「趣味人生巡礼」 Blog

「貧脚親父の山歩き巡礼」、「ワインや酒の飲兵衛な感想」、「クラシック音楽・JAZZ音楽の勝手な感想」、

「最近復活した無手勝流ゴルフ」、「日頃の出来事」を思い付くままに載せてます。

分ってないなぁ~と、大いに笑って貰えたら幸いです。

NEW !
テーマ:
海王丸パークの岸壁から観光船に乗った。

屋根が低く作られているが、その理由は後で分かる。

海王丸パークの岸壁から1時間毎に出発していた。













数分で優美な姿をしていた新湊大橋を潜る。
カモメが餌づけされていて、数十羽、船の横をかすめる。

売られている煎餅を投げると一斉に群がってくる。
何処に行っても、観光客って生き物に餌を与えるのが好きだ。

橋を下から覗くと色々な設備が裏側に

設置されている。安全に車が通る為には
必要な物らしい。風の影響を大きく受けるので

未だ、自転車が橋を通るのは、出来ないと聞く。
将来橋の裏側を通るのだろうか?














港の景色に欠かせないガントリークレーンが見えた。
何時かこの海側から見て見たいと思っていた。

恐竜のように見える。しかもデカイ。
県の名前が書いてある。港湾事業と言うのは

色々と決まりがあるらしい。既得権益の塊だ。

運行、荷揚げ、倉庫、岸壁、等
所有者?利用者?権利者?何だか一般人が入り込むのは不可能。

クレーンには富山県と書いている。どんな人が操作
して、誰がどんな立場の人に使用料・給料を払ったりするのだろう?

山と海と川と空と・・・日本の伝統的な・習い事・京都・着物・芸能
ボッタクリの世界だ。おっと関係ない。








これも形式の違うガントリークレーンか?

韓国の貨物船が荷積みをしていた。










進んでいくと運河に入る。鉄橋が見えて丁度

万葉線の電車が走って行った。











運河を入って行くと幾つもの橋の下を潜るようになる。

高さぎりぎりだ。これで遊覧船の高さに制限がある。












運河沿いに粗末な造りの物置が見えた。乗船客が
大いに沸いた。何だろうとみていると看板があった。

以前、「人生の約束」と言う映画があった。この港町が
物語の舞台でロケも正に此処で行われた。

監督;石橋 冠
竹野内豊
江口洋介
松坂桃季
ビートたけし
西田敏行

そして富山出身の室井茂や立川志の輔などが出演していた。

※詳しくは下のHPで確認願いたい。

http://www.jinsei-no-yakusoku.jp/
















運河を進んでいくと富山湾への出口に出た。
此処から右に舵を切って、再び富山新港湾へ入って行く。

湾に入った所で後ろからの海王丸をもう一度
海の貴婦人と言われているので、お尻撮影はチョット失礼か。






どうだ、もう一枚。風が右手からだったらもっと帆は張ったのに。

でも、今日の天気と色白のスタイルは特別ベッピンだ。









下船後、新港の町で食事する事にした。
勿論、新港の町は漁師町で格別に新鮮なお魚が手に入る

しかもこの港では朝セリと昼セリのある
珍しい地区で、近隣の町の小料理屋は昼セリの新しい

肴が手に入るので、美味しい小料理店が多いのも納得だ。
良い気晴らしが出来た。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「家庭サービス」 の記事

