アダルトチルドレン卒業セラピー

心がからっぽ、自分を責める、人の目がこわい、が スパン!と変わる

NEW !
テーマ:

● 人生のナビゲーション、到着点はどこですか?

 

こんにちは。岩田とよです。

 

先日の、「女性性とパートナーシップ」のセミナーには、

 

 生きづらさを感じることは、本当に少なくなった、

 

という卒業生さんも、何名か参加されていました。

 

{9F5C6685-405F-4560-B67B-108E0FFE5158}

こちらは懇親会です^^
  

 

日常的にラクにはなったけれど、このテーマはあやしい^^;

 

これから出会うパートナーのために、クリアにしておきたい。

 

などなど、生きづらさを抜けた後の、

 

もっともっと、しあわせになるぞー!

 

というハッピーな意気込みも感じて、うれしかったです。

 

 

また、メルマガにも書きましたが、

 

様々な段階の方が交流することで、

 

質疑応答で、不安を感じて質問していた方に、
 
卒業生さんが懇親会で、

 

「絶対に大丈夫だよー!」と叫びたかった、

 

とおっしゃっていたり。


image 


「だいぶラクになってきたけれど、

 

まだ時々、自死願望がぶり返します。

 

これって無くなりますか?」と

 

懇親会で質問された方に、となりの参加者さんが、

 

「私もあったけれど、なくなったよ」と答えたり。

 

こんなやり取りを横で見ていて、

 

うれしくて、うるっときておりました。
 

 

わたしからの、100の言葉より、

 

つい最近まで、自分と同じように苦しんでいた方の

 

ラクになれたよ〜!の方が、

 

何倍もリアルに感じられるはず。

 

image

 

こんな風に、交流できる場を増やしたり、

 

「生きづらさ」だけでなく、

 

もっとしあわせに生きるための書き換えも

 

これからやっていきたいな、と思います。

 

 

例えば、今回のテーマの場合、

 

男性とはどういう存在なのか、

 

結婚とはどういうものなのか、

 

という「前提」が、ちゃんと、

 

しあわせに導いてくれるものになっているか。

 

ということが大切なわけです。

 

 

「前提」「思い込み」は、

 

私たちをどこへ連れて行くのか、

 

という行き先、ゴール設定。

 

 

だから、自動運転をはじめる前に、

 

ちゃんと行きたい場所を

 

ナビゲーションにセットしておきましょう。

 

 

ゴール設定が望ましいものではないと、

 

こんな所に来るつもりじゃなかった!

 

ということになります。

 

もし、すでにそうなっていても、

 

気づいた時点で変えればいいのです。

 

 

結婚は、苦労するものだ。

 

という前提ではじめるのか。

 

結婚は、よろこびと楽しみでできている。

 

という前提ではじめるのか。

 

 

あなたの思い込みは、きっと、

 

あなたの背景を考えたら、

 

持っていて当然のものでしょう。

 

 

でも、今、大人になったあなたは。

 

育った環境とは関係なく、

 

まったく自分の望み通りに、

 

ナビゲーションをセットし直すことができるのです。

 

 

自由に、思い切りしあわせに^^

 

何歳からだって、人生を楽しみましょうね♪

 

読むセラピー「アダルトチルドレンを卒業する方法」

 


池袋、Skype、お電話でセラピーを行っています。恵比寿、原宿、表参道、飯田橋、高田馬場。

自己嫌悪、依存症、共依存、トラウマ、劣等感、焦燥感、完璧主義、コンプレックス、自尊心・自己肯定感、回復方法あります。
 

 

 

 

 

 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

● 「愛と希望と勇気の日」に

 

こんにちは。岩田とよです。

 

{785B1B14-8E61-408F-B740-FB2B5E4EB14B}

 

 

先日の14日(土)、女性性とパートナーシップのセミナー当日は、
 
「愛と希望と勇気の日」
 
だったのですって!知りませんでした。。
 
なんだか、みんなのこれからを応援してもらえているみたいだな〜
 
とうれしくなりました^^
 
 
セミナー後に書いてくださった感想を読んでいると、
 
本当に、つくづく、ACであったことが
 
人の何倍も、
 
生きることについて、
 
愛することについて、
 
許すことについて、
 
深く考える機会を与えられているのだなあと感じます。
 
 
そして、もちろん、
 
自分で自分の人生を動かすのだ!
 
