堺 だいすき ブログ(blog)

堺のいろんな情報・・・出来事・・・・もろもろを書き綴る
辛らつなブログ。
since2007.0705


テーマ:

産経ニュース

【維新分裂】大阪・松井知事が維新&民主合流を嘲笑 「政治哲学の全否定だ!」

記者の質問にこたえる松井一郎・大阪府知事 =31日午後、大阪市中央区(柿平博文撮影)

 地域政党「大阪維新の会」の松井一郎幹事長(大阪府知事)は31日、大阪維新の推薦候補が当選した30日投開票の大阪府枚方市長選について、「大阪維新の会の純化が歓迎されたところもある」と述べ、投票直前に大阪維新の橋下徹代表(大阪市長)が新党結成を表明したことが、有権者に一定程度評価されたとの見方を示した。

 橋下氏は、5月の住民投票で頓挫した大阪都構想への再挑戦も合わせて表明したが、松井氏は「広域行政の一元化が大阪経済の成長につながると、枚方の皆さんに理解をいただいた」と述べ、都構想への賛意も得られたとの考えを示した。

 また、新党結成のスケジュールについて、「安全保障関連法案成立まで一つのかたまりで働くのが国会議員の仕事だ」と述べ、具体的な動きは法案成立後になると強調した。

 維新の党と民主党との合流構想については、「維新の党の成り立ちからの政治哲学の全否定になる」と批判。「維新の政治哲学、政策を度外視した野合談合はだめだと言い続けてきた。いい加減(合流に向けた動きを)わざとやられているととらえてしまう」などと、離党から新党結成に至った理由を説明した。

以上引用

苦笑……

なるほど、うまいなぁ~、
事実はどうかははっきり言って分からないが。

急に党を割らない→新党発足……

勝敗のデータが出ていたから、いや急遽、枚方市長選の勝利が見通せたから、不可解なコロコロと戸惑う言動が出てきたんだろうなぁ……

上手く枚方市長選を利用して注目を浴び、有利なムードを作り出す……ということ……(^_^;)

まあ、策士だからなぁ~(^_^;)

なんとなく……


追記

橋下氏の新党構想がプラスに 大阪・枚方市長選勝利 自民、危機感強める

 負けられない戦いを大阪維新の会が制した。30日に投開票された大阪府枚方市長選。大阪維新は告示前から府内の所属議員を総動員し、最終盤には橋下徹代表(大阪市長)が新党構想や「大阪都構想」再挑戦をぶち上げた。陣営の士気は上がったが、「ここまでやって負けたら終わり」との悲壮感も漂っただけに、「(府知事・大阪市長の)ダブル選に弾みがついた」と沸いた。一方、自民党を中心とした「非維新」側は「橋下氏にやられた」とダブル選への危機感を募らせた。

 「みなさんの支援のおかげでこのような結果が得られた」。午後10時10分。枚方市内の事務所で、大阪維新推薦の伏見隆氏(47)が感謝の言葉を述べると、集まった大阪維新の府議や国会議員らはバンザイをして喜びを爆発させた。

 伏見氏は今春まで大阪維新府議団に所属していたが、当初は政党色を消して広く支持を得る方針だった。しかし、5月の住民投票で頓挫した都構想に代わり、自民が提唱した大阪戦略調整会議が停滞している状況などを踏まえ、大阪維新を前面に押し出す作戦に転換。府内全域から、大阪維新カラーの緑のTシャツを着た地方議員が枚方入りし、精力的に動き回った。

 4月の統一地方選で行われた府議選の枚方市選挙区や枚方市議選は、大阪維新が圧勝したものの、住民投票で敗れた後の選挙戦に不安の声も上がっていた。府議の一人は「とにかく『維新の伏見』を浸透させようとしてきた。勝てたのは、大阪維新の会のブランドが確固たるものになったということだ」と手応えを口にした。

 選挙戦の最中には、橋下氏と松井一郎幹事長(府知事)がダブル選に集中する-などとして維新の党を離党。最終日の29日には橋下氏が応援演説で、大阪維新の国政政党化と都構想への再挑戦を宣言し、メディアの注目を引きつけた。

 府議団幹部は「橋下氏と松井氏にはプレッシャーもあったと思うが、一連の発信がプラスに働いた」と安堵(あんど)の表情。大阪維新幹部は「大阪では橋下氏への期待感が強いということ。大きな一歩を踏み出せた」とダブル選へ自信をみせた。

