気が付けばもう…

テーマ:
200608260032000.jpg

さて八月に入ってもなかなか忙しい毎日を送っていますチャン・リーメイです。
ごきげんいかがでしょう。

私はちゃーんと食べているので(鰻とか)きちんと夏バテにはなっておりませんっ!
夏バテ防止にはちゃんと食べることが一番…

なんて思っていますが、気付いたらもう、


♪なーつのおーわーりー♪

ではありませんか!!
ふむー。
昨晩鈴虫の鳴か声を聞いて初めて気がつきました。
本当に季節はいつも一歩先をいっているのですね。

今年の夏にやりのこしたこと。

まずはビアガーデンに行ってない。

氷川丸のビアガーデンにいきたかった。


それからワタクシとしたことが

浴衣に袖を通していません(温泉では着たけど…)。

あと幾日かの間に、できるのかしら。。


両方一緒にやればいいのか!

AD

きました!

テーマ:

rrr

ついに!うなぎの日。


私が勝手に決めた念願のうなぎ屋さんにてうなぎを食べる日です。


いや~、おいしかったあ、我慢した甲斐がありました。


写真は白焼き焼きをたべているところでやんす。


こんなブログに書いていたらまたおなかがすいてきたよ。


白焼きをわさび醤油でたべるのもおいしいものです。


もちろん、このあとこのうえなくおいしいうな重もきちんといただきました。


せっかくうなぎの日と決めたわけだし、(勝手にね 国民の日じゃありません)、


これはちゃんと調べておいしいところに行きましょうということで


うなぎ好きおすすめの松陰神社前にある「ひふみ」という老舗に行ったのですが、


このうえなくおいしいうな重のほかに、この上なくおいしいお漬物がついていて、


なんだかしょっぱすぎず甘すぎず、そんなオプションにまで大感動して帰ってきました。


感動しました・・・。


こうして書いているうちに、心底「今!」( ひふみに!」「行きたい!!!」と思っている私。


「今!」「あれが!」「食べたい!!!」


でもこうして「食べたいよ~食べたい~またあれが食べたいのです~。」


と思えるものだから、たまに食べるごちそうになるわけで。


だからこそ「うなぎの日」をわざわざ設定したわけであります。


ちなみに次のうなぎの日は来年の2月です。


一年に二回。


贅沢は一年に、二回ときめました。


一年に二回もある贅沢なんて、贅沢です。


神様、ありがとう。





 


AD

ゲド戦記はまだ見てないけど

テーマ:
200608101644000.jpg
残暑厳しい毎日です。

皆さんごきげんいかがでしょう。

昨日は「私の大切なひとたちをこれまた別の大切なひとたちに会わせる」、という実に楽しい日でした!

でも実はみんなに会うまでドキドキしていました。

全員を知ってるのは自分だけだしな…

みんな楽しんでくれるかな…
…などなど。

でもそんな私の不安は杞憂におわり、真夏の夜に楽しいひとたちを集めて素敵に過ごせました。
よかった。
楽しかった。
楽しんでくれたみなさんに感謝です。

これからも輪を広げたいとおもいます。

(締めが小学生の夏の日記みたいだぞ)

ちなみにまだ鰻はたべてません。

でも街をあるけば「うなぎ」の看板が…そりゃもう…たくさんね…。
(↑食べればいいのに)
AD

に,行ってきました

テーマ:
200608162317000.jpg

みなさまごきげんよう。

ワタクシ、本日は時間をチーズのごとく割いて、渋谷にガレ・ドーム兄弟展に行ってまいりました。

美しいものを観たひとは美しくなるのです。

感性を休ませている暇はありません。

(とはいえ母様に誘われて行ったワタクシですが。)



それにしても・・・、すばらしきかな、アールヌーヴォ。

やはり、タイムスリップしてみたい時代の一位の座はゆずれません。

まるで色という色が作品のなかで初めて出会ったような感動。

そして、そこに描かれたり彫られているものは、自然の風景だったり小さな生きものだったり…。

その人間だけが作っているものとはとても思えない美しさ。


人間と自然、あるいは人間と神さまが出会って


初めてあのようなすばらしい世界が広がるのだと思います。

そしてこの時代のものが日本の影響を受けているというのが、また感動です。

この時代の絵や作品をみると、「こういう女のひとになりたい!」と思うのです。

その色合いや美しさに圧倒されるような…。

やはりうつきしきものは本物が観れるときに足を運んで行かななければならないものですね。

さて、そろそろ夏も終わりに近づいてまいりました。

秋がやってくる前に、


ひとあしお先にアートを楽しんでみてはいかがでしょう。

ラリックのブルーのお花が書いてある小瓶がワタクシの一番のお気に入りです。

小さい頃のゆめ

テーマ:
200608130117000.jpg
ワタクシの小さい頃一番最初になりたかったもの、それはは「小錦」でした。

しかし「女子相撲」というものはないことに気付いたこの少女は(つか小錦さんは個人だし)次の夢に思いをはせた。

それは「ショベルカー」。
はい、機械です。
運転する人ではなくそのものになりたかったらしい…。

なんでしょーね、

とにかく大きくて強いものに憧れていたんでしょうね。

私小さい女の子だったから。

そんな女の子はいつのまにか機械になる夢をスルーし、三番目の夢「女優さん」になりましたとさ。

そんな現場にあった過去の夢とのツーショットです。

夏のちゃんこなべ

テーマ:
200608101119000.jpg
きっと 明日の 夢は みないぃ~♪

夏の曲を夏に聞くのはいいものですね。

みなさんごきげんいかがですか?