という覚悟についてもね^^

 

とよさん、いつもありがとうございます。 

個人セッションもお願いして、セミナーも何回か参加させていただいて、

生きづらさを感じることは、本当に少なくなりました。

毎日、どこかに喜びや幸せを見つけられる

(見つけようと思える、感じられる)

自分に嬉しさを感じています。

その上でパートナーシップ(結婚)についても

問題が多いんだなぁと、やっと自覚ができてきたんです。

今まで気付いてはいましたが、自覚できていないし、

認めるのが怖かったです。

人間としての価値観も感じることができていなかった自分が、

女性としても問題がありすぎる現実はつらいものでした。

でもそれを認められて、乗りこえようとした自分がちょっと好きです。


こんなにも多くのハードルを、愛と共に私にくれた両親を、

今までと違う目で見れる自分になりたい。

決して戻りたくない子供時代のことも

大切に思える自分になりたい。 

そう思って心待ちにしていた、今日のセミナーに参加しました。


今日は世間からの情報では大雪だとか、33年ぶりの寒さだとか、

タクシーの予約もできませんでしたし、

飛行機も飛ぶのかなといった感じでした。

でも私、とよさんに会いに行く、

セミナーに参加してダウンロードを受ける、と“決め”ました。

それからは天気予報も見ず(笑)無事参加できてよかったです。


今日1月14日は「愛と希望と勇気の日」だそうです。

(南極でタロ&ジロの生存が確認された日♡)

ステキな同じ日に、一緒にさんかできた皆様に祝福を。

とよさんに心からの感謝を。

ここまで来てくれた自分に愛を込めて(笑)

ありがとうございました。
 
 
「こんなにも多くのハードルを、愛と共に私にくれた両親を、

今までと違う目で見れる自分になりたい。

決して戻りたくない子供時代のことも

大切に思える自分になりたい。 」
 
 
これが書けるって、すごいなーと思うのです。
 
これまでずっと苦しんでいながら、
 
アダルトチルドレンの背景を持っていながら、
 
それでも、その中に光を見ようとする。
 
すべてを、愛で包もうとする。
 
 
本当に、魂を強く磨いて、大きく輝く人生を
 
選んでこられたのだなぁと思うのです。
 
 
同じように、
 
山あり、谷あり、挑戦が多い人生を選択した、
 
勇気ある仲間たちに、最大限のリスペクトを。
 

池袋、Skype、お電話でセラピーを行っています。恵比寿、原宿、表参道、飯田橋、高田馬場。

自己嫌悪、依存症、共依存、トラウマ、劣等感、焦燥感、完璧主義、コンプレックス、自尊心・自己肯定感、回復方法あります。
 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 「恋愛、性は、良くないもの」それは両親のなぞりだったのです
 
こんにちは。岩田とよです。
 
{18BE7C54-C005-4F8F-AEA6-8A6F9DB9EAB3}
 
先週の土曜日に開催した、
 
「AC卒業セミナー 女性性とパートナーシップ」の中で、
 
「恋愛、性は、良くないものだ」という思い込みを、
 
「男女の関わりは、愛を深める美しい営みだ」に書き換える、
 
という項目があったのですが。。
 
 
そのダウンロードを受けられた後の、気づきと変化について。
 
50代の女性が、体験談を送ってくださいました。
 
ひとりの女性の、恋愛と、性と、結婚と、母と娘。
 
お時間がある時に、じっくり読んでいただきたいと思います。
 

とよさん、こんばんは。

 

先日の「AC卒業セミナー 女性性とパートナーシップ」では、どうもありがとうございました。

 

セミナー中、いくつも、我が意を得たり、という言葉があったのですが、

 

ベストワンが「元気になってだらだらする」でした。

 

わたしはずうううっと、元気がなく(人からはもれなく、元気そうねといわれるのですが、自分のなかでは)疲れやすく、

 

いつもいつもだるいので、だらだらだらだらしていました。

 

これでもし、いろいろラクになって、元気になってしまったら、しゃきしゃき働かなければならないのか、

 

いやだなああ(だるい自分が考えるわけですからね)と思っていました。

 

しゃきしゃきちゃっちゃか働かなくちゃならないくらいなら、ずっとだるいほうがいいよ、というメリットがあったんですね。

 

それが、この「元気になってだらだらする」を聞いたとたんに理解できて、

 