 一方、敗れた現職の竹内脩(おさむ)氏(66)陣営の事務所。自民党の佐藤ゆかり衆院議員や民主党の平野博文衆院議員らが詰めかけたが、敗戦の一報が流れると重苦しい雰囲気に。佐藤氏は「維新への過大な評価が(伏見氏に)上積みされた」と悔しさをにじませた。

 自民府連内では、「ダブル選を前にダメージが大きい。どう巻き返すのか、早急に対応を考えなければならない」(府議)、「完全に維新に話題をさらわれた。橋下氏は戦いがうまい」(大阪市議)と危機感が広がった。

 大阪市長選の候補者として市議団が擁立に向けて調整している柳本顕(あきら)幹事長は取材に対し、「住民投票と同様に非維新で団結しなければならない」と厳しい口調で語った。


以上引用


もともと有利だった枚方市長選。

上手く、国政やダブル選挙に演出したということだったんだろうな、


追記


大阪・枚方市長選、維新の会の新人が現職破る

 大阪府枚方ひらかた市長選が30日投開票され、地域政党・大阪維新の会の新人で前府議の伏見隆氏(47)が、3選を目指した無所属現職の竹内脩氏(66)ら3人を破り、初当選した。

 大阪維新は、橋下徹代表(大阪市長)が国政政党化を表明した直後の勝利で、今後の党運営や11月の府知事・大阪市長のダブル選に弾みをつけた。投票率は38・70%(前回36・13%)。

 大阪維新は、橋下氏や松井一郎幹事長(府知事)が伏見氏の応援に入り、所属議員も連日、現地入りするなど総力戦を展開。橋下氏が新党結成を表明したことも追い風になったとみられる。

2015年08月30日 22時36分Copyright © The Yomiuri Shimbun

以上引用

そうか、選挙結果がでていたというよりも、新党効果を利用して勝利した……
なるほど。


AD
いいね!(6)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

インド姉妹に罰として「性的暴行命令」、保護求める請願に12万人

インド・アーメダバードで、女性記者への集団暴行に抗議するデモに参加したジャーナリストら(2013年8月24日撮影、資料写真)。

【AFP】インドで、既婚女性と駆け落ちした兄弟の身代わりの「罰」として、姉妹2人が性的暴行を受けた上で裸で行進するよう命じられたとの疑惑が浮上し、2人の保護を呼び掛ける請願書に多くの署名が集まっている。

 2人は北部ウッタルプラデシュ州バガット地区の村に暮らす23歳と15歳の姉妹で、国際人権団体「アムネスティ・インターナショナル」は30日、長老会議の命令に抗議するため数日前にインターネット上に掲載した請願書に、12万2000人以上が署名したと発表した。

 同団体の請願書には、「無投票で選ばれた男性のみの村の会議が、彼女たちの兄弟の行動に対する処罰として、姉妹が性的暴行を受けた上で、裸で行進するよう命じた」と書かれている。

 姉妹の一人は今月、2人が住んでいた村から逃げることを余儀なくされたため、家族の保護を求めて最高裁判所に請願書を提出していた。

 弁護士によれば、この家族は、身分制度カーストの最下層で、かつては不可触民と呼ばれた「ダリット」出身だという。

 最高裁判所は、9月15日までに姉妹の請願に応じるようウッタルプラデシュ州当局に命じた。

 アムネスティは30日、ダリットの人々はまん延する差別に苦しんでいるとして、長老会議の命令を調査するよう呼び掛けた。

 しかしバガット警察の署長は、これまでの捜査で、姉妹に対し性的暴行の脅威があるとの事実は明らかになっていないとしている。【翻訳編集】AFPBB News


以上引用

世の中には、世界には、想像を超えた概念というものがあるんだなあと、びっくりする。

身分差別、男女差別が、入り混じり…。

ある意味では根が深い差別。

二人の姉妹は、何も罰を受けることもしていないのに……




AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんな人数のデモで国家の意思が決定されるなら、サザンのコンサートで意思決定する方がよほど民主主義だ。 - 8月31日(月)のツイート

