
タイでのゴルフも終盤を迎えた。

今日のゴルフ場はチュアンチェンゴルフ倶楽部。

これまでプレイした記憶がない。

さて、どんなドラマが待っているだろうか?















受付で支払いを済ませてロッカー室へ向かう。
置いている調度品やモニュメントなど、モダンなものが多い。

値段は今回の遠征では一番安いくらいなのだが
結構リッチな気分が味わえてご機嫌だ。














ロビーを通ってスタートへ向かう。
ゴージャスな丸柱が格調の高さを感じさせる。















台湾や韓国人も我々より先にスタートする模様。
彼らは我々より更にケチケチプレイを目指している。

この暑さの中、カートには乗らず、歩きとおしてプレイする様だ。

と言うか、そのスタイルが本来のゴルフなのだろうけど
連荘のラウンドを歩きでと言うのは年寄には無理だ。



我グループ、皆さん多少余裕も出て、今日の戦略を練り、
スタートでコースチェックをしている。
















やはりカートのプレイは速いので
先行するプレーヤーにすぐに追いつく。

2ホールプレイしてからインコースへ移動した。
タイのゴルフ場はどこからでもプレイが可能で、

例えば先行者を追い越して
4ホール目からプレイし始めて、最後に1番から3番まで

やって、18ホール終える事も日常茶飯事なのだ。
















急いでプレーして汗も掻いた。

東屋で休憩。















キャディーさん達も休憩。














さて、シャワーを浴びて昼ごはん。
ビールは夕飯に備えて、あまり飲まないように努力する。

大瓶半分程度にする。ロッカー受付前のモニュメント
この様なのが数体ありました。











明日は最終のゴルフだ。
ラウンド後に食事を済ませて、夜間飛行だ。






翌日、バンコク・スワンナプーム国際空港から
中部国際空港に着いた。今までのタイゴルフは、

何一つ思い通りには出来なかった。結構、ストレス一杯で
帰国する事が多かった。


今回もスコアー的には満足とも言えないけれど、
十分に楽しめたゴルフとなった。

これから力を入れて、練習して復活ゴルフに挑もう。


ところで予算を聞かれたりするが、日本での交通費、
タイでの移動交通費、ゴルフ代、ホテル代(朝食付き)、飛行機代金、

全て含めて、1週間で15万程度でした。


他に必要なのは、昼食600円前後です。
夕食は昼の2倍程度、部屋チップに70円程です。

マッサージ2時間1200円程度とチップ300円。

個人的な遊びを除く。

今回もケチケチゴルフで、少しは研修効果があったように思う。


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
このメンバーの遠征で、ラムルッカゴルフ倶楽部は

外せないコースだ。奇麗だし、整備も良い。

但し、私はここでは良いスコアーが出ない(涙)