ああ、いいなー、と解放感を覚えたのでした。

 

それで、帰宅したら、ほんとうに体がラクでした。

 

ようし、今夜から元気でだらだらの始まりだあ、ととてもワクワクしました。

 
 
{D07F84AD-D356-4F23-8FE9-A0322A7170A7}
 
 

そんなラクな状態で、つらつら考えていたら、すごいことがわかってしまいました。

 

「恋愛や性は良くないものである」の書き換えのときに、

 

んん?という抵抗を感じたのですが、これはほんとうにわたしの最強の、といってもいい思い込みでした。

 

わたしは婚外子として生まれました。

 

父は妻子を捨てて、母とわたしとの暮らしを選びました。

 

父は母を愛しているとわたしにもいっていました。

 

母も15歳離れた父を好きになったいきさつなど話してくれていました。

 

だから二人は「恋愛」をしたのであり、濃密な「性」の世界をくぐったと思いますが、

 

それらは、第三者を裏切ったり、傷つけたりしたので「良くないもの」でした。

 

しかし、それがなければわたしの存在はありません。

 

だから、わたしは「恋愛は性は良くないもの」と思いながらも、避ける方向ではなく、

 

自分も憧れるようになっていたのです。

 

ただし「良くない」状況において、ということです。

 

それは両親のなぞりであって、わたしの知るたった一つの形だったのです。

 

 

だから、結婚前には既婚者を好きになりましたし、

 

結婚してからは夫以外の人を好きになりました。

 

恋愛と性についてはつねに「良くないもの」として成立させてきました。

 

書いていると恐ろしいですねえ、ほんとうに。

 

 

ところが、少し前に離婚してからは、

 

恋愛は「良くないもの」ではなくなって「しまった」んですね。

 

だから、結婚していたころからの好きな人に、どうにも近づけなくなってしまいました。

 

離婚して自由になったのだから、いくらでも会えばいいじゃないかと、自分でも思うのですが、

 

なにかと理由を作って会おうとしませんでした。

 

ともだちにも首をひねられ、わたし自身、どうしてこうなるんだろう、

 

なぜ勇気を出せないんだろう、と不甲斐なく思っていたのです。

 

 

それが、おかげさまで、先日のダウンロードで消えました。

 

いや、消えたから、上に書いたようなことが見えてきたのですね。

 

思い込みのなかにいるときは、まったく五里霧中ですものね。

 

 

このように、現実が思い込みを外せるように整ったのにも関わらず、

 

思い込みはそれについてこられず、混乱して怯えている、というケースもあるんですね。

 

いまは、彼のことを、好きだなあ、と思うこと自体にすごく幸せを感じます。

 

 

恋愛と性というものを初めて経験してから30年余り、

 

自分はいったい何をしてきたんだろう、と茫然とする思いもあります。

 

浦島花子ってやつですね。

 

親が無自覚に見せる姿が、こどもにこんなにも影響を与えるものとは。

 

自分が親としてこどもに与えた影響についても考えますが、

 

いまわたしが思い込みを外せたのだから、こどもたちも大丈夫だ、と信じます。

 

 

おかげさまで、あのわたしのままで死なずに済みました。

 

とよさん、ほんとうに、ありがとうございました。

 

またお目にかかって、ゆっくりとお礼がいえたらと思います。

 
こちらこそ、ここまで個人的なことをシェアしてくださったこと、感謝します。
 
 
現状では、何も問題がない。
 
頭では、理解している。
 
それでも、なぜか動けない。
 
それは、意識より思考より、無意識の力の方がずっと強いから。
 
 
どうして、いつも、こうなってしまうのだろう。。
 
その答えは、きっと、あなたの無意識の中に。
 
そして、それは、いつからでも変えられるのです。
 

池袋、Skype、お電話でセラピーを行っています。恵比寿、原宿、表参道、飯田橋、高田馬場。

自己嫌悪、依存症、共依存、トラウマ、劣等感、焦燥感、完璧主義、コンプレックス、自尊心・自己肯定感、回復方法あります。
 

 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

● 生きることを選択して、本当によかったと思います。

 

こんにちは。岩田とよです。

 

昨日は、「AC卒業セミナー 女性性とパートナーシップ」でした♪


{E8EF5595-910F-4079-9B77-882B1DEEF2E8}

(集合写真は、しばしお待ちを♪)


岡山、兵庫、愛媛、福岡、福島、岐阜、名古屋、大阪などなど、

 

遠方からもお越しいただいて、本当にありがとうございます。

 

 

昨日は、雪が降っていた地域も多く、

 

新幹線が止まるかも?飛行機が飛ばないかも?