橋下徹

本日の産経新聞(大阪本社版)一面に、僕のこの間の一連の行動について、維新の党遠藤議員が解説をしていますが、その解説は全く当を得ていません。僕は、柿沢さんが辞任しないことを提案したので、柿沢さんが続投になったからと言って、一連の行動をとったのではありません。

遠藤議員の解説通りなら、僕は単純なアホな男になってしまいます。もっと色々と考えながらやっています。

デモで国家の意思が決定されるのは絶対にダメ

デモは否定しない。国民の政治活動として尊重されるのは当然。政治家も国民の政治的意思として十分耳を傾けなければならない。ただしデモで国家の意思が決定されるのは絶対にダメだ。しかも今回の国会前の安保反対のデモ。たったあれだけの人数で国家の意思が決まるなんて民主主義の否定だ。

日本の有権者数は1億人。国会前のデモはそのうちの何パーセントなんだ?ほぼ数字にならないくらいだろう。こんな人数のデモで国家の意思が決定されるなら、サザンのコンサートで意思決定する方がよほど民主主義だ。

思い付きでやるか、バカ

新聞・テレビのどの報道見ても、的確なコメント、解説は全くないな。これだけのことをやるのに思い付きでやるか、バカ。普通の解説者が解説できるくらいのことをやっていて、こんな政治ができるか。誰もが想像できないことをやるのがトップの役割だ。解説者が解説できることをやるなら俺は不要。

僕は12月18日に辞める。その間、できることを一生懸命やる。辞めるからと言って何もやらないという選択肢は僕にはない。政治家としての命は3か月とちょっと。悔いのないよう、思う存分やる。


以上引用

確かにデモで決まるなら……

さすが、リアリティーのある現実主義者。


まあ、後の辞任部分は、よーわからんが…

確かに、デモで、全てが変わるわけじゃない。

60年安保?で、国会包囲しても、結果は……?

けど、結局時の内閣は倒れたのも、事実。

幻想は持ったら、消耗するだけ、

今の声をどう繋げ行くのか?

何を残して行くのか、作って行くのか?

そんなことをみこしていかないと


けどリアリティーのあるデモ批判はある意味、危機感を感じて牽制しているのも事実だろうなぁ。

強がり言っているように思えるのは、私だけ?


//デモは否定しない。国民の政治活動として尊重されるのは当然。政治家も国民の政治的意思として十分耳を傾けなければならない。ただしデモで国家の意思が決定されるのは絶対にダメだ。しかも今回の国会前の安保反対のデモ。たったあれだけの人数で国家の意思が決まるなんて民主主義の否定だ。

日本の有権者数は1億人。国会前のデモはそのうちの何パーセントなんだ?ほぼ数字にならないくらいだろう。こんな人数のデモで国家の意思が決定されるなら、サザンのコンサートで意思決定する方がよほど民主主義だ。//



デモは、意思表示。民主主義は、少数意見を尊重しなくてはならない、そういう意味では、デモの意思表示は、大事。まあ、デモに幻想を描いてはならないのも事実。


要は、//こんな人数のデモで国家の意思が決定されるなら、サザンのコンサートで意思決定する方がよほど民主主義だ。//

というより、//政治家も国民の政治的意思として十分耳を傾けなければならない//

という風に論点すべきだろうなぁ…

結論は。

橋下は、デモ批判?で、終わってるところが…

結論としては悲しいなぁ~

昔なら政治家批判しただろうなぁ~



追記


安保デモ:海外が注視…BBC「日本の若者は目覚めた」

毎日新聞
安保法案に反対して、国会周辺に集まった大勢の人たち=東京都千代田区で2015年8月30日、望月亮一撮影

 東京・永田町の国会周辺で30日、安全保障関連法案に反対する数万人規模の抗議集会やデモが開かれたことについて、海外メディアは同日、英BBCが「日本の若者は目覚めた」と伝え、独第1、第2公共テレビが夜のメインニュースで報じるなど、強い関心を示した。【隅俊之、ブリュッセル斎藤義彦】

 ◇独TV「市民の反対増加」

 BBCは「日本の若者は政治に無関心で無気力だと批判されるが、彼らは目覚め、沈黙することを拒否しているようだ」と報じた。デモ参加者へのインタビューを交えながら、「(安倍晋三首相が)この声を聞いているのかが問題だ」とも。英紙フィナンシャル・タイムズは、中国の領土的野心への懸念から法案が準備されたと伝え「安倍首相は軍国主義の過去から学んでおらず、中国も同じ道を歩む危険がある」とのデモ参加者の声を紹介した。

