堺 だいすき ブログ(blog)

堺のいろんな情報・・・出来事・・・・もろもろを書き綴る
辛らつなブログ。
since2007.0705


政治資金:西川農相 渉外費に「エルメス」訂正後に私費で
毎日新聞

 発足直後に「政治とカネ」が噴き出した第2次安倍改造内閣。閣僚たちの政治資金収支報告書を点検した。

 西川公也農相の資金管理団体「幸湖会」は報告書で、「渉外費」として2013年12月26日に高級ブランドのエルメス購入で2万3100円を支出したと記載していたが、公表前に削除した。西川氏の事務所は「支出目的が企業名(エルメス)になっていることが判明し、訂正を機に私費で払うことにした」と文書で答えた。

 江渡聡徳防衛相の資金管理団体「聡友会」は、江渡氏本人へ200万円を寄付したと記載して提出したが、「議員が一時的に預かり、秘書に渡した人件費(退職金)だった」と費目を訂正していた。資金管理団体から政治家本人への寄付は違法だ。別の年についても入閣前に事務所が気付いて改めている。

 塩崎恭久厚生労働相の資金管理団体「廿一世紀(にじゅういっせいき)問題懇話会」は昨年、「製薬産業政治連盟」から政治資金パーティー代計260万円を受け取った。09年からの5年間では計1290万円。入閣前だが、省の所管する業界だ。塩崎氏の事務所は「法にのっとり適正に処理している」と文書で回答した。【鈴木泰広、本多健】


iPhoneからの投稿
AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)


【衆院選】次世代・田母神氏「自民の右に柱たて自公を分離させる」 出馬会見詳報 
産経ニュース


     ◇

 「このたび、次世代の党の公認を受けて東京12区から衆院選に出馬することを決心した。私は安倍(晋三)自民党内閣の『日本を取り戻す』とか『戦後レジームからの脱却』を支持する立場だ。女性の社会進出とか増税の方向性とか、違う点はあるけれども、基本的に『日本を取り戻す』という考え方に賛成だ。そのために憲法を改正し、日本を取り戻すことが必要だし、集団的自衛権の公使を容認することも必要だと考える」

 「しかし、自公連立政権の中で、公明党はこれら安倍総理がやろうとしていることに基本的にみんな反対だ。だから安倍首相が頑張っても、今の自公連立政権では日本を取り戻すことは無理なのではないかと私は思っている。したがって、自民党の右側にしっかりと柱を立てて「安倍首相、もっとしっかりやってくれ」という健全野党ができ、次世代の党が勢力を拡大して自公分離ができて、いわゆる保守の連合が成立するようになって初めて、日本を取り戻すことができるのではないかと思う」

 「私は太陽の党を今年9月に設立したが、(来年)1月1日を過ぎないと公職選挙法の(候補者届け出)政党になれず、太陽の党から立候補できないということだった。何とか立候補の道を探っていたところ、考え方も非常に近い次世代の党から今回立候補させていただくことになり、公認をいただいた」

 「私は東で現国土交通相の太田昭宏先生と戦い、西村眞吾衆院議員は大阪16区で前国交相の北側一雄さんと戦う。公明党と戦って自公分離を進めたいという思いで立候補する。自公を分離させなければ日本の将来は危ないのではないかと私は思っている」

 「『公明党と戦うことはやめたほうがいい』と、ずいぶんいろんな方から注意を受けた。『ひどい嫌がらせがあるから』ということで。でも、そんなことを言っていたら戦えない。嫌なことがあったら皆さんに全てお知らせする」

 --昨日の次世代の党都連大会で立候補予定者が登壇した際は田母神氏はいなかった。今日の会見とのタイムラグが生じたのはなぜか

 藤井氏「短期決戦だ。12月2日公示だから時間的余裕がない。議論している余裕がない。いろいろな意見があったのは事実だが、解散後の両院議員総会で最終的には平沼党首に一任することを全会一致で決定した。今日、党首から最終的な判断が出て、それを田母神候補が引き受け、今日(の表明)になった」