 

と、ギリギリまでご連絡があり、ヒヤヒヤしましたが、

 

当日キャンセルなし!で迎えられました。

 

 

実は、このセミナー、なかなか波乱の幕開けでして。。

 

今までに開催したセミナーの中で、

 

もっとも抵抗を感じるテーマだったらしく、

 

はじめて、

 

「とても興味があるけれど、抵抗感が強くて参加できません。」

 

というメールを、何通もいただきました^^;

 

しかも、今までのセミナーの中でダントツ、

 

お申し込み後のキャンセル率が高かったのです。

 

しかも、当日は雪。

 

大丈夫かな〜、と思っていたのですが、

 

ギリギリまで何度も迷っていた、

 

という方も、

 

飛行機が飛ばなかったら、新幹線ででも来るつもりだった、

 

という方も、それぞれにドラマがあり、

 

最終的には全員参加でした^^

 

 

早速、ご感想をご紹介しますね♪

 

自分の両親が、

 

セミナー中に出てくる例に、みごとに当てはまり、

 

笑えるくらいでした。

 

ACを生み出す標準的な家庭環境?(笑)

 

やはり、恋愛関係についても、私は悪くなかったと再認識できました。

 


1年前のお正月。

 

本当に、つらくて、苦しくて、死にたくて、

 

もしかしたら、今、ここにいない状況になっていてもおかしくなかった。

 

それから1年経って、生きることを選択し、

 

今ここにいられて、本当によかったと思います、自分で(笑)


結婚願望があるのかないのか、

 

相手(彼)を愛しているのか自分でもわからなかったですが、

 

これからは、それも自分で選択していきたいです。

 

いや、選択していきます。


私も、とよさんのように、自分の心から、自分の思いを、

 

自分の言葉を発せられるようになりたいです。

 

自分の人生を自分のものにしていきます。

 

また、趣味でやっている音楽も、自分のものにしていきます。

 

こちらの方、

 

1年前のお正月は、

 

本当に、つらくて、苦しくて、死にたくて、

 

という状態で。

 

その年の8月には、卒業宣言されているのです。

 

私は長い間、自死願望があったので、

それが普通だと思っていました。


でも、普通、日常的に死にたいなんて思わないんですね。

それに気がつくのに結構時間が掛かりました。


自死願望を実現しなくて本当によかったです。

私は何も悪くなかった。


セミナーとDVDのダウンロードで、やっと理解できました。

今は、生まれ変わった気分です。

 

昨日は、変われるか不安で、質問されていた方に、

 

「絶対、大丈夫だよ〜!」と叫びたかった、

 

とおっしゃっていたくらい^^

 

 

こんな風に、


少し前までは自分と同じように苦しんでいた方が、

 

楽になっている姿を見られるのが

 

セミナーのいいところだな、と思いました。

 

こういう機会を、もっと増やしていきたいな。

 

読むセラピー「アダルトチルドレンを卒業する方法」

 


池袋、Skype、お電話でセラピーを行っています。恵比寿、原宿、表参道、飯田橋、高田馬場。

自己嫌悪、依存症、共依存、トラウマ、劣等感、焦燥感、完璧主義、コンプレックス、自尊心・自己肯定感、回復方法あります。
 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

● 明日は、「AC卒業セミナー 女性性とパートナーシップ」です♪

 

こんにちは。岩田とよです。

 

明日は、

 

「AC卒業セミナー 女性性とパートナーシップ」です^^

 

いつも東京駅ですが、今回は池袋ですので、

 

みなさま、おまちがいなく♪

 

懇親会にキャンセルが出ましたので、

 

やっぱり参加したい、という方は、当日の受付で教えてくださいね。

 

 

恋愛や結婚、男性との関係がうまくいかないのも、

 

やっぱり、アダルトチルドレンの生きづらさと同じように、

 

子どもの頃の親子関係が原因になっています。

 

特に、お母さん。

 

お母さんからの、無自覚な、わかりにくい、証拠が残らない

 

女性として楽しんではいけない、

 

というメッセージを受け取っていたりするのです。

 

 

でも、それも変えていけますので、

 

うん十年、同じ恋愛パターンから抜けられない、

 

女性らしくすることに抵抗がある、

 

男性とはりあってしまう、

 

という方、お楽しみに!