 日本と同じ敗戦国で現在は北大西洋条約機構(NATO)の集団的自衛権に基づく作戦に参加しているドイツも関心を見せ、第1、第2公共テレビはそろって30日夜のメインニュースで取り上げた。安保関連法案を「戦後初めて自衛隊を海外での戦闘に参加させる法案」と解説し、「平和主義からの決別に市民が反対している」「安倍首相は9月中の法案成立を願っているが、逆に市民の反対は増えている」と伝えた。米CNNや通信社も「ここ数年で最も大きなデモの一つだ」(ロイター通信)などと報じた。

 中国では、国営新華社通信が「『安倍首相は辞任しろ』などのスローガンが国会の上空に響き渡った」などと報道。国営中国中央テレビも夕方7時の定時ニュースで取り上げた。

 また、韓国の京郷新聞(電子版)は「日本の誇る坂本も怒った」と、音楽家の坂本龍一さんが国会前でマイクを握ったことを伝えた。


以上引用


//「(安倍晋三首相が)この声を聞いているのかが問題だ」とも//

やはり、デモより、これが肝なんだよなあ。

聞いているのかどうか……




AD
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「政治に冷淡な日本人が...」 安保法案の国会前デモ、海外はどう報じた?

吉野太一郎

8月30日に国会前であった安全保障関連法案への大規模な抗議デモを、多くの海外メディアが報じた。

イギリスのBBCは国会前の現地リポートを含む動画で「こんな場面は日本では前代未聞だ。日本人は政治に対して冷淡だとしばしば言われてきたが、今、彼らが求める声は熱い」と切り出した。「デモの参加者は、法案を参議院で成立させることで、安倍政権は巨大な政治リスクを抱え込むと考えている。目下の疑問は、安倍首相がこの声に耳を傾けているかどうかだ」と指摘した。

「労働組合の組合員と、老いゆく左翼の活動家によるデモが典型的だったが、新たな顔ぶれが登場してきた」と伝えたのはAP通信。「雨の中、母親が子供を連れて戦争反対のプラカードを掲げ、学生は安倍晋三首相と安全保障政策に反対するスローガンを、ドラムのビートに乗せて叫んだ」と、デモの様子を描写した。

韓国メディアも軒並み現地の様子を詳報した。ケーブルテレビ局、JTBCは現地リポートで「日本の国会議事堂周辺を取り囲んだデモ隊。あちこちでかけ声が上がっています。政治的発言を控える日本国民の普段の雰囲気はここでは見られません」と伝えたほか、「国会を包囲した怒った市民たち」(ハンギョレ)、「怒った列島の民心」(朝鮮日報)と、デモ参加者の「怒り」を強調した。

ロイター通信は「2012年夏の反原発デモ以来、東京であった最も大きなデモ」と報じ、世論調査で半数近くが安保法案に反対していることや「この法案を止める動きに参加しなければ、将来、子供に何と説明していいのか」と話す参加者の女性の声を伝えた。


12万人国会包囲、安保法案反対 200カ所で抗議

 安倍政権が成立を目指す安全保障関連法案に反対する大規模な抗議集会が30日、全国約200カ所で行われた。国会議事堂周辺には12万人(主催者発表)が集まり、参加者が議事堂を包囲。「絶対廃案」「安倍は辞めろ」と声を上げた。

 警視庁は参加者数を発表していないが、関係者は3万人余りとしている。それでも国会正門前の道路は幅広い年代の参加者で埋まり、人の波は霞ケ関の官庁街にまで達した。学生グループ「SEALDs(シールズ)」の中心メンバー、奥田愛基さんは「憲法を守った方がいいというのは利己的な考えか」と訴えた。

 野党4党党首もあいさつに立ち、民主党の岡田克也代表は「普通の国民が危機感を持っていると、安倍政権に分からせないとダメだ」と主張。生活の党の小沢一郎代表は「こういう集会に参加したことはないが、今回だけは。危険でばかげた法案を阻止するため力を合わせなければ」と訴えた。与党は11日の参院採決を目指すが、14日以降にずれ込む可能性も出ている。


