日本の書道文化展・作品紹介

テーマ:

関西空港の2階にあるKIXギャラリーで2月26日まで展示の

日本の書道文化展

この展覧会の大きな目的は

日本の芸術文化である『書道』を広めることです。

そして、この『日本の書道文化』を

ユネスコ無形文化遺産登録』への機運を高めるためです。

 

羽田空港に次ぐ利用客の関西空港さまのご協力を得ることが出来、

日本の玄関口で日本人だけでなく海外の方に一流の作品を見て感じていただき、

実際に書道体験をしてもらうことで書道の良さ、楽しさを実感してもらいたいと思っています。

 

この企画、運営には

日本書道ユネスコ登録推進協議会』様から多大なるご協力をいただいております。

その一番が何といっても『作品』の提供です。

一点一点ご紹介をしたのですが、

ブログにアップしようとすると、縦の作品が横向きになってしまうので

数点ずつ撮ったものでお許しください。

 

全体(横17mの壁面です)

 

協議会のポスターと活動内容

 

左から井茂圭洞先生、津金孝邦先生、樽本樹邨先生

 

左から星弘道先生、石飛博光先生、大井錦亭先生、田中鳳柳先生

 

左から吉川蕉仙先生、黒田賢一先生、高木聖雨先生、清水透石先生

 

左から田中節山先生、仲川恭司先生、辻元大雲先生

 

左から長野竹軒先生、舟尾圭碩先生

 

16名の先生方に御作品を提供していただいておりす。

キャプションも協議会さまより日本語だけでなく英訳もしていただきました。

 

このような会派を超えた先生方の展覧会はないので

ぜひご覧いただきたい気持ちもありますが、

関西空港という場所なので、ちょっと見に行く!とは難しいかもしれません。

巡回できる場所(公共の場)を提供してくれるところを見つけなくては!

と思っていますので、どなたかご協力・アイディアをお願いします(^^♪

 

 

AD