 

 

ちなみに、DVDでのお届けは2ヶ月後の予定です♪

 

 

明日、お会いできますこと、楽しみにしています^^

 

読むセラピー「アダルトチルドレンを卒業する方法」

 

 


池袋、Skype、お電話でセラピーを行っています。恵比寿、原宿、表参道、飯田橋、高田馬場。

自己嫌悪、依存症、共依存、トラウマ、劣等感、焦燥感、完璧主義、コンプレックス、自尊心・自己肯定感、回復方法あります。
 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

● 何を基準に生きていくのか その6

 

こんにちは。岩田とよです。

 

今回は、

 

しあわせのありか 

 

からはじまり、

 

何を基準に生きていくのか その1

 

何を基準に生きていくのか その2

 

何を基準に生きていくのか その3

 

何を基準に生きていくのか その4

 

何を基準に生きていくのか その5

 

の続きです。

 

そして、最終回です!

 

 

世界のしくみを知りたかった、もうひとつの理由。

 

それは、子どもの頃から感じていたことでした。

 

 

幼くして虐待を受け、学校でいじめにあい、亡くなる子ども。

 

内戦の地に生まれて、恐怖と貧困に苦しみ、銃弾に倒れて亡くなる人。

 

そのような、悲しいできごとばかりで終わる人生や、その人を、

 

心の中で、どのように受け止めていいのかわからず、

 

できるだけ感じないように、考えないようにしていました。

 

 

でも、やっぱり気になって、

 

どう考えたらいいんだろう、

 

どう考えたら、

 

かわいそうだとか、不幸だなんて決め付けずに、

 

他のどの人生とも同じ価値がある、と思えるんだろう、と

 

それを説明してくれる考え方を知りたかったのです。

 

 

もちろん、子どもの頃に、こんなにはっきりと

 

言語化していたわけではありませんが、

 

 

人の人生に対して、勝手に、

 

かわいそうだとか、不幸だと決めつけるのは失礼だ、

 

という感覚はありました。

 

 

物質も愛情も恵まれた環境で過ごす人生も、

 

悲しいできごとばかりで幕を閉じた人生も、

 

同じ価値があると思いたい。

 

そう思える考え方を探していた時、

 

このような説明を目にしました。

 

 

確か、江原さんが書かれていたと思います。

 

 

私たちはもともと一体であり、すべてがある愛の世界から、

 

様々な経験をするために、この世界に来ている。

 

コップの水から、一滴がこの世界に来て、

 

いろいろな経験をして学び、またコップに戻る。

 

そうすることで、コップの水全体を成長させている。

 

 

ああ、これだったら、

 

幸せそうに見える人生も、不幸そうに見える人生も、

 

同じ価値があることになる。

 

 

それぞれの一滴、魂は、毎回テーマを変えて、

 

何度も、何度も、生まれて経験しているわけですから、

 

前回とは正反対の人生を経験してみたい!

 

なんて思ったりするのでしょう。

 

 

この考え方が好きなところは、

 

過酷な人生を送った方に対して、

 

あわれむのではなく、

 

こんな過酷な環境に生まれるなんて、

 

魂の年齢が高いに違いない。

 

という、尊敬の念を抱けるところです。

 

 

でも、だからといって、先に挙げたような、

 

辛い経験をする人がいてもいい、というわけではありません。

 

 

この世界で起きていることはすべて、

 

この時代を選んで生まれた、私たち共通の課題だと思うから。

 

 

 また、よく、大変な経験をしたからこそ、

 

人生後半で輝いている方の人生が、書籍になっていますよね。

 

 

セラピーに来られて、卒業された後、多くの方が、

 

自分の人生を気に入っている、とおっしゃいます。

 

苦しい想いをたくさんしてこられたはずなのに。

 

 

それって、ブループリントの所でも書きましたが、

 

今回、経験したいと思っていたことを、

 

天国で決めた通りに、思いきり経験してる!