 --東京12区からの立候補は単に自公分離が目的なのか、地縁があるのか

 田母神氏「(東京12区内にある)赤羽に1年ほどいたことがあるが、地縁は特にない。自公分離を狙いとして立候補する」

 藤井氏「東京12区は自民党候補者が出ない。前回の選挙では無効票が4万票ぐらいあったようだ。それで本当に有権者の選択肢があるのかどうか。全く自民党の候補者も出さないのは、ある面ではおかしいのではないか。有権者が選択できる幅を持たせることが必要ではないか」

 --党内でいろんな意見があっても田母神氏に出てほしいという最終判断をした平沼氏の思いは

 平沼氏「私は党首であると同時に選挙対策本部長だ。だから、いろいろご意見があるけれども最後の決断は私にさせてほしいという形で、今日が決断する時期だと思って、決断させていただいた」

 --公示以降、何を訴えるか

 平沼氏「私どもは安倍さんのやり方を前向きに評価しているところもあるが、アベノミクスの第三の矢に具体性がない。東京なんかは割合景気が良くなってきているけれども地方は疲弊している。第三の矢をもっと具体的に補強すべきだと主張していきたいし、8つある(次世代の党の)基本政策の筆頭は自主憲法の制定だから、このことも訴えていかなければならない」

 同「田母神さんは安全保障の専門家だ。安全保障の面でも、憲法の前文の『平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した』という考え方じゃなくて、軍国主義になるという形じゃなくて、われわれの安全と平和は自らの力で担保していく。そういうことも盛り込んで主張していきたい」

 --西村氏も田母神氏も自公分離を訴えている。平沼氏の考えでもあるのか

 平沼氏「同じ考えを私はずっと持っている」

 --田母神氏は太陽の党の代表幹事だ。太陽を離党して次世代から出馬するのか

 田母神氏「その通りだ」

 --田母神氏が一番訴えたい政策は何か

 田母神氏「国民を守れる政治にしなければいけないと思う。例えば尖閣の海は日本の漁船が操業できない。中国の船は自由に操業する。そして中国の漁船と日本の漁船の衝突が起きると大変だからということで、海上保安庁は日本漁船に『尖閣の海に近づくな』という指示をしている。そういうことが長く続くのは全くおかしいと思う。国は国民の生活を守らなければいけない。でも守られていない状態が続いて放置されている。こういうことを改善しなければいけないし、こういうことが放置されているから小笠原でサンゴがとられるとかいう事件も起きる。国際社会の中では富と資源のぶんどり合戦みたいなものだから、きちんと国を守るということを細かい部分でやっておかなければ、どんどんこういうことが起きると思う。国民を守れる政治を実現したい」

 --党の認知度アップを課題としてきた。知名度の高い田母神氏にどんな役割を期待するか

 平沼氏「わが党は8月1日に結党し、9月16日に結党大会をしたばかりの政党だから知名度がない。石原慎太郎最高顧問も全国的に大変有名な人だし、田母神さんも東京都知事選に出て61万票を取るぐらいの全国的に顔の広い人だから、大いに知名度を上げ、そして党のためになってくれると認識している」

 --平沼氏は憲法改正についての質問に対し、首相が何も答えなかったのに不満を示していた。これも対決姿勢の理由になったのか

 平沼氏「次世代の党はいいものはいい、悪いものは悪いというというのが基本姿勢だ。是は是、非は非でいくわけだから、対決はしていない。ただ、私は25年間自民党にいて、安倍首相とも深い付き合いがある。この前の所信表明演説をよくみてみたら憲法のけの字も出ていなかったので、代表質問でそのことは指摘させていただいたけれども、私の感じでは安倍さん自身は諦めていないと思っている」

iPhoneからの投稿
AD
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
阪堺電軌、来年2月に運賃改定へ…消費税率引上げに対応
鉄道
2014年11月29日(土) 8:15

《撮影 大野雅人》
阪堺電軌は消費税率引上げに対応した運賃改定を申請した。来年2月に実施する予定。
全 2 枚
拡大写真
阪堺電気軌道は11月27日、軌道旅客運賃の変更認可を申請した。今年4月1日の消費税率引上げに対応するもの。改定率は上限運賃ベースで定期運賃が通勤2.861%・通学2.835%。定期運賃を除く運賃は2.775%で、全体では2.793%になる。

