10/7

テーマ:

ON  -54.6

DT  +3.9


B  -50.7

S  

  

実現損益 -50.7


12 Trade 3/9 25%

P +1.30

L -6.06


これで終りでありません。まだ含み損あります。朝切って入りなおせば、かなり取り戻せていたろうけど心が折れてしまいました。引け間際に買ってONしてますが、股裏目に出そうで怖い。退場までベストを尽くすしかありません。


AD

10/6

テーマ:

ON  -8.5

DT  


B  -8.5

S  

  

実現損益 -8.5


4 Trade 1/3 25%

P +0.80

L -3.10


ここまで来たら退場も視野に入れてとことん相場に浸かろうと思う。相場とはどんなものなのかこれまでいろいろ経験してきたと思ったが、何もわかっていなかった。

AD

10月1Week

テーマ:

1日(水) -12.1

2日(木) -9.2

3日(金) +4.9


1Week Total -16.4


これだけ損切りしても含み損は減っていない。ほんとにまずい状態だが、気持ちを切らさずに乗り切るしかない。


昨晩NY市場は金融安定化法案がほぼ通過するだろうと開始から上昇、私が起きていた午前1時頃までは+200前後で推移していた。これで月曜は何とか立て直せる可能性が出てきたと思い、少し方の荷が降ろせたような気持ちで寝た。しかし、今朝起きて結果を確認すると、まさかのマイ転しているではないか。最初に数字を見たとき+157かと勘違いしたくらいだ。実際は結果の判明した時間から一気に下げて、高値から見れば400以上値を消したわけだ。


ほんとに思い込みというのは怖い。来週どんな対応をしたらいいのか考えられません。この週末に検討するとして、今週の木・金の売られ方を見ていると明らかにオーバーシュートしていると感じるのですが?あるいは週末の採決が再度否決されることもゼロではにと見てセリクラの状態であったすれば、とにもかくにもこれで問題解決とはならないにしても、可決されたのですから下値を売る圧力は弱まるのではにかと希望的観測をしてしまいます。あまり当てには出来ませんが、CME225は金曜日の日中終値から-60程度です。


専業で孤独な生活をしているとこうした意見を交える機会に飢えてしまいます。

AD

9月5Week/Monthly

テーマ:

29日(月) +5.8

30日(火) +7.5


5Week Total +13.3


1Week Total +3.5

2Week Total +23.4

3Week Total +13.1

4Week Total +26.1

5Week Total +13.3


9月Monthly +79.4


久しぶりに生活費を上回る収支が計上できた。しかし、資金管理が徹底されていないことによるつけを10月支払うことになりそうです。

10/3

テーマ:

ON  +2.1

DT  +2.8


B  +4.9

S  

  

実現損益 +4.9


12 Trade 10/1-1 83%

P +0.55

L -0.60


焼け石に水だがコツコツトレードしながら含み損たっぷりのポジションを調整したが、状態は悪化してます。今晩眠れそうもない。

10/2

テーマ:

ON  -10.0

DT  +0.8


B  -9.2

S  

  

実現損益 -9.2


14 Trade 5/9 36%

P +0.40

L -1.24


ほんとやばくなってきました。昨日はBlogを更新する気になれませんでした。やはり自分のトレードの悪いところが出ていて、どこをどのように改善したらいいのかわからなくなっています。

10/1

テーマ:

ON  -12.5

DT  +0.4


B  -12.1

S  

  

実現損益 -12.1


15 Trade 6/6-3 40%

P +0.48

L -2.50


昨日損切りしたほうが良かった。今月も苦しいスタートです。頑張るしかありません。

9/30

テーマ:

ON  -1.2

DT  +8.7


B  +7.5

S  

  

実現損益 +7.5


12 Trade 10/2 83%

P +0.87

L -0.60


昨日の相場で感じていた違和感はこういうことだったのか。まさか法案が否決、これはおもいっきりサプライズになった。昨日の段階では金融安定化法案は大筋で合意に達していると受け止められていたので、自分のポジションはきつくなってしまった。

もちろんこれが相場のトレンドを変えるには至らないと思っていた。しかし、週前半は売り込みにくくなると読んでヘッジで必ずONするショートポジも今日はなし。ほんとにまいった。今日もDTの稼ぎで相殺してもう少しポジを整理したかったが、ほとんどは明日に持ち越した。今日のNYがある程度反発することは織り込まれていると思うが、買ポジの銘柄の動きがわりと落ち着いた動きだったので、もう少しいいところで決済できるほうに賭けてみた。

9/29

テーマ:

ON  +5.0

DT  +0.8


B  +4.0

S  +1.8

  

実現損益 +5.8


6 Trade 6/0 100%

P +0.97

L 


今日は勝率100%といっても負けてるポジを決済しなかっただけなので、口座の含み損は増えてます。引けにかけて下げ幅を拡げた割りに含み損は拡大しなかったので、危機感が足りなかったみたいです。今晩のNYが酷いことになりそうですが、ちょっとやばいです。

反省するべきは何か?

テーマ:

しばらくトレードのやり方やその検証についての考察を書かなかった。もともと読者もほとんどいないし、それをどうとも思っていないので、紙に書く代わりに日々のトレードの記録を残すだけで足りていたからだ。


金曜日のON銘柄の一つが、引け後に下方修正を発表した。このことをどう捉えるかについて書き記しておきたい。うまくいかなかったトレード・損失を出したトレードのうち、今後同じミスを繰り返してはならない性質のものと、それを防ぐことは出来ないし、恐れてもいけないものとがあると思う。


今回の場合は、どうであったのだろうか?

ONを手法として用いる以上、倒産や悪いニュースが出る可能性が高いものを出来るだけ排除することは必要。自分の場合は、50円以下の銘柄や新興市場の銘柄は基本的にONしない。加えてでも決算発表が予定されている場合もONしないようにしている。これで完璧という方法はないので、長期投資のように個々の銘柄を精査する労力を割けない以上、どこかで割り切るしかない。その代わり一銘柄のロットを上限を決めている。


今回の場合不定期のIRであったし、エントリーするタイミングとしては自分の間合いに入っていたので、これは事故として割り切るほうが、いいと思っている。こんなことがあるからとトレードが萎縮してしまったり、消極的になったりするほうがまずいと判断した。


でも、金曜日の時点での含み損益と、この下方修正の結果最悪の想定を加味すると、今月の利益の大半を飛ばしてしまう可能性もあるので、正直つらいです。でも、このことを最小の被害に治めて、残りの2日間で何とか今月を終われるよう努力したいと思っています。