 

という気持ち良さ、満足感なのではないかな、

 

と思ったりしています。

 

 

前回書いた、

 

自然に、今回やろうとしている人生に導かれる。

 

そして、それは、しあわせそのものだ。

 

という世界。

 

 

自分よりはるかに大きなものに導かれているような、

 

宇宙と繋がっているような。

 

 

自分の人生を、流れに任せても大丈夫なんだ、と

 

信頼できている、安心感の中で生きている状態。

 

 

もちろん、日常の中では忘れて、不安になったり、

 

ムカついたりしちゃいますけどね^^;

 

人間だもの。

 

 

 と、今は、そんな所で落ち着いています。

 

これにて、私の、世界のしくみを探す旅、

 

何を基準に生きていくのか、

 

を終わりたいと思います。

 

 

長々とおつきあいいただいている方がいらしたら、

 

ありがとうございました^^

 

 


池袋、Skype、お電話でセラピーを行っています。恵比寿、原宿、表参道、飯田橋、高田馬場。

自己嫌悪、依存症、共依存、トラウマ、劣等感、焦燥感、完璧主義、コンプレックス、自尊心・自己肯定感、回復方法あります。
 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

● 3周年、ありがとうございます!

 

こんにちは。岩田とよです。

 

今日、1月10日は、開業記念日です!

 

2014年の1月10日に、「アダルトチルドレン卒業セラピー」という

 

今のタイトルでブログをオープン、開業しました。

 

ブログは趣味でもやっていませんでしたので、

 

本当に、何にも知らない状態からのスタートでした。

 

 

こうしてお仕事を続けることができているのは、

 

ひとえに、未知なるもの、

 

まだまだ常識では受け入れがたい、

 

このセラピーに挑戦してくださった、

 

お一人、お一人のおかげです。

 

 

そして、ゼロから育てていただいた、田渕隆茂さんや、

 

たくさん応援してくださった、コンサルメンバーのみなさん、

 

公私にわたり支えてくださっている皆さま、

 

本当に、本当に、ありがとうございます!

 

 

いつもセミナーのお手伝いを、快く引き受けてくれるみなさん^^

 

事務作業がまったくできない私を、細やかにサポートしてくださる

 

福島税理士事務所のみなさま、

 

パソコン関係を一手に引き受けてくださっている大銅保幸さん

 

 セミナー撮影、DVDをすべてお願いしている高橋勝己さん


どなたがいなくても、今のお仕事は続けられていません。いや、本当に。

 

 

そして、やっぱり。

 

変われなかったらどうしよう、という不安と戦いながら、

 

それでもあきらめず、卒業に向けて歩んでおられる、

 

お一人、お一人に、

 

そして、

 

卒業されて、その後ろ姿で、みんなに希望を与え続けてくださっている、

 

卒業生のみなさんに、

 

感謝の気持ちをお伝したいと思うのです。

 

 

背景は、バラバラ。

 

でも、心の中は、そっくりで、

 

わけのわからない苦しみに振り回されて。

 

ずっと、がんばって、がんばって、生きてきた。

 

 

そんな仲間たちが、1日も早く、卒業していただけるように。

 

これまでの人生を、誇りに感じていただけるように。

 

ACきっかけだけど、いい友達ができた、と

 

ACだったからこそ得られる宝を、

 

たくさん手にしていただけるように。

 

 

これからも、できることを、すすめていきます。

 

今後とも、どうぞ、よろしくお願いします^^

 

 


池袋、Skype、お電話でセラピーを行っています。恵比寿、原宿、表参道、飯田橋、高田馬場。

自己嫌悪、依存症、共依存、トラウマ、劣等感、焦燥感、完璧主義、コンプレックス、自尊心・自己肯定感、回復方法あります。
 

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

● 何を基準に生きていくのか その5

 

こんにちは。岩田とよです。

 

今回は、

 

しあわせのありか 

 

からはじまり、

 

何を基準に生きていくのか その1

 

何を基準に生きていくのか その2

 

何を基準に生きていくのか その3

 

何を基準に生きていくのか その4

 

の続きです。

 

 

さてさて。。

 

前回、大ざっぱに、こんなことを経験したい、

 

というのは決めてきていると思う、と、書きました。

 

 

やりたいテーマがあるので、

 

それに最も適した、

 

時代や、国、性別、家庭環境を設定してくる。

 

 

でも、その中で、どのように過ごすのか、何を選択するのかは自由で、

 