今国会で最大規模の安保反対デモ 列島各地でも

 今国会で最大規模の安保法案に反対するデモが行われました。 

 国会前で参加した人:「何としてでも止めたいという気持ちが強い。何かしなきゃと」「(憲法を)守らないでもいいんだということをやり始めたことが一番怖い」 
 坂本龍一さん:「いま民主主義が壊されようとしている。憲法が壊されようとしている」 
 デモの参加者は、主催者発表で今国会最大の12万人でした。一方、東京以外の各地でも大規模なデモが行われました。 
 名古屋で参加した人:「強行突破というか、そういう感じでやってる感じがするので、少しでも何かできればと思います」「政治家に任せていては、そのままどんどん引きずられていくだけなので、ちゃんと自分たちの声を上げないといけないと思います」 
 北海道で参加した人:「僕たちが(戦争に)行かなくても、次の世代が行くって考えると、この場で阻止しないといけないのかなという思いもあって来ました」「この子たちの旦那さんとかがやっぱり不安ですよね」 

東京新聞

届かぬ民意 危機感結集 全国200カ所以上で安保法案反対

国会議事堂正門前の道路を埋め尽くしたデモ参加者=30日、東京・永田町で、本社ヘリ「あさづる」から(河口貞史撮影)

 安全保障関連法案に反対する人々が三十日、全国で一斉に抗議の声を上げた。国会周辺では、市民団体「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」主催のデモに十二万人(主催者発表)が参加し、法案反対デモとしては最大規模となった。実行委によると、一斉行動の呼び掛けに応じた各地でのデモや集会は、少なくとも二百カ所以上に及んだ。 

 国会周辺では、官庁街の歩道や日比谷公園など六カ所にステージや街宣車を置き、野党党首や学者、作家、法律家などが法案の廃案を訴えた。警視庁は参加者が車道に出ないよう機動隊の車両を並べ、柵で規制したが、メーンステージがある国会正門前は歩道に収まりきらず、車道も人の波で埋まった。

 昨年七月に中咽頭がんを公表し今夏まで治療に専念していた音楽家の坂本龍一さんも、予告なしに国会前に現れた。「壊されようとしている民主主義と憲法を取り戻すことは、自分たちで血肉化すること」と訴え、この日のデモを「一過性のものにしないで」と呼び掛けた。

 「SEALDs(自由と民主主義のための学生緊急行動、シールズ)」の奥田愛基(あき)さんもマイクを握り、「憲法は俺たち一人一人の権利。それを無視するのは国民を無視すること」と政権を批判した。



朝日新聞デジタル

「いつか教科書に載る景色」 国会前デモ、なぜ広がった

 安全保障関連法案を審議している国会議事堂は30日、法案反対の声に包まれた。安倍政権の政策すべてに反対というわけではないという人もおり、デモ参加者は立場を超えて法案反対で足並みをそろえた。今後はデモが一過性に終わらず、投票を通じた政治参加につながるかも焦点になる。 

 小雨の国会前。色とりどりの雨傘の間から学生団体の声が響き、労働組合や宗教団体ののぼり旗が林立した。老若男女が声を上げた。

 喧噪(けんそう)の中心に、学生団体「SEALDs(シールズ)」がいた。正式名称は「Students Emergency Action for Liberal Democracy-s」(自由と民主主義のための学生緊急行動)。憲法記念日の5月3日に、都内の大学生十数人が中心になって立ち上げた。彼らの声は、ツイッターなどを通じて拡散。毎週金曜日の抗議活動は、回が重なると人数が増えた。

 早稲田大1年の広内恒河(こうが)さん(19)は「いつか教科書に載る景色ですね」と漏らした。安保法案は「解釈改憲というプロセスが違憲」と思う。アベノミクスは「必要な施策」と肯定的だが、地元の岩手で総選挙前に街頭演説をした安倍晋三首相が、安保法制にあまり触れなかったのが疑問だった。「安保法案が後で出てきた。だますつもりだったんだ」と思い、7月から国会前に足を運んでいる。

 都内の弁護士の男性(77)は、「山積みの仕事」を放り出して、国会前に足を運んだ。「これだけの声を反映できない安保法案は、国民主権をないがしろにするものだ」と話す。

 60年安保闘争の光景が浮かぶ。学生仲間と腕を組み国会前を歩いた。「動員が多かったからね。今日は市民が自発的に集まっている。いい光景じゃないか。民主主義が定着したんだね」と目を細めた。

国会前には人があふれ、学生らが安保関連法案反対の声を上げた=30日午後2時29分、東京都千代田区、関田航撮影



以上引用

歴史は…どう判断するか?