ゴルフ場近くまでは高速道路で行くが
一般道に降りると渋滞した道脇や交差点では

車の間を歩いて何かを売っている、この様なオジサンや子供を見かける。
危ない!と最初は思ったけれど、車のお守りを売っている。

この国のドライバーは信心深く、ドアから手を出して買っている。

虫よけにもなる植物で作られているようだ。















今日こそは・・、とやる気満々。
ミスショットも一杯あったがやっと満足なスコアーも出た。

タイではグリーンフィー、キャディーフィー、更に
カートに乗るとこのラムルッカでは凡そ7000円だ。

だがキャディへのチップが別に必要だ。このチップと言うのは
所謂チップと言う名目ではなく、必須の支払いとなる。

凡そ1000円=300バーツチップをキャディーさんに直接支払う。
バーディーが出れば気持ちで@50バーツから100バーツ払う。

チップを払わないと帰りの車の所まで「未払いだ」と、取りに来る。
これはこの国のマナーと思った方がいい。















バーディも幾つか出たので気持ち良くチップも払って
シャワーして食事後、迎えの車に乗り込む。

相変わらずバンコク市内は目茶目茶混む。
だが、街中が活き活きとしているように見える。













大通りに面したホテルは別として、一般的なホテルは
この様な狭い小路に面している。

私は宿に着いて先ずは洗濯をする。5日分ほどの替え着を持って来ていて
毎日、バスタブか台所のシンクの中で行う。洗濯機を使って2日分ずつ

行う人もいるみたいだ。洗濯機使用料は300円ほど。
近くのランドリーに出してもいい。大体一日分は500円前後だ。

続いてタイ式マッサージを2時間程度、凡そ1200円以上だと思うが
店によって多少違うので、参考まで。

如何わしい店もあるので、危ない所へは近寄らない方が良い。

近くにはタイ料理、日本料理の店が一杯あるので其処で集合して
当日のゴルフの反省をして、翌日の目標を発表。


尚、タイの飲食店は焼酎の持ち込みが可能。但し300バーツ(約1000円)は
持ち込み料が必要で店によっても価格が違う。

残ればキープもしておいてくれる。元気な人は
二次会へ行く。年寄りは爆睡して、翌朝散歩が日課だ。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
ゴルフ2ラウンド目はラチャカムゴルフ倶楽部へ。
当然、どのコースも池が配置されているので

曲げるショットは厳禁だ。同伴のメンバーにも
個性があって、豪快なショットをする人は球が曲がり

トックナーム(池ポチャ)もあるけど、時にはバーディーも来る。
安定感のある人はバーディこそ厳しいが小技が冴えてパーを拾い捲る。

この日から各自研修会らしく、真剣度がアップとなって来た。






















翌日3ラウンド目もチャーターのワゴン車に迎えに来てもらい

大都会のビルを見ながらバンパコーンリバーサイドゴルフ倶楽部へ。

我々がプレイする殆んどのコースは

バンコク市内から車で45分から1時間余りの所にある。
















見覚えのある立派で重厚な建物だ。















タイの観光客相手のゴルフは一人のメンバーに
一人のキャディーが一般的。

以前は他に傘持ちのキャディー
そして椅子持ちまで居たとか・・・、

先輩達から、そんな話を聞かせて貰った。














今日は偶然、以前に一緒したキャディーさんだった。
また、後ろのパーティーにはその娘がいて、

同じパーティーのキャディーは姪っ子だと言う。
働く場所の少ない田舎では彼らにとって此処は大切な職場だ。














とても暑いが今は雨期の終わりだろうか?
お日様は余り顔を出さない。雲に覆われている。

そんな中でカートに乗りフェアーウェイの中まで入って
ラウンド出来るので、早い時は3時間ほどでワンラウンドを終える。

急いでシャワーを浴びて、昼食を摂る。
皆はメニューを見てタイ語で注文している。

私もバカの一つ覚えの様に
ガッパオライス+ムー、ガイィー、カイダオウとか注文する。

ガッパオライスでブタ肉又は鶏肉、そして目玉焼き付き
数は幾つだ!とか、皆さん慣れたものだ。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今年もタイでのゴルフ研修会に連れて行って貰った。
今回は中部国際空港からの出発でタイのスワンナプーム

国際空港に着いた。迎えのワゴン車に乗りホテルに向かう。
















タイでは土日は特にプレフィーが高いので、
初日は比較的安上がりのウィンザーパークGCへ向かった。

6人でワゴン車をチャーターして割り勘定
ホテルまでの送り迎え付で往復凡そ60キロ区間で

一人当たり1500円。














いつも見るタイの街並み。電線がやたらと醜い。
自分の記憶にある昭和30年代頃の日本の田舎の家屋

その後ろに聳える高層ビル群、不思議な組み合わせだ。
















初日のスコアーは89点。良くはないが、今まではタイでは
メタメタの初日のスコアーがず~っと引きずったものだけれど

今年は漸くゴルフにも慣れて来て、以前ほど悪くもない。
相変わらず悔しいパターが続くも池ポチャが少なくなった。

明日からも頑張らなくてはと、気合いが入った。



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。