そこが、「思考が現実化する」「自由に創造する」

 

という部分ではないかと思っています。

 

 

また、天国では体験できないこと、

 

みんなが一体だと味わえないこととして、

 

それぞれの意識体の、個性を味わうこと。

 

 

そして、やはり、今の時代のテーマとして、

 

「よろこびの中で生きる」

 

があるのではないかな、と感じます。

 

 

人類的に、自然災害や、飢饉など、

 

苦しみから学び、成長した経験値は高い。

 

 

でも、心地よい暮らしが可能になったのは最近なので、

 

よろこびや、安心感、愛の中で生きる、

 

という経験値がまだまだ低いと思うのです。

 

 

これは、末期ガンで、臨死体験を経験し、

 

その後、数日で癌が消えてしまった

 

「喜びから人生を生きる」

 

の、アニータ・ムアジャーニ さんも

 

 ありのままの自分でいることが大切。

 

 もし、教義をつくるとしたら、

 

 「毎日、たくさん笑うこと」と、

 

自分自身でいること(それぞれの意識の個性を味わうこと)と、

 

たくさん笑う=よろこびの中で生きる、を挙げられています。

 

 

また、中学生の時に、亡くなった妹さんの魂に導かれて

 

あちらの世界の学校のような場所を経験した

 

「ひかりの国のおはなし」の どいしゅうさんは、

 

その学校の先生に、今の地球人に足りないものは、

 

「歓喜」だ、と言われてます。

 

 

なので、自分自身の経験や、感覚。

 

また、あちらの世界のお話など、

 

いろいろと混ざり合って、

 

 

「日々、よろこびを持って、自分自身でいることで、

 

 自然に、今回やろうとしている人生に導かれる。

 

 そして、それは、しあわせそのものだ。」

 

 

というところで、落ち着いています。

 

 

この捉え方が、正しいか間違っているか、

 

には、あまり興味がなく、

 

 

これを前提に生きると、

 

現在の生活で、しあわせに暮らせるなぁと思うので、

 

この考え方を採用しているのです^^

 

 

あくまでも、しあわせ最優先、なのでした^^

 

 

では、次回、世界の成り立ちを知りたかった、

 

もうひとつの理由を書いて、最終回とします!

 

 

は〜、ACと離れて、好きなこと書いちゃった。

 

読むセラピー「アダルトチルドレンを卒業する方法」

 

 


池袋、Skype、お電話でセラピーを行っています。恵比寿、原宿、表参道、飯田橋、高田馬場。

自己嫌悪、依存症、共依存、トラウマ、劣等感、焦燥感、完璧主義、コンプレックス、自尊心・自己肯定感、回復方法あります。
 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

● 何を基準に生きていくのか その4

 

こんにちは。岩田とよです。

 

今日の記事は、

 

しあわせのありか 

 

からはじまり、

 

何を基準に生きていくのか その1

 

何を基準に生きていくのか その2

 

何を基準に生きていくのか その3

 

の続きです。

 

 

生まれてくる目的を決めてきているかどうか、

 

ということについて。

 

 

私は、大まかに決めてきている、と思っています。

 

 

それは、なぜかと言いますと。。

 

 

セラピーに来られる方は、最初は、みなさん

 

苦しいから、という理由でいらっしゃるのですが、

 

その苦しさがなくなると、次に

 

「やりたいことがわからない」

 

という悩みに変わったりします。

 

 

でも、やりたいことがわからない、と言っていた方でも、

 

いくつかの質問をしていくと、

 

みなさん、意外とハッキリとしたイメージを

 

内側に持っていたりするのです。

 

 

そして、そのビジョンが明確になると。。

 

今まで、嫌だ嫌だ、と思っていた家庭環境や、

 

これさえなければ、というようなできごと、

 

自分の欠点だと思っていたことや

 

いやいや通っていてた職場など、

 

 

ほんとうに美しく、パーフェクトに、

 

これまでの経験がすべて必要だったりするのです。

 

もう、ご自身の外見まで、それにぴったりなんです。

 

 

もちろん、日々の選択は自由意思で決めることですし、

 

それが最も尊重されます。

 

 

でも、「自由意思」で、そちらに進みたくなるような

 

お膳立てがなされている、という感じがしています。

 

 

スピ界では、魂の設計図、「ブループリント」

 

なんて言い方をしますね。

 

 

最初に、設計図が決まっている、と聞いたときは、

 

なんだ、じゃ、がんばっても意味がないじゃないか、

 

不自由でつまんないな、と思ったものです。

 

 

でも、実際に、そこにピタッとはまってみると、

 

あぁ、これが、私が最もやりたいことだ!