普通旅客運賃(大人)の上限額は現在、1区(大阪市内または堺市内の区間を1回乗車)が200円、2区(大阪市内と堺市内にまたがって乗車)が290円。ただし2区の運賃は現在、堺市の支援策などにより1区と同じ200円になっている。

阪堺電軌と国土交通省近畿運輸局の発表によると、1区の上限額は10円高い210円に、2区は現行の290円を据え置く。認可後に届け出る予定の実施運賃も上限運賃と同額にする予定だが、堺市の支援策などが引き続き実施されるため、実際の運賃は1・2区とも210円になる。

定期旅客運賃の上限は1カ月の場合、1km区間が通勤7050円・通学2960円、15km区間が通勤1万2360円・通学6320円。実施運賃は通学定期が上限額と同額で、通勤定期は1km区間が5060円、15km区間が1万100円に変更される予定だ。実施運賃ベースでは通勤定期の1km区間が140円、15km区間が280円の値上げ。通学定期も1km区間が80円、15km区間が180円の値上げになる。

阪堺電軌は認可された場合、2015年2月1日に運賃変更を実施するとしている。

以上引用

消費税導入時に、阪堺線は、値上げしなかったと、話題だったのに…(T_T)




iPhoneからの投稿
AD
いいね!(8)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

堺市 工場増設時の敷地外緑地制度を創設
2014/11/28 大阪

 堺市は、独自制度となる「工場立地法における敷地外緑地制度」を12月1日から導入する。
 必要な緑地面積が不足している一定規模以上の工場が新たに生産施設を増設する場合、一定の要件を満たして南部丘陵の里山保全に貢献することで、建て替えや増築などを可能とする全国初の取り組み。

以上引用

南部丘陵の管理に、腐心する堺市。
さらに、緑地緩和したい企業の野合?

堺市の意図は、わかるが、
腐心は、わかるが…。

個人的には、多いに疑問を感じる。
東京の緑の再生が、困難だから、北海道で緑の保全に役立つことで、チャラにしようとする発想に思えて仕方ない。

まあ、極端な例だが…

帳尻を合わせ。

win-winで、あればそれでいいという発想で、本当の都市部?の緑化が、できるのか?

疑問である。

南部丘陵の保全の担い手に腐心する堺市、

気持ちはわかるが、それで終わっていいのか?

苦肉の策は心情を察するが、
はっきり言って間違いだと思う。

3411の時の失敗をさらに、堺市や議会は演じるんだろうなぁ~。








iPhoneからの投稿
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「SAKAI MEETING 2015」、第1弾出演アーティスト発表

GOOD4NOTHING
画像を全て見る(2枚)
来年3月22日(日)に大阪・堺市泉ヶ丘ビッグアイ 国際障害者交流センターにて開催される、GOOD4NOTHINGとTHE CHINA WIFE MOTORS主催のライヴイベント「SAKAI MEETING 2014」の第1弾出演アーティストが発表された。

今回出演がアナウンスされたのは、VOODOO GLOW SKULLS(USA)、ウルフルケイスケ、少年ナイフ、SPREAD、BUZZ THE BEARS、RAZORS EDGEの6組で、今後も出演アーティストは随時追加発表される。なお、チケットは12月6日(土)から一般発売が開始される。

イベントの詳細は以下の通り。

●イベント情報
「SAKAI MEETING 2015」
2015年3月22日(日)大阪・堺市泉ヶ丘ビッグアイ 国際障害者交流センター
開場 / 開演 10:30
出演:GOOD4NOTHING / THE CHINA WIFE MOTORS / VOODOO GLOW SKULLS(USA)/ ウルフルケイスケ / 少年ナイフ / SPREAD / BUZZ THE BEARS / RAZORS EDGE ...and more
チケット料金:前売り3,999円(ドリンク代別途500円)
※60歳以上の方は、当日身分証提示で入場無料。
※未就学児童は、チケットをお持ちの保護者同伴に限り入場無料。
チケット一般発売日:12月6日(土)ぴあ / ローソン / e+にて
※タワーレコード店頭販売あり(梅田大阪マルビル店 / 梅田NU茶屋町店 / あべのHoop店 / 北花田店)
以上引用

もう3回目?になるんだろうか…



iPhoneからの投稿
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。