堺 だいすき ブログ(blog)

堺のいろんな情報・・・出来事・・・・もろもろを書き綴る
辛らつなブログ。
since2007.0705


テーマ:

堺市文化芸術振興条例懇話会の市民委員を募集します
更新日:2014年1月31日
 堺市では、今後の本市における文化振興の基本理念や姿勢を規定する(仮称)堺市文化芸術振興条例を制定する予定です。条例の制定にあたり、市民の皆さんから広く意見を聞くため、『堺市文化芸術振興条例懇話会』に参加いただける市民委員を募集します。
 同懇話会では、条例の内容に関することや文化芸術の振興のあり方に関することについて提案や意見を述べていただきます。
1.懇話会開催概要

【開催期間】 平成26年4月1日(火曜)~平成27年3月31日(火曜)(4回程度開催)
【募集人数】 2人(予定委員総数15人以内)
【応募期間】 平成26年2月1日(土曜)~20日(木曜)(必着)
【応募資格】 次のすべてに該当する方
         ア.堺市内に在住又は在勤・在学している平成26年2月1日現在20歳以上の方
         イ.平日の日中に開催する会議に継続して出席できる見込みのある方
2.申込方法

 下記の応募書類に必要事項を記入のうえ、直接か郵送、FAX、電子メールで堺市文化観光局文化部文化課へ提出してください。
応募書類

応募申込書(ワード:34KB)
応募申込書(PDF:57KB)
小論文『堺らしい文化芸術振興条例についての提案』(800字程度)(ワード:40KB)
小論文『堺らしい文化芸術振興条例についての提案』(800字程度)(PDF:34KB)
 ※応募書類は市役所市政情報センター、区役所市政情報コーナー、文化課で配布しています。
3.選考・結果

 応募書類をもとに選考し、応募者全員に書面にて結果を通知します。なお、応募書類は返却しませんので、ご了承ください。

以上引用

何を考えているんだ、堺市。

条例作る、

何で急に、

何がしたいんだ。

文化を名目に湯水のごとく金を使う文化部、


そのための根拠作り?




//同懇話会では、条例の内容に関することや文化芸術の振興のあり方に関することについて提案や意見を述べていただきます。//

条例つくりが前提、

なんで、条例つくりが先にくるんだ?

おまけとして、//文化芸術の振興のあり方に関することについて提案や意見//


順番が逆だ。

上から目線の発想の文化部

条例作ありきのアリバイ懇話会。

なんのための条例?

なんで今更。

文化観光拠点や、市民会館建設の前に
//文化芸術の振興のあり方に関することについて提案や意見//を聞くことが必要だったのに、

箱物作って、新たな条例つくりのための口実、

おかしい。

変だ。


iPhoneからの投稿
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

ショップ移転のお知らせ

この度、福祉アンテナショップ「パッセ」は、昨年7月に移転したみなみかぜ交流広場からアリオ鳳店に移転し、再オープンします。その間、共に活動を支え合ったギャラリーみなみかぜの仲間たち、そして「パッセ」を通っていただけた多くの人たちとの出会いに感謝し励みとしながら、「パッセ」はこれからも社会の一員として、より多くの人に知っていただけるよう活動していきます。
【移転先】アリオ鳳店 フードコート前
【販売時間】午前10時~午後6時
※なお、パッセ移転後も商品はみなみかぜ交流広場内、ギャラリーみなみかぜでも販売いたします。お近くにお越しの際は、是非お立ち寄りください

以上引用

みなみ風への移転の試みはユニークだったけど、アンテナショップを考えると、少し持ったいなかったなぁ~


けど、みなみ風という場で、南区の障碍者のある意味、売り場ができたことは良かっただろう。

結構、パッセファンはいるようだし、
ぷらっとプラットからの移転は馴染んでいたので残念だが、移転を繰り返しながら、新たなファンを獲得するのはある意味、考えようによっては、新たな取り組み、
いろんな人に知ってもらうチャンス



iPhoneからの投稿
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


やりパッセ(障害者施設製品の展示販売)と市民広場でフリーマーケット
更新日:2014年1月28日
福祉アンテナショップ「パッセ」は、フランス語で「通る」という意味を持つ市内の障害者施設で働く人たちの手による製品を販売しているショップです。
その「パッセ」がショップを飛び出して、市役所前市民広場でバザーを開催します。多くの人たちが「パッセ」を通っていただけるように、丁寧に作られた“ここだけにしかない”手作り品を手にとっていただけることで社会との接点を実感しながら、そして繋がっていたいとの想いを込めて開催します。
また今回は、やりパッセ(障害者施設製品の展示販売)と併せて、日頃から障害者施設で行っているアルミ缶を回収するなどのリサイクル活動を大きく拡げて、フリースペースにおいてフリーマーケットを同時開催します。
フリーマーケット出店につきましては、下記の[やりパッセとフリーマーケットのご案内]をご覧の上、お問い合わせください。※なお、お申込み開始は2月3日(月曜)からとなります。
多くの皆様のご来場とご参加をお待ちしております。
やりパッセとフリーマーケット

開催日時
平成26年3月1日(土曜) 午前10時~午後3時
【振替予定日:平成26年3月29日(土曜)】
※雨天中止の場合は当日の午前7時30分にHPでお知らせいたします。
会場
市役所前市民広場(堺市堺区南瓦町3番1号)
展示販売内容
やりパッセ:障害者施設で作られた手作り製品(縫製品、アクセサリー、陶器、クッキー、和菓子など)
フリーマーケット:リサイクル品など
やりパッセとフリーマーケットのご案内
やりパッセとフリーマーケット(PDF:124KB)
ショップ移転のお知らせ

この度、福祉アンテナショップ「パッセ」は、昨年7月に移転したみなみかぜ交流広場からアリオ鳳店に移転し、再オープンします。その間、共に活動を支え合ったギャラリーみなみかぜの仲間たち、そして「パッセ」を通っていただけた多くの人たちとの出会いに感謝し励みとしながら、「パッセ」はこれからも社会の一員として、より多くの人に知っていただけるよう活動していきます。
【移転先】アリオ鳳店 フードコート前
【販売時間】午前10時~午後6時
※なお、パッセ移転後も商品はみなみかぜ交流広場内、ギャラリーみなみかぜでも販売いたします。お近くにお越しの際は、是非お立ち寄りください。
photo:01





以上引用
とうとう動きだしたか…

市民交流広場の使い方。

パッセをメインにすることで、フリーマーケットをうまく、絡ませることでのあるある意味では社会実験。

さて、何処まで障碍者が使いやすい市民広場の視点を学ぶのか、
障碍者の視点での市民広場のあり方、

準備上での仕掛け、使用者、参加者の声をどのようにして、吸い上げるのか、

そんな部分に興味がある。

参加者の声を聞けるのかが、大事だよ

注目の社会実験。

さて、何を堺市は学ぶのか、
注目してる



ドンドン、意見を言おう(^_^)☆
iPhoneからの投稿
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。