 

と感じられて、その確信の中で生きられるのは

 

とても、しあわせなことだと感じています。

 

 

でも、これって、多くの場合、

 

苦しみから抜けたり、それに出会って、はじめて、

 

あぁ、これだ!と気付けるようになっているのかな、と

 

そこに出会ったばかりの人や、

 

大きく活躍している人を見て思います。

 

 

映画のエンディングを知っていたら、

 

途中のドキドキが楽しめないように、

 

最初から、これでしょ?とわかっていたら

 

途中経過を、本気で味わえませんからね。

 

 

ほんとうに、心から苦しんで、

 

もうダメなのでは、と絶望しそうになって。。

 

 

でも、そこの感情や経験が強烈であるほど、

 

今回の人生でやろうとしていることへの

 

モチベーションだったり、しあわせ感は強くなる。

 

 

これは、何も、大きなことを成す!

 

ということばかりではありません。

 

 

ちょっとスピな例えですが、

 

前世で、激動の中で、社会を改革した人は、

 

今回の人生で、毎日の、ふつうの日々の

 

ありがたさと、しあわせ感を味わう。

 

をテーマにしているかもしれません。

 

 

これについては、また次回に。

 

そろそろ終わりにしないと、

 

別テーマのブログになってしまう^^;

 

読むセラピー「アダルトチルドレンを卒業する方法」

 

 


池袋、Skype、お電話でセラピーを行っています。恵比寿、原宿、表参道、飯田橋、高田馬場。

自己嫌悪、依存症、共依存、トラウマ、劣等感、焦燥感、完璧主義、コンプレックス、自尊心・自己肯定感、回復方法あります。
 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

● 何を基準に生きていくのか その3

 

こんにちは。岩田とよです。

 

今回は、

 

何を基準に生きていくのか その2

 

の続きです。

 

 

何不自由なく、みんなとつながって、

 

しあわせを感じられる天国から、

 

わざわざ不便な、

 

他と切り離されたように感じる物質界にくる理由は何か。

 

 

もし、あなたが。

 

 

すべてを与えられて、

 

何不自由なく、しあわせな環境に

 

一生、いられるとしたら。

 

 

生まれてから亡くなるまで、

 

ずっとその環境にいたいでしょうか?

 

 

心地よくて、幸せなのですから、

 

本来は、そこにいればいいはずです。

 

 

でも。。もし。。

 

その環境から外に出たいと感じるとしたら?

 

その理由は、何でしょうか?

 

 

やっぱり、いろいろな経験をしたい!

 

いろいろな経験をすることで、

 

視野を広げて成長したい!

 

ではないでしょうか。

 

 

人間界で「成長」と聞くと、

 

がんばって、努力して、より良くなる、

 

というイメージがありますが、

 

 

経験することは、成長すること。

 

 

快楽であれ、なんであれ、

 

アメ玉ひとつなめただけでも、

 

それを経験する前と比べたら経験値があがり、

 

視野が広がって、成長しているはずです。

 

 

自然界の、すべての動植物が、老いも含めて成長し、

 

常に拡大しつづけている、この宇宙において、

 

成長することは、本来よろこびであり、

 

自然な欲求だと思うのです。

 

 

天国では味わえない経験をして、成長すること。

 

それが、肉体を持って物質界に生まれてきた目的。

 

 

そして、どんな経験をしたいかを、大ざっぱに

 

あらかじめ決めてきている。

 

 

という説に、私は、一票入れているのです。

 

 

また長くなってしまいましたので、^^;

 

 

次回以降、

 

生まれる環境を選んで来ている、とか

 

どんな人生も等しく価値がある、とかについて

 

書きたいと思いますっ

 

 

読むセラピー「アダルトチルドレンを卒業する方法」

 

 


池袋、Skype、お電話でセラピーを行っています。恵比寿、原宿、表参道、飯田橋、高田馬場。

自己嫌悪、依存症、共依存、トラウマ、劣等感、焦燥感、完璧主義、コンプレックス、自尊心・自己肯定感、回復方法あります。
 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)