源九郎稲荷神社&サクラ&タイ ♡とよ(台与)の倖せまねき

源九郎稲荷神社の復興活動&愛犬サクラ&タイについて綴っています


テーマ:

さて、もう少し夕涼み会の裏話にお付き合いください。

初めての夕涼み会は、とにかく見切り発進ばかりで、後から後から

「どうしよう〰」

ということが出てきました。

 

夕涼み会開催の1週間前のことです。

 

「あの〰、夕涼み会の日、もし雨だったらどうするんですか〰」

町内かいの人に聞かれました。

 

顔を見合わせる中川のおじちゃんと私・・・

 

・・・・考えてない・・・・

 

伊藤君に電話して

「雨だったらどうするの?」

って聞いたら・・・

 

・・・・考えてない・・・・

 

中川のおじちゃんが

「源九郎さんがついているから大丈夫やで〰」

わっ、はっはぁ〰

 

:「そうですね。源九郎さんがついているから大丈夫ですよね〰」

はっはっはぁ〰

 

とにかく、源九郎稲荷神社のスタッフはみんなのんびりしています。

 

で・・・・どうしたかといいますと・・・

 

「きっと晴れるでしょう。なにせ源九郎さんがついているから」

ということで、考えるのを放置!!

 

それだけ源九郎さんに信頼を置いているいえばすごいのですが、どうすればいいのか日もあまりないし頭がまわらなかったのが本音です。(なので翌年はちゃんと雨の場合の施設を押さえました)

 

 

そして・・・考えるのを放置したまま夕涼み会の当日がやってきました。

 

しかし・・私達の楽観的な考えに反して天気予報は

雨・・・雨・・・雨です!!

 

朝からの準備では、雨は降っていません。

 

でも、空はどんより曇り空・・・

いつ雨が降り出してもおかしくない雲行きです。

心の中に不安がよぎりだします。

 

アルゼンチンタンゴの時間が近づいてきました。

まだ、雨は大丈夫です。

 

「源九郎さん、お願いです。このまま雨を降らせないでください!!」

もう、祈るしかありません。

 

私の願いが通じたのか、この日は雨が降らずに終わりました。

燈火の明かりも綺麗に灯っていました。

 

そして・・・

後から聞いた話ですが、実はこの日お隣の天理市や斑鳩町は夕方から夜にかけて豪雨だったそうです。

大和郡山でも、源九郎稲荷神社周辺を除くと、雨が降っていたそうです。

 

そのため・・・お祭りに来ようと考えていた、天理市や斑鳩町の知り合い等は

「この雨だから中止だろう」

と考えて、来るのを取りやめたと言われました。

 

また大和郡山の人からも、後日、雨が降っていたから行くのをやめたという話を聞きました。

 

源九郎稲荷神社周辺だけ、雨がふっていなかった??

源九郎さんの神通力??

 

やっぱり、源九郎さんは凄いパワーを持っているのだと実感しました。

 

そして、2日目・・・

この日も、やはり天気予報は雨マーク

 

夕方から、ポツポツと雨が降り出しました。

 

2日江は子供達の白狐のお渡りがあるため、三味線と日本舞踊のメンバー(美和会&延弥会」が衣装に着替えて待機してくださっていました。

 

午後6時、お渡りの時間になりました。

でも、雨は降ったままです。

 

なんと、この日は奈良テレビが取材に来てくれていました。

 

実は、川本邸の取材に来てくだっさたことのある奈良テレビの方に、川本邸でお祭りをすることをお知らせしたら、取材に来てくださったのです。

 

でも、せっかく来てくださったのに、お渡りの様子を撮影していただけないのは残念です。

 

中止にするかどうか、判断を迫られます。

 

中川のおじちゃんが

「せっかくテレビ局も取材に来てくれているので、もう少しだけ待ってみよう」

と言ってくれました。

そして、30分だけ待つことになりました。

 

そして・・・30分後

雨は小雨になりました。

傘がなくても歩けるようになりました。

 

でも、三味線は濡れてしまったら大変なことになるので、演奏は無しにしてテープで代用することになりました。


とよの源九郎稲荷塾 ~絆~
 
とよの源九郎稲荷塾 ~絆~

 
とよの源九郎稲荷塾 ~絆~

 

私達が思い付きで考えたお祭りに、雨でも愚痴の一つもこぼさずに笑顔でご協力してくださる美和会と延弥会のメンバーの皆様には頭が下がりました。

 

美和会の三味線の演奏を楽しみに来てくださっていた方もたくさんいたので、急遽内容を変更して、拝殿で三味線の演奏をしていただきました。
とよの源九郎稲荷塾 ~絆~

 

そして、この後ご協力をいただいている玄明院ご住職に、ほら貝を吹いていただき邪気をはらっていただいたところ、雨はすっかりとあがりました。


 

鬼剣舞が始まった時には、雨がやんでいたので沢山の方が見に来てくれていました。

 

そんなことから、お天気のことなど全く考えずに開催してしまった第1回夕涼み会ですが、イベントには大きな支障はありませんでした。

 

でも、源九郎さんから

「来年は、しっかりと雨のことも考えなさい。来年は私は力を貸さないからな」

と言われているような気がしました。

 

中川のおじちゃんは

「雨雲が、源九郎さんの上だけさけて通ってん」

と、笑いながらいろんな方に話されていましたが、本当にそのとおりのことが、このお祭りでは起こったと思います。

 

源九郎さんの優しさに感謝しながら、このことも私の中では反省点の一つとなりました。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

とよ(台与)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。