今年の夏は忙しいけどいろんなとこに行っていろんな人にあって、今までの夏で一番楽しいかも!

でもワタクシ、まだ成し遂げていない大イベントが残っております。

それはまだこの夏、鰻屋さんで鰻を食べていないことございます。

これはいけない。

と、八月某日を鰻の日と決めました。
それまでおあずけ中。
はやくこないかなぁ。

さてさてお天気荒れ狂うなか、今日もコスモ戦隊�の撮影です。

子供たちの先生役なので最初はその勢いにびっくりしたけどすっかりみんなと仲良くなりました。

「マトちゃんの絵を書いてあげる」と、休憩中に似顔絵を書いてもらったりしています。

子供は天使だ!

十年後にはみんな美しい蝶になることでしょう。

今日も撮影はつづく…。

街が染まった日

テーマ:
200608082348000.jpg

これは、少し前に旅の途中で電車の窓から撮った青空の写真だけれど、

昨日東京は本当に美しい夕焼けだった。

黄金色と深い橙々色の迫力あるすばらしい夕焼けでした。

地球ってすごい、と思いました。

ヌーとシマウマは協力しあって生きているそうです。


シマウマが葉っぱの先のほうを食べて、ヌーが根もとを食べたり,



小さい敵が来たらシマウマが追い払ったり,



ライオン達から見えないようにシマウマはヌーの群れに隠れたり,



弱肉強食の世界ではあるけれど、

助け合って生きていきたいものです。

と、夕焼けを見ながら、

遠くサバンナに思いを馳せたそんな夏の夕方でした。



あ、雨が降ってきた。

夏ですね~~。


虹

夏!!

テーマ:
200608021603000.jpg
梅雨が長かったせいでしょうか、未だかつてないくらい夏を感じていますチャン・リーメイ齢24歳です。

皆様ごきげんいかがでしょう。

実は、ワタクシ某お嬢様学校に通っておりました。

クラスの半分くらいの女子たちは別荘を持ち、夏には方々に避暑にいくのです。
もちろんワタクシは残りの半分でして、友達の別荘に遊びにいかせてもらう立場でございました。

そんなワタクシの母校ではなんと授業をはじめる時の号令が、
「ごきげんよう」
なのです。
チャイムが鳴って英語のセンセイが入ってきたら、
「ごきげんよう」。
皆も立って
「ごきげんよう」。
そして授業が始まる、みたいな。
授業終了時や、終礼、
廊下でセンセイとすれ違っても、もちろん「ごきげんよう」です。

作家の貞奴さんのエッセイを読んだら、この「ごきげんよう」が連発だったので、アレ?と思ったら同じ母校のセンパイでございました。

その当時はなんだか不思議な学校だと思っておりましたが、
今、改めて思うと、
この「ごきげんよう」というあいさつはとてもさわやかで粋ですね。
素敵なひとじゃないと似合わないことばだったりするし。

というわけで使っていきたいと思います。

それでは皆様ごきげんよう。

知らないところで少年は育つ

テーマ:
200608021712001.jpg
「森山直太朗さんの歌の詩にさー、『数の合わない七並べ』っていう歌詞が出てくるんだけど、どういう意味だと思う?」

と高二の弟に質問された。

しばらく考えて、私は

「うーん。『虚しい』ってことじゃない?」と言った。

すると弟が

「ふーん。」

と言った後、しばらくして、

「終わりのない戦いってことかなあ。」

とつぶやいた。

すばらしい。

感動してしまった。

少年は日々育っています。


写真はキャンプに行った写真です。

すばらしい夏の日でした。
次は少年も連れていきたいと思います。

夏だね~!

(それにしても姉の読解力のなさよ…)

マスカラ

テーマ:
200608011549000.jpg
すばらしいマスカラをメイクさんに教えてもらったのだ。
だから買いに行ったのだ。そしたらどこに行っても売り切れだったのだ。
でもキューティーアイのためいつになく根気強いわたくし。
ようやく4件目のドラッグストアにてひとつだけ陳列棚にディスプレイされているのを発見したのだ!
「これください!!」。
すると店員さんが
「申し訳ありません。こちらはテスターでして…当店の在庫はもう品切れです。いまございますのはこちらのみになります。でもこれは依然の商品よりもパワーアップしておりますので…いかがでしょうか」

結局私がさがしたものは人気すぎて世のギャルたちに買い占められてしまったわけでございます。ギャルたちの瞳にかける情熱を思い知らされました…。
そして私はレジでしばらく悩んだ末、その「パワーアップ」したらしき新商品を手にいれて帰ったのでした。

つけごこちは…うむ。
パワーアップは…しているのかなあ…?

なにはともあれ
これで私の瞳もニュー商品に生まれかわりました。