いいね!(4)  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

”堺 広場 楽(たのしむ) 8.29 ~食と遊びの夏送り~”


更新日:2015年8月25日


0829イベントのイメージ画像

8月29日(土曜)、夏の終わりに、堺市市民交流広場で思い出に残る一日を過ごしませんか?市役所前に突如現れたグリーンアーチの下で、クラフトビアや堺の名店のおいしい料理に舌鼓。新鮮な野菜が買えるマルシェでは、堺の新しい魅力を発見?堺地方合同庁舎前には、1日限定で水と遊具の遊び場も出現します。大人はグビグビ、子どもはワイワイ、美味しく楽しい、広場で締めくくる夏をご提案します。(雨天決行。ただし、堺地方合同庁舎前の水遊び場は雨天中止

1.実施プログラム-堺市役所前


クラフトビアの画像

クラフトビア

クラフトビアとは、小規模の醸造所がそれぞれ独自の工夫を重ねて製造しているビールのこと。オリジナリティあふれる味わいが楽しめるのが特徴のビールです。「堺 広場 楽 8.29」では、堺はもちろん、日本全国の醸造所で製造されているものを中心に、20種類以上ものクラフトビアが広場に大集合!お気に入りのクラフトビアを見つけてみませんか



堺の食画像

堺の食

市内の飲食店が出店し、自慢の料理に腕をふるいます。堺産の食材を使用したお料理の数々は、ビールが更に美味しくなること間違いなし!お子様が食べられるメニューもご用意していますので、家族でも楽しめます。
※飲食店では、8月27日(木曜)~29日(土曜)に開催の第8回堺東まちなか“逸品バル”(ガシバル )と連携し、バルメニューの提供を行います。
※衛生上の配慮により、メニューが限定される場合があります。
※数量限定メニューがあります

グリーンアーチ

この日広場にお目見えするのは、ゴーヤのグリーンアーチ!アーチの木陰の下に設えた大きなテーブルを囲んで、ビールを片手に美味しいお料理を食べながら、楽しいひと時を過ごしましょう。
※グリーンアーチになるゴーヤは、大阪府立農芸高等学校で育成中!



食育ワークショップの画像

食育ワークショップ

シニア野菜ソムリエによる、食育ワークショップ。食べ比べやジュース作りを交えて、見る・触る・食べる・香りを楽しむ野菜の魅力満載のワークショップです!

講師:山口晴子さん
野菜や果物の魅力を伝えるべく、関西を中心にレシピ提案や商品開発をしながら、食の可能性について探求中



アイリッシュ音楽の画像

アイリッシュ音楽の生演奏

グリーンアーチの下では、素敵な音楽の演奏も。
ノリの良いアイリッシュ音楽で、会場を盛り上げます。

Knitアイリッシュサークル

フィドル・フルート・ホイッスル、アイルランドの伝統楽器で、堺を拠点にアイルランド音楽を演奏

2.実施プログラム-堺地方合同庁舎前


水の遊び場の画像

水の遊び場

堺地方合同庁舎前は、この日、子どもの水遊び場に大変身。スプリンクラーの噴水やボーネルンドの玩具体験コーナーでの水遊びに、子どもたちはきっと夢中です。いつもとは一味違う広場での水遊びをお楽しみに。
※会場に更衣室はありません。水に濡れてもよい服装でご来場ください。


パラシュートの画像

出店ブース ※順不同

ボーネルンド
運河の仕組みを学ぶこともできる知育玩具「アクアプレイ」やカラフルな滑り台「クアドロ」で、広場が子どもの遊び場に変身!KID-O-KIDのプレイリーダーと一緒に遊ぼう!三輪車の貸し出しもあります。

≪KID-O-KIDのプレイリーダーと一緒に遊ぼう≫

大きな布(パラシュート)を使って、みんなで大きな波や小さな波、バルーンを作って遊んでみよう!

実施時間:14:00~と16:00~の2回開催(各回30分程


度)


いいね!(9)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。