テーマ:
最近は家内も私も余り自由な時間が無かった。

「時には平素とは違った景色も見に行こう」と、海の見える

海王丸パークへへ出かけた。この日は富山新港に停泊する

帆船「海王丸」の総汎展汎が行われる日だった。

右手の新湊大橋とのバランスも良く、

二つの曲線が描く景色は何時見ても宜しい。












総帆展帆(ソウハンテンパン)と言うのは
帆船が全ての帆を広げる事だ。

優美な美しい帆を広げたのを見た事がないので

ワクワクだった。何時もと違う海王丸にテンションMAX。
どうでしょう、この白い曲線が描く美しさと青空。

大きな三脚に、でかいカメラを乗せて、何かのタイミングを
待っているカメラマンもかなりいる。

飛行機雲かカモメか・・・暑い中、只待っている。










新湊大橋側の岸壁には海上保安庁の巡視船「やひこ」が停泊していた。
尖閣諸島や日本海に出没する不審船などを警戒してくれている。

大変な激務だろうと思う。どうか我が領土を守って欲しい。
北に現れるロシアや北朝鮮の不審船、そして中国船など、

やんちゃと力でごり押ししてくる彼らと渡り合うのは
道理だけではとても無理な事だろう。安倍さんもたのんまっせ。


http://www.pcpulab.mydns.jp/main/yahiko.htm













「JAPAN COAST GUARD 」海上保安庁の意味
ロゴが誇らしく思えます。どうぞ頑張って下さい。











風の方向によって帆の張り具合が変わってくる。
正面から滅多に見れない雄姿をパチリ。

どうだ!素晴らしいだろう。








海上保安庁巡視船 PL04 「やひこ」
JAPAN COAST GUARD

我々が安全に自由に自分の領土を歩いておれるのも
守ってくれる人がいるからだ。当たり前と思ってはいけない。

77年~78年頃、この公園近く或いはすぐ隣の伏木の海岸を
私は家内と車でドライブする事があった。その時不審な

異国人に話しかけられた。当時はこの付近の海岸で
拉致事件が幾つか起こっていた。正にあの時だ。

車から降りて、対応していたら今頃どうなっていたか?
そう思うとゾッとする事がある。

それから20年余りした時、あの時のあれは北朝鮮による
未遂拉致事件だったのだと確信した。

これからも日本国民を守って貰いたい。










とても天気が良いので今日は観光船に乗る事にした。

運河から富山湾を巡るコースだ。

海側から見る海王丸に期待。

つづく・・・



AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

孫の幼稚園では毎年今のシーズン「夕しずみ会」と言うのが


ある。今年も浴衣を着て、家族総出で参加した。


先生方も浴衣で張り切っておられた。















校長先生も和太鼓を叩いて頑張っておられた。


先生方も浴衣が似合っている。












踊りが一段落したら、楽しみのお食事。


孫も嬉しそうで、家族との会話を楽しんでいた。













パパには特に甘えている。


このような所に来ると余計にそう思う。
















さあ、もう一踊り。


「右肩上がり♪ イエェ~!」


このフレーズだけで爺は盛り上がっていた。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
この日も家族全員で食事会。

美味しいものを食べれて幸せだ。

ワインならOKとの

お許しが出たので皆が飲めるような赤で。











ルイジャドでアペラシオンはマルサネ
この畑はホント久しぶりだ。

ビンテージは2013、少々新し過ぎ。
これはドメーヌ物ですね。













今日の食事会は女性軍が多かったので洋食となった。

ホテルのレストランは家族連れで満員状態。

予約しておいてよかった。












割と廉価なお料理が出てきましたが女性軍には
好評でした。地上14階と言うのも良かったのかも。

オシャレなお魚料理。









メインのお肉は好評でしたね。

今日もご馳走様でした。




いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
今年のお盆は真空管アンプでLPを聞き捲る事、
ワインを飲みまくる事、こんな過ごし方をした。

館野泉氏のLPはヘイノ・カスキのピアノ音楽
カスキはフィンランドの作曲家で美しい曲を作っている。

館野氏は芸大を首席で卒業後、ヘルシンキの音大教授に就任して
フィンランドの音楽を広く普及する演奏活動をしていた。

2002年にリサイタル中に倒れ、右半身が麻痺して、その後左手の
ピアノ音楽普及に努めている。両親、兄弟、子供達はプロの

演奏家で正に音楽一家だ。ファンクラブが作られたのは
クラシックでは初めての事だったようだ。












フランス・クリダ(Pf)
ラフマニノフP協奏曲3番Dm

指揮;スデニック・マーシャル
オケ;ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団

フランスクリダはリスト等の難曲を得意としたピアニスト
中々良く指が動く。また、フランスのエコールノルマル音楽学校で

教鞭をとった事から彼女に師事するピアニストも多かった。
このコルトーが開いた音楽学校にはかなりの数の日本人が勉強

している。彼女を通じて此処で知り合った
日本の音楽家がこの学校から世界へ向けて活躍しているとも聞く。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。